モビットで即日融資を受ける方法

シェアする

消費者金融の中でもここ数年で急成長しているモビット。

2016年は「オリコン顧客満足度ランキング」でノンバンクカードローン部門の第1位を獲得するなど、実績のある大手消費者金融です。

今回はそのモビットについてサービスと、即日で借りられる方法についてご紹介いていきます

公式サイトはこちらから

目次

モビットの基本情報

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査
即日融資
無利息サービス ×
申込方法 Web、自動契約機、電話、郵便
借入方法 Web、電話、ATM

モビットは現在、三井住友銀行グループの大手消費者金融です。

大手消費者金融では珍しく無利息サービスを扱っていない消費者金融ですが、それでもユーザーの人気度は高いことから利用しやすいということがわかります。

2017年3月現在、CMでは俳優の竹中直人さんや女優の夏菜さんが出演していますので、記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

金利は「年3.0~18.0%」で高い

業者名 金利(実質年率)
モビット 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
バンクイック 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%

モビットの上限金利は「年18.0%」ですが、消費者金融の中では標準的な金利です。

銀行カードローンと比較をすると上限金利の差は顕著なので、どうしても金利が低い方が良いのであれば銀行カードローンへの申し込みを検討する必要があります。

大手消費者金融では唯一「無利息サービス」がないので、消費者金融の中では少し利息が掛かると思っておきましょう。

適用金利一覧

利用限度額 金利(実質年率)
100万円未満 3.0~18.0%
100万円以上~800万円 3.0~15.0%

モビットの金利は「年3.0~18.0%」なので、金利は上限の18.0%を超えることはありません。また、利用限度額が100万円を超えると、「利息制限法」によって上限金利が15.0%までとなります。

逆に、下限金利の3.0%で契約をするのは現実的に難しいです。なぜなら、モビットで最大の限度額800万円で契約しなければ最低金利は適用されないからです。

詳しくは後述しますが、個人が借りられる金額は「総量規制」によって上限が決まっています。

借入限度額は「800万円」と高め

業者名 借入限度額
モビット 1万~800万円
アコム 1万~800万円
プロミス 1万~500万円
バンクイック 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万~800万円

消費者金融にしては珍しく、モビットの借入限度額は最大で「800万円」もあります。

ただ初めから限度額800万円で契約できるというわけではなく、モビットも総量規制の対象なので年収の3分の1をこえない金額までしか契約することが出来ません。

限度額を増額していくには一定期間以上の信用実績が必要になるので、初めは借りられる金額を必要最低限におさえて審査に通ることを先決しましょう。

「総量規制」で借りられるのは年収の1/3まで

モビットを含め、消費者金融からの借入金額は自身の年収の3分の1を超えてはならないとしています。それが「総量規制」です。

そのため、もしモビットで限度額800万円で契約をしようと思ったら、年収は最低でも2,400万円必要ということになります。まったく現実的ではありません。

また、限度額は年収だけでなく審査の内容も加味されて決められます。そのため、年収が近しいあるいは同じ方が同時に申し込んでも、契約できる限度額が変わることもあります。

もし年収の3分の1を超えて借り入れをしたい場合には、総量規制対象外のキャッシングやカードローンを検討する必要があります。

詳しくはこちらのページをご参照ください。(→総量規制対象外の銀行カードローン【即日融資OK!】

審査スピードは「最短30分」で早い

種別 審査時間
モビット 最短30分
消費者金融 最短30分
銀行カードローン 最短30分~最短即日

オリコン顧客満足度ランキングでNo1になった実力もあり、審査スピードの早さは安定していると言えます。

詳しくは後述しますが、モビットはインターネットから申し込んだ後に専用ダイヤルへ電話することで、優先的に審査を行って結果を電話で通知してくれるサービスがあります。

お急ぎの方も電話1本で審査を早めることができるので、非常に助かります。

公式サイトはこちらから

モビットの主な3つのサービス

電話・郵送なし!「WEB完結申込」

WEB完結申込そのものは他の消費者金融にもありますが、これは「Webからの申込手続きが来店不要でできる」というもので、審査の際に行われる「在籍確認」が通常通り行われます。

