プロミスで即日融資を受ける方法

シェアする

消費者金融の中でもここ数年でCMや広告での露出が多いプロミス。

特に2年ほど前からシリーズもので続いているCMは、皆さんもご存知ではないでしょうか。

実際にプロミスのキャッシングの中身とそのサービスについて、そして即日で借りられる方法についても詳しくご紹介していきます。
公式サイトはこちらから

目次

プロミスの基本情報

金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査、最短1時間融資
即日融資
無利息サービス
申込方法 Web、自動契約機、電話、店頭窓口、郵送
借入方法 Web、電話、ATM

プロミスは現在、三井住友銀行グループの大手消費者金融です。

大手の中でも最大手であり、自動契約機の設置数はキャッシング業界でも最多なので街中でプロミスの「自動契約コーナー」を見かけることが多いのではないでしょうか。

2017年3月現在は俳優の谷原章介さん、柄本時生さん、勝地涼さん、女優の森カンナさんの4人がCMに出演しており、上記の通り2年ほど前から同じキャスティングとシリーズのCMが続いているので記憶に残っている方も多いでしょう。

金利は「年4.5~17.8%」で上限が低い

業者名 金利(実質年率)
プロミス 4.5~17.8%
アイフル 4.5~18.0%
アコム 3.0~18.0%
バンクイック 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%

プロミスの上限金利は「年17.8%」となっていて、消費者金融の中ではもっとも低金利です。

銀行カードローンと比較すると高い金利ですが、自動契約機の設置数が多く審査も早い消費者金融で少しでも利息をおさえてお金を借りたいという要望に、プロミスは一番沿っています。

たった0.2%の差ですが、年単位で返済していくことを考えると少しでも金利は低いに越したことはありませんよ。

適用金利一覧

利用限度額 金利(実質年率)
100万円未満 4.5~17.8%
100万円以上~500万円 4.5~15.0%

(※表は大まかなイメージです)

プロミスの金利は「年4.5~17.8%」なので、一番高い金利が適用されても17.8%までとなります。そのため以前と比べると、毎月の返済で発生する利息がとても少なくなりました。(以前は上限金利が年28%程度あった)

適用される金利は、限度額が100万円未満かそれ以上かで大きく分けられます。なぜかというと、「利息制限法」という法律で100万円以上のキャッシングには上限15.0%までの実質年率を適用しなければならないからです。

また下限の金利は「4.5%」ですが、利用限度額を最大まで契約できなければ、下限金利が適用されるのは現実的には不可能です。「限度額30万円でなんとか4.5%の金利を適用してもらえないだろうか」と考えてもまず不可能です。

借入限度額は「500万円」で標準的

業者名 借入限度額
プロミス 1万~500万円
アイフル 1万~500万円
アコム 1万~800万円
バンクイック 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万~800万円

借入限度額は消費者金融の中でも標準的な最大「500万円」です。

ただ消費者金融である以上は「総量規制」が適用されるため、500万円の限度額を契約するには少なくとも年収が1,500万円以上でなければいけないことになります。

またそれに応えられるほどの信用実績がなければならないので、初めのうちは50万円未満からのスタートだと思って借入希望額を入力するようにしましょう。

「総量規制」で借りられるのは年収の1/3まで

上記でもご説明したように、プロミスなどの消費者金融から借りることができる金額は、「利用者の年収の3分の1をこえてはならない」と総量規制で決められています。

仮にもし年収が多かったとしても、金額や審査次第では3分の1も借りることができないことだってあります。

また、限度額は年収だけでなく審査の内容も加味されて決められます。そのため、年収が近しいあるいは同じ方が同時に申し込んでも、契約できる限度額が変わることもあります。

もし年収の3分の1を超えて借り入れをしたい場合には、総量規制対象外のキャッシングやカードローンを検討する必要があります。

詳しくはこちらのページをご参照ください。(→総量規制対象外の銀行カードローン【即日融資OK!】

審査スピードは「最短30分」で早い

種別 審査時間
プロミス 最短30分審査~最短1時間融資
消費者金融 最短30分
銀行カードローン 最短30分~最短即日

CMでも強調して宣伝しているだけあって、プロミスの審査スピードは「最短30分」と非常に早いです。

また、他の消費者金融と異なるのが最短審査時間だけでなく最短融資時間も記載している点で、「最短1時間融資」とはっきり言っています。

審査は30分、本契約と借り入れに30分ずつで、お急ぎの方も嬉しい即日借りられるキャッシングというわけですね。

公式サイトはこちらから

プロミスの主な3つのサービス

三井住友銀行の「ローン契約機」からも申込OK!

