リボ払いを早く返す方法とは?おすすめの返済方法を紹介

シェアする

「リボ払いの支払いが減らない…」とお悩みの皆さん。

リボ払いは確かに一見「支払額が少ない一定額になる」という点でお得に見えるかもしれません。

しかし実際は、リボ払いでの返済は、元金の支払いが進まないという点で言って「損」でしかありません。

少ない一定額を支払い続ける。

そして支払った分だけまたクレジットカードを使ってしまう。

それによって、リボ払いの支払いが終わらない…。

そんな「地獄」とも言われることが多いリボ払いの返済を、効率よく進める方法があるとしたら知りたいと思いませんか?

と言うより、現在少しでもリボ払いで悩んでいるとしたら、少しでも返済を早める工夫をこらして返済をすすめるべきです。

どうしてリボ払いの返済が進まないのか

どうしてリボ払いの返済が進まないのかを知るために、まずはリボ払いの仕組みから調べてみましょう。

どうしてここまで、時に「地獄」と言われるほど返済が辛いのか。

リボ払いの仕組み

リボ払いは、クレジットカードの支払い方式の一つ。

「一括払い」や「分割払い」などの一種だということですね。

リボ払いを選択すると、「毎月の支払い額が一定額」になります。

たとえ支払額が10万円だったとしても、月々の支払い額は1万円+リボ払い手数料のみです。

たとえクレジットカード利用額が10万円より増えたとしても、リボ払いで支払う額は変わりません。

リボ払いが終わるのは当然「クレジットカードの元金返済が終わるまで」。

そんな少ない額を支払っていても、元金返済が終わるのは随分先なのは考えればわかるでしょう。

クレジットカード利用を止めるのは難しいですから、クレジットカードを使い続ける限り、リボ払い返済は終わらないのです。

長引くリボ払い返済はただただ損

リボ払いは利用額分割払いと同時に金利で割り出される「手数料」を同時に支払う必要があります。

この手数料を支払い続けるということは、単純に損です。

リボ払いが長引けば長引くほど、クレジットカード利用者の損は大きくなっていくということです。

少しでも早く、リボ払いの支払いを終えられるよう努力してください。

リボ払い手数料というのは本来、別の支払い方式なら支払う必要のないお金なのですから。

リボ払いを効率よくすすめる5つのコツ

リボ払いを効率よくすすめるためには、いくつかコツがあります。

リボ払いを行うのは損であることはすでにお伝えした通りです。

そんな意味のない損を抱えることなく、リボ払いをすすめるための方法、リボ払いをはやめに終わらせるコツをいくつか紹介したいと思います。

余裕がある時に繰り上げ返済を行う

リボ払い返済は、「いかに早く返し終わるか」がカギです。

早く返し終えるには、当然少しでも多く返済するべきです。

5000円、できれば10,000円返済する額を多くすることで、リボ払い返済が効率よく進むはずです。

少額の定額をいつまで支払っていたところで、リボ払いの返済はいつまでたっても終わりません。

指定された返済額を支払い続けていても、ほとんどが手数料の支払いになってしまうので、リボ払い返済がまったく進みません。

少しでも多くの金額返済に回して、リボ払いを早く終わらせる工夫をしてください。

ボーナス一回払いを行う

リボ払いの返済が苦しいなら、違う支払い方式に切り替えれば良いのです。

おすすめなのは「ボーナス一回払い」です。

ボーナス一回払いの何がいいかというと、ボーナスが入る時期まで支払い期間に猶予が生まれること。

今すぐ支払えないとしても、ボーナスが入るころには支払えるかもしれませんよね。

ボーナス一回払いにすることで、半年間ほどリボ払い金利が0になるということ。

これによって、リボ払いの負担はかなり小さくなりますよね。

リボ払い専用カードを使っているならカード利用をやめる

しかしクレジットカードの中には、支払い方式が「リボ払い」しか選べないリボ払い専用カードがあります。

そうしたリボ払い専用カードを現在使っているという方は、すぐにでもリボ払い専用カードの利用をストップすることをおすすめします。

リボ払い専用カードは、ポイント還元率が高いなどの宣伝文句をうたいますが、リボ払い専用である時点で「損」です。

別のクレジットカードに切り替えて支払いを行うことを、私はおすすめします。

債務整理を行う

リボ払いの支払い元金を減額できる「債務整理」を行うのも一つの手です。

任意整理や個人再生、そして時には自己破産を行うことで、今後はリボ払いで悩まなくていいステータスを手にします。

細かくリボ払い返済が難しそうなら、いっそ債務整理で返済額減額という方法もあるでしょう。

必要に応じて、弁護士などと相談しながら債務整理の検討を進めてください。

借りたお金でリボ払い返済を行う

借りたお金でリボ払いの返済を行う、という方法もあります。

この方法は、知人、友人、家族からお金を借りることで利息を大幅に減らすことができる、もしくは一切利息を支払わなくてよくなるというものです。

キャッシングで借り入れたお金でリボ払い返済を行うと、結局利息の支払いを行うことになります。

しかし反面、実施の知人から借りたお金でリボ払いの返済を行うと、実施の人間関係に支障を来す危険もあります。

お金を借りても絶対に問題にならない相手からお金を借りるなど、細心の注意をはらいながら借りたお金でリボ払い返済を行いましょう。

リボ払いのためにカードローン借り換えはアリ?

