プロミスの返済額はどれくらい?返済が遅れるとどうなる?

シェアする

プロミスで無事借り入れを済ませてほっと一息つきたいところですが、今後は長い時間をかけてプロミスから借りたお金を返済していかなければなりません。

プロミスの返済額はどのくらいで、その額はずっと変わらないままなのか?

万一プロミスへの返済が遅れてしまったらどうなってしまうのか?

プロミスの返済に関していろいろまとめてみました。

プロミスの返済額は借入金額で決まる

プロミスでお金を借りたいけど、毎月の返済額がいくらくらいになるか気になりますよね。

プロミスの毎月の返済額は、どのように決まるのでしょうか?

プロミスの返済額の決まり方

プロミスの毎月の返済額は、最後に借り入れをした時の借入残高によって決まります。

借入後の残高に一定の割合をかけた金額が、プロミスの毎月の返済額になるのですね。

借入後の残高 返済金額 返済回数
30万円以下 借入後の残高×3.61% 36回まで
30万円超~100万円以下 借入後の残高×2.53% 60回まで
100万円超 借入後の残高×1.99% 80回まで

※1,000円未満の金額は切り上げます

例えば、プロミスで10万円を借り入れるとすると、毎月の返済金額は、

100,000(円)×0.0361(%)=3,610(円)

1,000円未満の金額は切り上げるので、返済額は4,000円です。

また、プロミスで50万円借り入れるとすると、

500,000(円)×0.0253(%)=12,650(円)

1,000円未満は切り上げるので、毎月の返済額は13,000円です。

プロミスの返済額は固定されていて、たとえ借入残高が減っても、その金額に応じて返済金額が自動的に変わるということはありません。

プロミスは約定返済額以上の都合のよい金額で返済できる

プロミスで決められている毎月の返済金額(約定返済額といいます)は、あくまで、「これ以上の金額を返済してくださいね」という金額です。

つまり、必ず約定返済額通りに返済をしていかなければならない、というものではないのですね。

早く完済したいから決められた金額よりも多めに返済したいということであれば、約定金額に関係なく多めに返済してもまったく問題ありません。

もちろん、月々の返済の負担ができるだけ小さい方がいいという人は、約定返済額で返済していって構いません。

プロミスを約定返済額で返済していくと完済までにどのくらいかかる?

プロミスを約定返済額で返済していけば、毎月の負担は少なく済みます。

でも、それだとプロミスを完済するまでに、どれくらいの時間がかかるのでしょうか?

約定返済額のままで返済を続けていく

金利17.8%で10万円、30万円、50万円を借りた場合を考えてみましょう。

借入金額 約定返済額 返済回数 総返済額(利息)
10万円 4,000円 32回(2年8ヶ月) 125,864円(25,864円)
30万円 11,000円 36回(3年) 387,289円(87,289円)
50万円 13,000円 58回(4年10ヶ月) 746,160円(246,160円)

約定返済金額で返済を続けていくと、10万円借りただけでも完済までに2年8ヶ月もかかってしまうんですね。

50万円借りると、完済までにはなんと5年近くもかかります。

約定返済額での返済は毎月の負担が少なくて楽ですが、完済までにはかなり時間がかかるなあという印象です。

10万円借りて2年半以上も借金を背負うのは、精神的に負担が大きいですよね。

プロミスからの借金をもう少し早く完済するにはどうしたらいいでしょうか?

返済額を増やして返済する

プロミスでは、約定返済額以上なら利用者の都合に合わせて多めに支払ってもいいとしていますから、少し多めに返済すると完済までの時間がどう変化するか見てみましょう。

毎月約定返済額に2,000円プラスして返済した場合

借入金額 返済金額 返済回数 総返済額(利息)
10万円 6,000円 20回(1年8ヶ月) 115,720円(15,720円)
30万円 13,000円 29回(2年5ヶ月) 369,954円(69,954円)
50万円 15,000円 47回(3年11ヶ月) 694,862(194,862円)

返済額を多くすると、返済回数がかなり少なくなることが分かります。

同じ10万円を借り入れた場合でも、約定返済額に2,000円プラスするだけで返済回数は12回も少なくなります。

つまり、返済期間が1年も短縮されるわけですから、これは驚きですよね。

毎月の約定返済金額に5,000円プラスして返済した場合

借入金額 返済金額 返済回数 総返済額(利息)
10万円 9,000円 13回(1年1ヶ月) 110,088円(10,088円)
30万円 16,000円 23回(1年11ヶ月) 354,138円(54,138円)
50万円 18,000円 37回(3年1ヶ月) 649,220円(149,220円)

50万円借り入れた場合、約定返済額での返済だと完済までに5年近くかかり、利息に至っては25万円近くも負担しなければなりませんでしたが、約定金額に5,000円プラスして返済すると、返済回数が21回も少なくなんですね。

約定返済額に5,000円プラスして返済するのは大変ですが、これほど返済回数が少なくなるのなら、ちょっと頑張って多めに返済する価値は充分にありますよね。

同じ借入金額でも返済額によって返済期間と総返済額が変わってくる!