プロミスの自動契約機「自動契約コーナー」は設置数No1というお話はしましたが、さらにすごいのは同グループの三井住友銀行の「ローン契約機」からもプロミスの申し込みができることなんです。

もしお近くに自動契約コーナーが無かった場合でも、三井住友銀行支店内にあるローン契約機に行けばその場でカード発行ができます。

その上、プロミスのカードローンは三井住友銀行ATMの取引手数料が無料であることも嬉しいメリットです。

★ローン契約機「申し込みから借り入れまで」

  1. タッチパネルでご本人様の情報を入力
  2. スキャナーでご本人様の確認書類を読込 ※顔写真付
  3. 申込書に必要事項を記入
  4. オペレーターから契約についてのご案内
  5. 審査~審査結果のご案内
  6. カード暗証番号の確認、契約書類とカードの発行
  7. ATMでお借り入れ

初回限定で利息0円!30日間の無利息サービス

他社と同様、プロミスも初めての利用者限定で30日間の無利息サービスを提供しています。

期間中はいくら借りても利息0円というのは他社の無利息サービスと同じですが、プロミスが異なるのは「借入日の翌日から」無利息サービスが適用される点です。

他社は「契約日の翌日から」なので、すぐに借りないとその分無利息期間を無駄にしてしまいますが、プロミスは契約してからも自分の借りたいときに無利息サービスを利用することができます。

最短10秒振込!24時間対応の振込サービス「瞬フリ」

プロミスの会員サービス「瞬フリ」は、24時間いつでも振込キャッシングを利用することができるサービスです。

振込の申し込みから最短10秒で指定口座へいつでもキャッシングしてくれるので、必要な時に必要な分だけ手早くキャッシングできるのがメリットです。

ただし下記の通り、振込先に指定する口座は2つの銀行のどちらかになります。

それ以外の口座で即日借りるためには、当日の14時までに振込の申し込みをする必要があるので要注意です。

★瞬フリの利用条件
「三井住友銀行」または「ジャパンネット銀行」の口座を持っている、かつ振込先に指定する

女性の味方「レディースキャッシング」

金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分審査、最短1時間融資
即日融資
無利息サービス
申込方法 レディースコール、Web、自動契約機、店頭窓口、郵送
借入方法 レディースコール、Web、ATM

通常の「フリーキャッシング」と比較してわかる通り、金利や限度額といった貸付条件はまったく同じです。

では何が違うのかと言うと、以下の表の通り「女性専用ダイヤル」があります。

  • プロミスコール
    0120-24-0365
  • レディースコール
    0120-86-2634

男性オペレーターが怖いので話したくない、あるいは話しづらいことで相談したいことがあるような場合には、完全女性オペレーター対応のレディースコールを活用しましょう。

まずは「お借入シミュレーション」でチェック

プロミス公式サイト上には、「お借入シミュレーション」という3つの項目を入力するだけで簡易的な審査結果がわかるサービスがあります。

申込条件や必要書類を用意して無駄足にならないように、まずはお借入シミュレーションを試してみましょう。

  • 生年月日
  • 年収
  • 他社借り入れ金額

上記の3つを記入すると、3秒で簡単な審査結果がわかるので、本審査の前に下記の「申込条件」を満たしているかどうかがわかります。

条件を満たしていれば、「お客様の条件ですと、ご融資可能かと思われます」と表示されて、そのままインターネット申し込みを勧められます。

反対に、なんらかの理由で条件を満たしていなければ、「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」と表示されて、同じくインターネット申し込みを勧められます。

ここで条件を満たしていないことが分かった場合、「年収」と「他社借り入れ金額」を記入することから、総量規制(年収の1/3)を超えてしまっている可能性が高いです。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、プロミスの「申込条件」と「必要書類」を確認しておきましょう。

