アコムで即日融資を受ける方法

シェアする

消費者金融の中でも知名度でいったら一番の「アコム」。

昔から「はじめてのアコム」というスローガンは変わっておらず、キャッシングを利用していない方も消費者金融といったらアコムという方は少なくありません。

そんなアコムのキャッシングは他社と比較してどのようなものなのか、あわせて即日で借りられる方法についてもご紹介いたします。

目次

アコムの基本情報

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分審査
即日融資
無利息サービス
申込方法 Web、自動契約機、電話、Fax
借入方法 Web、電話、ATM

アコムは現在、三菱東京UFJ銀行グループの大手消費者金融です。

実のところ現在の消費者金融はそのほとんどが銀行グループであり、以前よりも信用度が増しています。

2017年3月現在は、CMに女優の永作博美さんやタレントの武井壮さんが出演していて、ユニークな内容のCMが印象に残っている方も多い事かと思います。

金利は「年3.0~18.0%」で高め

業者名 金利(実質年率)
アコム 3.0~18.0%
アイフル 4.5~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
バンクイック 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%

アコムの上限金利は「年18.0%」と、キャッシング全体で見ると高めです。

下限金利を見ると金利が安いように見えますが、金利が一番低い「年3.0%」が適用されるのは借入限度額を最大額まで契約できたときです。

それぞれの限度額ごとに適用される金利は、下記の表の通りです。

適用金利一覧

利用限度額 金利(実質年率)
30万円以下 3.0~18.0%
30万円超~100万円未満 3.0~18.0%
100万円~800万円 3.0~15.0%

表の通り、アコムの金利は利用限度額によって適用される年率が変わってきます。

100万円未満の借り入れの場合は、最大で「18.0%」の年率となります。100万円を超えると、最大で「15.0%」までの年率です。

どちらも最小の年率は3.0%になってはいますが、実際に適用されるのは最大の金利になることがほとんどです。そのため、返済計画を立てる際には上限金利で考えるようにしましょう。

「限度額10万円でも金利年3.0%で借りられるでしょ?」と思うかもしれませんが、現実的には難しいです。

総量規制で借りられるのは年収の1/3まで

「総量規制」という法律の関係で、アコムに限らず消費者金融では「年収の3分の1をこえる借り入れをしてはならない」ことになっています。

そのため、800万円借りるには年収が2,400万円以上必要という事になり現実的ではない金額になってしまいます(年収が2,400万円もあったらキャッシングを利用していないでしょうから)。

ただ、同じ年収の方がみんな同じ限度額になるわけではなく、審査では年収以外にもさまざまな項目が基準となっています。

そのため、仮に年収が300万円の方が同時に申し込んだとしても、片方は30万円、もう片方は70万円になることもあります。

もし年収の3分の1を超えて借り入れをしたい場合には、総量規制対象外のキャッシングやカードローンを検討する必要があります。

詳しくはこちらのページをご参照ください。(→総量規制対象外の銀行カードローン【即日融資OK!】

借入限度額も「800万円」と高め

業者名 借入限度額
アコム 1万~800万円
アイフル 1万~500万円
プロミス 1万~500万円
バンクイック 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万~800万円

消費者金融では珍しく、アコムの借入限度額は最大で「800万円」まで契約できるようになっています。

ただ上記でも話した通り、総量規制の関係でそこまでの限度額を契約する人はまずいません。

ほとんどの方は100万円未満のキャッシングを利用しているので、それに合わせて金利も「年18.0%」が適用されている方がほとんどです。

審査スピードは「最短30分」で早い

種別 審査時間
アコム 最短30分
消費者金融 最短30分
銀行カードローン 最短30分~最短即日

消費者金融の中でもアコムは最大手ということもあって、審査スピードは安定して早い「最短30分審査」です。

特に、アコムの自動契約機「むじんくん」はキャッシング業界で初めて導入された自動契約機ということもあり、アコムの対応は他社よりも洗練された内容であることは間違いありません。

