楽天銀行カードローンで即日融資を受ける方法

シェアする

ネットショッピングでお馴染みの楽天グループ、その楽天銀行が取り扱っている銀行カードローンです。

楽天の会社はありますが、楽天銀行は店舗をもたないネットバンクです。

その場合、即日で借りるにはどうすればいいのか。楽天銀行カードローンのサービスを踏まえてご説明いたします。

楽天銀行カードローンの基本情報

金利 年1.9~14.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード 最短即日~2営業日
即日融資
無利息サービス ×
申込方法 Web
借入方法 Web、電話、ATM

楽天銀行カードローンは、ネットバンクということもあって申込方法がWebのみとなっています。

そのため発行されたローンカードが郵送される形になるので、詳しくは後述しますが即日借りるには振込でのキャッシングとなります。

サービスとしては、「楽天」特有のポイントサービスなどがあってユニークなカードローンです。

金利は「年1.9~14.5%」で低い

キャッシング名 金利
楽天銀行カードローン 年1.9~14.5%
アコム 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%
新生銀行カードローン レイク 年4.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%

楽天銀行カードローンの金利は「年1.9~14.5%」と、バンクイックとほぼ同じ利率になっています。

キャッシング全体で見れば低金利カードローンの部類になりますし、銀行カードローンでもさらに金利の高いカードローンはあるので、全体的に見て金利が低いと言えます。

また、サービスの項目で後述しますがこの金利をさらに半分にすることもできるんです。

限度額毎に適用される金利一覧

利用限度額 適用金利(実質年率)
100万円未満 14.5%
100万円以上~200万円未満 9.6~14.5%
200万円以上~300万円未満 6.9~14.5%
300万円以上~350万円未満 4.9~12.5%
350万円以上~500万円未満 4.9~8.9%
500万円以上~600万円未満 4.5~7.8%
600万円以上~800万円未満 3.0~7.8%
800万円 1.9~4.5%

表の通り、楽天銀行カードローンは契約する限度額によって適用金利される金利が変わります。

そのため、「利用限度額50万円で金利は年1.9%にしたい」と思っても現実的ではありません。

また、表では限度額が100万円毎に表示されていますが、実際には審査の結果で10万円ごとに利用者個人の利用限度額が決められます。

借入限度額は「10万~800万円」で高い

キャッシング名 借入限度額
楽天銀行カードローン 10万~800万円
アコム 1万~800万円
プロミス 1万~500万円
新生銀行カードローン レイク 1万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円

楽天銀行カードローンの借入限度額は「800万円」となっており、こちらもキャッシング全体で見ると高い限度額です。

下限金利が低いので、限度額が上がれば上がるほど加速度的に金利は安くなっていきます。

最初から100万円単位で借入希望額を申し込むのは難しいですが、長期的に利用するのであれば限度額を増額することも出来ます。

審査スピードは「最短即日」で標準的

金融機関 審査スピード
楽天銀行カードローン 最短即日審査・即日振込
消費者金融 最短30分審査
銀行カードローン 最短30分~即日審査

楽天銀行カードローンのホームページ上には、審査にかかる時間は「最短当日~2営業日」程度という記載があります。

即日審査が行われれば、当日の振込も可能となるので即日融資を受けることができます。

ローンカードが郵送されるのを待つと2営業日~1週間程度経ってしまいます。

審査で必要になるものや手続きの流れについてはトップページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

楽天銀行カードローンの主なサービス3つ

楽天ポイントや金利半額キャンペーン

楽天銀行カードローンはサービス面が充実しており、その最たる例がポイントサービスです。

このカードローンに入会するだけで1,000ポイントを獲得できるだけでなく、借入残高によっては最大で30,000ポイントももらうことができます。

もう1つは金利半額キャンペーンで、期間限定で金利が半分の「年0.95~7.25%」まで下がるというサービスで他社にはない楽天銀行カードローン独特のサービスです。

入会の翌月末残高 進呈ポイント
20万円以上~30万円未満 500ポイント
30万円以上~50万円未満 1,000ポイント
50万円以上~80万円未満 2,000ポイント
80万円以上~100万円未満 3,000ポイント
100万円以上~200万円未満 10,000ポイント
200万円以上~300万円未満 12,000ポイント
300万円以上~400万円未満 15,000ポイント
400万円以上~800万円以下 30,000ポイント