上に挙げた例を見れば分かると思いますが、毎月の返済金額を多くすると返済回数が少なくなるかりではなく、支払利息の負担も抑えられます。

例えば、50万円借り入れるケースをみてみましょう。

毎月約定金額に5,000円プラスして返済すると、返済回数が10回少なくなるだけではなく、利息負担も10万円近くも少なく済むのですからこれは驚きですよね。

確かに毎月の負担は大きくなりますが、結果的に返済回数だけではなく利息も大幅に節約できますので、約定返済額に上乗せする形で返済するメリットは大きいです。

毎月5,000円をプラスして返済するのは大変ですが、無理のない範囲、たとえ1,000円でも多めに返済すれば、その分確実に返済回数や利息が節約できますので、ぜひ試してみてください。

プロミスの返済金額の変動ルールに注意する!

プロミスの返済金額は、最終借入後の借入残高に応じて変動します。

最初に借り入れをして、その後追加の借り入れを一切しなければ、最初に決められた返済額で返済を続けていきます。

ところが、返済の途中で追加借り入れをするとそれが「最終借入」になりますので、毎月の返済金額が変更されるのです。

追加借入したことによって、返済額が大幅に少なくなり返済が長引いてしまうケースもあれば、追加借り入れしたことにより、返済額が大幅に増え返済が負担になるケースもあります。

従って、追加借り入れをする場合は、今後の返済計画を十分考慮して借りるようにしなければなりません。

プロミスの総返済額をできるだけ減らすにはどうすればいい?

毎月の返済額を増やせば総返済額を低く抑えられることは分かりました。

それ以外にもプロミスの総返済額を抑える方法ってあるのでしょうか?

繰り上げ返済をする

プロミスの返済は、毎月決められた期日以外にも、好きな時に都合のいい金額を追加で返済できます。

そう、繰り上げ返済ですね。

約定返済額に上乗せして毎月多めに返済するのは難しいという人でも、余裕がある時に時々追加で返済することならできそうです。

ボーナスなどの臨時収入があった場合に、約定返済額以外にまとまった金額を追加で返済すれば、総返済額を減らすのに効果があります。

返済手数料のかからない返済方法を利用する

プロミスで借り入れをしたら、その後は毎月返済を続けていかなければなりません。

せっかく利息負担を減らそうと努力しているのに、一方で毎回手数料のかかる返済方法を利用していては非常にもったいないです。

返済手数料の負担は意外と大きい

プロミスの返済をATMからする場合、提携ATMの種類によっては手数料を取られることがあります。

返済手数料なんて少額だし、支払ったとしても大したことないんじゃないの?と考えてしまいがちですが、完済まで毎回返済手数料を支払うとなると、結構な金額になってしまうんですよ。

提携ATMの利用手数料

取引額 手数料
1万円以下 108円
1万円超 216円

例えば、プロミスで30万円を借り入れして約定返済額で返済を続けていくとしましょう。
毎月の返済額は11,000円ですから、コンビニなどのATMから返済すると、手数料は毎回216円かかります。
30万円借りた場合の返済回数は36回ですから、
216(円)×36(回)=7,776円

7,776円を多いと見るか少ないと見るかは人それぞれですが、手数料のかからない別の方法で返済すれば1円も払わずに済むのですから、やはりもったいないです。

プロミスの返済には全く反映されないお金を手数料として支払うくらいなら、その分ダイレクトに返済に充てるようにしましょう。

おすすめの返済方法はインターネットかマルチメディア端末

プロミスの返済方法を、手数用のかかるものと手数料がかからないものとに分類してみました。

【手数料のかかる返済方法】

  • 提携ATM
  • 銀行振込

【手数料のかからない返済方法】

  • プロミスATM
  • 三井住友銀行ATM
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • コンビニマルチメディア端末

手数料のかからないプロミスの返済方法のうち、インターネット返済とコンビニマルチメディア端末は24時間365日利用できるので特におすすめです。

コンビニマルチメディア端末は、

  • ローソンLoppi
  • ミニストップLoppi
  • ファミリーマートFamiポート

の3種類が利用できます。

インターネット返済は、あらかじめネットバンキングの登録をしておかなければなりませんが、コンビニマルチメディア端末はいつでも誰でも利用できます。

コンビニに設置されているので、利用できる場所が多く大変便利です。

プロミスの返済期限を守る

総返済額を増やさないためにも、返済期限はしっかり守りましょう。

プロミスの返済に遅れてしまうと、その翌日から遅延損害金が発生するので、通常よりも高い利息を支払わなければなりません。

プロミスの遅延利率は20%ですから、上限金利の17.8%よりも2.2%も高いです。

きちんと期日を守って返済していれば支払う必要もないお金をわざわざ支払うのはもったいないですね。

プロミスの返済に遅れてしまうと遅延損害金を支払う以外にもさまざまなリスクが生じますので注意が必要です。

プロミスの返済が遅れるとどうなる?

