消費者金融の取り立てって怖いの?取り立て時の対処方法など

シェアする

借金の取り立てっていうと、怖い人たちが家や会社にやってきて大騒ぎしたりするイメージがありますよね。

実際のところ、取り立てってどのような感じなのでしょうか?

今回は消費者金融の取り立ての実態、取り立ての手順などもまとめました。

消費者金融の取り立ては、怖い人が取り立てには来ない

結論から申し上げますと、現在はドラマで見るような取り立ては来ません。

消費者金融の取り立て、なんてワードを聞くと大抵の人は

『強面の人が家に押しかけて、ドアを叩くなど大声で脅すように取り立てに来る…』

みたいなイメージを持つのが多いと思います。

しかし、そのようなドラマでよく見るような取り立てはいわゆる違法な”闇金”が行っていたものでした。

ドラマでみるような怖い取り立ては禁止されている!

借金をするということ=ガラの悪い兄ちゃんに脅されながら取り立てをされるみたいなイメージの人も多いと思います。

違法な金融(=ヤミ金)が違法な取り立てを行っているということが多かったのです。

しかし今はきちんと取り締まりが行われ厳しくなってきたため、違法な取り立てはほとんどありませんが、そもそもなんでガラの悪い兄ちゃんたちがやってきて取り立てを行う、みたいなイメージがついたのでしょうか?

借金の取り立てに怖いイメージがついたのは、武富士が大きい

消費者金融の武富士による違法な取り立てがありました。

当時の武富士は、いわゆる一般的な消費者金融とは違い、審査基準緩さから多くの利用者がいました。

しかし武富士は、目の前で財布を開けさすなどのカツアゲまがいの取り立てや、本人の家族や小学生の子供にまで取り立てに来たりなど、違法な手段でヤミ金のように消費者を心理的に追い込む方法で取り立てをしていたのです。

武富士の手法は、まるで闇金漫画に出てくる取り立てそのものと言われるほどヒドいものでした。

昔は大手の消費者金融でも違法な取り立てがあった

今でこそ法律やマニュアルが整ったことで、違法な取り立てを行うヤミ金すらもあまりなくなっては来ましたが。

昔は大手の消費者金融でも違法な取り立てが行われていたのです。

そもそも消費者金融とヤミ金の違いは?

消費者金融とヤミ金の決定的な違いは、合法であるか、違法であるかになります。

消費者金融が貸金業法という法律にのっとってお金を貸す際には、貸出金利に制限があったり、取り立ての際にも本人以外に取り立てをしてならない等、厳しいルールが存在します。

それに対しヤミ金は違法な業者であるので貸金業法などのルールを全く守りません。

そのため取り立ての際に、脅しや暴力での取り立てに家族や会社など本人の周りにも被害を加えるなど、手段を選ばないのも法を犯すのです。

現在の消費者金融の取り立ての手順・方法は?

消費者金融が貸金業法の下、お金を貸し、取り立ての際には厳しいルールのもと行われるとご紹介いたしましたが、実際に取り立てを行う際にはどのようなルール・手順で行われるのでしょうか。

ここで詳しく消費者金融の取り立てのステップをご紹介いたします。

消費者金融の基本的な取り立てSTEP

  1. 電話で催促がくる
  2. 催促状が届く
  3. 事故情報が登録される
  4. 法的措置がされる

電話で催促

基本的に期限までに入金を行わなければ、返済期限の翌日に催促の電話がかかってきます。

「引き落としの確認が出来なかったため、入金をお願いいたします」程度の電話です。

電話がかかてくるなりキレられるということはありません。

また、事前に返金が遅れることを連絡をしていれば期限日翌日にかかってくることはありません。

催促状が届く

期限から何日か経っても返金が行われず、また電話にも応答しない場合は催促状が届きます

また返済期限を過ぎているため、遅延損害金が発生し、催促状と一緒に遅延損害金も含めた明細所が届きます。

また基本的に消費者金融からの手紙とわからないように、圧着式のはがき(二つ折りになっており、ぺりっとはがきをはがすタイプのやつ)で届きます。

金融事故情報が登録される

電話・催促状でも応じず、支払わずにいると金融事故情報というのに登録をされてしまいます。

いわゆる自分の信用情報に傷がつく・ブラックリストに名前が入る、ということです。

この金融事故情報は銀行やクレジットカードなどの金融機関で確認することができ、今後クレジットカードや口座を作ろうとしても「この人は事故情報が登録されており、信用がない」とみなされ、作ることが出来なくなってしまいます。

ちなみに銀行カードローンでは1日でも支払いが遅れた場合は滞納をしたという扱いになりますが、消費者金融の場合は信用情報更新日までに支払いを完了すると登録が免れるということもあるそうです。

しかし「信用更新日までに支払えばいいや」ではなく、きちんと返済期限までに返しましょう。

法的措置がされる

ここまできても支払いがされない場合、裁判所から「内容証明郵便」が届きます。

つまり、法的措置を取られてしまうということです。

消費者金融の取り立て時の禁止事項とは

消費者金融が取り立てを行う際には、厳しいルールが存在するとご紹介いたしましたが、具体的にどのようなルールが存在するのでしょ?