借入額300万円以下で収入証明不要

借り入れを希望する金額が300万円以上にならなければ、楽天銀行カードローンの申込時に収入証明書類は不要です。

300万円をこえなければ免許証などの本人確認書類さえあれば申し込むことが出来るので、面倒な書類の準備もいりません。

専業主婦OK!限度額は50万円まで

楽天銀行カードローンは、ご自身に収入が無い専業主婦の方もお金を借りることができます。

銀行カードローンの多くは専業主婦も利用できることが多いのですが、メガバンクが限度額30万円までなのに対してこのカードローンは50万円もあります。

配偶者の同意書も必要なく夫に内緒で即日借りられるカードローンではありますが、トラブルの元にならないように細心の注意を払いましょう。

お得なポイント獲得!カードローン活用術

はじめてカードローンを利用する方へ向けて、楽天銀行が利用者からの活用術を公式サイトで紹介してくれています。

  • 急に現金が必要なときに(30代男性・会社員)
  • 給料日目前の数日間のご利用に(40代女性・主婦)
  • 引き落とし前の準備として(40代男性・会社員)
  • 子どもの教育資金として(40代男性・会社員)

楽天銀行カードローンは事業性資金を除いて利用目的が自由なので、借りたお金はさまざまな用途に利用することができます。

一時的でも毎月でも急な出費に対応することができるので心強いです。

カードローンと口座開設の同時申込も可能

楽天銀行カードローンは、同行の口座を開設を持っていなくても利用することができますが、審査へ申し込む際にまとめて口座開設にも申し込むことができます。

お得なのは、口座開設と同時にカードローンの入会をするだけで、楽天スーパーポイントを1,500ポイント分獲得できる点です。

翌月以降の借り入れ残高によっては最大で31,000ポイントを獲得することができるほか、楽天銀行口座のATM手数料が月7回まで無料になる特典があります。

楽天会員のランクに応じて審査優遇

楽天銀行カードローンは、楽天会員であれば「ランク」に応じて優遇されて、審査に通りやすくなることがあります。(※必ずしも全員が優遇されるというわけではありません)

「ランクってなに?」という方にもわかりやすくご説明すると、楽天会員ランクというのは、楽天ポイントの獲得数と獲得回数に応じて決められるもので、「レギュラー→シルバー→ゴールド→プラチナ→ダイヤモンド」という5段階に分かれています。

入会したばかりだと「レギュラー」会員なわけですが、これが「ダイヤモンド」会員になると、お得なクーポンや優待セールなど更に特典をもらうことができる制度です。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、楽天銀行カードローンの「申込条件」と「必要書類」を確認しておきましょう。

申込条件

以下のすべての条件を満たす方は利用可能です。

  • 満20歳以上~62歳以下の方
  • 日本国内に居住している方
  • 安定した収入がある方、または専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方

基本的には、満20歳以上であれば正社員に限らず契約社員や主婦、学生の方も利用することが出来ます。ただし、パートやアルバイトや専業主婦の方は60歳以下の方が利用することが出来ます。

※専業主婦の方は配偶者に安定した収入がある方に限り、限度額上限50万円まで利用することができます。

安定した収入は、毎月一定の継続した収入があればパートやアルバイトの方も問題ありません。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

必要書類

審査へ申し込むには、最大で下記3点の書類が必要になります。

  • 楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(※)
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

※…Web申込の場合は不要です

「本人確認書類」と「収入証明書類」で提出可能な書類は以下の通りです。

以下のうち、いずれかの書類の写し1点

  • 本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • その他楽天銀行が指定する本人確認書類
以下のうち、いずれかの書類の写し1点

  • 収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 給与明細書
  • 確定申告書

審査の結果次第では、上記以外の書類の提出を楽天銀行から求められる場合があります。

また、提出した書類は返却されませんので、誤って原本を提出しないように気をつけましょう。

少し話はずれますが、筆者が実際にやってしまった例で、コンビニのコピー機で免許証を印刷して原本を忘れたことがあります。幸いにも店員さんが忘れ物として保管してくれていたので事なきを得ましたが、急いでいても忘れないように確認することをおすすめします。

楽天銀行カードローンで即日融資を受けるまでの流れ

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 契約内容確認の電話
  4. 必要書類の提出
  5. 振込の申し込み

