実際に体験してわかった「ソフト闇金のカラクリ」

シェアする

現金を持った男

この記事では、ソフト闇金について改めて詳しく解説していきたいと思います。

闇金とひとことで言っても「闇金」ソフト闇金には以下のような特徴がありの二種類の闇金があります。

一見同じように見える二つの闇金ですが、各々どのように異なるのか?

またソフト闇金はなぜ逮捕されないのか?

ソフト闇金にまつわるいくつかの点を紐解いていきたいと思います。

ソフト闇金とは?

まず「ソフト闇金」とは、どういった貸金業者のことを表すのか?いくつかの特徴をお伝えしていきます。

ソフト闇金には以下のような特徴があります。

  • 特に厳しい審査もなく、少額をすぐに融資してくれる。
  • 急いでいる場合には、即日振込をしてくれる。
  • 返済が遅れそうな場合でもある程度待ってくれるなど、とても親切。
  • 利用すればするほど、金利が安くなるなどリピーターに優しい仕組みがある。
  • 闇金と比べてもそれほど厳しい取り立てをしてこない。

なお、気になるソフト闇金の金利ですが、実際に取っている金利は闇金とほとんど変わらないか、むしろそれよりも高いケースがあります。

また、上記の通りソフト闇金は利用者にはとても親切な対応をしますので、実際に被害届が出されるケースがなく逮捕されることもほとんどありません。

このあたりの事情については、この後詳しく解説します。

運営しているのは誰?

つぎに、ソフト闇金を運営している人の実態についてです。

ソフト闇金を運営しているのは、金貸し専門の業者だったり、中には反社会勢力が絡んでいることもありますが、個人でソフト闇金を営んでいる人もいます。

中には学生でソフト闇金を起業して、運営している人も居るくらいです。

ちなみに個人間融資の掲示板を見ていると、あたかも個人が一般の人にお金を貸してくれるのでは?という書き込みを見かけますが、その実態のほとんどはソフト闇金です。

店舗がないのが普通

ちなみにソフト闇金を営んでいる業者のほとんどは、店舗を構えることはありません。

したがって、携帯電話やWEBで受付をしているケースが多いようです。

ソフ闇金の儲けの仕組み

ソフト闇金は法外な金利を貪り、一度利用した後は借金地獄に落ちるのは目に見えているのですが、それでも利用する人は後を絶ちません。

それはソフト闇金での借入金額が非常に少額であるため、実際に負担する利息が少ない…ということ、さらに先ほどもお伝えした通り「取り立てがそれほど厳しくない」というところに要因があります。

金利について補足すると、仮にソフト闇金で100万円を借りると一週間で20万円前後の利息が発生する訳ですが、実際にはそこまで高額のお金を融資することはなく、標準的な貸付金額は3万円~5万円程度です。

したがって、3万円を借りて7日で2割の利息をとられても、6,000円の利息+手数料を払えばいいことになります。

ソフト闇金を利用する人のほとんどは、大手消費者金融や銀行カードローンなどから借りられない超ブラックの人がほとんどです。

そのような人は、どこからもお金を借りる事は出来ないため、たとえ6,000円+手数料を支払ったとしても「少しでも現金を手に入れたい!」というのが切実な願いです。

ソフト闇金としてもこのような小口の顧客をたくさん持つことで、顧客の中から返済できない人が数人出ても他の優良顧客から法外な利息を取っているので、いくらでも儲ける事はできるわけです。

つまり、ソフト闇金はお金に困った利用者にとっては非常にありがたい存在であり、ソフト闇金もお金に困った顧客を抱えれば抱えるほど儲かる…という仕組みになっています。

ソフト闇金の金利と貸付額

ここからは、そんなソフトやの「金利」や「貸付額」について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