一方モビットの場合、勤務先への電話なし・郵送物なしの完全な「WEB完結申込」を申し込むことができるのです。

在籍確認の電話なしで申し込むことができることを公言しているのは、キャッシングの中でも現在はモビットだけです。

申込条件は少し多いですが、ハードルの低い条件なので在籍確認なしで申し込みたい方にはおすすめです。

  • WEB完結申込の申込条件
  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っていて、振込と返済にその口座を使用すること
  • 本人確認書類の写し1点(運転免許証、パスポート)
  • 収入証明書類の写し1点(源泉徴収票、所得証明書など)
  • 勤務先証明書類の写し1点(健康保険証、給与明細書)

急ぎの融資にも対応可能!フリーコールで審査をすぐに開始

基本的に審査は申し込み順に審査を行っていくものですが、どれだけ申し込みが混み合っているのかは利用者からわかりづらいですよね。

急いでいて即日に借りたいのに審査が混み合っていて、明日になってしまったら困るという方のために、モビットではフリーコールへ連絡することで優先して審査に対応してくれます。

ホームページから申し込んだ後、フリーコール(0120-03-5000)に電話を掛ければすぐに審査を開始して、電話で結果を通知してくれるので非常に助かります。

提携ATMは全国に約13万台!どこでも使えるモビットカード

モビットのカードローンは提携している借入先のATMがあわせて約13万台もあるので、日本全国どこに行っても借り入れに困ることはないと言っても過言ではありません。

三井住友銀行ATMがあれば借り入れも返済も手数料0円で利用できるので、お近くの三井住友銀行ATMはホームページから位置検索をしておくと良いですね。

利用可能な提携ATM一覧については、ページ下部の「全国約130,000台もある提携ATM」をご参照ください。

「2016年オリコン日本顧客満足度ランキング」第1位の実績

「自動車保険」や「英会話スクール」等の顧客満足度を同時の調査でランキングにした「オリコン日本顧客満足度ランキング」で、モビットは2016年に第1位を獲得しました。

「ノンバンクカードローン部門」でアコムやプロミスなど全19社中、第1位を獲得しています。

利用者から見たモビットの高い評価

オリコンが調査をしたのは、現在から過去4年以内に全額返済した利用者約10,000人で説得力があります。

TOP3は「モビット」67.19点、「プロミス」66.65点、「アコム」63.89点となっており、僅差の1位と2位でした。

金利や審査など、全11項目中6項目でモビットは1位を獲得するなど他社よりも高い評価をもらっていたことがわかります。

  • 借入条件 第1位
  • 借り入れのしやすさ 第1位
  • 申込み手続き 第1位
  • 審査 第1位
  • 返済のしやすさ 第1位
  • セキュリティ 第1位

利用者の声を一部紹介

  • 「郵送物が無く、全てネットで完結する点」(30代男性)
  • 「申し込みから借入までの期日が短かったので助かった」(60代男性)
  • 「審査が簡単で融資のスピードが速かった事」(50代男性)

利用者の声からもわかる通り、「手続きがネットで早くできること」がモビットの強みであることがわかります。

年齢層も20代~60代まで広く利用しており、誰でも申し込みやすい・利用しやすいキャッシングであることが伺えますね。

まずは「お借入診断」で融資可能かチェック

モビット公式サイト上には、「お借入診断」という3つの項目を入力するだけで簡易的な審査結果がわかるサービスがあります。

申込条件や必要書類を用意して無駄足にならないように、まずはお借入シミュレーションを試してみましょう。

  • 生年月日
  • 年収
  • 他社借り入れ金額

上記の3つを記入するとすぐに簡単な審査結果がわかるので、本審査の前に下記の「申込条件」を満たしているかどうかがわかります。

条件を満たしていれば、「ご融資可能と思われます」という表示が出て、「カード申込」と「WEB完結申込」を勧められます。

逆に満たしていないようなら、「申し訳ございませんが、ご入力いただいた情報では判断できませんでした」という表示が出て、同じように申し込みを勧められます。

ここで条件を満たしていないことが分かった場合、「年収」と「他社借り入れ金額」を記入することから、すでに総量規制(年収の1/3)を超えてしまっている可能性が高いです。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、モビットの「申込条件」と「必要書類」を確認しておきましょう。