楽天銀行のカードローンは発行されてから自宅に郵送されるため、届くまで数日かかります。そのため、申し込んだその日にローンカードを利用して借り入れをすることはできません。

即日融資を受けるためには、審査完了後に振込の申込をする必要があります。

申し込み

楽天銀行の申込方法は「Web」のみなので、パソコンやスマートフォン等からホームページで申し込み手続きが可能です。

Web申込は下記の流れで進められます。

  1. 本人情報入力
  2. 勤務先情報を入力
  3. 申込内容入力
  4. 入力内容の確認
  5. 完了

申込完了後に楽天銀行から、ローンカード発行までの案内が記載された「受付メール」が送信されます。

審査回答は通知が連絡されるまで「最短即日~2営業日」ほどかかります。1時間以内に審査回答のメールがくる場合は、審査落ちの場合が多いです。

申し込みで記入する項目一覧

楽天銀行の口座をお持ちではない場合、審査の申し込みでは下記の項目を入力することになります。

口座をお持ちの場合は開設時に登録した情報を利用できるので、下記よりも入力する項目が少なくなります。

入力する項目は40個ほどあるので、記入するだけでも15分~30分程度は掛かると想定して、申し込み手続きを進めることをおすすめします。

  • ご本人さまについて
  • 名前
  • 名前(フリガナ)
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅住所郵便番号
  • 都道府県・市区町村
  • 番地・マンション名
  • 自宅固定電話番号
  • 携帯電話番号
  • お住まい
  • 居住年数
  • 家賃または住宅ローン
  • ご家族
  • 帰省先(単身赴任・未婚独身の場合)
  • お勤め先情報について
  • 勤務形態
  • 勤務先名
  • 勤務先名(フリガナ)
  • 所属部署
  • 勤務先郵便番号
  • 都道府県・市区町村
  • 番地・ビル名など
  • 勤務先電話番号
  • 従業員数
  • 種別
  • 業種
  • 職種
  • 役職
  • 勤続年数
  • お勤めの内容
  • 収入形態
  • 年収
  • 給料日
  • その他の職業
  • カードローンお申込情報
  • 希望する利用限度額
  • 郵便物の送付先
  • 利用目的
  • 利用中ローンの有無
  • PC・スマートフォン用メールアドレス
  • 携帯用メールアドレス
  • カードローン暗証番号
  • 支払口座(※本人名義)
  • 返済日
  • 振込融資希望金額

必要書類の提出

「契約内容の確認」の電話が終わった後、申込者は必要書類を提出しなければいけません。

郵送で送ることもできますが、その場合は即日融資を受けることができないため、「楽天銀行アプリ」を利用して書類を提出することをおすすめします。

スマートフォンならiPhone・Androidどちらでも無料のアプリをダウンロードして、すぐに利用することができます。

  1. アプリを起動後、画面下の「書類を送る」を選択
  2. 申込内容の選択画面で「スーパーローン申込」を選択
  3. 楽天銀行から別で送られてきた「受付番号」と申込時と同じ自身の生年月日を入力
  4. あとは画面の指示に従って操作すれば書類を送ることができます。

楽天のヘビーユーザーの方にとっては、「楽天のアプリがまた増えて管理が面倒だなあ」と思ってしまうほど楽天のアプリは多いのです。

ただカードローンに関しては下記のように機能が多く、アプリが非常に便利なので、スマートフォンをお持ちの方はインストールしてすかさず取り出せるようにしておくと便利です。

ちなみに、iPhoneかつ楽天銀行アプリは「指紋認証」で簡単にログインすることができるため、最初に登録をしておけばその後は面倒なIDやパスワードの入力が不要で済みます。

書類提出以外にも便利なアプリ機能

楽天銀行アプリは、書類の提出以外にもさまざまな機能があるため、キャッシングの利用中は重宝します。主な機能は以下の通りです。

  • 入出金明細
  • 振込
  • 指紋認証(クイックログイン)
  • ATM検索

個人的に良いと思ったのは、専用アプリでATM検索をできることです。ローンカードさえ持ち歩いていれば、土地勘のない外出先でも安心してATMを見つけることができます。