アコムの主な3つのサービス

初回限定で利息0円!30日間の無利息サービス

アコムも初めての利用者へ向けて、30日間の無利息サービスを提供しています。

初回契約日の翌日から30日間はいくら借りても利息0円になるので、この期間中は気兼ねなく限度額内で借り入れや返済をすることができますね。

期間の30日を過ぎて借り入れが残っていた場合は、それ以降日割りで通常通りの金利にあわせて利息が生じるようになります。

★利用条件
初回の申し込みで返済期日を「35日サイクル」に設定する

急な申し込みにもちゃんと対応

ホームページ上で、「お急ぎのお客さま」へ向けた一番早い申込方法を記載したページを用意してくれています。

  1. まずはインターネットまたは電話で申し込み
  2. お近くの「むじんくん」あるいは「Fax専用契約書類一式」を印刷してFax送信(即日振込を希望する場合は14時までに必要書類をあわせて提出)

「Webから申し込みをして自動契約機でカード発行をするのが一番早い」ということですね!

お近くにむじんくんが無い場合や来店するのが難しいようであれば、Fax契約も1つの手段です。

24時間いつでも借り入れ可能

即日で振込融資ができる時間は限られていることが多いのですが、アコムは楽天銀行の口座をお持ちであればなんと「24時間いつでも最短1分で振込」が可能です。

やり方は簡単で、インターネットから振込の申し込みをして、お持ちの楽天銀行の口座を振込先に指定して借入額を入力するだけ!

ちなみに楽天銀行以外の口座や電話での振込申込の場合、即日で借りるには当日の14時までに申し込む必要があります。

14時以降は翌営業日9時30分頃の振込になりますので要注意です。

まずは「3秒診断」で融資可能かチェック

アコムの公式ページ上には「3秒診断」といって、3つの項目を記入するだけで簡単な審査結果がわかるサービスがあります。

  • 年齢
  • 年収
  • 他社借り入れ状況

上記の3つを記入すると、3秒で簡単な審査結果がわかるので、本審査の前に下記の「申込条件」を満たしているかどうかがわかります。

条件を満たしていれば「お借入できる可能性が高いです」と表示されて、インターネット申込を進められます。

一方、条件を満たしていなければ「お客さまのご入力情報では、お借入可能の判断ができませんでした」と表示されて、3項目の入力画面がその下に再度表示されます。

ただしこの診断結果はあくまで「簡易」なので、本審査の結果とは変わる場合もあります。

本審査とは違って、3秒診断をいくら利用しても「信用情報」にキズがつくことはないので、申し込む前の目安としてまずは使ってみましょう。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、アコムの「申込条件」と「必要書類」を確認しておきましょう。

申込条件

以下の条件を満たす方は、アコムのキャッシングを利用することができます。

  • 満20歳以上の方
  • 安定した収入と返済能力がある方
  • アコムの審査基準を満たす方

アコムのようなキャッシング・カードローンは「担保・保証人不要」で申し込むことができるので、申し込みに必要なものは本人確認書類くらいで申し込みやすいです。

また、消費者金融大手4社(他はアイフル・プロミス・モビット)の中で比べてもアコムは「新規貸付率」が高いため、審査基準はそれほど厳しいわけではありません。

「安定した収入」に関しては、毎月一定の継続した収入があればアコムではパートやアルバイトの方も利用可能です。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

必要書類

アコムのキャッシングを契約するためには、下記の書類のコピーが必要になります。

なお、収入証明書類は原則不要です。

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証など
  • 収入証明書類が必要になる条件
  • アコムでの借入希望額が50万円をこえる場合
  • 「アコム+他社」の借入合計額が100万円をこえる場合
  • 提出済みの収入証明書が3年以上の場合(再提出)
  • 収入証明書類
  • 源泉徴収票(最新年度分)
  • 給与明細書(直近1ヶ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度の分)
  • 所得証明書(最新のもの)

