プロミスの限度額を増額するには何が重要?ポイントを徹底解説!

シェアする

通帳

「今の限度額だとちょっと物足らない」

「もう少し限度額が多ければいろいろなことができるのに…」

と、考えているプロミスユーザーは、結構いるのではないでしょうか?

そんな時には、プロミスの限度額を増額するという選択肢もあります。

ただし、プロミスの限度額を増額するには増額審査を受けなければなりません。

この記事では、有利にプロミスの増額審査を進めるためのポイントをご紹介します。
参考にしていただければ幸いです。

目次

プロミスははじめのうちは限度額が小さい

プロミスで初めから大きな金額を借りられることはまずありません。

そのため、しばらくするともう少し借りられる金額を大きくしたいと考える人も出てきます。

そのような時には、

  • プロミスで増額する
  • 他の業者から新たに借り入れをする

のどちらかを選択します。

でも、プロミスで増額するのと、新規で借り入れをするのとではどちらを選ぶのがいいのでしょうか?

はじめはどこから借りても50万円以下

プロミスから見れば、新規の利用者はまだ本当にきちんと返済してくれるかどうかわからない相手ですから、いきなり高額融資をしてもらえることはありません。

プロミスの場合、最初に借りられる金額は最大でも50万円程度、通常は10万円~30万円程度でしょう。

初めての利用者に設定される限度額は、どの消費者金融でも似たようなものです。

以前は、銀行カードローンでは初回からまとまった金額を借りられるケースもしばしば見られましたが、現在、銀行カードローンは安易な高額融資をしなくなっていますから、やはり最初に借りられる金額はプロミスとほとんど変わりません。

他社で新規借入するより増額する方がメリットは大きい

プロミスでは、初めの限度額がもともと最小限に設定されていますから、少し足りないと感じることももちろんあるでしょう。

プロミスで借り入れをしている人がさらに借入金額を増やす場合、

  • プロミスの増額審査を受ける
  • 新規で他社から借り入れる

のいずれかを選択するのが一般的です。

ただし、プロミスでの増額か新規借入、どちらを選ぶのがいいのか迷っているならプロミスで増額することをおすすめします。

限度額はそのまま消費者金融からの信用

限度額が増額されればそれだけ信用が高まるからです。

限度額の小さい他社からの借り入れがいくつもあると、増額審査に通過できずに別の業者から借入をしているのだと判断されてしまうんですね。

増額審査で限度額が大きくなれば、まとまった金額を融資してもらえる信用がある人だと判断してもらえますよ。

借入先が複数あると、返済日や返済金額がそれぞれ異なるので借金の管理が大変ですし、返済忘れをするリスクも高まります。

何よりも、多重債務の始まりになる危険もあるので注意が必要です。

プロミスの限度額を増額する方法は2種類!

プロミスで増額する方法は2種類あります。

  • プロミスから増額の提案がある
  • 自分からプロミス増額申請をする

それぞれの方法について詳しくみていきましょう。

プロミスから増額の提案がある

プロミスからの増額の提案は、

  • メール
  • SMS
  • 電話連絡

などで受けるケースが多いです。

プロミスの方から増額の提案があるということは、最低限プロミスが定める基準をクリアしているということ。

少なくとも、プロミスの増額審査を受けるにあたって問題を抱えているような状況ではないわけですから、増額のチャンスだと受け取めましょう。

自分からプロミスに増額申請する

もちろん、自分から増額申請することも可能です。

プロミスの増額申請方法は、

  • インターネットでの申し込み
  • プロミスコール(0120-24-0365)での申し込み
  • 自動契約機からの申し込み

の3種類の方法があります。

プロミスから増額案内がきた人には増額のチャンスだといえますが、自分から増額申請する時は、事前に増額審査についていろいろリサーチしておく必要があるでしょう。

一般的に、プロミスの増額審査は新規で申し込みをするよりもハードルが高いといわれます。
やはり、限度額が大きくなるのが一番の理由ですが、通常のプロミスの審査とは異なり、これまでのプロミスの利用履歴も審査の対象になるという点が大きく影響するからでしょう。

どんな人がプロミスの増額案内を受けている?