借り入れ

繰り返しになりますが、発行されたローンカードは自宅へ郵送されるため即日でカードでの借り入れをすることができません。そのため、審査完了後にパソコンまたは携帯電話からネットキャッシングの申し込みをする必要があります。

ネットキャッシングの受付時間については以下の通りです。

登録口座 振込受付時間 振込実施時間
楽天銀行 24時間365日対応 即時
その他の銀行 平日0時10分~14時45分 当日9時~15時ごろ

楽天銀行の口座をお持ちであれば「24時間365日振込の申し込みを受け付けている」ので、審査完了後にいつでも即日融資を受けることができます。

それ以外の口座の場合は「平日14時45分までの申し込み」が必要と記載されていますが、実際には12時までに審査申し込みをしておかなければ即日融資を受けるのは困難です。

平日の14時45分以降や、土日祝日など金融機関休業日の場合は、翌営業日の9時~15時ごろの振込となってしまう点にも要注意です。

毎月の返済について

返済期日 以下から選択

  • 1日
  • 12日
  • 20日
  • 27日(楽天銀行口座のみ)
返済方法
  • 自動引落し
  • ATM入金
  • Web振込(「Pay-easy(ペイジー)」利用)
毎月の返済額 2,000円~

楽天銀行カードローンの「自動引落し」は、楽天銀行以外の金融機関の口座を指定することも可能です。そのため、楽天銀行の口座を持っていない利用者も借り入れから返済まで利用しやすくなっています。

ただ、自動引落しの期日を「27日」に指定する場合のみ、楽天銀行の口座でなければいけません。

毎月の約定返済額

毎月の返済額については、その時点での借入残高によって返済額が変わる「残高スライドリボルビング方式」が採用されています。

借入残高毎の返済額は、毎月以下のようになっています。

借入残高 毎月の返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~30万円以下 5,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 15,000円
100万円超~150万円以下 20,000円
150万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~250万円以下 35,000円
250万円超~350万円以下 40,000円
350万円超~400万円以下 45,000円
400万円超~500万円以下 50,000円
500万円超~600万円以下 60,000円
600万円超~700万円以下 80,000円
700万円超~800万円以下 100,000円

追加で返済をしたい場合(随時返済)

毎月の返済(約定返済)とは別に、楽天銀行カードローンは追加で返済することも可能です。
返済するペースを早くすれば、結果的に総支払額を減らすこともできます。

  • ATM入金
  • ネット振込
  • 口座振込

上記の方法から随時返済を自由に行うことができます。口座振込を除いて振込手数料は無料なので、時間帯を気にせずいつでも気軽に返済することができます。

口座振込で追加返済をする場合は、「楽天銀行カードセンター(0120-730-115)」に口座番号を問い合わせて聞く必要があります。カードセンターの受付時間が「平日9時~17時」と早いので、昼休憩時を見計らって連絡しましょう。

一括で返済をしたい場合(全額返済・完済)

  • 専用の振込口座へ振込
  • メンバーズデスクからインターネット返済

随時返済と同様、上記の方法で一括返済も可能です。一括返済をする場合でも楽天銀行側に確認を取る必要がないため、提携ATMや口座振込への入金で一括返済をすることができます。

基本的にATMでは1,000円単位での取り引きとなりますが、一部の店舗では1円単位での返済も可能です。一括でぴったり全額返済をしたい場合には、1円単位で取り引きが可能なお近くの店舗へ来店しましょう。

あるいは、ネット振込ならいつでも1円単位での返済が可能です。アプリでの返済が便利なので、ダウンロードして実際に利用してみてはいかがでしょうか。

専用の振込口座

残用の口座については、楽天銀行カードセンター(「0120-730-115」)まで問い合わせる必要があります。

受付は平日の9時~21時までとなっているため、土日祝には電話が繋がらない点に要注意です。

メンバーズデスク

公式サイトやアプリからインターネット開設を経由して返済をすることも可能です。

その場合、楽天銀行カードローンのネット返済が可能な金融機関で、インターネットバンキングを登録・契約しておく必要があります。

返済シミュレーション

楽天銀行カードローンの公式サイトには「返済シミュレーション」ページがあり、以下の4項目を記入することで「総支払額」等がわかります。

  • ご希望の利用限度額
  • 借入希望額
  • 返済方式
  • 返済日

シミュレーション結果では「総支払額」だけでなく、「支払回数」や「最終回支払年月」がわかります。

【具体例】利用限度額50万円、年14.5%の金利で契約をして、30万円を借りた場合、全額返済するまでの支払回数は161回、総支払額は578,497円となります。

よくある質問

楽天銀行カードローンの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、このページでご説明していない部分の質問をピックアップしてご紹介いたします。

毎月の自動引落し日に間に合わなかったのですが、再び自動引落しはありますか?