「給与明細書」が直近1ヶ月分のみでも良いので、消費者金融の中でもアコムは書類の準備が比較的しやすいと言えます。

書類の提出方法

次の5つの方法から必要書類をアコムへ提出することができます。

「郵送」以外の提出方法であれば即日融資にも対応しています。

カメラアプリで送信

「iPhone」でも「Android」でも、スマートフォンならアコム公式アプリをダウンロードして、その場で撮影してアプリからすぐ送信することができます。

ネットからアップロード送信

審査完了後に取得したIDとパスで会員ページへログインして、画像データをアップロードすることができます。

店頭窓口・むじんくん

アコムの店頭窓口、あるいは自動契約機の「むじんくん」で契約をすればその場でコピーと提出が可能です。

「コピーして持参」の場合だと、コンビニのコピー機等で原本を忘れてしまうトラブルがたまにあります。そのため、その場でコピーできる店頭窓口や自動契約機は申込者にとって心強い味方ですね。

FAXで送信(0120-32-2345)

収入証明書の余白へ登録時の会員番号8ケタを書いておけば、上記の番号へ送ることでも提出可能です。24時間365日対応しているので助かります。

郵送

専用の封筒を店頭窓口かむじんくんで入手して、書類のコピー1部を同封して送りつけることができます。ただし即日ではなくなってしまう点に注意です。

アコムで即日審査をして即日借りられる方法

  • Webまたは電話で14時までに振込申込
  • 「むじんくん」から申し込みをしてATMで借り入れ

Webまたは電話で14時までに振込申込

上記の「急な申し込みにもちゃんと対応」でもお話した通り、即日で借りるにはまず「Web」または「電話」から審査の申し込みをします。

審査結果の通知がきたら「むじんくん」へ来店してその場でカード発行をするか、来店が難しいようであればパソコンやセブンイレブンのマルチコピー機から印刷できる「Fax専用契約書類一式」を記入して提出します。

あわせて当日の14時までに「本人確認書類」を提出すれば、即日で振込キャッシングを利用することができます。

「むじんくん」から申し込みをしてATMで借り入れ

14時までに上記の手続きが難しいようであれば、むじんくんで1から申し込みをすることもできます。

本人確認書類を持参して自動契約機がある無人店舗へ来店し、タッチパネルの案内にしたがって記入項目を入力していくだけで何も難しいことはありません。

むじんくんは基本的に年中無休で8時~22時まで営業しているので、仕事帰り等に立ち寄ることもできます。

アコムが推奨する即日融資の流れ

お急ぎの方へ向けてアコムが推奨している申込方法は、「申し込み→借り入れ」の2ステップしかないため、難しいことは何もありません。

  1. 申し込み(電話またはインターネット)
  2. 必要書類の提出
  3. 審査および契約
  4. 借り入れ(店頭窓口または「むじんくん」、FAX)

申し込み

事前に電話またはインターネットで審査の申し込みをしておくことで、借り入れの際の手続きにかかる時間を短縮することができます。

審査の申し込みは24時間対応なので、空いた時間にスマートフォンやケータイから申し込むこともできます。

ただし審査回答の時間帯は9時~21時なので、即日融資を受けるためにはぎりぎりでも20時頃までには審査の申し込みを終えておきたいですね。

ちなみに、店頭窓口や「むじんくん」で申し込みから借り入れまでの手続きを行うこともできます。

また、三菱東京UFJ銀行の一部の店舗にも、アコムの自動契約機が設置されています。こちらでも同様に申し込みから借り入れまでの手続きが可能です。

Web申し込みの記入項目一覧

アコムをWeb上から申し込む場合、下記の項目を記入することになります。ご覧の通り記入する数が多いので、時間には余裕をもって申し込まなければ即日融資を受けるのが厳しい可能性もあります。