カードローンで借り入れたお金を使って、リボ払い返済をすすめる方法もあります。

一般的に「リボ払いの借り換え」と呼ばれる方法です。

リボ払いの借り換えを行うことで、別の設定で返済をすすめることができますが、相変わらず手数料の支払いは継続となります。

クレジットカードの利用額返済を行うか、カードローンで借り入れたお金の返済かの違いでしょう。

低金利のカードローン借り換えなら効果的

現在返済しているリボ払いと比べて、更に金利が低いカードローンへの借り換えなら、リボ払い借り換えが効果的です。

低金利のカードローンといえば、一般的なのが「銀行カードローン」です。

ネット銀行カードローンなど、低金利の銀行カードローンへの借り換えがうまくいけば、リボ払いの返済の負担をかなり減らすことができるはずです。

銀行カードローンのなかにも、「リボ払いからの借り換え」を積極的に受け入れているところが多いです。

他クレジットカードへ返済されるお金が自分のところに返済されれば、単純に利益となりますからね。

カードローンの借りグセがついたら二の舞

カードローンへ借り換えて、それにより金利がいまより低くなり、返済の負担が小さくなったとしても、相変わらず借り換えたカードローンでお金を借り続けていたとしたら意味がありません。

返済がクレジットカードのリボ払いから、借り換えたカードローンへ切り替わっただけです。

本来リボ払いも、カードローンでの借り入れも、日常的に行うものではありません。

カードローンでお金を借りるのは、最後の手段と考えておきましょう。

本当はリボ払いもカードローンも必要ないくらいの、支払能力と金銭状態を備えておくべきなのです。

カードローン返済のほうが「借金返済」のプレッシャーは強い

とはいえ、リボ払いを行っているのと、カードローンの返済を行っているのでは、はるかに「カードローン返済」のほうが借金返済の色合いが強いです。

自分に「借金返済」のプレッシャーを与えながらのほうが返済しやすいという方は、カードローン返済に切り替えた返済をおすすめしています。

早めに誰かに相談する

リボ払いの返済で苦しんでいるなら、早めに誰かに現状を相談するのが大切です。

自分ではまだ大丈夫だと思っていても、実際にはかなりヤバい状態に陥っている場合も多いです。

誰かの意見を聞いて、リボ払いを早く返済する方法の糸口を見つけましょう。

正しく現状を把握するには他人の目が不可欠

何より、自分ひとりの判断では、リボ払いを含め正しく現状を判断するのが難しいです。

現在自分がどんな状態なのか。

どうすれば苦しい現状を打破できるのか。

それらのポイントを知るには、他人からのアドバイス、他人からの意見が不可欠なのです。

債務整理は弁護士に相談する

リボ払いを早く返済するには、債務整理が効果的であることはすでにお伝えしたとおりです。

その債務整理ですが、極論自分ひとりで進めることができるものもあります。

しかし、債務整理はクレジットカード会社との交渉。

何も知らない一般人との交渉で、簡単に折れるクレジットカード会社ではありません。

やはりここは、過去にも債務整理を行った実績のある弁護士に相談して、手続きを進めてください。

リボ払い地獄にはまらないためには事前の準備が必要

リボ払いに苦しんでいるということは、クレジットカード利用額を一回で支払うだけの資産を持っていなかったということです。

事前に備えておきさえすれば、リボ払いの返済などで苦しむこともなかったのです。

具体的にどんな準備をしておくべきか、リボ払い返済前にしておく準備を紹介します。

そもそもクレジットカードは「支払い可能額」までの利用に抑える

リボ払いを選んだのは、そもそもクレジットカードの利用額が多すぎて支払えない…という状況になっているからです。

最初から、「自分が払える金額クレジットカードを使う」ことを心がけておけば、リボ払い返済で悩むこともなかったのです。

何も考えず、無作為にクレジットカードを使うのはくれぐれもやめてください。

リボ払いは選ばない

当然ですが、支払い方式でリボ払いを選ばなければ、リボ払いの返済で悩むこともありません。

もし「分割払い」なら、もう少し支払う手数料は少なかったでしょう。

二回払い、三回払いだったなら、いっさい手数料を支払う必要もなかったはず。

「毎月の支払いが減るし、リボ払いにしよう」

なんて安易に考えると、そこから一気にリボ払い地獄に落ちてしまうのです。

クレジットカード、お金に関して正しい認識を持つ

クレジットカードは魔法のカードではありません。

クレジットカードで買い物をすると、その代金は結局あとで支払うことになるのです。

「買い物をしている」意識を持ってカード利用を行ってください。

キャッシング機能を利用している人も同じです。

キャッシング機能で借りたお金はあなたのお金ではありません。

そのお金は借りたお金で返すお金だということ、しっかりと考えておきましょう。

リボ払いを早く返済する方法を実践した口コミ

    • リボ払いの返済が進まなくて、ベタにリボ払い地獄にはまっていました。でもリボ払いの返済をもうやめようと一念発起して、がんばって働いて給料を増やして、返済額を引き上げました。もちろんその間クレジットカードは使ってません。クレジットカードは使わないで、返済だけせっせと進めれば、当然リボ払い返済は進みます。ダイエットに似てますね。
    本格的に返済しようと思って、半年もやれば、50万円あったリボ払い残高もすっかり減りましたよ。

リボ払いを早く返済する方法まとめ

リボ払いを早く返済する方法、わかっていただけたでしょうか。

クレジットカード支払い方式の一つである「リボ払い」は、他の支払い方式と比べて手数料の支払いなどがあり、単純に損です。

リボ払いを早く返済するためには、何よりまず「早く返済するのだ」という強い意識、そして返済するお金を返済額に上乗せするなど工夫が必要です。

シェアする

フォローする