期日を過ぎてしまった場合は、利用者自身が返済の振込をする必要があります。

「1か月後にまとめて引き落とされるだろう」と決めつけず、下記のいずれかの方法で出来るだけ早めに入金しましょう。(※返済が延滞すると信用情報に悪影響があります!)

  • 利用者専用のカードローン振込口座へ入金する(要問い合わせ)
  • 提携ATMからローンカードを利用して入金する
  • 公式サイトから「メンバーズデスク」へログインしてネット振込をする

楽天銀行カードローンはいつ届きますか?

審査完了して契約手続き完了後の翌営業日に、簡易書留で発送されます。

「契約完了→ローンカード発送(翌営業日)→受け取り(2日後~)」となるため、即日融資を受けたい場合はパソコン・スマートフォンからWEB上で振込手続きをする必要があります。

審査の際に勤務先へ確認の電話はありますか?

楽天銀行カードローンの審査の一環として、申込者の勤務先へ電話での在籍確認が行われます。

申込者のプライバシーに配慮して、「非通知設定+担当者個人名」で連絡をしてくれるので安心です。

もし社名を尋ねられた場合は、「楽天銀行の〇〇(担当者名)」と答えるように決まっています。そのため「楽天銀行の口座を開設したので電話が掛かってくるかもしれない」と電話対応者に事前に伝えておけば、不審に思われることもありません。

なお、勤務先が非通知拒否設定をしている場合は、番号を通知して電話が掛けられます。

ちなみに、専業主婦の申し込みの場合は在籍確認がありません。

カードローンの限度額を増額したいのですが?

限度額増額の申し込みは、インターネットまたは電話から行うことができます。

インターネット メンバーズデスク「ご利用限度額の増額」
電話 楽天銀行カードセンター(「0120-730-115」)

なお、限度額増額の審査は前回の審査から6か月以上空きがないと審査に通ることはできません。最初に申し込みをしたのが4月だとすれば、増額は10月以降に申し込まなければいけません。

また、必ず誰でも審査に通ることができるということはありません。通常の審査と同様に本人情報を再度審査して、信用実績から増額可能な金額が割り出されます。

審査結果については、下記の通り連絡手段が結果によって分けられています。

OKまたはNG 連絡手段
審査OK 希望連絡先へ電話
審査NG メールまたは郵送

上記の表からもわかる通り、原則申し込んだ当日中に電話がこなければ、審査に落ちてしまったと考えても良いでしょう。

楽天銀行カードローン利用者の口コミ・体験談

【スコッティ さん】

年齢 26歳
職業 会社員
勤続年数 4年
年収 330万円
希望した限度額 10万円
実際の限度額 20万円
申し込んだ時期 2017年2月

楽天銀行カードローンを利用しようと思った理由は、ポイントが貯まるからです。口座も使うことはないと思いますが、口座開設したら1,500ポイントを無条件で貰えるみたいなので一緒に申し込みました。

自慢ではないですが楽天のヘビーユーザーで、ランクはプラチナです。楽天クレカも利用しているのですが、いろいろな買い物に楽天を利用すればするほどポイントとして返ってくるので非常にお得です。

楽天銀行カードローンも、借り入れ残高を多く利用していればポイントとして還元されるので、ちょっと利用するだけでもがっつり借りる方でも楽天ユーザーならお得な気分になれます。

【相場 さん】

年齢 34歳
職業 自営業
勤続年数 7年(独立してから)
年収 450万円
希望した限度額 60万円
実際の限度額 60万円
申し込んだ時期 2016年9月

今回お金を借りようと思った理由は、複数の借り入れを1つにまとめたかったからです。楽天銀行カードローンは利用限度額の上限が非常に高額なので、ローンをまとめようと思いました。

