プロミス提携ATMについて~営業時間から使い方までを徹底考察!

シェアする

プロミスにはさまざまな借入方法や返済方法があり、例えば、外出中にプロミスを利用したいという場合には提携ATMが大変便利です。

そこで、今回はプロミスの提携ATMについて調べてみました。

プロミスを利用できるATMや営業時間、さらにATMの使い方まで解説していきます。

これでどこに行ってもプロミスの利用に困ることはなくなるでしょう。

プロミスの提携ATMを知りたい!どこで利用できる?

まず、どのATMがプロミスと提携しているのか知っておく必要がありますね。

プロミスATM

プロミス自社ATMは、プロミスの自動契約機に併設されています。

  • 初めてプロミスを契約してその場で借り入れしたい
  • 外出先で、プロミスATMで借入や返済をしたい

そんな時、プロミス自動契約機やATMがどこにあるのか、すぐに思い出せないことも…。

プロミスATMの設置場所は、パソコンやスマホで簡単に検索できます。
プロミス公式ページの「店舗・ATM」をクリックし、「店舗・ATM検索」に検索条件を入力すればOKです。

提携コンビニATM

プロミスの提携しているコンビニATMは、

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

です。

セブン銀行、ローソン銀行は、名前を見たらわかるように、それぞれセブンイレブン、ローソンに設置されていますが、イーネットATMはどのコンビニに設置されているのかが分かりにくいです。

イーネットATMは、

  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • デイリーヤマザキ
  • 生活彩家
  • コミュニティ・ストア
  • ニューデイズ
  • アンスリー

などのコンビニに設置されています。
「なーんだ。近所にあるコンビニATMでもプロミスのローンカードが利用できるんだ」という人もいるのではないでしょうか?

また、コンビニATMだけでなく、コンビニに設置されているマルチメディア端末を利用すれば、プロミスの返済もできるんですよ。

プロミスの返済ができるマルチメディア端末は、

  • ローソンLoppi
  • ミニストップLoppi
  • ファミリーマートFamiポート

の3種類です。

提携銀行ATM

プロミスは、次の銀行ATMと提携しています。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • イオン銀行
  • 横浜銀行
  • 東京スター銀行
  • 第三銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 親和銀行(借入のみ)
  • 広島銀行(借入のみ)
  • 八十二銀行(借入のみ)

ゆうちょ銀行ATMを利用する場合は、あらかじめプロミスの会員サービスでWEB明細に登録しておかないと、プロミスのローンカードを利用できません。

  • 親和銀行
  • 広島銀行
  • 八十二銀行

の3行は、プロミスの借入には対応していますが、返済には対応していませんので注意してください。

また、銀行ATMではありませんが、クレジットカードのクレディセゾンATMでもプロミスの借入、返済が可能です。

プロミス提携ATMの営業時間~何時まで営業している?

  • 今すぐプロミスでお金を借りたい
  • うっかりプロミスの返済日を忘れていた!

そんな時は、提携ATMを利用するのが便利ですね。
プロミス提携ATMの営業時間がどのようになっているか見ていきましょう。

プロミスATMの営業時間

プロミスATMの営業時間は、7:00~24:00です。

一部営業時間の異なるATMもありますので、事前に利用するプロミスATMの営業時間を調べておきましょう。

プロミスATMは、土日祝日も営業しています。
ただし、24時間営業ではないので夜中は利用できません。

提携コンビニATMの営業時間

提携コンビニATMの営業時間は、以下の通りです。

銀行名 ATM営業時間
セブン銀行 0:10~23:50
ローソン銀行 0:10~23:50
イーネット銀行 0:05~23:55

提携コンビニATMは、ほぼ24時間365日営業していますから、真夜中や早朝でもプロミスの借り入れや返済が可能です。

大手コンビはすべてプロミスと提携しているので、どのコンビニに行けばプロミスの借り入れや返済ができるだろうと悩む必要もありません。

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

の設置台数は、合計5万台以上。

全国どこに行っても、プロミスを利用できなくて困るようなことはないでしょう。

提携銀行ATMの営業時間一覧表

提携銀行ATMの営業時間は以下の通りです。

銀行ATM 利用可能サービス 営業時間
三井住友銀行 借入・返済 0:00~24:00
三菱UFJ銀行 借入・返済 0:00~24:00
ゆうちょ銀行 借入・返済 0:05~23:55
西日本銀行 借入・返済 8:00~21:00
イオン銀行 借入・返済 0:00~24:00
横浜銀行 借入・返済 8:00~21:00
東京スター銀行 借入・返済 8:00~21:00
第三銀行 借入・返済 8:00~21:00
福岡銀行 借入・返済 8:00~21:00
熊本銀行 借入・返済 8:00~21:00(土日の返済のみ8:00~19:00)
親和銀行 借入のみ 8:00~21:00
広島銀行 借入のみ 8:00~21:00(土日は8:00~19:00)
八十二銀行 借入のみ 8:00~21:00
クレディセゾン 借入・返済 設置場所によって異なる

クレディセゾン 借入・返済 設置場所によって異なる

銀行ATMは、設置場所によって営業時間が大きく異なります。

利用するATMの営業時間は必ず事前に公式サイトなどで確認してください。

また、毎週月曜0:00~7:00は、ATMのメンテナンスが行われます。

コンビニ、銀行にかかわらず、その時間帯は提携ATMはすべて利用できなくなりますので注意しましょう。

プロミス提携ATMの利用手数料はいくら?