申込条件

以下の条件を満たす方は、モビットを利用することができます。

  • 満20歳以上~69歳以下の方
  • 安定した収入がある方
  • モビットの審査基準を満たす方

上記の通り、満20歳以上で一定の収入がある方なら幅広い方が条件をクリアしています。

アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。とモビットの公式ページ上でも記載されている通り、年齢と収入の条件を満たして入れば審査に通ることができます。

モビットの審査通過率は公開されていませんが、上記のことから審査基準はそれほど高くはないことがわかります。

「安定した収入」に関しては、毎月一定の継続した収入があればパートやアルバイトの方も問題ありません。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

必要書類

モビットを利用するためには、下記の書類につきコピー1部が必要になります。

なお収入証明書類は原則不要となっていますが、モビットも消費者金融で有る以上、条件次第では提出が必要になります。

  • 本人確認書類(いずれか1点)
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 収入証明書類が必要になる条件
  • モビットでの借り入れを希望する金額が50万円をこえる場合
  • 「モビット+他社」の借入合計額が100万円をこえる場合
  • 収入証明書類(いずれか1点)
  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書(※直近2ヶ月分+1年分の賞与明細書)
  • (「WEB完結申込」を希望する場合)勤め先を確認できる書類(2点)
  • 健康保険証
  • 給与明細書(直近1ヶ月分)

(※)給与明細書を提出する場合、お持ちであれば年間の賞与額が確認できる書類を提出する必要があります。賞与が無い場合は不要です。

本人確認書類は、「運転免許証」をお持ちでない場合に「健康保険証」か「パスポート」を準備しましょう。

また、提出する書類に「マイナンバー」が記載されている場合は、その部分を隠して提出するようにしましょう。

モビットで即日審査をして即日借りられる方法

  • Web完結申込をして入会手続き後にすぐ振込
  • 電話や自動契約機で申し込んでカード発行してATM借り入れ

WEB完結申込をして入会手続き後にすぐ振込

振込で即日借りるためには、WEB完結申込を利用する必要があります。そのため他社よりは少し準備に必要なものが多いのが面倒な点です。

審査通過後に、お持ちの三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行の口座へ振込キャッシングをすることができますが、即日借りたいのであれば14時までに振込の申し込みをする必要があります。

そのため、それまでに審査が完了しているように時間に余裕をもって申し込む必要があります。

申し込みで記入する内容一覧

  1. 審査必須情報入力
  2. 簡易審査結果
  3. 追加情報入力
  4. ユーザーID発行および必要書類の提出

モビットの申し込みの流れは上記のようになっており、本審査の前に簡易審査を通る必要があります。

当日の審査回答の連絡が「9時~21時まで」となっているので、即日審査回答をもらうためには、この時間内に簡易審査・本審査・審査回答までができるよう逆算して申し込む必要があります。

「審査必須情報入力」で入力する項目は下記の通りです。「簡易審査」の通過後に、下記以外の追加情報を入力することになります。

  • お客様情報
  • 名前
  • 名前(フリガナ)
  • 旧姓の有無
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 携帯電話・PHSの有無
  • 携帯電話・PHS 番号
  • 携帯電話・PHS 名義
  • 自宅郵便番号
  • 自宅電話番号の有無
  • 自宅電話番号
  • 勤務先の種類
  • 税込年収
  • 契約希望額
  • 利用目的
  • 最終学歴
  • 国籍
  • 希望連絡先
  • インターネットパスワード登録