元はと言えば、現在行っている個人事業が安定するまでまったく収入がなく、利益が安定するまで複数のキャッシングを利用しているのが原因です。消費者金融2社から80万円ほど借り入れをしていました。

自動引落しにしていたので、あの時から7年ほど経ったし結構減ったかな?と思って借り入れ残高を久々にのぞいたら、まだ60万円も残っているではないですか!どうやら毎月最低返済額で返し続けても、利息のせいでなかなか借金が減らないという事を知りました。ずっと振り込んでいたのでこれは何気にショックでした。

そこで金利の低い楽天銀行カードローンへ乗り換えることに決めました。

【スギコ さん】

年齢 42歳
職業 パート・アルバイト
勤続年数 4年
年収 80万円
希望した限度額 30万円
実際の限度額 20万円
申し込んだ時期 2016年6月

楽天銀行へ申し込む前にアコムとレイクから40万円ほど借りていて、正直ダメ元で申し込みました。楽天銀行から借りることができれば、ゆくゆくはアコムとレイクの借り入れを借り換えしてもらって、楽天銀行カードローン1本で返済していこうと考えていたのでとても嬉しかったです。

希望は30万円で出しましたが、結果的には20万円になりました。できれば早く借りられれば良いなとは思っていましたが、すでに借り入れがあるからか審査は1週間程度掛かったと思います。インターネットで楽天銀行の口コミや評判をたくさん見ましたが、やっぱりすでに借り入れがある方は審査に時間がかかりがちなようです。

この時はパートとしてフルタイムで働いていて、毎月の給与は8万~9万円ほどありました。それで借入金額がそれほど多くなかったので収入証明書は用意せずに申し込みができました。免許証は持っていないと電話で聞いたところ、健康保険証で良いと言われたので助かりました。パスポートでも良いみたいですが、海外旅行なんて行ったことがないので健康保険証の方が無難ですね。

【中山 さん】

年齢 27歳
職業 派遣社員
勤続年数 3年
年収 250万円
希望した限度額 100万円
実際の限度額 70万円
申し込んだ時期 2017年3月

付き合っている彼女との間に子どもができたので、1DKから2DKの家へ引っ越し、必要最低限の家具や育児用品を購入するために、楽天銀行カードローンへ申し込みをしました。結果的には希望した100万円よりも30万円低い限度額となりましたが、僕の年収で70万円も借りることができ非常に助かりました。

申し込みは自宅からスマートフォンだけでしました。スマートフォンさえあればアプリも非常に使いやすいので、私のように初めてキャッシングを利用するという場合は自宅からアプリで申し込みをするのが楽でした。100万円借りることを想定して、収入証明書類に給与明細書を一応用意したのですが、結果的には不要だったようです。

結婚はまだ先になりそうですが、いつか彼女との結婚式も挙げたいと思っています。

【リサ さん】

年齢 25歳
職業 契約社員
勤続年数 5年
年収 420万円
希望した限度額 100万円
実際の限度額 100万円
申し込んだ時期 2016年11月

クレジットカードでお買い物をたくさんしすぎたのか、リボ払いが大変な金額まで増えてしまいました。確かに当時はブランドを揃えるのが趣味でしたが、まさか返済予定金額がこんなに高くなっているとは思いませんでした。聞いた話では、リボ払いの金利がすごく高いのが
いけないらしいので、早めにクレカ以外のところから借りようと思いました。

とりあえずクレカのリボ払いのままだと結果的に利息を倍くらい支払う計算になってしまうので、金利の安いカードローンへ乗り換えることにしました。当時は日用品を楽天で購入していたので、楽天銀行カードローンってどんなものだろうと気になっていました。見てみたらクレカのリボ払いと上限金利が4%程度異なります。

金利の安いとこに乗り換えておいて、余裕のあるうちに返済を続ければすぐに完済することができると聞いていたので、早速申し込みをしました。年収は同年代の人たちよりはあると思っているので、審査に申し込むのはそれほど緊張しませんでした。

楽天銀行カードローンまとめ

楽天銀行カードローンの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • 楽天銀行カードローンはネットバンクの1つで、申込方法はWebのみ
  • 審査は最短即日~2営業日かかるが、楽天銀行口座があれば24時間いつでも即時振込OK
  • 「金利半額キャンペーン」や「借入額300万円まで収入証明不要」など申し込みやすい

シェアする

フォローする