ブラックリストとは?載ってしまう条件や対処法について解説

シェアする

クレジットカードやカードローンなどはお金に困ったときに便利なサービスですが、その一方で借りたお金を返せなくなってしまうこともあります。

もちろん借りたお金は返済する必要があるのですが、収入が少ないなどで返せなくなってしまうと、「ブラックリスト」と一般的に呼ばれているものに登録されてしまうのです。

ブラックリストと聞くとなんだか怖そうなものに思えますが、その後の仕事に支障が出たり、一生つきまとうものというものではありません。

もちろん登録されてしまうとある程度の制限はかかりますが、生活できなくなるレベルにまでは困るようなことにはならないのです。

この記事では、ブラックリストとはどのようなものなのか、どうしたら載ってしまうのか、載っているかを調べる方法、載ってしまったときはどうしたらよいかを解説していきます。

ブラックリストとは

まず、ブラックリストとはどのようなものなのでしょうか。

ブラックリストは、クレジットカードや家賃などの返済が一定期間遅れてしまったり、借り入れの負担を軽減する「債務整理」をすると登録されるものです。

実際にブラックリストというものが存在するわけではなく、実際には「個人信用情報」というものに氏名や住所などの情報が登録されます。

ブラックリストとはあくまで通称として呼ばれているだけなのですね。

クレジットカード会社や消費者金融などは信用情報機関というものに登録しており、個人信用情報を確認することができます。

一般的にお金を借り入れするときやローンを組むときに審査が行われるのですが、これらの業者が審査を行うときにはこの信用情報に問題がないかをチェックしているのです。

ブラックリストに載ってしまう条件とは?

ブラックリストには、次のようなことがあると載ってしまいます。

  • クレジットカードや家賃の支払いが3ヶ月以上延滞してしまったとき
  • 債務整理を行ったとき
  • クレジットカードやカードローンなどの申し込みを短期間で何社も行ったとき
  • クレジットカードの短期解約を繰り返したとき
  • 短期間でクレジットカードの解約をしたとき
  • クレジットカードを現金化したとき

ひとつずつ見ていきましょう。

クレジットカードや家賃の支払いが3ヶ月以上延滞してしまったとき

まず、借り入れ金や毎月の支払いが3ヶ月以上遅れてしまった場合、ブラックリストに掲載されます。

主に次のようなものの支払いが遅れてしまうと掲載されてしまうのです。

  • クレジットカード
  • カードローン
  • 消費者金融
  • 自動車ローン
  • 住宅ローン
  • 家賃
  • 奨学金
  • 携帯代
  • その他信販会社の支払い

