プロミスを解約するにはどうすればいい?プロミスの解約方法と注意点

シェアする

ようやくプロミスの返済が終わった!今後は借りる予定もないから解約しておきたい!

と、手続きをしようとしたものの、プロミス公式ページには解約についての説明がほとんどなくて…。

そんな声をよく聞きます。

この記事では、あまり知られていないプロミスの解約方法を詳しく解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

プロミスを解約するのはどんな時?

プロミスの返済を終えたら、やっぱり解約するものなのでしょうか?

それとも解約せずにいても大丈夫なのでしょうか?

プロミスはどのようなときに解約するのがいいか、考えてみましょう。

借金に頼らない生活をすると決めた場合

プロミスは手軽に便利にお金が借りられるため、だんだん借りるのが当たり前になってしまいがちです。

きちんとした返済計画を立てずに借り入れを繰り返し、いつの間にか多重債務に陥ってしまう人も多いです。

ですから、プロミスを完済したら借金に頼らない生活をしたい、もうムダな借り入れはしたくない、そのような時にはプロミスを解約してしまいましょう。

絶対に借金に頼らないと決めたなら、プロミスを解約してしまうのが一番です。

近い将来住宅ローンやマイカーローンを組む予定がある場合

住宅ローンやマイカーローンなど、金額の大きいローンを組むときはできるだけ他社からの借り入れを少なくしておきたいですし、できれば解約してしまった方がいいです。

ローン審査では、他社借入状況が調査されます。

住宅ローンのような金額の大きいローンの審査では、返済比率(年収に占める返済の割合)が非常に重視されるので、プロミスから借り入れをしていると返済が滞るリスクがあるとみなされて、審査に通過できないこともあります。

ですから、できるだけ他社との契約は解消しておいた方がいいんです。

また、プロミス会員ではあるけれども今は利用していないという場合も、やはり解約しておくことをすすめします。

なぜなら、たとえ今はお金を借りていなくても、プロミスと契約したままでは利用限度額はそのまま生きているからです。

要するに、借りようと思えばいつでも借りられる状態ですから、金融機関に「またプロミスから借り入れをするのではないか」と判断されてしまうのですね。

住宅ローンなどの審査を受ける予定がある場合は、できるだけ早めにプロミスを解約しておきましょう。

プロミスを解約するメリット・デメリット

どのような時にプロミスを解約すべきかについては解説した通りです。
では、実際にプロミスを解約すると、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。

プロミスを解約するメリット

まずは、プロミスを解約するメリットについて考えてみましょう。

これ以上借金を重ねなくても済む

お金が足りなったらすぐにプロミスで借入をしてしまう習慣が身につくと、まるで自分の銀行口座からお金を下ろしているような錯覚に陥ってしまう、といわれます。

限度額の範囲で、自由に借入や返済ができるのは魅力的ですが、借り入れを繰り返しているうちに、だんだん借りるのが当たり前の生活になってしまうんですね。

しかし、借りるのが当たり前になるだけでなく、返済の計画すら立てずに借りてしまうようになったら要注意です。

そのような状態になると、たいてい、限度額がいっぱいになった時にはためらいなく別のカードローンからも借り入れをするようになります。

これが多重債務の始まりです。

もう二度と借金をしたくない!という人は、せっかく借金を完済したのですから、プロミスをすっぱりと解約してしまいましょう。

プロミスを解約しないままにしていたらまた借りてしまうかもしれませんが、解約してしまえばこれ以上借金を重ねなくてすみます。

他のローンの審査に通過しやすくなる

プロミスを解約すると、その情報は信用情報に登録されます。

新しいローンに申し込みをした時に、他社から借り入れがなければ、それだけ審査に通過しやすくなります。

実は、プロミスなど消費者金融から借金をしていると、住宅ローンの審査に悪影響があります。

プロミスなど消費者金融は、銀行カードローンと比べるとかなり金利が高いですよね。

金利が高いにもかかわらず借入をしていることが、それだけ生活に困っているのだと判断される材料になってしまうのです。

ただし、すでにプロミスを解約しているなら、話は別です。

借りたお金をしっかり返済してきちんと解約までしていれば、「借りたお金をきちんと返済できた」という実績になるので、逆に審査に通過しやすくなることもあるんですよ。

プロミスを解約するデメリット

では、プロミスを解約するとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

またプロミスから借りたいなら審査を受ける必要がある

経済的に不安定な状態のままプロミスを解約してしまうと、

「やっぱりどうしてもお金が足りないから、もう一度借りたい」

という状況に直面することがあるかもしれません。

そのような場合には、再度プロミスの審査に申し込む必要があります。

もちろん、再申し込みの際にはあらためて必要書類を準備しなければなりませんし、在籍確認も行われます。

しかも、以前にプロミスを利用していたとしても、再びプロミスの審査に通過できる保証はどこにもありません。

これまでの適用金利や借入限度額はすべて白紙状態に戻る

長い間プロミスと取引をしていたことで、

  • 借入限度額が大きくなった
  • 適用金利が下がった

など、現在では、最初に借り入れをした時よりもよい条件でプロミスから借入している人もいるでしょう。

しかし、いったんプロミスを解約すれば、これまで適用されてきた条件は全て白紙の状態に戻されます。

プロミスの審査に通過したとしても、これまでの限度額や適用金利を適用されることはないでしょう。

また、初めての利用者でもありませんから、次は30日の無利息サービスを受けることもできません。

もし、しばらくしたらまたプロミスを利用したいと考えているのだったら、解約をせずにそのまま契約を継続しておいた方がいいです。

プロミスを解約するための条件は「完済していること」!