夜~早朝(午後9時~午前8時頃)にかけての取り立て行為は禁止

夜中や朝早くに正当な理由がないのにも関わらず、本人取り立てを行うことは禁止されています。

そのため、その時間帯において、電話を行ったり、ましてや訪問を行うことはいけません。

消費者金融が取り立てを行う際の正当な理由とは?

それでは正当な理由とはなんでしょう?

基本的に利用者と連絡が取れないときに、時間外にも正当な理由として許可されることがあります。

正当な理由なしに、勤務先や自宅以外の場所に電話、FAX、訪問する

利用者以外に迷惑をかけたり、利用者の借金について周りに知らせてしまうなどのも行為も違法となるのです。

自宅,勤務先へ訪問時、退去の意思表示されたにもかかわらず退去しない

自宅を訪問すること自体は違法ではありませんが、退去をするように言われていたのにも関わらず、退去せずその場にい続けることは違法となります。

看板などで借入や私生活に関する事実をまわりに明らかにすること

利用者の借金についてやプライベートなことなど、その事実を周りに広めてしまうような行為は禁じられています。

別のローンやキャッシングなど、他の借入からの返済を強要すること

返済のために、他の業者を利用し返済を促すと言った行為も禁じられています。

債務者以外の者に代わりに返済を要求する

返済の義務があるのは借りた本人のみですので、家族や周りの人間につけ込み要求するなど、返済を、利用者以外に要求をすることも違法となります。

債務者が弁護士などに債務整理を依頼し、その旨の連絡を受けた後にも取立て行為をする

弁護士や司法書士へ利用者が債務の整理を依頼すると、その旨が業者側に通知されます。

その通知を受け取った後にも業者が取り立て行為を続けていると、それは違法の行為をしているということになるので、通知を受け取った後は取り立てをやめなければなりません。

大手の取り立ての流れは、別にマニュアルがあることも

大手の消費者金融では、上の法律に加え、それらを元に会社独自のルール設定を行っていることもあります。
ある会社の一例ですが、一部ご紹介いたします。

  • 電話は1日3回まで
  • 午後8時から翌午前10時までは取り立てをしてはいけない
  • 自宅などに訪問する場合は基本1人、多くて2人まで
  • 勤務先は訪問をしない
  • 暴力をふるう、暴言を吐く、脅迫めいたことは言わない
  • 落ち着いた口調で話す
  • 契約者以外にはあらゆることを口外してはいけない

万が一違法な取り立てにあたってしまったらどうしたらいい?

違法な取り立てはだいぶ減ってきたとご紹介しましたが、ゼロになったわけではありません。

消費者金融を利用していると、違法な取り立てに遭遇してしまうこともあるでしょう。

そういった場面に遭遇してしまった場合、どのような対処法を取るべきなのでしょうか?

ここでは消費者金融などの利用の際に違法な取り立てにあたってしまったときの対処法をご紹介します。

警察へ通報する

業者が上記の禁止事項を破った際は、警察に通報をしましょう。

貸金業法をを違反した取り立てを行ていることが発覚した場合、2年以下の懲役または300万以下の罰金を支払わないといけません。

しかしこれらは貸金業法を違反していることを証明できることが条件や、業者がきちんと特定されているなどが明らかになっていないと、逮捕をすることができないのです。

違法な取り立て行為に気づいたら証拠をきちん記録をしましょう。

弁護士などに相談

弁護士が関わっているということが業者に伝わるだけで、違法な取り立てを撃退出来ることもあります。

また弁護士に相談することも可能ですが、警察同様に違法性を証明できないといけません。

また警察よりも弁護士の方が迅速に対応してくれることがあります(その分料金はかかりますが)。

まとめ

今回は、消費者金融から

  • 消費者金融の取り立てとは
  • どのような人が取り立てに来るの?
  • 消費者金融の取り立て時の禁止事項は?
  • 取り立てに遭遇してしまったらどうしたらいい?

等をご紹介いたしました。

最近は消費者金融もルールを徹底させていることがわかりました。

また消費者金融の取り立てについてご紹介しましたが、借りたお金は期限内に返せばこのような心配をする必要はありません。

借りたお金は早めに返済をしましょう!

シェアする

フォローする