申込条件

以下の条件を満たす方は、プロミスのフリーキャッシングを利用することができます。

  • 満20歳以上~69歳以下の方
  • 安定した収入がある方
  • プロミスの審査基準を満たす方

上記の通り、満20歳以上で勤務されている方なら大半の方が条件を満たしています。

主婦や学生でもパート・アルバイトなど安定した収入のある方はご審査のうえご利用が可能ですと公式ウェブサイト上に記載してある通り、会社員でなくとも利用可能です。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

また、「プロミスの審査は厳しい」という口コミが多少なりともありますが、プロミスの「審査通過率」はアコム、アイフルに並んでTOP3に入ります。

そのため過去に金融機関との間で何か問題を起こしていない限り、審査が通りにくいということはありません。

必要書類

プロミスのキャッシングを契約するためには、下記の書類につきコピー1部が必要になります。

なお、収入証明書類は原則不要です。

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証(※1)
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)
  • 収入証明が必要になる条件
  • プロミスでの借入希望額が50万円をこえる場合
  • 「プロミス+他社」の借入合計額が100万円をこえる場合
  • 収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 税額通知書
  • 所得(課税)証明書
  • 給与明細書(※2 直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)

(※1)店頭窓口または自動契約コーナーで契約する場合には「住民票」などもう1点書類が必要です。

(※2)「賞与明細書」はお持ちの方だけで問題ありません。お持ちでなければ直近2ヶ月分の給与明細書を準備しましょう。

プロミスで即日審査をして即日で借りられる方法

  1. Webで申し込みをして即日振込
  2. 電話または自動契約機から申し込みをしてATMで借り入れ

Webで申し込みをして即日振込

即日振込を希望する場合は、プロミスだとWebからの申し込みが一番望ましいです。

プロミスのWeb完結申込では、「フル入力」と「カンタン入力」を選びますがどちらから申し込んでも同じ審査内容です。

返済方法に「Web」を選択して「口座振替」と「カード郵送希望なし」と選ぶことでWeb完結の申し込みが可能です。

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちでなければ、振込の申し込みを14時までに完了させられるよう時間に余裕をもって申し込みましょう。

申し込みで記入する内容一覧

プロミスのWeb申し込みのうち、「フル入力」を選択した場合、主な入力内容は以下の通りです。

ちなみに「カンタン入力」では途中までWeb上で入力を行い、借入希望額や入力内容の確認等に関しては電話でオペレーターと行うことになります。

  • お客さま情報
  • 氏名
  • 氏名(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 家族構成
  • 子供の有無
  • 電話番号(任意)
  • 自宅電話の有無
  • 運転免許証交付の有無
  • 自宅情報
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 自宅住所(フリガナ)
  • お住まいの種類
  • 勤務先情報
  • 雇用形態
  • 勤務先名
  • 勤務先名(フリガナ)
  • 郵便番号
  • 勤務先住所
  • 所属部署(任意)
  • 電話番号
  • 社員数
  • 最終学歴
  • 入社年月
  • 年収
  • 健康保険証の種類
  • 業種
  • 職種
  • 契約方法の選択
  • 「Web契約」または「来店契約」
  • 借り入れについて
  • 他社借り入れについて
  • 今回の借入希望額
  • メールアドレス・パスワードの登録
  • 審査結果のご連絡について
  • メールまたは勤務先電話への結果通知
  • プロミスからの連絡は非通知で通知
  • 書面の受取方法について
  • Web明細を利用
  • 自宅へ郵送
  • 勤務先へ郵送

電話または自動契約機から申し込みをしてATMで借り入れ

カード発行を希望する場合は、電話あるいは自動契約機から申し込みましょう。

電話での申し込みは、プロミスコールに電話を掛けてオペレーターの審査内容に答えていけばあとは待つだけです。

どちらにせよ自動契約機へ来店してその場でカード発行ができるので、併設されたATMですぐにお金を借りることができます。

申込方法 申込受付時間
プロミスコール 9時~22時
自動契約コーナー 9時~22時
ローン契約機 9時~21時

必要書類の提出方法

プロミスでは契約時に必要書類を提出する必要があり、その方法は以下の3通りに分かれています。

  • インターネット
  • 電話
  • 来店(自動契約機・店頭窓口)