必要書類の提出方法

本審査にあたって、本人確認書類と借入額次第では収入証明書類もあわせて提出する必要があります。

  • インターネット
  • 電話
  • ローン申込機

上記の申込方法に合わせて、書類の提出方法が以下のように変わります。

インターネット

パソコン・スマートフォン・ケータイから申し込みをする方は、必要書類を画像ファイル形式で提出する必要があります。

スマートフォン・ケータイはカメラ機能、パソコンはスキャナー等の機器を用いて、書類を画像ファイルにしておきます。

電話

電話から申し込みをする場合は、契約を「来店」か「郵送」で行うことができます。しかし、郵送の場合は即日融資を受けることができないので、今回は割愛します。

来店の場合は、必要書類を忘れずに持参していきましょう。

ローン申込機

申し込みからカード発行までローン申込機でできるため、来店する時から必要書類をもって行きましょう。

もし原本を外出先のコンビニ等でコピーする場合は、コピー機に原本を忘れてしまわないように気をつけてください。

特にお急ぎの方は忘れがちです。コンビニの店員が忘れ物を保管していればよいですが、そうでない場合は悪用される可能性もあるからです。

電話や自動契約機で申し込んでカード発行してATM借り入れ

来店することができるのであれば、ローン申込機でカード発行をしてATMで借り入れをする選択肢もあります。

モビットのローン申込機で申し込みからする場合、最短5分でカード発行ができますが、その後に審査に通れば借り入れができるようになるという通常とは順番が入れ替わっている点に注意です。

どちらにせよ最短30分と入会手続きをする少々の時間があればすぐにカードローンを利用できるようになるので、その場でカード発行してATMでの借り入れを希望する方は、電話かローン申込機から申し込みましょう。

モビットが推奨する即日融資の流れ

モビットが推奨する即日融資の行程は、要点を表すと下記の通りです。

  1. ネット申し込み
  2. フリーコールへ電話
  3. 電話で審査結果の通知
  4. そのまま電話で借入方法の選択
  5. 振込またはATM借り入れ

下記で作業内容の詳細を解説します。

ネットから申込後にフリーコールへ電話

パソコン、スマートフォン、ケータイから申し込みが完了後、フリーコールへ電話をすれば、すぐに審査を始めてくれます。

(※ただし申し込みの混雑状況によっては、審査開始が遅れることも考慮して時間には余裕を持った方が良いです)

フリーコール(受付9時~21時)
0120-03-5000

電話で審査結果の通知

審査申し込みで記入した本人の連絡先へ、モビットのコールセンターから審査結果の連絡が掛かってきます。(※そのため、電話に出れる状況である必要があります)

電話でそのまま、オペレーターの案内で会員登録をすることができます。

選べる2通りの借入方法

そのまま電話で、借入方法を「振込」と「カード発行」の2通りから選ぶことが出来ます。

振込

振込の場合、スタッフが利用者の指定する口座へすぐに振込入金をしてくれます。ただし、即日振込は14時50分までにここまでの手続きを完了させておく必要があります。

※審査の結果次第では希望通りに進まないこともあります

カード発行

電話での会員登録の際に、カード受け取りを「ローン申込機」に指定しましょう。(※審査次第ではカードが「郵送」となる場合があります)

その後、お近くのローン申込機へ来店してカードの発行が可能です。発行したカードですぐにATMから借り入れをすることができます。

土日に即日で借りるには?

