手取り25万円の生活ってどうなの?贅沢はできる?収入を増やすための方法を紹介

シェアする

「手取り25万円」。

この数字は、20代後半から30代前半のサラリーマンが平均的に受け取っている月給です。

毎月この程度の給料をもらっている人で、「この給与で一人暮らしをしたら毎月どれくらいのお金を使えるんだろう?」と疑問に思っている人は多いのではないでしょうか。

これから結婚も考えていて、子供を作ることも考えると貯蓄も始めていかないといけませんね。

また車を購入したり、海外旅行にも行きたいと考えている人にとっては、毎月どれくらいのお金を使っていいかを知っておくとよいでしょう。

この記事では、手取り25万円の生活スタイルを一人暮らし・夫婦2人・親子3人について分けて解説し、またそこからやりくりする方法や収入を増やすための方法を紹介していきます。

手取り25万円の生活スタイルは?

まず、この章では手取り25万円の生活がどのようなものなのかを見ていきましょう。

その前に、「手取り」「額面」の違いについて簡単に説明をしておきます。

額面とは、会社から給与として支払われる総支給額のことです。

一般的に、求人広告に書いてある月給とはこの額面のことを指します。

そして手取りとは額面から税金や社会保険料を引いた、実際に給料として受け取る金額のことです。

日本で給与を貰って生活している以上、税金は必ず支払う必要があります。

一般的に会社員として給与を貰っている人は、会社側が税金を計算して給与から引いてくれるのです。

手取り25万円の年収は約400万円

手取りと額面の違いについて理解できたところで、手取り25万円だと年収はいくらになるのかを解説していきます。

年収とは、額面として1ヶ月でもらえる総支給額を1年分、12をかけたものです。

一般的に手取り25万円だと、月の額面はおよそ33万円程度になります。

つまり、毎月およそ8万円を税金や社会保険料として支払っているのですね。

そして額面が33万円だとすると、年間では396万円。

つまり、手取り25万円の人はおよそ年収400万円ということになります。

この金額はボーナスを含めていないので、ボーナスが支給される会社であればおよそ450万円くらいの年収になるでしょう。

手取り25万円だと毎月8万円は税金や社会保険で引かれている

手取り25万円の人はおよそ年収が400万円で、毎月8万円を税金や社会保険料として支払っていることがわかりました。

では、具体的にはどの税金にどの程度払っているのでしょうか。

まず、「社会保険料」について。

社会保険とは、次の保険や年金などをまとめたものです。

  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 労災保険

手取り25万円の場合、この社会保険料を毎月およそ5万円ほど払っていることになります。

そして次に、「所得税」について。
所得税とは、所得に応じて発生する税金のことです。

手取り25万円の場合だと、毎月の所得税は7,000円ほど。

さらに、現在居住している地方自治体に支払う税金として「住民税」を支払う必要があります。
この金額は地方によって異なりますが、東京23区に在住の人なら毎月およそ1.5万円ほどです。

これらを合計するとおよそ8万円になり、この金額が給与から天引きされています。

手取り25万円で都内の一人暮らしは十分可能!

では、手取り25万円では一人暮らしはできるのでしょうか?

東京都23区内で住むと仮定してみましょう。

結論から言うと、「一人暮らしは十分可能で、貯蓄もできる」ということになります。
その内訳を見ていきましょう。

  • 家賃:約7万円
  • 水道・光熱費:約1万円
  • スマホ代:約1万円
  • 食費:4万円
  • 交際費:3万円
  • 雑費:3万円

合計:19万円

この数字は、総務省が2017年に発表した「家計調査」を元にした、平均的な1人暮らしの毎月の出費になります。

手取り25万円なら6万円ほど手元に残るでしょう。

家賃は、収入の1/3〜1/4程度が理想であるとされています。

手取り25万円ならば家賃は6万円〜8万円ほどがちょうどいいということですね。

食費の4万円には外食費としておよそ2万円が含まれています。

毎日飲み歩いたりしなければ、そこまで我慢しなくてもよいでしょう。

余ったお金は貯蓄に回してもよいですし、たまに贅沢をすることも十分可能です。

手取り25万円で夫婦2人暮らしも十分可能だが、贅沢はできない

では、結婚して夫婦2人暮らしになった場合を見ていきましょう。

23区内に住んだとしても手取り25万円なら十分家族を養っていけます。

  • 家賃:約8万円
  • 水道・光熱費:約1万円
  • スマホ代:約15,000円
  • 食費:約3万円
  • 交際費:約4万円
  • その他雑費:約5万円
  • 貯蓄:2万円