1つずつ解説していきます。

インターネット

パソコンやスマートフォンからWeb申込をする際には、契約方法は「Web」と「来店」の2通りあります。

「Web完結」で契約をする場合には、必要書類を画像ファイルで提出する必要があります。パソコンならスキャナー等、スマートフォンならカメラで事前に必要書類を画像ファイルとして保存しておきましょう。

プロミスから送られたメールに画像を添付して送付するか、プロミス公式スマートフォンアプリ「PROMISE」から提出することもできます。

「来店」する場合は必要書類を持参しましょう。

電話

電話で申し込みをする場合には、「来店」または「郵送」で契約をすることができます。ただし郵送の場合は即日融資ができないため、今回は割愛します。

すぐ上でも説明している通り、来店するなら必要書類は持参していきましょう。原本をコピー機に忘れないように気をつけてくださいね。

来店

来店する場合は、自動契約機とプロミスATMが併設されている「自動契約コーナー」、または専門のスタッフがいる「お客様サービスプラザ」へ向かいましょう。

ただし、お客様サービスプラザは全国でみても「18店舗(2017年6月現在)」しかありません。東京都内に限定すると2店舗(新橋・渋谷)しかありません。

そのため、自動契約コーナー、または三井住友銀行支店に設置されている「ローン契約機」で契約をする方が容易です。

プロミスのスマホ公式アプリ「PROMISE」が便利

プロミスから無料アプリで「iPhone」「Android」どちらでも利用することができます。下記の通り、一通りの機能が備わっており非常に便利です。

  • 必要書類をカメラで撮影して申込の自動入力サポート
  • 本人確認書類と収入証明書類の提出が可能
  • 店舗検索
  • 返済シミュレーション
  • 残高照会と借り入れ・返済
  • 利用限度額増額の申し込み
  • 取引履歴の確認

即日審査に申し込む上で気をつけるべきポイント

審査スピードがいくら早いとはいえ、必ずしも即日融資を受けることができるとは限りません。そのため、下記のポイントは最低限おさえておきましょう。

Web完結申し込みの締切時間に注意

受付時間 振込時間
平日0時~9時 当日9時30分ごろ
平日9時~14時50分 受付完了から最短10秒
平日14時50分以降 翌営業日の9時30分ごろ
土日祝日 翌営業日の9時30分ごろ

即日振込を希望する場合は、平日14時50分までに振込の申し込みまで完了しておく必要があります。

上記の通り、通常の振込キャッシングだと「平日14時50分以降」や「土日祝日」に振込を申し込んでも、翌営業日以降の振込となってしまいます。

「審査結果」は最短30分でわかりますが、「審査手続き」は30分では終わらないので、可能であれば午前中に申し込みを済ませて審査結果を受け取っておくことをおすすめします。

ちなみに、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、「瞬フリ」を利用して24時間いつでも最短10秒で即日振込が可能です。

「今回の借入希望額」は必要最低限に

プロミスのWeb申し込みで記入する項目「借り入れについて」では、「今回の借入希望額」を記入する項目があります。

フリーキャッシングは限度額内で自由に借り入れと返済を繰り返し行う事ができるため、余裕をもって限度額を多めに記入してしまいがちです。

ただそうすることによって審査に余計な時間が掛かってしまう可能性があるため、借入希望額は必要最低限におさえることをおすすめします。

ちなみにある程度利用していれば、プロミスは「会員サービス」から利用限度額の増額を申し込むこともできます。

カードレスを希望する場合の手続きに注意

カードレスでのキャッシングを希望する場合、審査申し込みの段階で「Web契約」を選択して、返済方法を「口座振替」にする必要があります。

カードレスでフリーキャッシングを利用する以上はATMでの借り入れと返済ができないため、借り入れは「会員ページ」でログインをして振込の申し込みをします。

返済も、インターネットバンキングを利用すれば会員ページで行うことができるのですが、毎月の返済では「口座振替」を利用することがカードレスの条件です。

そのため、毎月の返済期日では返済に利用する口座の残高が不足しないように気をつけましょう。

ちなみに、申し込みでカードレスを選択しても後からローンカードを発行することも可能です。

土日に即日で借りるには?

