主婦はお金を借りられない!?噂の総量規制とは?

シェアする

「主婦でもカードローンを利用できる!」

このような情報をネットでもよく見かけますが、これは半分正しく半分間違いです。

そして、これには総量規制という決まりが大きく関わっています。

ここでは、総量規制と主婦のキャッシングについて詳しくご説明します。

総量規制とは?

総量規制とは、貸金業者は個人の年収の3分の1までしか融資できないという決まりのことです。

つまり、年収300万円のAさんの場合は、最高でも年収の3分の1である100万円までしか借入を行うことができません。

もちろん、借入の限度額自体は審査によって決まるため、必ずしも総量規制いっぱいまで融資を受けられるというわけではありません。

限度額は審査によって決まる

総量規制のせいで時々勘違いされている方もいらっしゃいますが、どんな人でも年収の3分の1まで借入を行えるというわけではありません

むしろ、年収の3分の1まで融資を受けられない方がほとんどとなっています。

これは、借入限度額の上限は審査によって決まるからであり、初めて審査を受ける方は信用もないため、多くの場合は上限額は低めに設定されるからです。

先程の例で言うと、年収300万円のAさんは総量規制によって100万円までしか借りられませんが、実際に100万円まで融資を受けられるわけではないというわけです。

専業主婦の年収は0円!

総量規制と上限額についての説明を終えたところで、いよいよ主婦と総量規制の関係についてご説明します。

主婦と総量規制の関係で、非常に重要となってくるのが収入の有無。

なぜなら、どれだけ大豪邸に住んでいても、どれだけ旦那さんが大富豪でも、働いていない専業主婦の方は年収0円と見なされてしまうからです。

年収0円は総量規制で融資を受けられない

貸金業者からは年収の3分の1までしか融資を受けられないという決まりの総量規制。

では、年収0円の専業主婦の場合は一体どうなるのでしょうか。

答えは、0円の3分の1も0円なので、総量規制によって専業主婦は融資を受けることはできません

パートやアルバイトでもOK!

専業主婦の方は、総量規制によって融資を受けることはできませんでしたが、主婦の方でも収入さえあれば雇用形態は問わず、キャッシングを利用することができます

正社員はもちろん、パートやアルバイトであっても、きちんと収入として見なされるので安心してください。

つまり、月々5万円をパートで稼ぐ主婦の方であれば年収60万円となるので、総量規制によって最大で20万円までは借入を行うことが可能です。

総量規制の抜け道!配偶者貸付

年収0円の専業主婦には容赦のない総量規制ですが、実は専業主婦でも融資を受けることができる方法が1つだけ存在します。

それが、配偶者貸付です。

配偶者貸付とは、配偶者(旦那さん)の年収も自身の年収として処理するというもので、旦那さんに300万円の年収があれば奥さんが専業主婦であっても、最大で100万円まで融資を受けることが可能となっています。

配偶者貸付は手続きに手間がかかる

配偶者貸付では、通常のキャッシングを行う際に必要な書類の他に、配偶者の証明書・配偶者の同意書・配偶者の証明書などが必要となります。

そのため、書類の準備や処理に通常よりも長い時間がかかります。

また、旦那さんにバレずにキャッシングを行おうと考えている方は、同意書が必要であるため利用することができません。

配偶者貸付を行っているところは少ない

配偶者貸付を行っているところは、実は非常に少なく大手ではほとんど行っていません

ただ、通常のキャッシングとは処理が異なる上に、処理に余計な時間がかかるので、借入先が嫌がるのも無理はありません。

そのため、配偶者貸付を利用しようと考えている方は、大手ではなく中小から融資を受ける形になることを覚悟しましょう。

銀行は総量規制の対象外

ここまで、総量規制について散々述べてきました。

しかし、総量規制の対象であるのは消費者金融や信販系(クレジットカード会社など)だけで銀行はその対象外です。

そのため、銀行であれば配偶者貸付のような面倒な手続きも必要ありません。

専業主婦は銀行カードローンを利用しよう

総量規制の対象にならない銀行カードローン。

そのため、専業主婦の方でも銀行カードローンで融資を受けることは可能となっています。

もちろん、審査は銀行の方が厳しいと言われていますが、それでも総量規制によって100%審査に落ちるよりも遥かに安全です。

まとめ

ネットで情報が交錯しているため、主婦でもキャッシングを利用できるのか・利用できないのかということがよく問題になりますが、まとめると下記の2点が主婦のキャッシングをややこしくしている主な原因です。

  • 総量規制
  • 配偶者貸付

そのため、今回の記事を完璧に理解できなかったという主婦の方は、下記の3点だけを覚えておきましょう。

  1. 総量規制によって年収がない専業主婦はキャッシングを利用できない
  2. 配偶者貸付という抜け道もあるが、手間がかかるため大手はほぼこれを行っていない
  3. 消費者金融や信販系は総量規制の対象、銀行は総量規制の対象外

これらをしっかり把握しておけば、主婦の方でも問題なくキャッシングを利用することができるでしょう。

シェアする

フォローする