金利

まず、ソフト闇金の融資の基本的な仕組みからご紹介していきます。

ソフト闇金の金利は運営している会社によって様々ですが、以下のように一週間で借りた金額に対し「20%~30%」という非常に高い利息が設定されています。

さらに以下の表にあるとおり、利息とは別に貸付の際に「手数料」が加算されますので、実質の利息負担としてはもっと多いことになります。

ちなみに、この手数料は融資が行われる際に差し引かれます。

たとえば3万円を借りて手数料が3,000円の場合は、27,000円が利用者に融資されることになります。

【ソフト闇金の金利手数料一例】

金利設定 手数料
A社 7日で2割 3000円
B社 7日で3割 3000円
C社 10日で3割 5000円

ちなみに、利息制限法では「上限金利は実質年率20%まで」と決められているはずですが、ソフト闇金はこれを超えて営業していても違法ではないのか?という疑問が湧いてきます。

たしかにそれは一理あるのですが、ソフト闇金のほとんどは「個人間融資」を装っていますので、法律上は貸金業者などを規制する利息制限法の対象にはなりません。

たとえば友達に1万円を貸して1ヶ月後に利息を含めて15,000円を返してもらうと、年率で20%以上の利息を取っていることになりますが、誰からも罰せられないのと同じです。

なお、個人間融資で適用される上限金利は出資法で定められた「年109.5%」となっていますので、法律上はソフト闇金もその上限を超えなければ法には触れない事になります。

さらに出資法の上限金利を超えて融資を行ったとしても、それほど厳しい罰則は合せられませんし、実際には利用者から被害届が出されるケースも少ないため、ソフト闇金が逮捕されるケースはあまりないようです。

また、ソフト闇金のほとんどは摘発される前に、名前や所在地を変えて営業を続けますので、中には延々と摘発を逃れて営業をしている業者もあるようです。

参考までに出資法の利息を超えて融資を行った場合の罰則について、法律の一部を抜粋していますのでご覧いただければと思います。

引用元:「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」より

「金銭の貸付けを行う者が、年百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)を超える割合による利息(債務の不履行について予定される賠償額を含む。以下同じ。)の契約をしたときは、五年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

当該割合を超える割合による利息を受領し、又はその支払を要求した者も、同様とする。」

引用:e-gov

ちなみに、上記のソフト闇金の金利を実質年率に直してみると、「7日で2割」の金利を取っている場合は年率で「730%」という考えられない金利になります。

大手消費者金融のアコムやプロミスの場合、上限金利は18.0%(100万円以上の借り入れがあった場合でも15%)という金利ですので、ソフト闇金の金利設定がいかに高いかということがおわかりいただけると思います。

実際の融資額

つぎに、ソフト闇金で融資される実際の融資額についても、もう少し詳しく見ていくことにしましょう。

ちなみにパチンコ店などの駐輪場を歩いていると「3万円まで即日融資!」というチラシを見かけたことがある人も多いと思います。

そのようなチラシからもわかるとおり、ソフト闇金で融資されるのは3万円~10万円程度という、とても少ない金額です。

ソフト闇金は少額を多数の人に融資し、ある一定数の返済が滞ったとしても利益が残るような仕組みになっています。

たとえば、同じ200万円を融資するにしても返済してくれるかどうかわからない人に200万円を貸すよりは、2万円を100人に貸し付けてそのうちの20%~30%が返済不能に陥るほうが、たくさん儲けが出る…というわけです。

闇金とソフト闇金との違い

ここまでの情報をもとに、もう一度闇金とソフト闇金の違いを整理してみます。

闇金 ソフト闇金
融資金額 3万円前後の少額から事業資金として100万円以上を融資することもある。 ほとんどが3万円~10万円程度の小口融資(融資対象は個人が大半)
利息 10日で10%+手数料のケースが多い 10日で20%~30%+手数料
取り立て 暴力的な取り立てもある。 親切対応(ただし返済を放置すると厳しい取り立てがあるのは同じ)

以上の通り、闇金とソフト闇金には利息や取り立ての仕方など少しの違いはありますが、その実態はほとんど一緒です。

共に違法業者ですし、正規の貸金業登録はされていません。

“ソフト”と言われる理由

この点については、先ほども解説しましたので詳しくは割愛しますが、実際にソフト闇金を利用した人からは以下のような口コミが寄せられていますので、ソフト闇金は如何に親切か…ということがおわかり頂けると思います。