即日振込は基本的に平日14時までの申し込みが必要ですが、条件を満たせば土日にも即日振込が可能です。

口座があれば土日に即日振込も可能

金融機関 受付時間
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
年中無休/24時間受付
その他銀行口座 平日のみ/0時~14時50分まで当日受付

三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば「瞬フリ」を利用できるので、土日でも最短10秒で即日振込が可能です。

プロミスはWeb完結で申し込みから借り入れができる上に、カードレスでキャッシングを利用することができます。

契約書などの郵送もないので、審査完了後にすぐ借り入れができます。

口座がなければカードでの借り入れ

一方、上記の口座をお持ちでない方は、カードでの借り入れで土日も即日融資が可能です。

店頭窓口(お客様サービスプラザ)と自動契約機でカードの発行が可能ですが、土日祝日は店頭窓口が休業のため、まずは自動契約機へ来店しましょう。

事前に審査の申し込みをインターネットで済ませておくと、自動契約機での手続き時間を短縮することができます。

自動契約コーナー

プロミスの自動契約機は、年中無休で9時~22時まで営業しています。(※一部店舗は異なる)

申し込みに必要なものですが、50万円未満の借り入れなら本人確認書類、つまり免許証だけでも一連の手続きが可能です。

自動契約機の設置されている「自動契約コーナー」は1人用の十分なスペースがあり、外部からは見えない構造になっているので安心して利用することができます。

即日融資でも在籍確認を忘れずに

「在籍確認」は申込者と勤め先を確認するための電話で、キャッシングの審査では必ず行われると言っても過言ではありません。

審査の行程で、キャッシング側の担当者から、申込者の勤め先の固定電話番号に連絡をします。

もし在籍確認ができなかった場合は審査結果も出ないため、即日融資を受けることができなくなります。

本人が電話の対応をする必要はありません

在籍確認の内容自体は、申込者が現在も在籍しているかどうかの簡単な確認なので、電話の対応をするのは会社の方でも大丈夫です。

電話されてプロミスに申し込んだことがバレてしまう心配もあると思いますが、オペレーターが個人名で連絡をして聞かれてもキャッシングのことは口に出さないので心配ありません。

また、この電話は本人が対応しなくても審査結果に影響することはないので、本人が休みの日でも会社が営業していれば確認できます。

在籍確認が上手くいかないケース

下記のようなパターンで在籍確認をきちんと行うことができないケースがあります

  • 勤め先の番号が固定電話ではない場合
  • 本人も会社も休業で誰も電話にでなかった場合
  • 会社の方が電話に出たが確認ができないまま切られてしまった場合
  • 会社の方が電話に出たが本人が退職または休職している場合

もし本人が電話に出られない場合は、事前に会社の方に電話が来ることを伝えておくと良いでしょう。

その際は、「クレジットカードの審査で勤め先を確認する電話が掛かってくるので対応してほしい」など、それらしい理由を伝えておくと疑われることはありません。

もし電話自体が厳しいようであれば、書面での在籍確認ができないかを「プロミスコール」で問い合わせてみましょう。

毎月の返済について

返済期日 いずれかを選ぶ

  • 5日(※口座振込は固定)
  • 15日
  • 25日
  • 月末
返済方法
  • Web振込
  • 口座振替(自動引落し)
  • 店頭窓口
  • ATM入金
  • コンビニ入金
毎月の返済額 2,000円~

プロミスの返済日は「5の付く日」のどれか、または「末日」のいずれかを選ぶことになります。ただし、自動引落しで返済をする場合は毎月5日に固定されます。

プロミスの金利は「年4.5~17.8%」で、借入限度額が高くなるほど金利も引き下がるように変動します。

同じように毎月の返済する金額も、借りている金額によって変動するように出来ています。

返済方式:残高スライド元利定額返済方式

端的に言うと、借入残高の金額に応じて毎月の返済額も変わるという返済方式です。

プロミスでは、借入残高に応じて下記の通り変動するように決まっています。

借入残高 返済額 返済回数
30万円以下 借入残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 借入残高×2.53%(1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 借入残高×1.99%(1,000円未満切り上げ) ~80回

例えば「5万円」の借入残高があるとしたら、3.61%を掛けることで1,805円になり、1,000円未満切り上げで毎月の最低返済額は「2,000円」となるわけです。