プロミス提携ATMを利用すると手数料はかかるのでしょうか?

手数料のかからない提携ATMはあるのでしょうか?

プロミス提携ATM利用手数料一覧

プロミス提携ATMの利用手数料は以下の通りです。

ATM 利用手数料
プロミスATM 無料
三井住友銀行ATM 無料
コンビニATM

三井住友銀行以外の提携銀行ATM

クレディセゾンATM

取引金額1万円以下:108円

取引金額1万円超:216円

コンビニマルチメディア端末 無料

基本的にプロミス提携ATMは利用手数料がかかるものと考えておきましょう。
ただし、プロミスATM、三井住友銀行ATM、コンビニマルチメディア端末は手数料無料で利用可能です。

三井住友銀行ATMは利用手数料無料

プロミスは三井住友銀行のグループ企業なので、プロミスカードを三井住友銀行ATMで利用する場合には手数料がかかりません。

三井住友銀行ATMなら、プロミスの自社ATMとは異なり24時間プロミスの借り入れ、返済に対応していますので、むしろプロミスATMよりも便利に利用できるといえます。

コンビニマルチメディア端末なら返済手数料無料!

コンビニの提携ATMで、プロミスの借り入れや返済をすると手数料がかかりますが、コンビニに設置されているマルチメディア端末を利用すれば、手数料無料でプロミスの返済ができます。

ATMの利用手数料は、1回当たりの金額がそれほど大きいわけではありませんが、回数が重なると結構な金額になってしまうので侮れません。

普段、ローソンやファミリーマートのATMでプロミスカードを利用することが多い人は、ATMからではなく、マルチメディア端末で返済しましょう。

ただし、マルチメディア端末は、一部設置されていない店舗もありますので注意してくださいね。

プロミスポイントサービスを活用して提携ATM手数料を無料に!

プロミスには、インターネット会員サービスの利用に応じてポイントがたまる「プロミスポイントサービス」があります。

貯めたポイントを利用して、

  • 提携ATMの手数料が無料になる
  • 一定期間無利息になる

などのサービスを受けられますので、ぜひ活用しましょう。

プロミスポイントサービスへの申し込みは、

  • 会員番号とカードの暗証番号
  • WEB-IDとパスワード

のいずれかの組み合わせで会員サービスにログインして、「各種お申込み」から「プロミスポイントサービス」をクリックするだけです。

ちなみに、プロミスポイントサービスに申し込みをするだけで100ポイント獲得できます。

40ポイントあれば、一定期間(ポイント使用を申し込んだ日から翌月末まで)プロミス提携ATMの手数料が無料になりますので、かなりお得ですよ。

プロミスATMの利用方法を解説!これで利用もスムーズに

プロミスには多くの提携ATMがあり、利用方法もさまざまです。

そこで提携ATMやマルチメディア端末の使い方をカンタンに説明します。

プロミス提携ATM利用方法

ここでは、セブン銀行の利用方法を例に挙げました。

他のATMもほぼ同じような手順で借入や返済ができますよ。

【借入】

  1. カードを入れる
  2. 「出金」を選択して借入希望額と暗証番号を入力する
  3. 現金、カード、利用明細書を受け取る

【返済】

  1.  カードを入れる
  2. 「入金」を選択する
  3. 暗証番号を入力して現金を投入口に入れる
  4. 返済金額の確認をして、カードと利用明細書を受け取る

スマホATM利用方法

最近はアプリをダウンロードしてセブン銀行の「スマホATM」を利用する人が増えています。
手軽で便利ですので、ぜひ利用してみてください。

  1. プロミスのアプリにログインして「スマホATM取引」をクリックする
  2. 次にセブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」にタッチする
  3. QRコードが取引画面に表示されたら、スマホ画面の「出金」「入金」のいずれかをクリック
  4. セブン銀行ATMの取引画面に表示されているQRコードスマホで読み取る
  5. スマホ画面に「企業番号」「ワンタイム暗証番号」が表示されるので、セブン銀行ATMの取引画面に企業番号、ワンタイム暗証番号の順に入力する
  6. 取引金額を入力して紙幣を受け取る

プロミスカードなしで取引できる手軽さが受けて人気急上昇中です。

マルチメディア端末の利用方法

ここでは、ローソンLoppiの使い方をご紹介します。

  1. Loppi画面の「各種サービスメニュー」を選択する
  2. 「各種代金・料金お支払い・クレジット等のお支払い」選択する
  3. 「カードローン・キャッシングのご返済」→「プロミス」と進んでいく
  4. プロミスカードをカードリーダーに通す
  5. 暗証番号と返済金額を入力して取引内容画面を確認する
  6.  Loppiから「各種収納代行申込券」が発券されるのでレジにて支払いをし、控えを受け取れば返済完了

各種収納代行申込券は、発行されたら30分以内に支払いをしてくださいね

おわりに

プロミスは提携ATMが豊富なので、外出先だからといってプロミスの利用に困ることはほとんどないでしょう。

ただし、プロミス提携 ATM は利用手数料がかかるケースが多いので、注意が必要です。
手数料がかからない提携ATMが近くにある場合は、そちらを優先的に利用することをおすすめします。

シェアする

フォローする