しかし、上のうちどれかひとつで3ヶ月以上延滞してしまったからと言って、他のものを利用するときの制限がかかるとは限りません。

信用情報機関はひとつだけではなく、「CIC」「JICC」「KSC」などという機関があります。

そして、利用するサービスによってどの信用情報機関に登録しているかが異なっており、登録していない信用情報機関への情報照会はできないのです。

そのため、例えばクレジットカードでブラックリストに登録されてしまうと、必ず賃貸契約ができなくなるというわけではありません。

債務整理を行ったとき

次に、「債務整理」をすると、ブラックリストに掲載されてしまいます。

債務整理とは借り入れ金を減額したり、支払い期間に猶予を持たせるなど、返済の負担を減らすこと。

債務整理には次の3種類があります。

  • 任意整理
  • 民事(個人)再生
  • 自己破産

任意整理は、金利をカットするなどをして借り入れ金を減額する手続きのこと。

民事(個人)再生は裁判所を通して申請し、元本を大きく減額することで返済の負担を軽減できる手続きのことです。

自己破産は裁判所を通じて借り入れ金の返済義務を免除してくれる手続きになります。

これらの債務整理をすると、個人信用情報に記録が掲載されます。

債務整理をした場合は情報が5年以上、長いと10年以上記録が残ってしまうのです。

また債務整理には他にも「過払金返還請求」というものがありますが、現在ではこの手続きをしてもブラックリストへの掲載はされません。

クレジットカードやカードローンなどの申し込みを短期間で何社も行ったとき

返済が遅れるだけでなく、クレジットカードやカードローンなどの申し込みを短期間に何社も行ってしまうと、ブラックリストに登録されてしまいます。

実はこれらに申し込みをしたという情報も個人信用情報に記録されているのです。

短期間に複数社へ申し込みすると、「お金に困っている」「入会特典目当ての申し込み」と判断されてしまいます。

これを「申し込みブラック」と呼ぶことも。

申し込みの情報は6ヶ月以上記録が残るので、もし申し込みブラックになってしまったら半年以上空けてから申し込みをするとよいでしょう。

クレジットカードの短期解約を繰り返したとき

申し込みだけでなく、クレジットカードの短期解約を繰り返したときにもブラックリストへ掲載されることがあります。

入会特典目当ての申し込みと判断されてしまい、クレジットカードの審査に通りにくくなってしまうのです。

申し込みの情報は半年まで記録されますが、短期解約の情報は5年間残ります。

申し込みをしたクレジットカードをすぐに解約してしまうと、その後作りにくくなってしまうことがあるので、もし使わなくてもある程度期間を置いてから解約しましょう。

クレジットカードを現金化したとき

「クレジットカードの現金化」とは、クレジットカードで買い物をして、買ったものを買取業者に売ることで現金化すること。

これをするとブラックリストへ掲載されてしまう可能性があります。

これはそもそも違法行為であり、クレジットカードの現金化をしてしまうと利用残高の一括請求やカードの強制退会になってしまうことも。

また、クレジットカードの現金化をあっ旋する業者も存在していますが、業者へ払う手数料を考えると消費者金融を利用したほうが金利が低かったなんてこともあります。

そのため、クレジットカードの現金化はデメリットしかないので絶対にやめましょう。

このような場合はブラックリストに掲載されません

ここまではどのようなことをしたらブラックリストに掲載されるのかを解説してきました。

基本的には返済が滞ったり返済ができなくなって任意整理をすると掲載されますが、次のようなもので返済が遅れてもブラックリストには掲載されません。

  • 住民税
  • 所得税
  • 国民年金
  • 健康保険料
  • 電気・ガス・水道・などの公共料金
  • NHK受信料
  • 新聞代

これらを提供している会社は信用情報機関へ登録していないので、もし払い忘れてしまってもブラックリストへ掲載されることはありません。

しかし一時的な利用停止になってしまう可能性は大いにあります。

また上で解説したように、過払金返還請求をしてもブラックリストには掲載されません。

ブラックリストに載ったらどうなる?

前の章では、どのようなことをしたらブラックリストに掲載されるのかを解説しました。

では、ブラックリストに載ってしまったらどのようなことが起きるのでしょうか。

それは「申し込み時の審査に通過しにくくなる」ということです。

例えばクレジットカードで長期延滞や債務整理をしてブラックリストに載った場合、他のクレジットカードへの審査には通りづらくなってしまいます。

クレジットカード以外にも、同じ信用情報機関へ登録している業者への申し込み審査には通過できる確率は低くなるでしょう。

そのためクレジットカードでブラックリストに掲載されたために、携帯電話の契約審査に落ちてしまう、ということもあり得ます。

住宅ローンや車のローンでも同様なので、なるべくブラックリスト入りするのは避けたいところです。

しかし、ブラックリストに掲載されたからからと言って必ず審査に落ちるというわけではありません。

業者によっては審査に通過できる場合もありますが、一般的には通過確率はかなり低くなります。

ブラックリストに載っているかを調べるための方法

前の章では、ブラックリストに載ってしまったらどうなるかを解説しました。

基本的には、債務整理をすると確実に個人信用情報登録されてしまいますが、ブラックリストに掲載されたという連絡が届くわけではありません。

またブラックリストに載って、あと何年で情報が消えるかということを知りたいという人もいるでしょう。

そのような人は自分で個人情報機関に開示請求することで、ブラックリストに掲載されている情報を確認することができるのです。

上で解説したように、個人信用情報機関は大きく分けて次の3つがあります。

  • CIC(クレジットカードや信販会社が登録する)
  • JICC(消費者金融業者が登録する)
  • KSC(銀行・信用金庫が登録する)

どの機関に情報が登録されているかは、業者によって異なります。

しかし、返済トラブルを起こした会社の申込書にどの機関に登録しているか記載されているのです。

もし開示請求しようと考えているなら、請求する前に申込書を確認するとよいでしょう。

ブラックリストに載ってしまったらどうしたらいい?

前の章では、ブラックリストに載っているかを調べる方法について解説しました。

ブラックリストに載ってしまった場合、その情報は自分の手で消すことはできません。

5年から10年経過して情報が消えるのを待つしかないのです。

クレジットカードが作れなくなってしまうと、それまで料金の支払いをカードで行っていた人からすると不便に感じるかもしれません。

また、ネットショッピングでクレジットしか対応してないということもあるでしょう。

そのような人は、デビットカードを作ってみることをおすすめします。

デビットカードはクレジットカードのような使い方ができるものですが、利用すると銀行口座から即座に引き落としされるものです。

デビットカードはクレジットカードと違って、審査なしで発行することができます。

VISAやMasterCard、JCBなど国際カードブランドであることが多く、海外でも利用できて非常に便利です。

ブラックリストの掲載が大きく人生に影響するわけではない!

この記事では、ブラックリストとは、ブラックリストに掲載される条件や載ってしまったときの対処法について解説しました。

確かにブラックリストに載ると、クレジットカードや住宅ローンなどの審査に落ちてしまう可能性が非常に高くなります。

しかし載ってしまったからと言って銀行の口座が作れなくなるわけではありません。

また金融機関以外であれば仕事へ影響するということもないでしょう。

そのため、もし仮にブラックリストへ掲載されてしまったからと言って悲観しすぎる必要はありません。

時間が経てば情報は消去されるので、もしまたクレジットカードの利用や車のローンを組みたいなら気長に待ちましょう。

シェアする

フォローする