クレジットカードのキャッシングとは?カードローンとは何が違うのか?

シェアする

今回調べるのは、ずばり「クレジットカードのキャッシングとは?」という内容について。

「お金に困っており、クレジットカードのキャッシングを使ってお金を借り入れようか検討している」という方のために、クレジットカードのキャッシング基本情報から、キャッシングの利用方法、クレジットカードのキャッシング利用時の注意点などを詳しく紹介します。

キャッシング利用はお金の貸し借りを業者と行う行為。

気をつけながら、慎重に行わないとその後の人生に悪影響を及ぼしかねません。

今回の説明で、クレジットカードのキャッシングについてわからないことはない!というほど、キャッシングについての知識を得られること請け合いです。

クレジットカードのキャッシング基本情報

まずは、クレジットカードのキャッシングについて、その成り立ちを学んでいきましょう。

クレジットカードからどのような仕組みで、お金を借り入れることができるのか、ということから。

クレジットカードのキャッシング基礎

クレジットカードを使ったショッピングとは、クレジットカード会社が「支払いを肩代わり」するものです。

そのため、お金自体はクレジットカード利用者のものを利用することになります。

しかし、クレジットカードのキャッシングというのは、ショッピング機能とは別の機能を使って、クレジットカード会社から現金そのものを「借金する」行動になります。

クレジットカードを使ったショッピングは「後払い」のため、お金を借りているようなものです。

その場ですぐ、望んだ時に「現金が手に入る」というのが、クレジットカードのキャッシングが持つ特徴なのです。

金利がかかって利息が発生する

クレジットカードのキャッシングを利用してお金を借り入れると、定められた金利によって利息が発生して、返済時に支払いを行うことになります。

金利はカードによって異なりますが、18.0%くらいの設定が一般的です。

借り入れたお金に、金利で利息が割り出されます。

クレジットカードのキャッシングで借り入れたお金というのは、「借りた分のお金を返せばいい」というわけではないのです。

クレジットカード審査で定められたキャッシング枠内で借り入れる

クレジットカードのキャッシングというのは、ショッピングと同じく、定められた枠の中で行います。

キャッシングで借入可能な「キャッシング限度額」は、最初の審査を受けた時に、ショッピング枠と同時に設定されます。

この「キャッシング枠」が少ないと、キャッシングで借り入れることができるお金も少なくなります。

多くのお金を借り入れ希望なら、高いキャッシング枠を設定する必要があるということです。

「ショッピング枠+キャッシング枠」がクレジットカードの限度額

俗に言う「クレジットカード限度額」は、ショッピング枠とキャッシング枠を合計したものになります。

例えばクレジットカード限度額が100万円、キャッシング枠が最大50万円だったとします。

その場合も、ショッピング枠を70万円使ってしまえば、キャッシング枠を利用できるのは残り30万円となります。

ショッピング枠とキャッシング枠は一心同体、と覚えておいてください。

クレジットカードのキャッシング利用法

さて、具体的に「クレジットカードのキャッシングはどのように利用するのか」についても学んでおきましょう。

クレジットカードを使ってATMから借り入れ

クレジットカードのキャッシングを理容師て借り入れるには、ATMにクレジットカードを挿入し、ATMを操作します

ATMから、まるで自分の口座からお金を引き出すかのような気軽さでもって、お金を借り入れることができるのです。

利用可能な提携ATMはカードによって違う

「どのATMでお金を借り入れることができるか?」は、利用するクレジットカードによって異なります。

例えばJCBカードのキャッシングなら、

  • セイコーマート
  • セブンイレブンATM
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ
  • ローソン
  • E-net

などのATMを利用したキャッシングが可能です。

返済はカード利用料と合わせて支払い

クレジットカードのキャッシングを利用して借り入れたお金の返済は、月末など定められた支払日にクレジットカード利用代金とまとめて支払います。

そのため、口座から自動引落で返済となりますね。

ATMから随時返済も可能

自分の都合がいいタイミングで、提携ATMからの返済も可能です。

借入時と同じATMから、ATMを使った振込と同じ要領で返済を行ってください。

カードローンとクレジットカードのキャッシング違いは?

さて、気になるのが、「クレジットカードのキャッシングとカードローン」の違いです。

ここまでの説明で、どちらも「お金を借りるためのもの」だということはわかっていただいたはず。

それでは、お金を借りる上でキャッシングとカードローンは何がどのように違うのでしょうか?

カードローンとキャッシングで返済方式が違うことが多い

カードローンとクレジットカードのキャッシングは、とても良く似ていますが、特に違うのが「返済方式」です。

少ない金額なら、クレジットカードのキャッシングでは「一回払い」での返済もあります。

または、クレジットカードの支払いではおなじみの「キャッシングリボ払い」も。

しかし、カードローンの返済方式は利用残高に応じて返済額が変わる「残高スライド元金定額払い」が一般的です。

審査の違い

クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードの初期審査のみで借入可能になります。

利用可能になった段階で、利用者に対し、「キャッシング枠」が割り当てられるのです。

しかしカードローンは、クレジットカードに関係なく、消費者金融や銀行の審査を受けて、契約を結ぶ必要があります。

利用者への精神的重圧

クレジットカードのキャッシングは、まだどこか「クレジットカード利用」の色合いが強いです。

対して、カードローンは消費者金融や銀行からの「借金」の色合いが強く、どこかカードローンのほうが気が引けてしまう…なんて人も多いのでは。

あまり他人の重圧と関係ないところで、自由にお金を借りたいと思っている方は、カードローンよりクレジットカードのキャッシングを利用するべきでしょう。

しかしこれは「気がとがめないから、必要以上に借りすぎてしまう」というリスクも隣り合わせです。

カードローンの方が高限度額の場合も

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠と一緒くたにカウントされることもあり、高額設定が難しいことも。

しかし、特に銀行カードローンのキャッシング枠なら、「最大1000万円」なんてことも。

1000万円も借り入れることができれば、たいていのお金の必要はクリアできるのではないでしょうか。

クレジットカードのキャッシング利用時の注意点

クレジットカードのキャッシングは、確かに便利です。

「現金がすぐに手に入る」
「わざわざ申し込む必要がない」

という点から、支払い期限が迫っている人などの強い味方です。

しかし、同時にクレジットカードのカップリング利用時には考えておくべき「注意点」も潜んでいます。

借りすぎて「キャッシング地獄」に落ちる

クレジットカードのキャッシング利用は確かに気軽です。

しかし、だからこそ気をつけないと「もっともっと」のキャッシング地獄落ちもありえるということ。

人の欲望というのは限界がありません。

一度キャッシングの便利さを理解してしまうと、その後ずっとキャッシングと付き合っていく生活…なんてことも。

キャッシングを利用しないなら「キャッシング枠0円」が無難

キャッシングを利用する予定がないなら、最初からキャッシングを利用できない状態にしておけばよいのです。

「キャッシング枠」の希望を0円としておけば、クレジットカードのキャッシングでお金を借りすぎてしまう…なんてことがないでしょう。

最初から借りられない状態を作っておくのが「借りすぎない」ための対策です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

クレジットカードとカードローンの違いについて、詳しくわかってもらえたでしょうか。

カードローンとクレジットカードのキャッシング、どちらを利用するとしてもそれは借金です。

慎重に、そして計画的にお金を借り入れてください。

シェアする

フォローする