【お金を借りたい人へ】カードローンの仕組みや借り方について徹底解説!

シェアする

「お金を借りたいのだけど、どの会社から借りればいいのかわからない」
「カードローンの仕組みがわからないから、お金を借りるのが不安」

こちらの記事では、そんな人に向けてカードローンの仕組みや借り方について徹底解説していきます。

友人の結婚ラッシュや突然の病気など、人生では突然お金が必要になるタイミングがあります。

カードローンに悪いイメージがある人もいますが、うまく使えばその場をしのげるので、使い方次第ですよ。

お金を借りるときの基礎知識

まずはお金を借りるときの基礎知識を紹介していきます。

銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンには三菱UFJ銀行や三井住友銀行の銀行カードローンと、アコムやプロミスといった会社の消費者金融の2種類があります。

この2つには名前だけでなく、以下のような違いがあります。

設定 銀行カードローン 消費者金融
金利 消費者金融に比べて低い 高い
即日融資 不可 可能
無利息キャンペーン おこなわれないことが多い おこなわれることが多い
適用される法律 銀行法 貸金業法
総量規制による借入制限 適用されない 適用される

このように銀行カードローンは金利が低いですが、即日融資ができない点が特徴。

消費者金融はその逆ということです。

そのためすぐにお金を借りたい人は消費者金融、長期的にお金を借りたい人は銀行カードローンの利用がオススメです。

消費者金融は無利息キャンペーンがおこなわれることも多く、無利息期間内に返済できれば利息がかかりません。

そのため
「給料日までのつなぎ資金を数万円借りたい」
といった人であれば、消費者金融を利用して給料日にお金が入ったら返済というパターンがもっともお得です。

消費者金融にも利用するメリットはあるので、自分にあった会社を選ぶようにしましょう。

総量規制について

銀行カードローンと消費者金融の違いの中で、総量規制が適用されるかどうかの違いがあると記載しました。

それでは総量規制とは、はたしてどのようなものでしょうか。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)

引用:日本貸金業協会

総量規制とは多重債務者が社会問題になった2010年に設立された制度で、返済能力以上にお金を借りることを防ぐための制度です。

総量規制は貸金業法に記載されており、対象の金融機関は年収の3分の1以上に貸し出しができません。

つまり年収300万円の人であれば、100万円までしか総量規制対象業者からはお金が借りられません。

これは総額100万円までしか借りられないという制度なので、たとえばA社から70万円かりている人であれば、B社からは30万円までしか借りられないということになります。

ただ注意してほしいのが、総量規制が適用されるのは貸金業法対象の業者ということ。

先ほど説明したように銀行カードローンは銀行法が適用されるので、銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。

そのため銀行カードローンであれば、年収300万円の人でも100万円以上借りられる可能性があるということです。

ただし自身の返済能力以上に借り入れをすることは、返済時にかなり苦しむことが予想されます。

自身の返済能力をしっかり見極めたうえで、いくら借りるのかを考えましょう。

信用情報って何?

銀行カードローンに申し込むにせよ、消費者金融に申し込むにせよ、カードローンには審査があります。

カードローン会社としては貸したお金が返ってこないことが1番のリスクなので、その人が本当に返済できるかどうか審査が必須。

審査過程で大切なのが、信用情報というものです。

信用情報とは、クレジットやローン等の申し込みや契約に関する情報を指します。

本人を識別するための情報のほか、クレジットの申込内容や契約内容、支払状況、残高などで構成されており、主にCICに加盟するクレジット会社等から登録された情報になります。
引用:CIC
このようにクレジットカードやカードローンの支払い状況は、信用情報機関というところに登録されています。

そのためたとえば楽天カードで支払いが遅れた情報は、三井住友銀行カードローンの審査時にも影響が出るということです。

ちなみに

  • 61日以上の支払い遅延がある人
  • 債務整理をした人

といういずれかの条件を満たしてしまった人は、信用情報がブラックと呼ばれる状態になります。

信用情報がブラックになると支払い事故が解消されてから最低5年間は、クレジットカードやローンの審査に必ず落ちます。

信用情報とはそれほど大切なものなので、日々の支払いはしっかりしておきましょう。

在籍確認はなぜおこなわれる?