先にも説明したように、プロミスの増額案内は誰にでも届くわけではありません。

プロミスはお金を貸すのが商売ですから、できるだけ多くの人に多くの金額を借りて欲しいと思っています。

ただし、誰にでも高額融資をしてしまったら、そのお金を返済してもらえなかった時には大きなリスクを抱えてしまいますから、普段から高額融資をする対象をリサーチしているのですね。

最初は少額を融資して、利用者が約束通り返済してくれるか、どの程度の返済能力があるのかしっかりチェックしています。

しばらく様子を見て、確実に返済してくれる優良な利用者だと認められれば、プロミスの方から増額提案をします。

その条件は以下の通りです。

  • 半年以上プロミスの返済遅れをしたことがない
  • プロミスを利用して1年以上経過している
  • 定期的な借り入れ実績がある

一定の水準を満たせば、プロミスの増額案内があなたのところにも届く可能性がありますよ。

プロミスではいくらまで増額できる?

プロミスで増額審査を受けると決めたら、気にかかるのはいくらまで増額できるかという点ではないでしょうか?

理論的には総量規制に引っ掛からない金額まで増額できる

貸金業法には総量規制が定められており、個人が貸金業者から借りられる金額は年収の3分の1までに制限されています。

例えば、年収300万円の人なら借りられる金額は100万円までに制限されます。

現在プロミスから30万円の枠をもらっているなら、理論的には増額審査であと70万円プラスして最大100万円まで枠を広げることが可能です。

ただし、複数社から借入をしている場合でも総量規制による制限は変わりませんから、もし他社から借り入れがあれば、プロミスで増額できる金額は限定されてしまいます。

例えば、年収300万円の人がプロミスに30万円の限度枠があるとしましょう。

しかし、他社からすでに50万円借り入れがあれば、2社合計で80万円ですから、プロミスで増額できる金額は最大でも20万円です。

ですが、プロミスが総量規制の制限いっぱいまで増額することはまずありません。
このケースでは、実際にプロミスで増額してもらえる金額はせいぜい5万円程度でしょう。

いくら増額できるかは審査によって決まる

理論的には、総量規制に抵触しない範囲での増額が可能ですが、実際にいくら増額できるかは、プロミス入会時と同じように審査を経て決定されます。

  • 返済できるだけの安定した収入があるか
  • 他社の借入状況はどうなっているか
  • プロミスでの返済履歴はどうか
  • 属性が変化していないか

これらを総合して、どのくらい増額するかが決定されるのです。

いきなり大幅に増額できるわけではない

プロミスは、返済状況の良好な利用者に増額の提案をしていますが、限度額をいきなり大幅に増額できるわけではありません。

今までの限度額ならきちんと返済してもらえることが確認できたけれども、そこから急に限度額を大幅に上げてもし利用者が返済できなくなったら、大きなリスクを抱えることになってしまうからです。

通常は、様子を見ながら少額ずつ増額していきます。
1度の増額審査で増額できる金額は、5万円から10万円程度というのが一般的です。

ちなみに、限度額50万円までの増額はプロミスからも積極的に提案しますし、審査自体も比較的スムーズに行われます。

ただし、限度額が50万円を超えると収入証明書が必要になるなど、利用者の返済能力をより詳しく調査する必要が出てきます。

そのため、すでに50万円の限度額がある利用者に対しては、プロミスサイドから増額案内がくることはほとんどありません。

プロミスで増額するには審査を受ける必要がある

プロミスで増額するには必ず増額審査を受けなければなりません。

プロミスで増額する方法としては、

  • プロミスからの増額提案がある
  • 自分からプロミスに増額申請する

の2種類があると説明しましたが、いずれのケースでも増額審査を受ける必要があるのですね。

プロミスの方から増額の提案があったのに、増額審査を受けなければならないの?そう思う人もいるでしょう。
プロミスでは、一定の条件を満たしている利用者に対して増額の案内はしていますが、この時点では個別の審査をしているわけではありません。

一定の条件はクリアしていますから、増額にチャレンジしてみてはいかがでしょうかといったスタンスなのですね。

ただし、プロミスから増額案内がきたなら、最低限の条件はクリアしているということですから、自分から増額申請するケースよりは増額審査に通過しやすいといえるでしょう。

要注意!こんな人はプロミスの増額審査に通過できない

もう少し限度額をあげたいから、プロミスの増額審査を受けてみようかな…。

しかし、次にあげるケースに当てはまる場合は、プロミスの増額審査には通過できない可能性が高いので気をつけてください。

プロミスを契約して半年以内の人

プロミスの増額審査は、充分な返済能力があって確実に返済できる人しか通過できません。

プロミスが利用者の返済の応力を判断するには、これまでの取引実績を見るしかないのですが、契約してから半年以内では増額しても本当に返済できるだけの能力があるかどうかをプロミスが判断するのが難しいんですね。