借入残高が10万円なら4,000円、30万円なら11,000円というように変動していきます。

返済額早見表

借入残高 掛かる割合 毎月の返済額
50,000円 3.61% 2,000円
100,000円 3.61% 4,000円
300,000円 3.61% 11,000円
500,000円 2.53% 13,000円
1,000,000円 2.53% 26,000円
1,500,000円 1.99% 30,000円

表の返済額はあくまで「毎月の最低返済額」であって、繰り上げ返済をして早いペースで返済していくこともできます。

一括で返済したい場合(全額返済・完済)

一括で返済をする日によって支払総額が異なるため、まずはプロミスコール(0120-24-0365)まで問い合わせをすることをおすすめします。

または、インターネットからの入金であれば全額返済が可能です。

ATMから返済する場合には1,000円未満の返済ができないことがあります。その場合には、1度借入残高より超過した金額は、以下の方法で返金されます。

  • 銀行振込
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 次回利用時の残高と相殺

よくある質問

プロミスの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、よく質問されているものをご紹介いたします。

基本的に、困ったことやわからないことがあればプロミスコール(0120-24-0365)まで問い合わせをするとすぐにわかります。

自宅や勤務先に書類は送られてきますか?

原則、自宅や勤務先へ輸送物が送付されることはあありませんが、下記のような場合は手元に書類が送られる場合もあります。

  • 提携ATMで借り入れや返済をした場合
  • 支払いが延滞してしまい連絡が取れない場合
  • 振込キャッシングを利用した場合
  • 申し込みなどの手続きで書類の送付を希望した場合

プロミスの場合、取引履歴の明細は「Web利用明細」を利用することで郵送物の心配もなくなります。

審査申し込みの段階で「Web利用明細」の申し込みをするか、契約後に会員ページから申し込みをすることができます。

追加で借り入れをしたいのですが…

プロミスのフリーキャッシングは、契約した利用限度額内であれば自由に借り入れ・返済が可能です。

現在契約している限度額よりもさらにお金を借りたい場合には、限度額の増額を申し込むことも可能です。

ただし増額のためには再度審査を受ける必要があり、利用限度額は利用者によって変わります。

希望される場合は、会員ページ内「限度額変更のお手続き」から申し込みをするか、プロミスコール(0120-24-0365)へ問い合わせをしましょう。

1万円だけ借りることはできますか?

利用限度額内であれば、1,000円単位から借り入れが可能です。

カードの暗証番号を忘れてしまったら?

お近くの「自動契約機」、あるいは「お客様サービスプラザ」に運転免許証などの本人確認書類を持参して来店しましょう。

来店してその場で暗証番号の再設定をすることができます。(※インターネット・電話・メールでの問い合わせはできません)

Web-IDやパスワードを忘れてしまったら?

ホームページで照会・変更の手続きが可能です。手続きでは以下の内容を入力します。

  • Web-IDの照会・変更
  • 会員番号
  • 登録しているメールアドレス
  • パスワードの変更
  • Web-IDまたは会員番号
  • 登録しているメールアドレス

プロミスカードがあれば、カード番号またはカード暗証番号でログインすることも可能です。

プロミスを利用したユーザーの口コミ・体験談

以下、当サイトへ寄せられたプロミスの利用者の口コミや体験談を抜粋してご掲載しています。

【ももたろう さん】

年齢 26
職業 契約社員
勤続年数 1年5ヶ月
年収 400万円
希望した限度額 30万円
実際の限度額 30万円
申し込んだ日にち 2016年10月

去年の10月あたりに生活費が足りなくなってしまって、プロミスさんからお金を借りました。現在の職場に転職してからまだ1年も経っていなかったため、審査に通るかとても心配だったのですが、電話でお話を聞いたオペレーターさん曰く「契約社員の方も、同じお勤め先で6ヶ月以上の勤務実績があれば問題はないかと思われます」とのことでした。

プロミスまとめ

プロミスの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • プロミスには「無利息サービス」や「瞬フリ」などユーザーにとって嬉しいサービスが多い
  • 振込での即日借り入れを希望する場合は、Webからの申し込みのみで返済方法を口座振替にする必要がある
  • カード発行での借り入れは、申込方法が電話、自動契約機2社と申し込みやすい

公式サイトはこちらから

シェアする

フォローする