カードローンの審査過程でおこなわれることが、在籍確認と呼ばれるものです。

在籍確認とは申し込み時に記載された勤務先で、申込者が本当に働いているか確認するためのもの。

在籍確認は電話でおこなわれることが多く、記載した勤務先に
「私石田と申しますが、〇〇さんはいらっしゃいますか?」
といった具合で電話がかかってきます。

その電話に対して
「〇〇ですね。代わりますので少々お待ちください。」
「〇〇はただいま外出しております。」

といった返事がもらえれば、その人が本当に会社で働いていることがわかるので在籍確認クリアとみなされます。

「知らない人から会社に電話がかかってくるのは嫌だ。」
このように考える人も多いと思いますが、在籍確認はカードローンにとって欠かせないステップ。

在籍確認をしないと申込者が本当にその会社で働いているかどうかわからないので、必ずチェックしなければなりません。

勤務条件に嘘があったら返済能力の有無にかかわる

もし勤務している会社が嘘だった場合、返済能力に関わってきますからね。

はじめて在籍確認を体験する人は不安なことが多いと思いますが、実際に体験してみるとあっさり終わります。

カードローン会社は他人にカードローンの利用を知らせないために、会社名は名乗らず個人名で受け答えすることを徹底しています。

実際電話をかわったら個人情報の確認だけで、数分で終わる作業です。

はじめて在籍確認をする人は不安に思う人もいると思いますが、意外とあっさり終わるので不安に思わなくても大丈夫ですよ。

クレジットカードとカードローンの違い

キャッシュレス化が進んでいる現代で欠かせない存在となっているのが、クレジットカード。

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠の2つがあり
ショッピング枠・・・買い物をするときに利用する。