従って、プロミスを契約して半年以内だと審査落ちしてしまう可能性が高いです。

実際、プロミスからの増額提案は、契約後半年から1年以上経過した人にしかきません。

それだけの期間をかけて、プロミスは利用者が信用できる人かどうかを判断しているのですね。

ですから、プロミスと契約してからまだ日が浅いなら、少なくとも半年以上、できれば1年程度プロミスへの返済実績を積み重ねてから増額審査を受けることをおすすめします。

借入残高が多い人

借入の総額が多ければそれだけ返済に余力がなくなるわけですから、プロミスの増額審査には通過しにくくなります。

すでにこれだけ借りているのに増額を希望すれば、これ以上限度額を増やして果たしてきちんと返済していけるのかと疑問を抱かれてしまうのは当然のことでしょう。

借入残高が多い人の限度額を増額すると、プロミスにとっては貸し倒れリスクが大きくなります。
特に、自分からプロミスの増額を申請する人の中には、借入残高が多いのに実際の返済能力を上回る限度額を希望するケースもみられます。

自分の返済能力をよく理解しないまま増額審査に申し込みをしてしまうと、かえって信用を失ってしまうことがありますので、注意が必要です。

年収が大幅に減った人

これまできちんと返済した実績があったとしても、増額したためにプロミスへの返済が滞るようでは困ります。

増額しても返済できるだけの安定した収入があるかという点は、増額審査の重要なチェックポイントとなります。

以前と比べて年収がダウンしていれば、それだけ返済能力が低下したと判断されますので、増額審査には不利に働きます。

従って、大幅に収入が減ったとなれば、増額審査に通過するのはかなり難しいでしょう。

収入の増減は返済能力に直結しますので当然のことだといえます。

何度も延滞している人

プロミスの増額審査では、信用情報が最も重視されます。

プロミスでの返済履歴ももちろん重視されますが、他社への返済も滞りなく行われているかしっかりチェックされるんです。

返済遅れなどを繰り返していると、また滞納するのではないか、そのまま返済不能に陥ってしまうのではないかと判断されますので、審査落ちする可能性が高まります。

しっかり返済するという約束でお金を貸しているのに、その約束をきちんと守れない人にこれ以上お金を貸すのはリスクでしかありません。

何度も延滞を繰り返している人がプロミスの増額審査に通過できないのは当然でしょう。

プロミス増額審査の流れ

それでは、プロミスの増額審査の流れについて見ていきましょう。

プロミスから増額案内がきた場合と自分から増額申請をする場合とでは若干手続きが異なる部分もあります。

それぞれの大まかな流れについて説明します。

プロミスから増額案内がきた場合

まずは、プロミスから増額案内があった場合です。

プロミスからの増額案内は、

  • メール
  • SMS
  • 電話

などでお知らせがきますので、案内に従って増額申請を行いましょう。

  • メールやSMSで増額案内がきた場合は、インターネットから増額申請をする
  • 電話で増額案内がきた場合は、そのまま担当者のヒアリングを受ける

という流れになります。

自分から増額申請する場合

プロミスから増額案内をもらった場合は、案内に沿って申し込めばいいのでそれほど迷うことはありませんが、自分から増額申請をする場合だとどんな手順で申し込めばいいのか不安ですよね。

ここでは、最も手軽なインターネットによる増額申請の流れをご紹介します。

プロミスの会員ページにログインする

プロミス公式サイトかプロミスアプリから会員ページにログインします。

  • カード番号+カード暗証番号の入力
  • Web-ID+パスワードの入力

どちらの方法でもログイン可能です。

必要事項を入力

「限度額変更のお手続き」の画面で、

  • 希望限度額
  • 現在の年収
  • 他社借り入れ状況

などを入力して、増額申請します。

希望限度額が50万円を超える場合は、ここで収入証明書をアップロードして提出してください。

担当者から電話連絡が入る

申請してしばらくすると、入力しておいた連絡先電話番号に担当者から連絡が入り、年収や勤務先の変更の有無、増額の目的などについてヒアリングが行われます。

本審査に向けての最終確認ですので、誤りのないよう正確に答えましょう。

申込内容をもとに審査が行われる

電話でのヒアリングが終了したら、その内容や信用情報などをもとに本審査が行われます。

電話で審査結果が伝えられる

審査結果は、電話で伝えられます。

  • 増額が認められたかどうか
  • 今後の融資可能金額
  • 今後の適用金利

などのついての説明を受けてください。

プロミスコールから申し込む場合も、自動契約機から申し込む場合も、基本的な流れは同じです。

土日でもプロミスの増額審査を受けられる?