  • お客さま情報
  • 氏名
  • 氏名(フリガナ)
  • 旧姓の有無
  • 生年月日
  • 性別・独身既婚
  • メールアドレス
  • メールアドレス(確認用)
  • ご自宅情報
  • 郵便番号
  • 自宅住所
  • 電話番号
  • 住居修理
  • 入居年月
  • 家賃・住宅ローン
  • 同一家計人数
  • お勤め先情報
  • 勤務先電話番号
  • 会社名
  • 会社名(フリガナ)
  • 所属部署(任意)
  • 勤務先郵便番号(任意)
  • 勤務先住所
  • 社員数
  • 事業内容
  • 入社年月
  • 勤務形態
  • 職種
  • 収入形態
  • 収入(税込)
  • 給料日
  • 保険証種類
  • 保険証区分
  • 休日(任意)
  • 希望極度額(カードの利用上限額)
  • 審査結果通知・申込内容確認の連絡先
  • 暗証番号について
  • アンケート

必要書類の提出方法

用意した必要書類は審査の前に提出します。書類の提出方法は下記の5つです。

  • アップロード
  • カメラアプリ
  • 店頭窓口・むじんくん
  • FAX
  • 郵送

このうち「郵送」は即日融資ができないため、今回は割愛させていただきます。

アップロード

該当:スマートフォン、パソコン、ケータイ

公式サイトから会員ページへログインして、書類のアップロードが可能です。アップロードする画像ファイルは、申し込むにカメラでスマートフォンやケータイに保存をするか、スキャナーでパソコンに保存しておきましょう。

カメラアプリ

公式スマートフォンアプリ「アコム」を利用して、スマートフォンで撮影した画像ファイルをそのままアップロードすることができます。

「iPhone」と「Android」どちらにも対応しているので、アプリをダウンロードして「書類提出」機能から画像ファイルを送信しましょう。

店頭窓口・むじんくん

必要書類の原本またはコピーを持参して来店してください。

コンビニ等の外出先で必要書類をコピーする際には、原本を忘れてしまわないように気をつけましょう。やってしまいがちなので要注意です。

もし外出先でコピーをする際には、原本とコピーどちらも持っていることを確認してから来店しましょう。

審査および結果通知

アコムの審査はインターネットから24時間申し込むことができますが、実際に審査結果を当日中に通知してくれるのは「9時~21時」までの間です。

審査申し込みが遅すぎると、審査結果が翌日の通知となってしまうことがあります。

また、審査結果を受け取った後の契約手続きは「22時まで」となっているため、20時過ぎてから申し込むのは時間的にも結構ギリギリになってしまいます。

「在籍確認」があることも考えると、勤め先が営業時間中の17時~19時頃までには申し込むことをおすすめします。

借り入れ

店頭窓口や「むじんくん」で契約される場合は、その場でカードを発行することができます。

店舗にはアコムATMが併設されていることがほとんどなので、発行したカードですぐに借り入れが可能です。あるいは、コンビニATM等の提携ATMでほぼ24時間いつでも取引が可能です。

★提携ATM一覧
三菱東京UFJ銀行、セブン銀行、E-net、ローソンATM、ZERO BANK、イオン銀行、北海道銀行、北陸銀行、東京スター銀行、八十二銀行、第三銀行、広島銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、クレディセゾン

FAXや電話での借り入れも可能

またFAXの場合、必要となる「FAX専用契約書類一式」をパソコンまたはセブンイレブンのマルチコピー機から出力して、当日14時までに提出すれば、即日で借り入れが可能です。

同様に電話の場合、「アコムプッシュホンサービス(音声自動応答)」または「担当者受付」を利用すれば、平日14時までの申し込みは即日での借入が可能です。

連絡先 電話番号 受付時間
アコムプッシュホンサービス 0120-134-567 0時10分~23時50分
(即日振込は平日14時迄)
担当者受付 0120-629-215 9時~18時
(即日振込は平日14時迄)

土日に即日で借りるには?