支払いは後日支払い
キャッシング枠・・・お金をキャッシング(借りる)ときに利用する。

支払いは後日支払い
といった違いがあります。

そのためショッピング枠のあるクレジットカードを持っていても、手元に現金を手に入れることはできません。

まだ家賃の支払いなどは現金しかできないところも多いので、現金が必要なときはカードローンかキャッシング枠を利用しなければなりません。

ただしクレジットカードのキャッシング枠は、金利が高めに設定されています。

簡単に利用できる点がメリットですが、長い目で考えるのであればカードローンを利用したほうがいいですよ。

カードローン審査の仕組みを解説

それではカードローンの審査は、どのような仕組みでおこなわれているのでしょうか。

ここからはカードローンの審査について解説していきます。

勤務先などの返済能力情報

カードローンの審査は、3Cと呼ばれるポイントをもとに審査されています。

  • Capacity(キャパシティ)→返済能力
  • Character(キャラクター)→信頼性
  • Capital(キャピタル)→資産

の頭文字をとって3Cと呼ばれており、どれも重要な要素です。

それでは3Cの詳しい内容を1つずつ解説していきます。

まずCapacity(キャパシティ)ですが、これは勤務先・年収・勤続年数などをもとに、返済能力がチェックされます。

カードローン会社は返済されてはじめて利益が出るので、返済能力はかなり詳しく確認されますよ。

ちなみにただ年収が高ければいいというわけではなく、収入の安定性がもっとも大切です。

たとえば自営業の人は月によって収入が変わるため、収入がゼロになるリスクをはらんでいますよね。

このような人は収入がゼロになったとき返済ができなくなる可能性があるので、カードローン会社としてはリスクが高いと判断します。

一方公務員や上場企業の社員は、クビになる可能性が低く収入は安定していますよね。

そのため返済が続けられる可能性が高いため、審査に通りやすくなるということです。

これまでの支払い情報などの信頼性

続いてはCharacter(キャラクター)です。

これは先ほど紹介した信用情報をもとに、その人がしっかり返済をしてくれる人かどうか判断するというものです。

いくら収入があっても、返済を忘れてしまう人やお金を使いすぎて返済に遅れる人には、カードローン会社としても貸付リスクが高いです。

そのため信用情報をチェックして、他社も含めた返済状況をチェック。

その人の人間性を確認しているということです。

ちなみに信用情報には分割払いで購入した携帯電話の支払い情報も記載されています。

近年携帯電話代の支払いが原因で信用情報がブラックになる人が増えているので、支払い遅れがないようチェックしておきましょう。

不動産などの資産情報

最後はCapital(キャピタル)と呼ばれている情報です。

これは不動産や預貯金といったその人が持っている資産のことを示しています。

もし会社が倒産したとしても、預貯金や不動産といった資産がある人であれば、返済が可能なので、カードローン会社としても重要な情報。

勤務先情報ほど詳しくチェックされる情報ではありませんが、こういった情報も大切です。

また申込者が実家に住んでいるのか、一人暮らしをしているのかも重要な要素です。

実家に住んでいる人は自分が自由に使えるお金が多いので、イコール返済に回せるお金も多いということ。

同じように独身者と既婚者では、独身者の方が自由に使えるお金が多いことから、優遇されることもあります。

返済能力・信頼性・資産の3点を総合して審査がおこなわれる

このようにカードローンの審査は、返済能力・信頼性・資産の3点を総合的に見て審査がおこなわれます。

どれも何かアクションを起こしたからといって、すぐに改善するようなものではありません。

そのため日々クレジットカードやカードローンの支払いをしっかりして、安定した収入を得ておくことがとても大切です。

カードローンの審査は、一朝一夕で何とかなるものではなく、日々の積み重ねが大切ということですね。

カードローンの審査に通過するためにすべきこと

それではカードローンの審査に合格するためには、どのようなことをしていけばよいのでしょうか。

ここからはカードローンの審査に通過するためにすべきことを紹介していきます。

安定した収入を得るようになる

カードローンの審査に通過するためにすべきこと1つ目は、安定した収入を得るようになることです。

カードローンの審査ポイントで収入の安定性が、カードローンの審査では大切だということを紹介してきました。

そのためカードローンの審査だけ考えるのであれば、より規模の大きな会社で働いたほうが有利に働きます。

とはいってもすぐに大手の会社で働けるかというと別問題。

自分のやりたいことが大手の会社でできないのであれば、わざわざ大手の会社に入る意味もありません。

そのあたりは現実と理想のバランスをうまくとりながら、自分が納得した会社で働くといいでしょう。

ちなみに安定した収入イコール正社員というわけではありません。

契約社員、アルバイト、派遣社員であっても、毎月収入があればそれは安定した収入があるとみなされます。

逆に収入がない無職の人は、カードローンの審査に通過する可能性がゼロ。

無職の人はアルバイトでも構いませんので、どこかで働いてからカードローンに申し込みをするようにしましょう。

信用情報に傷をつけないようにする

カードローンの審査に通過するためにすべきこと2つ目は、信用情報に傷をつけないようにすることです。

信用情報に支払い遅れ情報が多い人は、カードローンの審査にも不利になります。

そのため日々しっかり支払いをすることが、カードローンの審査に合格するための秘訣と言えるでしょう。

ちなみに信用情報に登録される情報は、信用情報機関に登録されている会社の情報です。

具体的には

  • クレジットカード
  • カードローン
  • 携帯電話の分割支払い
  • ショッピングローン
  • 住宅ローン
  • カーローン

などが対象です。

水道光熱費や家賃は信用情報機関に登録されていないので、これらの支払いが遅れた場合でも信用情報には影響がありません。

ただし水道光熱費の支払いをクレジットカードに設定して、そのクレジットカードの支払いが遅れた場合、信用情報に情報は登録されます。

信用情報に傷をつけないためには、日々の支払いをすることが大切ですよ。

借入限度額は必要最低限にしておく

カードローンの審査に通過するためにすべきこと3つ目は、借入限度額は必要最低限にしておくことです。

カードローンに申し込みをするときには、借入限度額をいくらにしたいか記載する欄があります。

借入限度額はあまり気にしない人が多いですが、実は審査においてとても大切なポイントですよ。

借入限度額が多い人は、カードローン会社からするとお金に困っている人に見えます。

お金に困っている人は返済できなくなるリスクが高いので、その結果審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。

即審査落ちにならないとしても審査には時間がかかることになるので、借入限度額を高く設定するメリットはあまりありません。

こうした事情があるので、借入限度額は必要最低限にしておきましょう。

申し込み時に嘘の情報は書かない

カードローンの審査に通過するためにすべきこと4つ目は、申し込み時に嘘の情報は書かないことです。

カードローンの審査ポイントとして、年収が高い方がいいという点があります。

そのため申し込み時に普段の年収より高く書く人がいますが、カードローン会社にばれた時点で審査に落ちるのでやめましょう。

申し込みに嘘を書くイコール今後も嘘をつかれる可能性があるとカードローン会社は認識します。

年収を多少上乗せしてもばれないだろうと思うかもしれませんが、源泉徴収票の提出を求められたらすぐにばれます。

源泉徴収票の提出がなくても、カードローン会社はこれまで何万人もの審査をしてきたデータがあります。

これまでのデータから大体の年収は予測できるので、それが原因で審査に落ちる可能性もありますよ。

このような事情があるので、申し込み時に嘘を書かないようにしましょう。

どのカードローンから借りればいい?