インターネット、プロミスコールは土日でも増額審査の受付はしていますが、審査自体は行われません。
しかし、自動契約機でなら、土日祝日の増額審査も可能です。

申込方法 受付時間 審査時間
インターネット 24時間365日 平日9:00~18:00
プロミスコール 平日9:00~18:00 平日9:00~18:00
自動契約機 9:00~22:00(土日祝日可) 9:00~22:00(土日祝日可)

申込方法によって受付時間や審査時間が大きく異なりますので、注意してください

プロミス増額審査の必要書類

プロミスの増額審査に申し込む際には、どのような書類を準備すればよいでしょうか?

条件よっては収入証明書の提出が必要

以下の条件に該当する場合は、収入証明書を提出しなければなりません。

  • プロミスでの希望限度額が50万円を超える場合
  • プロミスでの希望限度額と他社借入残高の合計が100万円を超える場合

あれ?本人確認書類は要らないの?と思った人もいるでしょうね。

プロミスの増額申し込みでは、

  • インターネットの申し込み…暗証番号、パスワードなど
  • プロミスコールへの申し込み…氏名、生年月日など

で確認が取れますので、本人確認書類は不要です。

ただし、自動契約機からプロミスの増額申請をする場合は本人確認書類が必要です。
忘れず持参してくださいね。

プロミスの増額審査ではどんな収入証明書を用意すればいい?

収入証明書は、以下のうちいずれかを提出してください。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月、もしあれば1年分の賞与明細書も)

収入証明書は、普段ひんぱんに使用するものではないため、どこにしまい込んだのか忘れてしまいがちです。

その時になって慌てないよう、プロミスの増額審査を受けようと考えた時点で早めに準備しておきましょう。

プロミスの増額審査に関する注意点

プロミスの増額審査を受ける際に注意しておきたいことを何点かご紹介します。

審査結果によっては減額されてしまうことも…

プロミスに増額を申請しても、誰もが審査に通過するわけではないと説明しました。

審査の結果によっては増額審査に通過しないだけではなく

  • 限度額を減額される
  • 利用停止になる

など、逆にこれまでの条件よりも悪くなってしまうケースもあります。

増額審査の際に、プロミスに「返済能力がない」と判断されてしまうと、減額や利用停止になる可能性もあることをしっかり理解しておきましょう。

たとえば、プロミスの増額審査を受けたら減額されてしまったけど、それは困るから元の限度額に戻して欲しいといってもそれはできません。

従って、増額の申し込みは、自分の状況をしっかり把握したうえで慎重に行ってください。

以下の条件に当てはまっている場合は、しばらくの間は増額審査を受けない方がいいでしょう。

  • 他社借り入れが増えている
  • 年収が下がった
  • 最近返済遅れなどのトラブルを起こした
  • 転職してからまだ日が浅い

増額審査中はプロミスカードローンを利用できない

増額審査中は、プロミスで追加の借り入れができなくなりますので注意が必要です。
普段通りプロミスで借り入れができないということをよく考慮した上で、審査に申し込みをしてください。

プロミスの増額審査は即日で完了することも多いですが、必ず即日に結果が出るとは限りません。

以下のような場合には、審査結果が知らされるのが翌日以降になることもあります。

  • 申込内容に不備があった
  • 遅い時間に増額審査に申し込みをした
  • 最初の契約から半年程度しかたっていない

増額申請のタイミングによっては週末をまたぐこともあるんですね。

急にお金が必要になったので、それに間に合わせようと増額審査を受けてしまうと、増額審査が間に合わないどころか、通常の借入さえできなくなって非常に困った、な度ということになりかねません。

転職している場合は在籍確認が必要

プロミスに入会する際には必ず在籍確認が行われますが、プロミスの増額審査では入会時から勤務先が変わっていなければ、基本的に在籍確認は行われません。

ただし、

  • 年収が下がった
  • 勤務先が変わった

など申込者の状況が変化している場合は、改めて在籍確認が行われることがあります。

増額審査の在籍確認も、入会時と同じように原則として電話連絡で行われます。

在籍確認が取れないと増額審査に通過できませんので、確実に在籍確認が取れるタイミングで増額審査に申し込むようにしてください。

なお、電話による在籍確認がどうしても難しい場合は、増額申請後すぐにプロミスに連絡をしましょう。

状況によっては、電話連絡以外の在籍確認に応じてくれることもありますよ。

増額を成功させるためのポイントは?