合計:245,000円

家賃は2人暮らしをすると少し広さが必要になるため、1人暮らしのときよりは負担が増えます。

食費は自炊をすると3万円くらいにまで抑えることができるでしょう。

これから子供ができたときのことを考えると、ここで浮いたお金を貯蓄に回していくべきです。

他にも、女性は化粧品や生理用品などの出費もかさむため、1人暮らしのときよりも雑費が多くなります。

都内で結婚して2人暮らしをするなら、手取り25万円以上がボーダーラインになります。

海外旅行やブランド品など贅沢することは難しいですが、切り詰めた生活をする必要はないでしょう。

手取り25万円で親子3人暮らしは少し難しい

夫婦2人までなら手取り25万円で都内で暮らすことはできますが、子供ができたとなると一気に難しくなります。

  • 家賃:約9万円
  • 水道・光熱費:約2万円
  • スマホ代:約15,000円
  • 食費:約3万円
  • 交際費:約3万円
  • 養育費:15,000円/li>
  • その他雑費:約3万円
  • 貯蓄:2万円

合計:245,000円

まず、家賃の問題です。

子供ができた場合、1LDKのアパートに住むと23区内だと9万円、場所によってはもっと高くなります。

可能であれば23区内は諦めたほうがよいです。

また、食費も自炊のみになります。

外食も月に1度できればよいほうでしょう。

それ以外にも、子供が将来学校へ通い始めたときのことを考えると養育費を貯める必要があります。

もちろん緊急時の貯蓄も必要なので、雑費や交際費を削っていく必要も。

そのため、親子3人で東京都23区内で生活するには、手取り25万円だと厳しいでしょう。

手取り25万円でもやりくりして生活するための対策は?