ここまでカードローンの審査について解説してきましたが、カードローンをはじめて利用する人は、どのカードローンを選べばいいかわからないのではないでしょうか。

ここからはカードローンの選び方について解説していきます。

審査に通過するのであれば銀行カードローンがオススメ

カードローンには銀行カードローンと消費者金融がありますが、会社によっての商品差というのはそこまで大きくありません。

カードローンという商品の性質上、違う点としては

  • 金利の違い
  • 審査結果が出るまでの時間の違い
  • 無利息期間があるかどうかの違い
  • インターネットのみで手続きが完結できるかどうか

といった点です。

中でも金利の違いは最終的に支払うお金が変わってくるので、しっかり確認しましょう。

銀行カードローンと消費者金融では、銀行カードローンの方が金利は安いので、審査に通過できるのであれば、銀行カードローンを選ぶ方がオススメです。

どのカードローンを選ぶのか悩んでいるのであれば、銀行カードローンの中から選びましょう。

短期間の借り入れであれば消費者金融の方がお得になるケースもある

ただし短期間の借り入れであれば、消費者金融の方がお得になるケースもあります。

先ほど紹介したように消費者金融では、無利息期間が設けられていることが多いです。

そのため無利息期間中に返済できるのであれば、金利がまったくかかりません。

つまり
「給料日までの数日間生活費がほしい。給料が入れば返済できる」
といった事情の人であれば、消費者金融の方がお得です。

金利が高いからと言って消費者金融を敬遠するのではなく、消費者金融を利用するメリットも把握して選択しましょう。

クレジットカード現金化や闇金には絶対手を出してはいけない

ここまでカードローンや消費者金融について解説してきましたが、お金に困っているからと言ってクレジットカード現金化や闇金には絶対手を出してはいけません。

都心の駅でクレジットカード現金化しますという看板を見たことがある人もいると思いますが、クレジットカード現金化はクレジットカード会社の規約に違反しています。

会員は、現金化を目的として商品・サービス等の購入等にクレジットカードご利用可能枠を利用することはできないものとします。

引用:楽天カード規約第29条9項
このようにクレジットカード会社の規約が記載されているので、規約に違反した場合クレジットカードの利用自体が停止してしまいます。

またクレジットカード現金化は自己破産の不認可事由にあたります。

クレジットカード現金化をしたことで自己破産ができなくなることがあるので、クレジットカード現金化は絶対にやめましょう。

また闇金を利用してしまうと、人生が狂ってしまいます。

闇金はそもそも法律に違反している行為なので、取り立ても法律外のことをしてくる可能性が高いです。

自分だけならまだしも家族に迷惑がかかる可能性も高く、人生が大きく左右されてしまいますよ。

オススメの銀行カードローン

女性 カードローン

それでは銀行カードローンに申し込みをしようと思った人は、具体的にどのカードローンに申し込みをすればよいのでしょうか。

ここからはオススメの銀行カードローンを紹介していきます。

みずほ銀行カードローン

「安心感のある銀行で契約がしたい」
そんな人にオススメのカードローンが、みずほ銀行カードローンです。

メガバンクの一角であるみずほ銀行カードローンであれば、利用するのも安心ではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンの特徴としては

  • 金利が2.0%~14.0%と比較的低め
  • みずほ銀行のキャッシュカードで利用可能
  • コンビニATMでもATM時間外手数料がかからない

といった点が挙げられます。

金利が低いことにプラスして、ATM時間外手数料がかからないので、利息以外での支出はほとんどありません。

またみずほ銀行のキャッシュカードで利用できるということは、あらたにカードローン専用カードを発行しなくてもいいということ。

これはカードを持たなくてもいいというメリットに加えて、他人にカードローンの利用がばれにくいというメリットもあります。

他人にカードローンの利用がばれるきっかけのほとんどは、カードローン専用カードが見つかることです。

みずほ銀行のキャッシュカードで利用できるみずほ銀行カードローンであれば、他の人に見られてもカードローンを利用していることがわかりません。

ATMでも普通にお金をおろしているのと同じに見えるので、他人にカードローンの利用がばれたくない人にはぴったりのカードローンですね。

住信SBIネット銀行 MR.カードローン

銀行カードローンの中でオススメの商品が、住信SBIネット銀行のMR.カードローンです。

MR.カードローンにはプレミアムコースとスタンダードコースがあり、それぞれ金利が異なります。

プレミアムコースは年1.59%~7.99%、スタンダードコースは年8.99%~14.79%ですね。

どちらのコースになるのかは審査によって決定しますが、プレミアムコースであればかなり金利が低いですね。

金利の引き下げも可能

さらに

  • ミライノカード(JCB)を保有して住信SBIネット銀行に引き落とし口座を設定している
  • SBI証券口座保有登録済または住宅ローン残高がある

という条件を満たしていれば、金利の引き下げが可能。

ただでさえ低金利なのに、金利がさらに下がる可能性があるというのは嬉しいですね。

住信SBIネット銀行は条件次第で、ATM引き出し手数料も無料になるというメリットのあるインターネットバンキングです。

カードローンもとても使いやすいので、金利の低い銀行カードローンを探している人は、申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