プロミスの増額審査を成功させるためには、いくつかのポイントがあります。

誰にでもできる簡単なことなのですが、意外と見落としている人が多いのではないでしょうか?

プロミスで増額を希望する人は、ぜひ試してみてください。

属性がよくなった場合は審査申し込み時に報告しておく

以前と比べて属性がよくなっているのなら、増額審査の申込時にそのことをプロミスに報告しておきましょう。

返済能力を証明してくれる「収入証明書」

例えば、

  • 契約社員から正社員になった
  • 年収が上がった
  • 昇進した

このような場合には、増額審査申込後に担当者から連絡があった際にしっかりアピールしてください。
併せて、属性がよくなったことが証明できる書類を提出しておけば、よりプロミスの増額審査に通過しやすくなるでしょう。

このようなシーンでは、収入証明書が大きな威力を発揮します。

収入証明書を提出するメリット

プロミスでは収入証明書を提出することを推奨しています。

法律によって収入証明書の提出が義務付けられている場合はもちろんですが、そうではない場合でも収入証明書提出することで受けられるメリットがあるんですよ。

一つは、上の例のように自分の返済能力をアピールできることです。

収入証明書を提出すれば、自分の返済能力をダイレクトにプロミスに知らせることができますからね。

収入証明書を提出することによって結果的に増額が認められれば、自分にとって大きなメリットです。

もう一つは、プロミスでは審査の時以外でも収入証明書を提出するとポイントがもらえることです。

貯めたポイントは、

  • 提携ATM手数料一定期間無料サービス
  • 無利息サービス

などに利用できます。

収入証明書の定期的な提出を習慣づけて、お得にポイントを活用しましょう。

定期的に借り入れと返済を繰り返す

プロミスの増額審査を成功させたいのなら、普段からコツコツと借入や返済を繰り返して、利用や返済の実績を積み上げておきましょう。
利用実績を積み上げることで、プロミスから信用されやすくなります。

もちろん返済期日には遅れてはいけません。

返済日に遅れることなく定期的に借入と返済を繰り返すことで「しっかりと借りてくれ手きちんと返済してくれる優良な利用者」だと判断されやすくなります。

逆に、プロミスを契約していてもほとんど利用していなければ、実績がありませんから返済能力を評価しづらいのです。

本当に返済してくれるかどうか判断できなければ、審査に通過できないことも当然あるでしょう。

ですから、いずれプロミスの増額審査を受けたいと考えているのなら、普段から定期的に借り入れや返済を繰り返して、良質な実績を積み上げておくことをおすすめします。

増額希望額はできるだけ小さくしておく

せっかくプロミスで増額申請するのなら、できれば一気に大きい金額を希望したいですよね。

その気持ちは分かりますが、あまりにも大きい限度額を希望して返済能力に見合わないと判断されてしまうと、増額審査落ちしてしまうか、状況によっては減額されてしまうこともあることを知っておいてください。

プロミスの増額審査に確実に通過したいのなら、できるだけ少額で増額申請しましょう。

例えば、今までの限度額が30万円だったとしましょう。

せっかくだから、キリのいいところで50万円の限度額で増額申請してみてもいいのでは?と考えてしまいがちですよね。

しかし、そこを抑えて、35万円~40万円程度で増額申請しておく方が審査に通過できる可能性としてはうんとアップするはずです。

しっかり自分の状況を把握できていると判断してもらうことが、スムーズな増額につながります。

「小さい金額での増額申請」が、増額を成功させる大きなポイントなのです。

おわりに

プロミスの増額審査に通過するのはなかなか難しいといわれています。

しかし、よく聞いてみると、増額審査の性質をよく理解しないままやみくもに申し込みをしてしまったために審査落ちしてしまったケースが非常に多いです。

プロミスの増額審査は、限度額を増額するための審査ではなく、現在の返済能力に見合った限度額を再確認するための審査だと考える方がいいかもしれません。

限度額を無理に高くするのではなく、自分の返済能力を高めるようにしていれば、プロミスの方から増額案内がくるでしょう。

シェアする

フォローする