プロミスからの借り入れに頼りすぎるのもよくないし、今後いつ他のローン審査に申し込む予定ができるか分からないので、やはりプロミスは解約しておこう…。

プロミスを解約するには、まずプロミスからの借入を完済していなければなりません。

完済と解約の違い、完済の条件などについて考えてみましょう。

「完済」と「解約」は全く別物

プロミスを解約する前に、まず完済と解約の違いについて理解を深めておきましょう。

「完済」は借入残高がゼロ円になった状態を指します。

ただし、プロミスとの契約は続いている状態なので、またプロミスからお金を借りたいと思った時にはいつでも借り入れできます。

一方、「解約」は借入残高がゼロになった状態からさらに一歩進んで、プロミスとの契約を解除した状態を指します。

契約自体が終了したのですから、今後プロミスから借入はできません。

完済と解約の違いは、契約が継続しているか終了したのかという点で大きく異なるんですね。

プロミスを完済するにはどうすればいい?

ようやくプロミスを完済したので、次は解約の手続きをしよう!と思っているあなた。

本当にプロミスからの借入は完済できていますか?

無利息残高って何?

プロミスで返済を進めていったとき、最終的に端数の残高が残ってしまいましたよね?

プロミスの返済で最終的に残る1,000円未満の端数の残高は、「無利息残高」と呼ばれています。

多くの人が返済手段として利用しているATMでは硬貨が利用できません。

そのため、プロミスではこの1,000円未満の残高を、利息をつけず、また、支払い期限を設定しない残高として取り扱っています。

解約をせず今後もプロミスを利用するのなら、無利息残高はわざわざ返済しなくても構いません。
次回借り入れをした時に、この無利息残高も合計してしまうからです。

しかし、プロミスを解約する場合は、無利息残高も全額支払わなければなりません。

無利息残高はどうやって返済する?

無利息残高は1,000円未満の金額なので、コンビニATMからはぴったりの金額では返済できません。
実は、コンビニATMから多めに入金しておく方法もあるのですが、後処理に時間がかかるので、はじめから1円単位で入金できる返済方法を利用する方がよいでしょう。

  • インターネット
  • 銀行振込
  • 三井住友銀行ATM
  • お客様サービスプラザ

なら、無利息残高をきっちり返済できます。

インターネット、三井住友銀行ATM、お客様サービスプラザで返済すれば手数料はかかりません。

ただし、三井住友銀行以外の銀行から振込返済をした場合には手数料がかかりますので、注意が必要です。

無利息残高を残らず精算してプロミスの借入を完済したら、いよいよ解約手続きに取りかかります。

プロミスの解約方法と解約の手順

プロミスからの借入を完済しても、それで自動的にプロミスが解約されるわけではありません。
プロミスを解約するには、解約手続きが必要です。

解約は、

  • プロミスコール
  • お客様サービスプラザ

で受け付けています。

電話でプロミスを解約する場合

プロミスを電話で解約したい場合は、プロミスコールに連絡しましょう

プロミスコール:0120-24-0365
受付時間:平日9:00~18:00

プロミスコールに電話をかけ、音声ガイダンスに従って操作をしていくと、オペレーターにつながります。

オペレーターに氏名や生年月日、会員番号、そしてプロミスを解約したい旨を伝えましょう。

電話でプロミスを解約する場合は、解約申込書が自宅に送付されます。

書類に必要事項を記入し、ハサミでローンカードを裁断して同封の上、プロミスに返送してください。

後日、解約証明書が自宅に届けば、解約手続きは完了です。

電話でプロミスを解約すると、自宅に書類が送付されます。

書類を送付されるのは困るという場合は、お客様サービスプラザ(店頭)でプロミスの解約手続きを行ってください。

お客様サービスプラザでプロミスを解約する場合

お客様サービスプラザでプロミスの解約手続きを行う場合は、本人確認書類が必要です。

  • 免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

のいずれかを、忘れず持参してください。

プロミスお客様サービスプラザ
営業時間:平日9:00~18:00

店頭スタッフにプロミスを解約したい旨伝えます。

解約申込書に必要事項を記入し、本人確認書類とともに窓口に提出します。

解約手続きが終了すると、解約証明書が発行されます。

店頭でプロミスの解約手続きを行う場合は自宅への書類送付はなく、その場で手続きが完了します。

プロミスを解約する際の注意点

プロミスを解約する際には、以下の点に注意しましょう。

土日はプロミスを解約できない

プロミスコールとお客様サービスプラザの営業時間は、以下の通りです。

プロミスコール(オペレーター対応時間) 平日9:00~18:00
お客様サービスプラザ 平日9:00~18:00

見ると分かるように、オペレーター対応のプロミスコールとお客様サービスプラザの営業時間はどちらも平日の9:00~18:00。
つまり、土日はプロミスの解約ができません。

平日の昼間に解約手続きを行うとなると、プロミスコールを利用する方がよさそうですね。
プロミスコール自体は24時間自動音声が対応していますが、解約手続きはオペレーター対応事項なので注意してください。

プロミスを解約したら「解約証明書」を発行してもらおう

プロミスを解約すると、「解約証明書」が発行されます。

電話による解約の場合には、解約証明書が不要なら送付なしにできます。

ただし、プロミスを解約した直後に大きなローンなどを組むと、解約証明書の提出を求められることがありますので注意が必要です。

住宅ローンなどへの申し込みの直前にプロミスの解約をする場合は、解約証明書を発行してもらい、保管しておくことをおすすめします。

おわりに

プロミスの解約にはメリットもデメリットもあります。

ただ、今後はもう借金に頼らなくてもやっていけそうだというのなら、プロミスは解約してしまった方がいいでしょう。

また、やっぱりしばらくはプロミスのお世話になりたいという人も、すっきりした気持ちで次のステップに進むことを目標に、まずはプロミスの完済を目指していきましょう。

シェアする

フォローする