楽天銀行カードローン

楽天市場や楽天トラベルなど楽天関連のサービスを利用している人にオススメなのが、楽天銀行カードローンです。

楽天銀行カードローンは

  • 楽天会員ランクによって審査優遇がある
  • カードローン契約で楽天ポイントがもらえる

といったメリットがあるので、楽天会員であれば享受できるメリットがたくさん。

他のカードローン審査に合格できなくても、楽天を使っていたから楽天銀行カードローンの審査には合格できたという事例もあります。

契約で楽天ポイントももらえるので、楽天を使っている人であればメリットは多いですよ。

オススメの消費者金融

消費者金融には銀行カードローンにはないメリットがあります。

ここからは消費者金融の契約を考えている人に向けて、オススメの消費者金融を紹介していきます。

J.Score AIスコア・レンディング

2019年人工知能AIを利用した審査が話題となったJ.Score AIスコア・レンディング。

これまで人の手でおこなわれていたカードローンの審査ですが、J.Score AIスコア・レンディングでは、AIが信用度を点数化して審査します。

そのため情報を入力していくとスコアがアップしていき、一定のスコアを超えると申し込みができるようになります。

J.Score AIスコア・レンディングの特徴としては、年利0.8%~12.0%という低金利が何よりの魅力。

すべてスマートフォンで操作が可能なので、お店に行く必要もありません。

またJ.Score AIスコア・レンディングは消費者金融扱いのようで、即日融資も可能です。

AIが審査するということで不安に思う人もいるかもしれませんが、低金利でさらに即日融資可能というのは、かなり魅力的な商品です。

どの商品に申し込みをするのか迷っているという人は、まずJ.Score AIスコア・レンディングを選択肢に入れておきましょう。

アコム

消費者金融の審査が不安な人にオススメなのが、アコムです。

「はじめてのアコム♪」
というCMでもおなじみのアコムですが、その言葉通りはじめて消費者金融を利用する人向けのサービスが充実しています。

上場している消費者金融は、審査通過率という数字を出しており、アコムの平均審査通過率は48%ほど。

他の消費者金融が高くても45%ほどの審査通過率なので、他の消費者金融に比べてアコムの審査通過率が高いことがわかります。

はじめて消費者金融を利用する人は審査が不安だと思いますが、アコムであれば審査に通過する可能性が高いので安心ですね。

またはじめてアコムを利用する人には、最大30日間無利息サービスも実施しています。

無利息期間が設けられているので、短期的な利用を考えている人にもオススメですね。

このようにアコムははじめて消費者金融を利用する人に向けたサービスを充実させています。

消費者金融に怖いイメージを持っている人は、一度アコムに問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

レイクALSA

短期間の借り入れで消費者金融を利用しようと思っている人にオススメなのが、レイクALSAです。

新生銀行カードローンからレイクALSAに名称が変わったのですが、名称変更後は新規顧客開拓に力を入れています。

そのためはじめて申し込みをした人に対しては、30日間無利息で申し込みができますし、さらにキャンペーンも頻繁におこなわれていますよ。

たとえば2019年5月15日までに申し込みをした人は60日間無利息で、お金が借りられるキャンペーンが開催されています。

このようにレイクALSAは無利息キャンペーンに力を入れているので、短期間の借り入れをしようとしている人には、ぴったりの消費者金融ですね。

土曜日は21時、日曜日は18時までに契約が完了すれば即日融資も受けられますし、専用アプリも用意されています。

はじめて消費者金融を利用する人にも使いやすい消費者金融なので、短期間の借り入れを希望している人は、レイクALSAへの申し込みを検討しましょう。

お金を借りるときは計画的に

ここまでお金を借りたい人に向けて、お金を借りるときの注意点を紹介してきました。

お金を借りるときのポイントはいくつかありますが、安定した収入があり信用情報に傷がなければ、審査に通る可能性は高いです。

むしろお金を借りてからどのように返済するかが大切なので、お金を借りる前にしっかり計画を立てておきましょう。

シェアする

フォローする