では、プロミスの返済期日に遅れてしまうと、どのようなリスクが生じるのでしょうか?

プロミスの返済に遅れると遅延損害金が発生する

上で解説したように、プロミスの返済に遅れると、遅延損害金が発生します。

遅延損害金は、返済期日を守れなかったことに対する罰金のようなもので、一種のペナルティーだといえます。

遅延損害金は日割りで発生するため、返済遅れが長引くほど損をしてしまうのですね。
また、ただペナルティーとして支払うお金が増えるだけではなく、返済に遅れれば信用情報にも記録が残ってしまいます。

そうなれば、プロミスに信用してもらえなくなるのはもちろん、他の金融機関でお金を借りる際にも影響が出てくるでしょう。

少しくらい返済に遅れたって、ブラックリスト入りしなければ大丈夫なんでしょう?などという人もいますが、ブラックリスト入りしなければ返済期日に遅れてもいいわけではありません。

プロミスの返済期日に遅れれば、それが1日~2日の遅れだとしても必ず記録に残ります。

何度も遅延を繰り返している人は、ブラックリスト入りしていなくても「ひんぱんに返済遅れを繰り返す人」と判断されて、今後ローン審査に通過できなくなってしまうかもしれません。

プロミスの返済を延滞して2ヶ月~3ヶ月経過するとブラックリスト入り

プロミスの返済が遅れたまま2~3ヶ月経過してしまうと、金融事故として信用情報機関に報告されてしまいます。

こうなると、もうどの金融機関からもお金を借りることはできません。

ブラック状態になるということは、約束した通りに返済できなかったことを示します。返済に対して不誠実だと判断されてしまうのですね。

プロミスで長期延滞してブラックリスト入りすれば、最低5年間はどの金融機関からもお金を借りられません、当然プロミスからは2度とお金を借りられないでしょう。

プロミスを返済しないまま放置すれば訴えられる可能性も!

プロミスを返済しないままにしていると、必ずプロミスから督促の連絡が入ります。

督促といっても脅すような口調ではないため、そのまま放置して時間が経過してしまうというパターンが非常に多くみられます。

プロミスからは、メールや電話ではなく督促状などが自宅に届くようになりますが、

「これくらいならまだ大丈夫かな」

と思ってしまうようです。

しかし、プロミスからの督促の連絡を無視しつづけていると、最終的に訴えられて差し押さえされてしまう可能性もあります。

しかし、その時になって慌てても、時すでに遅しです。

もし、プロミスに給料を差し押さえられてしまったら、プロミスから借金していたことや借金を滞納していたことは会社に知られてしまいます。

差し押さえによって、会社に居づらくなり退職してしまうケースもありますので、くれぐれも、返済遅れは放置しないようにしましょう。

プロミスの返済が厳しい時にはまずプロミスに相談!

もし、プロミスでの借金を期日までに返済するのが厳しい場合はどうすればよいでしょうか?

プロミスに相談すれば返済額の減額に応じてもらえることも

もし、プロミスの返済が期日に遅れそうなときは、できるだけ早い段階でプロミスに相談することをおすすめします。

まずは、返済期日に遅れてしまうかもしれないことをプロミスの担当者に伝えましょう。

その上で相談すれば、状況によっては返済額を引き下げてくれることもありますし、利息のみの返済にも応じてもらうことも可能です。

プロミスの返済が厳しくても放置は絶対にダメ!

プロミスに相談もせずに督促の連絡を無視し続けても、利用者にとってプラスになることは何もありません。

そう分かっていても、事前に相談できないままプロミスの返済期日に遅れてしまったため、今更担当者に相談しづらいという人もいるでしょう。

プロミスは、返済日に間に合いそうになくても返済日から14日以内返済できる見込みがある場合には、自動音声の応答で返済日の変更手続きを行えます。

オペレーターに返済が遅れることを相談するのは気が重いという人は、ぜひプロミスコールを利用してみてください。

とにかく、何もしないまま返済遅れを放置するのだけは避けましょう。

おわりに

プロミスで返済をしていく過程では、

  • もっと早く完済するにはどうすればいい?
  • 返済が厳しいけどどうしていいかわからない…

など、さまざまな疑問や困りごとが出てきます。

そんなときは、一人で悩まずにプロミスに相談してみましょう。

親身になってサポートしてくれますよ。

シェアする

フォローする