モビットの審査申し込みは、平日だけでなく土日も24時間受け付けているので、いつでも申し込むことができます。

ただし上記でも解説した通り、モビットの即日振込は「平日14時50分まで」の手続きが必要なので、土日は振込で即日融資を受けることができません。

そのため、土日は振込ではなくモビットカードで借り入れをする必要があります。

土日は「ローン申込機」でモビットカードの発行が可能

モビットの自動契約機「ローン申込機」は、土日も「8時~21時」まで営業しています。

そのため、この時間内に来店して契約手続きが完了すれば、即日でカードを発行することができます。

審査回答は「9時~21時まで」ですが、諸々の手続きがあることを考えると最低でも20時までには審査申し込みを完了しておきたいですね。

申し込みは「Web・電話・ローン申込機」のいずれかで行えば、即日で審査回答の通知を受け取ることができます。

土日の即日融資では「WEB完結申込」が利用できない

土日の申し込みでも、モビットに限らずキャッシングの審査では「在籍確認」が行われます。

モビットの「WEB完結申込」は「電話・郵送なし」で在籍確認を書類で行うことができるメリットがありますが、土日に限ってはそれができません。

なぜなら、WEB完結申込では「即日振込」での借り入れとなりますが、土日はモビットが即日振込に対応していないからです。

そのため、カードを発行することができる「カード申込」から審査の申し込みを進めましょう。

通常通り在籍確認を行いローン申込機からカードを発行することで、はじめて土日の即日融資を受けることができます。

モビットカードなしで借り入れが可能になった公式アプリ

平成29年5月15日から、モビット公式スマホアプリを利用してカードなしでの借り入れが可能になりました。

普段ATMで借り入れをする際には、発行して受け取った「モビットカード」を持参して提携ATM等を利用します。

スマホアプリでの借り入れが可能なのは、(2017年5月現在)「セブン銀行ATMのみ」となっています。その他のATMではカードが必要なので早とちりしないようにしましょう。

スマホアプリで借り入れをする方法

まず、お持ちのスマートフォンでモビット公式アプリをインストールしておきましょう。

その後、お持ちのモビットカードに記載された「モビットカード番号」をアプリに記録して保存します。このときカードの暗証番号を忘れないようにしましょう。

その後、以下の手順でアプリとATMの操作を行います。

【スマホアプリ操作手順】

  1. アプリにログインして「スマホATM取引」を選択
  2. 次に「ご出金(借入)」を選択
  3. 「ご利用可能額」を確認して、「認証画面へ」を選択
  4. 認証画面で「モビットカード番号(※)」「暗証番号」「生年月日(※)」を入力して、「認証」を選択(※アプリに保存しておくことができます)
  5. スマホ画面が「QRコード読取画面」になるのを確認しましょう
【セブン銀行ATM操作手順】

  1. ATM画面の「スマートフォン・出金・入金」を選択
  2. ATM画面に表示される「QRコード」を用意したアプリで読み取ります
  3. QRコードを読み取るとスマホアプリに「企業番号」が表示されるので、これをATM画面に入力
  4. あとはATMの案内にそって操作すればすぐに借り入れが可能です

返済や入金も上記とほぼ同じ操作で可能です。

セブン銀行ATMは全国に約23,000台以上!

全国のコンビニや市街地を中心にセブン銀行ATMは設置されており、2017年5月現在で約23,000台もあります。

アプリを利用すれば24時間いつでも借り入れが可能なので、外出先でも好きなタイミングで借りることができます。

必要書類の提出も可能

アプリの機能の1つに、「必要書類送付」があります。

アプリのカメラ機能を利用してカンタンに申し込むことができ、契約時に面倒な必要書類の画像ファイル化を省くことができます。

撮影してすぐに画像を送信することができるため、面倒くさがりやお急ぎの方にとっては非常にありがたいサービスです。

モビットの毎月の返済について

返済期日 いずれかを選択

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日
返済方法
  • 口座振替(自動引落し)
  • 銀行振込
  • ATM入金
毎月の返済額 4,000円~

返済期日は「5の付く日」と「月末」

毎月の返済日(=約定返済日)は、5日、15日、25日、末日の4つから決めることができます。

全国に約130,000台もある提携ATM

毎月の返済は、「提携ATMでの入金」または「銀行振込」や「口座振替(三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方)」になります。

三井住友または三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方は、自動引き落としで返済を忘れることがないので非常におすすめです。(※ただし口座残高には要注意)