アコムの審査は24時間申し込みを受け付けており、審査回答時間は「9時~21時」なので、この時間内に申し込んで審査回答がもらえれば即日融資を受けることができます。

アコムの場合、土日でも条件を満たして入れば「振込融資」または「カードでの借り入れ」が可能です。

楽天銀行の口座があれば土日も即日振込OK

アコムで即日振込に対応している銀行口座は、下記の通り時間帯によって対応に差があります。

金融機関 申込時間 振込時間
楽天銀行 年中0時10分~23時50分 最短1分
ゆうちょ銀行 平日0時10分~14時まで 当日12時~17時まで
その他銀行 平日14時30分まで 最短1分

表の通り、楽天銀行のみ平日・土日問わず、ほぼ24時間即日振込に対応しています。

その他の銀行の場合は平日14時30分までとなってしまうため、楽天銀行口座がなければ土日の即日振込は厳しいです。

楽天銀行の口座が無い場合はカードでの借り入れ

上記の通り、楽天銀行以外の口座を利用している場合はカードでの借り入れとなります。

ただし店頭窓口は土日祝日が休業のため、基本的に「むじんくん」に来店しての手続きとなります。

「むじんくん」は年中無休で8時~22時まで営業しているので、申し込みに必要な書類を忘れずに持参すれば申込が可能です。

※一部店舗は営業時間が短い場合があります。年末年始を除く。

毎月の返済について

返済期日
  • 35日ごと
  • 毎月希望日
  • 毎月6日(※)
返済方法
  • 銀行振込
  • ATM入金
  • 店頭窓口
  • 自動引落し ※期日は毎月6日(土日祝日は翌営業日)
毎月の返済額 5,000円~

アコムの返済期日は、基本的には「希望指定日」か「35日ごと」のどちらかを選ぶことになります。

仮に「30日間金利0円サービス」を利用するのであれば、35日ごとの返済期日となります。前回返済をした翌日から数えて35日ごとの返済サイクルとなります。

それ以外だと、返済方法を「自動引落し」にする場合は「毎月6日」が返済期日になります。自動引落しを利用する際は、口座残高が不足して返済できない可能性が出てくるため、期日前に口座を確認する習慣をつけることをおすすめします。

毎月の約定返済額

借入残高 毎月の返済額(1,000円未満切り上げ)
30万円以下 借入残高の4.2%以上
30万円超~800万円 借入残高の1.5~3.0%以上

アコムの毎月の返済額は、借入残高によって一定の割合を掛けて決められています。

仮に借入残高が10万円だとすると、4.2%を掛けられることになるので、その月の返済額は4,200円の切り上げで「5,000円」ということになります。

同じように計算すると、20万円なら9,000円、30万円なら13,000円となります。

一括で返済したい場合(全額返済・完済)

  • 各種ATM(アコム・提携先金融機関)
  • 店頭窓口
  • 銀行振込

アコムからの借り入れを一括で返済したいと思ったら、上記の方法で全額返済が可能です。

アコムの場合、完済するためにコールセンター等へ連絡をする必要がないので、思い立ったらすぐに一括で入金することができます。

ただし日によって支払総額が変わるので、一括でどれだけ支払えば良いのかは「会員ページ」等で残高照会を行って確認しましょう。

よくある質問

アコムの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、よく質問されているものをご紹介いたします。

自宅や勤務先に申し込みの確認連絡はきますか?

お住まいや在籍確認のために電話で連絡をしますが、申込者のプライバシーに最大限配慮して「アコム名」ではなく担当者の「個人名」で連絡をするのでご心配はありません。

自宅や勤務先に何か書類が送られてきますか?

場合によっては送付する場合があります。契約方法は「自動契約機」「インターネット」「郵送」の3パターンから行うことができますが、このうち「契約書類を自宅や勤務先へ郵送」することを選んだ場合には、送付される場合もあります。

その点、自動契約機での契約は自宅や勤務先へ書類が送付されることはないので、ほぼ100%安全だと言えます。

自宅へ郵送される場合でも、郵送物の差出人は「ACサービスセンター」名で送付されるので、ぱっと見ではわかりません。

ただし封を切られた場合はすぐにバレてしまうので、郵送にする場合はなるべく自分以外の人が見ないように気をつけましょう。

来店せずに申し込みや契約をすることはできますか?

