審査に通ったと思っていても要注意!クレジットカードの途上与信とは?

シェアする

キャッシング枠

クレジットカードが発行されたとしても、まだ安心してはいけません。

クレジットカードを発行した後も、クレジットカード会社は審査をしています。

カード発行後の審査を途上与信と呼びます。

途上与信の結果によっては、クレジットカードの利用停止措置も十分にあります。

カードの利用停止を受けないためにも、途上与信を理解しておきましょう。

クレジットカードの途上与信とは

クレジットカードの途上与信は、カードを発行した後も問題なくカードを利用させられるのか、クレジットカード会社が確認する作業を指します。

途上与信によって、問題なくクレジットカードを利用させられると判断されれば、何の問題も起こりません。

一方で途上与信によって問題が起きてしまうと、クレジットカードの利用に制限を加える、もしくはカード更新ができない場合もあります。

途上与信の結果次第で、クレジットカードを使い続けられるのかが決まります。

クレジットカードを発行したからと言って、油断せず普段からカードの利用をしっかり考えましょう。

クレジットカードを途上与信で審査する部分

クレジットカードを新規に発行する際と違い、途上与信の場合は審査する部分が異なります。

実際に審査している項目は以下の通りです。

  • クレジットカードの利用履歴
  • 借入残高
  • カードの増枠申請

以上の項目を確認しています。

1つでも確認した項目に問題があれば、クレジットカードの利用に制限を加えられたり、更新時に厳しい対応を取られてしまいます。

問題が起こらないようにしっかりとカードを利用す続けるように心がけましょう。

ここからは途上与信で調べている項目を詳しく説明します。

クレジットカードの利用履歴

現在利用しているクレジットカードの履歴を調べられます。

使っているクレジットカードを全て調べられ、利用に問題がないかチェックされます。

もし滞納や延滞をしていると判断される項目が見つかれば、信用できないと判断されて途上与信の判断が悪くなってしまいます。

しかも、調べているクレジットカード会社だけでなく、他社を含めて持っているクレジットカードを全て調べられる点に注意してください。

その会社のクレジットカード利用には問題がなかったものの、他社の利用ではかなりの問題が見つかれば、信用できないと判断されてしまいます。

クレジットカードの利用履歴はかなり重要な項目ですので、普段の利用から気を付けたほうがいいでしょう。

なお、クレジットカードを利用していなければ、利用履歴がないので確認する必要がありません。

従ってカードの利用履歴が見つからない場合は、途上与信の影響はほぼありません。

借入残高

クレジットカードを使ってお金を借りている場合は、借入残高を確認されます。

借入残高が高いと、返済されないリスクが高いと判断されてしまい、途上与信の結果が悪くなってしまいます。

また、クレジットカード以外でもキャッシングやカードローンでお金を借りていると、借入残高を持っていると判断されて途上与信の結果が悪くなります。

ローンを利用している場合はもちろんのこと、クレジットカードの借入をしている場合は気を付けてください。

カードの増枠申請

カードの増枠申請は、一見すると途上与信の結果に影響がないように思われます。

しかし、増枠を希望している場合、お金に困っているかもしれないと考えられているほか、クレジットカードの利用を増やして返済されないかもしれないと考えられてしまうのです。

増枠申請を1社だけで実施しているなら影響は少ないものの、複数の会社に申請していた場合は途上与信の結果が悪くなります。

また、カードを発行したばかりなのに増枠申請を実施していると、途上与信の結果が劇的に悪くなります。

クレジットカードを発行したばかりなのに、増枠申請を実施しないように気を付けてください。

途上与信の結果が悪いとどうなってしまうのか

途上与信の結果が悪いと、以下の問題が起きてしまいます。

  • クレジットカードの更新停止
  • クレジットカードの利用停止

以上の問題が起きてしまいます。

途上与信の結果次第では、クレジットカードが使えなくなるので注意しましょう。

途上与信後の措置について詳しく説明します。

クレジットカードの更新停止

クレジットカードの更新が止められてしまい、更新後のカードが届きません。

更新停止となれば、クレジットカードの契約が終了したと同じ扱いとなります。

同じクレジットカードを使うためには、もう1回審査を受けなおす必要があり、再び新規発行手続きを取らなければなりません。

更新停止となるのは、途上与信をカード更新時に実施した場合が多くあります。

カードの更新が近くなったときは、より慎重にクレジットカードを利用するように心がけるのです。

クレジットカードの利用停止

あまりにも状態が悪いと判断されれば、クレジットカードの利用停止措置を取られてしまいます。

クレジットカードの利用が停止された場合、即座にカードの残高を支払う必要があります。

残高があまりにも多すぎると、クレジットカードの残高を一括で返せない問題が起きてしまいます。

返済できないと遅延損害金などの対象となり、更に返済が厳しくなるのです。

利用停止措置を取られないためにも、クレジットカードの途上与信で悪い結果が出ないような使い方を考えてください。

クレジットカードの途上与信はどれくらいの頻度で実施する?

クレジットカードの途上与信ですが、カード会社によって頻度が異なります。

会社によっては1ヶ月に1回ペースで確認する場合もあるのです。

頻繁に実施している会社は、それだけクレジットカードの利用状況を気にしており、状況が悪いと厳しい判断を受ける可能性があります。

他には3ヶ月から半年に1回程度、中には1年に1回程度の会社もあります。

途上与信の頻度が少ない会社は、与信中でなければ無理な利用でも利用停止措置を取られない場合があります。

従って少しだけ使いやすいクレジットカードと考えていいかもしれません。

更に、更新時だけ途上与信を実施するクレジットカード会社もあります。

この場合は遅延や延滞を避けられれば、途上与信のタイミングだけ残高等を減らして対処するだけでカードが更新される場合もあります。

しかし、会社が途上与信を実施するタイミングは非公開です。

一般の人がわからない情報の1つですので、基本的には頻繁に見ているかもしれないと考え、常にクレジットカードの使い方に気を付けたほうがいいでしょう。

途上与信の結果が他のローンに影響するのか

途上与信の結果が悪いと、他のローン審査に影響する場合があります。

途上与信が良ければ審査に影響はありませんが、悪いとクレジットカードの利用状況が悪いと信用情報に残される場合があるのです。

信用情報に悪い情報が書かれていれば、ローン審査を担当している会社は危険だと判断し、ローンの審査に落としてしまいます。

クレジットカードの利用状況だけで、ローン審査に落とされる可能性も十分にあると考えてください。

ただ、途上与信を頻繁に実施していない会社だと、信用情報にカードの利用状況が記載されず、審査に影響がないケースもあります。

ローン審査に影響するかどうかは、途上与信の頻度に関わっていると考えてください。

クレジットカードの途上与信でいい結果を得続けること

クレジットカードの途上与信は、しっかりといい結果を得られ続けないとカードを使えなくなってしまいます。

カードを利用できなくなれば、他の審査にも影響し、ローンも使えなくなってしまいます。

クレジットカードの利用状況はとても重要なので、普段から返済遅延等を起こさない使い方を考えてください。

シェアする

フォローする