口座振替を利用できない場合でも、モビットは他社よりも提携ATMが非常に多いので全国どこでも借り入れや返済が可能です。

【提携ATM一覧】
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、イオン銀行、プロミス、クレディセゾン、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、E-net、ローソンATM、ゆうちょ銀行、北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、群馬銀行、武蔵野銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、第四銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、スルガ銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、南都銀行、紀陽銀行、トマト銀行、もみじ銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行、SHINKIN BANK、VIEW ALTTE、Pat Sat

約定返済額は借入残高で決まっている

借りている金額 毎月の返済額
10万円以下 4,000円
10万円超過~20万円以下 8,000円
20万円超過~30万円以下 11,000円
30万円超過~40万円以下 11,000円
40万円超過~50万円以下 13,000円
50万円超過~60万円以下 16,000円
60万円超過~70万円以下 18,000円
70万円超過~80万円以下 21,000円
80万円超過~90万円以下 24,000円
90万円超過~100万円以下 26,000円

※100万円をこえる場合、20万円超過する毎に返済額が4,000円増加します。

借入残高に応じて毎月の「最低返済額」は決まっていますが、追加返済はいつでも何度でも可能で特に必要な手続きもありません。

一括で返済したい場合(全額返済・完済)

モビットでの借り入れを一括返済したい場合は、ATMからではなくインターネットからの振込できちんと全額返済することができます。

ATMの場合は、一部を除いて1,000円単位での返済となるため、余分に入金することになります。

一方、インターネットからの振込であれば1円単位で入金することができるため、多すぎることも足りないこともありません。

この他不明な点があれば、コールセンター(0120-24-7217)へ問い合わせをして聞くと手っ取り早いです。

よくある質問

モビットの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、よく質問されているものをご紹介いたします。

アルバイトやパートでも申し込むことはできますか?

もちろん申込可能です。モビットの申込条件「満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」であれば、アルバイト・派遣社員パート・自営業の方も利用することができます。

申し込み際に、保証人・担保・印鑑は不要なので、本人確認書類と収入証明書類さえすぐに用意出来ればいつでも申込が可能です。

指定日に預金口座へ振り込んでもらうことはできますか?

原則、14時50分に申し込みが完了すれば即日振込が可能です。それ以降の時間帯に申し込みをすると、翌営業日以降の振込となります。

そのため、指定する日にちにもよりますが、即日融資を受けたいのであれば上記の時間までに申し込みをしましょう。

翌営業日以降で振込日時を細かく指定することはできません。14時50分を目安に当日中か翌営業日以降と覚えておきましょう。

モビットを利用したユーザーの口コミ・体験談

以下、当サイトへ寄せられたプロミスの利用者の口コミや体験談を抜粋してご掲載しています。

【夏菜好き さん】

年齢 26
職業 派遣社員
勤続年数 4年
年収 275万円
希望した限度額 40万円
実際の限度額 30万円
申し込んだ時期 2015年5月

新卒2年目に入って一人暮らしを始めたんですが、無計画な出費が多かったせいで家賃分を忘れてしまっていて、やむなくキャッシングを利用することに決めました。

モビットに決めた理由は、単純にCMに出演していた夏菜ちゃんが可愛かったからです。最近、消費者金融のCMってAKBが出演したり、有名な俳優やアイドルが出演していることが多いですよね。

2年目で夜遊びも覚えて調子に乗って遊び放題だったので、余裕があればいいなと思って希望限度額は40万円で申し込みました。実際には30万円でしたが、結局そんなに大金を利用することはなかったのですが。

もうすぐ2年ほど経ちそうですが、今も返済を続けています。毎月の返済額が少ないので、負担が軽くて利用しやすいなと感じます。コンビニがあれば、どこでも借り入れと返済ができるのも非常に使い勝手が良いです。

モビットまとめ

モビットの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • モビットには、「WEB完結申込」や「フリーコール」など他社にはあまりないユニークで便利なサービスがある
  • 振込キャッシングで即日借りるにはWEB完結申込を行う必要があり、必要な書類の準備が少し面倒
  • ATMでの借り入れは、電話かローン申込機から申し込んで審査に通ればその場でカード発行が可能

公式サイトはこちらから

シェアする

フォローする