インターネットからの申し込み手続きであれば、来店せずに契約や借り入れをすることができます。

しかし先に言っておくと、来店せずに即日融資を受けるためには「即日振込」となるため、審査の申し込みを14時までに完了しておく必要があります。

判断に困った場合は、フリーコール(0120-07-1000)まで問い合わせれば、申込者に合った申し込み・契約方法を共有してくれます。

カードを郵送で受け取る場合、到着までにどれくらいかかる?

契約が完了してから、1週間程度で申込者の自宅へ届きます。

インターネットで契約した場合、カードの受け取り方法は?

ローンカードの受け取りは、「むじんくん」「店頭窓口」「郵送」のいずれかから可能です。

ただし「郵送」の場合は、自宅へ到着するまでに1週間程度かかってしまいます。

「店頭窓口」の場合、ローンカード自体は即時発行してくれるのですが、あいにく店舗数が少ないです。

具体的に言うと全国に「22店舗(2017年6月現在)」しかなく、東京都内には4店舗だけあります。(西新宿・渋谷ハチ公前・池袋西口・立川)

それに比べると、無人店舗の自動契約機「むじんくん」は主要駅の周りには必ずと言っていいほどあるので、来店しやすいです。

アコムを利用したユーザーの口コミ・体験談

【はじめてのアコム さん】

年齢 25
職業 フリーター
勤続年数 3年
年収 300万円
希望した限度額 20万円
実際の限度額 15万円
申し込んだ日にち 2017年2月

僕がアコムからお金を借りようと思ったのは、趣味のためです。推しのアイドルの追っかけをするために15万円を借りました。

どうしてお金を借りることになったかというと、勤務している店舗の売り上げが減ったこともあってシフトが減ってしまい、遠征資金を捻出することができなかったんです。

借金をしてまですることか?と考えましたが、そのアイドルがその時その場所でしかできないものがあると考えると、いてもたってもいられなくなってアコムのホームページを熟読していました。

フリーターなので審査に通るかが不安だったのですが、3秒診断の条件を満たしているようなら大丈夫という口コミをネットで見たので、申し込みをしました。20万円の限度額を希望しましたが、審査の結果は15万円でした。15万円でもなんとかできたので、今はとても感謝しています。

【Y.S. さん】

年齢 39
職業 自営業
勤続年数 6年
年収 600万円
希望した限度額 60万円
実際の限度額 30万円
申し込んだ日にち 2016年7月

アコムから60万円を借りようと思ったのですが、なぜか契約できたのは30万円まででした。もしかしたら、少し前に解約したレイクのキャッシングを利用していたことが影響していたのかもしれません。

レイクでは限度額60万円で借りていたのですが、私が起業した時から利用していることもあって、何度か返済に延滞することがありました。事前に電話で伝えれば対応してくれるということも知っていたのですが、会社を立ち上げたばかりで寝る間も惜しいほど忙しくて、なかなか連絡することができなかったんですよね。

ようやく事業が軌道に乗ってきて、それを機にレイクを完済して解約したのですが、やはりキャッシングは何かと便利だと感じていたので、次は町中でよく見かけるアコムに申し込んでみようと思ったんです。

レイクも60万円で借りられたし、今回もアコムで借りられるだろうと高を括っていたのですが、契約したのは30万円で豆鉄砲を食らった気分になりました。昔よりも使う機会は減ったから良いとはいえ、過去に返済の延滞をしていた人にはあまり貸したがらないのかもしれませんね。

アコムまとめ

アコムの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • アコムは、「無利息サービス」や「24時間いつでも借り入れ可能」など初めてのユーザーも利用しやすい
  • 振込での借り入れを希望する場合、即日で借りるには14時までの申し込みと必要書類の提出が必要
  • むじんくんで申し込むのであれば、8時~22時までの間に契約すればその場でカード発行が可能

シェアする

フォローする