前の章では、手取り25万円の生活スタイルを一人暮らし・夫婦2人・親子3人それぞれについて解説しました。

夫婦2人までなら都内23区内でも生活はしていけますが、親子3人暮らしになるとかなり厳しくなります。

もちろんここまで解説したのは平均的な出費例なので、場合によっては病院代やその他の出費が必要になる場合もあるでしょう。

そこでこの章では、手取り25万円でもやりくりするための対策を見ていきましょう。
その対策は次の3つです。

  • 家計簿をつける
  • 自炊して外食を控える
  • 格安スマホにするなど、固定費を削る
  • 自動積立預金を使う

ひとつずつ見ていきましょう。

手取り25万円でやりくりする対策①家計簿をつける

まず、少ない収入の中でやりくりするには家計簿は必ずつけましょう。

家計簿をつけるのは、レシートや数字とにらめっこになって、確かに面倒くさいです。

しかし毎月どの項目にどれだけ使っているか、頭で計算できていても実際の金額を計算すると大幅にずれていた、ということは多々あります。

家計簿をつけることで、現在の出費状況を明らかにすることができ、またそこから削れる出費をあぶり出すことができるのです。

現在では、スマホでも家計簿をつけられるように「マネーフォワード」「Zaim」などといった便利なサービスがあります。

これらはスマホでレシートを撮影するだけで、項目や金額まで記録してくれるので非常に楽に記録をつけていくことができるものです。

そして、ただ記録をつけていくだけではいけません。

毎月の目標を立てて、月の終わりに振り返りをして目標が達成できたか、無理な目標を立てていないかを確認しましょう。

手取り25万円でやりくりする対策②自炊する

もし現在、日々の食事は外で食べることが多いという人は自炊することを心がけましょう。

外食では食材費の他にも人件費やお店の家賃なども含まれており、自分で作るより割高です。

自炊をするにしても、次のようなことに気をつけると食費を抑えることができます。

  • コンビニではなくスーパーで食材を買う
  • 作り置きをして日持ちする料理を作る

コンビニは少し歩けばどこでも見つけることができ、また野菜などの食材も販売しているのでコンビニだけで買い物を済ませることもできます。

しかし、コンビニは店舗数の多さや、立地のいい場所に建っていることが多いということから、定価で販売されていることが多いのです。

それに比べ、スーパーで食材を購入するだけでも食材費はかなり抑えることができます。

また、一度に大量に作れて日持ちする料理を作るとなおよしです。

例えばカレーはその代表例ですね。

温めるだけで食べることができ、日持ちします。

手取り25万円でやりくりする対策③格安スマホにするなど、固定費を削る

次に、固定費を削っていきましょう。

固定費とは、家賃やスマホ代、保険料など毎月固定で支払っている出費のことです。

家賃を抑えるには引っ越しをする必要性もあるので、あまり現実的ではありません。

しかしスマホ代であれば、Softbank・au・docomoといった3大キャリアよりも通信費が安い「格安スマホ」を使うだけでも、かなり固定費を抑えられます。

3大キャリアなら毎月7,000円ほどはかかりますが、格安スマホなら毎月2,000円から3,000円までに抑えることができるのです。

格安スマホを提供している会社としては「Yahoo!モバイル」「LINEモバイル」「楽天モバイル」などがあります。

会社によって特色が違うので、自分に合った会社を選びましょう。

またスマホ代以外にも、保険料も見直しすることで出費が抑えられる可能性があります。

無駄な生命保険などに加入していないか、プランの見直しなどをしてみましょう。

手取り25万円でやりくりする対策④自動積立預金を使う

家計簿で無駄をあぶり出し、食費や固定費の削減ができたら、貯蓄を増やすために便利な「自動積立預金」を使いましょう。

これは毎月決まった日に一定の金額を、普通口座から預金用の口座に自動で移してくれるものです。

振替日は給料が入ってすぐのタイミングがよいでしょう。

余裕があるタイミングで預金口座に移していると、どうしても甘えが出てお金を使ってしまい、結局貯金ができないということが多いです。

そのためあらかじめ貯金してしまって、残りのお金だけで生活するようにすれば、自然と貯金を増やしていくことができます。

このとき注意したいのが、振替額を多くしすぎないこと。

無理に金額を多くしすぎたあまり、お金が足りなくなって結局預金口座から引きおろすことになっては意味がありません。

家計簿で毎月必要な出費を確認して、少し余裕を持てる程度のお金を残して貯金するとうまくいくでしょう。

手取り25万円から収入を増やすための方法

前の章では、手取り25万円の中でやりくりする方法について解説しました。

しかし、限られた収入の中でやりくりするにしても限界があります。

そのような場合は、収入を増やす方法についても考えていく必要があるでしょう。

そこでこの章では、手取り25万円から収入を増やしていく方法について紹介していきます。
その方法は次の4つです。

  • かけもちでバイトする
  • アフィリエイトや転売など、副業をする
  • 投資にチャレンジする
  • 転職する

ひとつずつ見ていきましょう。

手取り25万円から収入を増やすための方法①かけもちでバイトする

まず、かけもちでバイトすることが一番手取り早いでしょう。

普通の会社員であれば、週に1日から2日は休みがもらえます。

その休みの日も労働に使えば、収入を増やすことは可能です。

現在では週末だけのバイトを募集しているところや、日雇いのアルバイトも数多く存在しています。

きつい肉体労働ではなく、イベントの手伝いやコールセンターなどの案件もあり、仕事を探すのに困ることはないでしょう。

しかし普段の生活にプラスでアルバイトをするのはかなり大変です。

毎日働きに出て休みがないと、体には大きな負担になります。

また副業禁止の会社に勤めていると、かけもちでバイトするのは難しいでしょう。

その場ではバレなくても確定申告で発覚することもあるので、確実にバレない方法を探すのは難しいです。

そのため、普段の仕事にプラスしてかけもちでバイトをするのは、あまり現実的ではありません。

手取り25万円から収入を増やすための方法②アフィリエイトや転売など、副業をする

現在では、会社やアルバイトでなくても個人でお金を稼ぐ方法が増えてきました。

例えば、ブログを書いてその中で商品を紹介し、その売り上げのいくらかをもらう「アフィリエイト」に挑戦するというのも一つの手段です。

また商品を安く買って別のところで高く売る「転売」という方法もあります。

それ以外にも、文章を書いたりイラストを描いたりしてお金を稼ぐ「クラウドソーシング」で稼ぐというのもありでしょう。

クラウドソーシングとは、仕事をしたい人と仕事を依頼したい人をマッチングするサービスのことです。

これまでは副業を禁止している会社がほとんどでしたが、現在は副業解禁の流れがあります。
会社によりますが、業務に支障がない範囲でこれらの副業を認めているケースもあるのです。

手取り25万円から収入を増やすための方法③投資にチャレンジする

ここまで解説した2つの方法は、自分で手を動かして稼ぐという方法です。

それ以外にも「投資」へチャレンジするという方法もあります。

株や通貨などの金融商品へ投資して、その見返りを利益としてさらに投資していくことで、どんどん資産を増やしていくことができます。

よく聞く投資の種類に「株」や「FX」というものがありますが、これらは暴落したり取引に失敗するとかえって損をしてしまうことがあるので、投資先選びには十分注意が必要です。

また投資と聞くと、手元に十分な資金がないといけないイメージがあるかもしれません。

しかし現在では100円からでも投資できる「投資信託」というものがあり、非常に少額でも投資を始めることができます。

手取り25万円から収入を増やすための方法④転職する

ここまでは現在の収入にプラスでお金を稼ぐ方法を紹介しましたが、そもそもの収入を上げるために「転職」という手段もあります。

これまで培ったスキルを活かし、転職して給料が上がったというケースは非常に多いです。

もちろん年齢を含めた条件面もありますが、1回目の転職は年収がアップする傾向にあるようです。

現在では転職をサポートする「キャリアアドバイザー」という人もいます。

そのような人に相談して、転職して収入アップを図るのも有効な手段でしょう。

手取り25万円が少ないと感じるなら、副業か転職がおすすめ

この記事では、手取り25万円の生活スタイルや、そこからプラスで収入を増やすための方法について解説しました。

都内の1人暮らしであれば手取り25万円は決して少ない金額ではありません。

しかし家族を養うことを考えると対策を考える必要があります。

もちろん固定費を下げるという方法もありますが、収入を上げることも決して不可能ではありません。

会社の将来性などを考慮した上で、副業を始めてみるか、転職するかを検討してみましょう。

シェアする

フォローする