利用者からの声 内容
返済させないなどの方法で利息を貪ることはないか? 返済を無理に拒む。また押し貸しや携帯を買わる…口座を売らせるなどの違法行為はありませんでした。
専業主婦でも借りれるか? 無収入の専業主婦でも5万円を即日で貸してくれました。
返済が遅れそうで心配 前もって担当者に連絡をしておけば、特に厳しい取り立てはありませんでした。

ソフト闇金の返済とリスク

ソフト闇金のホームページなどには、上記のような内容がうたい文句として書かれている為、利用者は「親切な貸金業者…」と勘違いしてしまいます。

しかし返済が滞った場合には、もちろんリスクも伴います。

返済を待ってくれるが逃げる事は出来ない

たしかに、ソフト闇金は返済を待ってくれたり融通を効かせてくれますので、お金のない利用者にとってとてとても便利な存在です。

しかし、返済を待ってくれるといっても、借入期間中は利息が増えていきますし、いつまでも返済を待ってくれる訳ではありません。

あまりにも滞納が続くと態度は豹変し、職場や実家に取り立てに来ることもあります。

ソフト闇金は名前こそ「ソフト」ですが、実態は「違法業者」ということを忘れてはいけません。

ソフト闇金と正規のローン会社との見分け方

では、ソフト闇金と正規の貸金業者は、どのようなポイントで見分けることができるのでしょうか?

いくつかのポイントがありますが、主な見分け方は以下の通りです。

ソフト闇金 正規の業者
貸金業の登録 なし あり
金利 7日で20%前後 1年間で18%(アコムなどの大手消費者金融の場合)
融資金額 3万円~10万円前後 一定の年収があれば初回借入時に50万円の融資も可能
無利息サービス なし 大手消費者金融は30日間の無利息サービスがある。
店舗 なし スタッフが居る店舗は、無人契約機を運営している。
連絡先 携帯電話やWEB上のやり取りがメイン 24時間対応のコールセンターがある。
カード発行 なし キャッシング用のカードが発行される。
延滞時の取り立て 延滞が続くと厳しい取り立てがある。 暴力的な取り立てはなく、延滞が続くと法的手段で回収が行われる。

なお、以下のサイトでは正規の貸金業者かどうかを検索する事ができますので、参考にして頂ければと思います。

金融庁登録貸金業者情報検索サービス

ソフト闇金に手を出す前に

ここまでの情報で、ソフト闇金の仕組みやリスクについては、ご理解いただけたかと思います。

たしかに、少額を借りてすぐに返済すればソフト闇金はとても便利な存在です。

しかし一度利用すると利用者の個人情報は業者に残りますし、裏で個人情報を売り買いされるリスクもあります。

金融ブラックになってしまった人の中には、正規の貸金業者からの融資をはじめからあきらめて、ソフト闇金に手を出す人も居ます。

しかし、大手消費者金融は無理でも中小の正規貸金業者に申し込めば審査が通る事もあります。

中には金融ブラックでも対面方式で審査を行い、人柄重視で融資をしてくれる業者もあります。

また、大手消費者金融でも少額であれば審査が通ることもありますし、自分では金融ブラックと思っていても、信用情報機関のネガティブな情報が消えている事もあります。

いずれの場合も申し込んでみないとわからない…というのが実態ですので、どうしてもお金に困ったとしても安易にソフト闇金には手を出さず、まずは正規の貸金業者へ申し込んでみてください。

ソフト闇金、まとめ

最後にソフト闇金に手を出してしまい、法外な利息で返済が厳しくなった人へのアドバイスです。

そのような人の中には、家族にも相談ができずに悩んでいる人も居るかもしれません。

しかし、悩んでばかりいても利息が減る訳でもありませんし、取り立てもストップしません。

そのような人は、少しの勇気を振り絞ってでも速やかに弁護士に相談されることをお勧めします。

多少の弁護士費用はかかりますが、中にはトラブルが解決してから分割で弁護士費用を支払うことを認めてくれるなど、柔軟な対応をしてくれる弁護士事務所もありますので、まずは法の専門家に相談するようにしてください。

シェアする

フォローする