キャッシング審査に挑む主婦が注目すべき3つのポイント

シェアする

家計を支える主婦には、ママ友との食事や子どもの養育費など急な出費がつきものです。

そして、そんな急な出費が重なった場合、どうしてもキャッシングを利用しなければならないという場面もあることでしょう。

  • ここでは、そんな時に役立つ主婦がキャッシングを利用する際に注意しなければならない3つのポイントをご紹介します。

ポイント1:専業主婦かどうか

キャッシングにおいて、専業主婦かどうかというのは非常に重要なポイントの1つとなっています。

なぜなら、正社員やパートなどで収入がある場合と専業主婦で収入がない場合では利用できるローンが大きく異なるからです。

収入がある場合

正社員やパートなど形は問わず、収入がある場合は消費者金融・銀行・信販系(クレジットカード会社からのキャッシング)ともに利用できます。

ただ、下記の条件に当てはまる場合には、審査に落ちてしまう可能性もあるので注意が必要です。

  • 毎月収入があるわけではない
  • 収入の金額に大きくムラがある
  • 現在は休職・退職中である
  • 働き始めて1年以内である

専業主婦の場合

専業主婦の方の場合、銀行は利用可能ですが、消費者金融や信販系のキャッシングは利用することができません。

これには、総量規制という仕組みが大きく関わっています。

総量規制とは?

総量規制とは、個人の借入総額が年収等の3分の1までに制限される仕組みのことを言います。

これによって、収入がない専業主婦の方は収入が0円となるため、1円の融資も受けることができないというわけです。

ただ、総量規制の対象は貸金業者となっており、銀行はこの対象外なので銀行カードローンなどは専業主婦の方でも利用することができます。

専業主婦が消費者金融を利用したい場合

収入のない専業主婦は、総量規制によって消費者金融を利用することはできません

しかし、銀行には審査が厳しい・審査や融資に時間がかかるといった面があるため、審査に自信がない方やすぐにでも融資を受けたい方などには消費者金融のほうが都合が良いということもあります。

そこで、専業主婦が消費者金融を利用できる方法をご紹介します。

配偶者貸付を利用する

配偶者貸付とは、配偶者に収入があればそれを夫婦の収入とみなすというものです。

たとえば、年収300万円の旦那さんを持つ専業主婦の場合、300万円は夫婦の収入とみなされるため、年収の3分の1である100万円まで借入を行うことができます。

ただし、こちらを利用する場合には、旦那さんの同意書・夫婦関係の証明書などの提出書類も増えて手続きも複雑化するため、アコムやプロミスといった大手消費者金融は配偶者貸付を受け付けていないのでご注意ください。

ポイント2:消費者金融or銀行or信販系

キャッシングには、消費者金融・銀行・信販系の大きく分けて3種類の借入先があります。

どれを選択するかによって、審査の難易度や金利も違ってきますので、それぞれの特徴をしっかりと把握しておきましょう。

消費者金融の特徴

消費者金融の特徴は、なんと言っても申し込みから融資までが早いという点です。

そのため、ママ友のとのご飯の予定が急に入ってすぐにでも融資を受けたい!というような主婦の方にはこちらが向いています。

消費者金融のメリット

キャッシングで消費者金融を利用するメリットは、主に下記のような点です。

  • 申し込みから融資が早い
  • 銀行に比べて審査が甘い
  • 無利息期間などサービスが豊富

消費者金融のデメリット

キャッシングで消費者金融を利用するデメリットは、主に下記のような点です。

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象になる
  • イメージがあまり良くない

銀行の特徴

銀行の特徴は、なんと言っても金利が低いという点です。

そのため、養育費の足しにするために長期的に借入を行っていきたい!というような主婦の方にはこちらが向いています。

銀行のメリット

キャッシングで銀行を利用するメリットは、主に下記のような点です。

  • 消費者金融や信販系に比べて金利が低い
  • 総量規制の対象にならない
  • 信頼度が高い

銀行のデメリット

キャッシングで銀行を利用するデメリットは、主に下記のような点です。

  • 審査や融資に時間がかかる
  • 消費者金融や信販系に比べて審査が厳しい
  • 消費者金融や信販系に比べてサービスなどが少ない

信販系の特徴

信販系の特徴は、なんと言ってもポイントが貯まったりといったサービスが充実している点です。

そのため、クレジットカードやポイントを日常的に利用している!というような主婦の方にはこちらが向いています。

信販系のメリット

キャッシングで信販系を利用するメリットは、主に下記のような点です。

  • 割引やポイントなど日常的に使えるサービスが充実
  • 一部で非常に低金利の商品を取り扱っている
  • 商品の種類が豊富

信販系のデメリット

キャッシングで信販系を利用するデメリットは、主に下記のような点です。

  • 金利が高い
  • 総量規制の対象になる
  • カードを発行する場合には時間がかかる

ポイント3:ステータスに問題がないかどうか

キャッシングの審査において、信用情報などに記載されている自身のステータスに問題がないかどうかという点も非常に重要です。

仮にステータスに問題がある場合、審査では不利になってしまうのでご注意ください。

信用情報とは?

消費者金融・銀行・信販系のどこでキャッシングを行う場合でも信用情報は必ず確認されます。

信用情報とは、個人のクレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報が記載されているものであり、融資先はここから主に下記のような内容をチェックしています。

  • 支払いの遅延や滞納を行っていないかどうか
  • 債務整理や自己破産を行っていないかどうか
  • 同時に複数のキャッシングに申し込んでいないかどうか

上記のような、条件に当てはまる方はまず審査には通りません。

また、他社からの借入件数や借入総額についてもチェックされており、これらが多すぎると審査には不利に働きます。

逆に、これらを全てに問題がない方は、ひとまず審査の最低ラインはクリアしているのでご安心ください。

審査で有利に働く条件

信用情報に記載されている情報は、何も審査に不利に働くものばかりではありません。

下記のような内容は、審査においては有利に働くこともあります。

  • 支払いの遅延や延滞の記録がない
  • キャッシングなどを利用した記録がない
  • 長期間返済などを行っている

まとめ

一言に主婦と言っても、専業主婦からバリバリのキャリアウーマンまで様々です。

そして、キャッシングを利用する際には、これは非常に重要なポイントとなります。

これからキャッシングの審査を受けるという主婦の方は、今回ご紹介した内容をしっかりと確認してから挑むようにしてくださいね。

シェアする

フォローする