みずほ銀行カードローンで即日融資を受ける方法

シェアする

メガバンクの一角、みずほ銀行が取り扱っている銀行カードローンです。

みずほ銀行がメインバンクという方はだいぶ申し込みやすい銀行カードローンでもあります。

それでは、みずほ銀行カードローンのサービスや即日で借りられる条件についてご説明していきます。

目次

みずほ銀行カードローンの基本情報

金利 年3.0~14.0%
借入限度額 10万~1,000万円
審査スピード 最短即日審査、最短即日利用可能!
即日融資
無利息サービス ×
申込方法 Web、郵送、電話、窓口
借入方法 ATM、みずほダイレクト

メガバンクということもあり、銀行カードローンとしてのスペックはどれも高水準のものとなっています。

詳しくは後述しますが、即日で借りられる条件としてみずほ銀行の口座を持っている必要があります。

口座を持っていない場合は、およそ1週間~2週間ほど口座が開設されるまで待たなければいけません。

金利は「年3.0~14.0%」で非常に低い

キャッシング名 金利
みずほ銀行カードローン 年3.0~14.0%
アコム 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%
バンクイック 年1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%

銀行カードローンの中でもメガバンクということもあり、消費者金融と比較すると金利がとても低いことがわかります。

みずほ銀行カードローンには「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」という2つのプランがあり、審査次第でどちらかのプランが適用されます。

エグゼクティブプランが適用されれば、もっとも低い金利で「年3.0~7.0%(※)」という素晴らしい低金利カードローンになります。

※ みずほ銀行の住宅ローンを利用していない場合は下限金利+0.5%(年3.5~7.0%)

2つのプラン別で変わる金利

みずほ銀行カードローンには、「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」という2つのプランがあり、適用される金利が異なります。

審査次第でどちらかのプランに振り分けられるため、残念ながら「希望するプランを選ぶ」ということはできません。

プラン毎に適用される金利については、以下の表の通りです。みずほ銀行の住宅ローンを利用していれば、下限金利が「0.5%」引き下げられます。

【エグゼクティブプラン】

利用限度額 適用金利(実質年率)
200万円以上~300万円未満 7.0%
300万円以上~400万円未満 6.0%
400万円以上~500万円未満 5.5%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円超~800万円 4.5%
800万円超~1,000万円 3.5%

【コンフォートプラン】

利用限度額 適用金利(実質年率)
10万以上~100万円未満 14.0%
100万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~300万円未満 9.0%
300万円以上~400万円未満 7.0%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.0%
600万円超~800万円 4.5%
800万円超~1,000万円 4.0%

借入限度額は「10万~1,000万円」で非常に高い

キャッシング名 借入限度額
みずほ銀行カードローン 10万~1,000万円
アコム 1万~800万円
プロミス 1万~500万円
バンクイック 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円

表の通り、みずほ銀行カードローンの借入限度額は大台の1,000万円まであります。

他の銀行カードローンでも限度額が1,000万円をこえているところはなかなかないので、非常に高いと言えます。

ただし最初からこの限度額で契約ができるわけではなく、そこまでの高額融資を行うこともほぼありません。

審査スピードは「最短即日」で標準的

金融機関 審査スピード
みずほ銀行カードローン 最短即日審査、最短即日利用可能!
消費者金融 最短30分審査
銀行カードローン 最短30分~即日審査

消費者金融と比較すると遅く見えますが、即日審査が可能なので銀行カードローンの中では標準的な審査スピードと言えます。

みずほ銀行の口座を持っていなくても即日審査は可能ですが、即日融資を受けるためには口座が必要になってしまいます。

みずほ銀行カードローンの主なサービス3つ

専業主婦も30万まで利用可能

原則、ご自身に安定した収入が無いとみずほ銀行カードローンを利用することはできませんが、専業主婦だけは例外です。

本人確認書類さえあれば配偶者の収入証明も不要で、限度額30万円まで利用可能なカードローンを発行することができます。

要するに夫に内緒でみずほ銀行カードローンを利用できるわけですが、トラブルに発展しないよう事前に相談しておくことをおすすめします。

200万円未満の借り入れは収入証明不要

みずほ銀行カードローンで借り入れをする際、200万円未満の借入額であれば収入証明書類の提出は不要です。

後述の「申込条件・必要書類」の項でも詳しく解説しますが、免許証などの本人確認書類だけで審査に申し込むこともできるので、準備に時間がかからず即日審査に申し込みやすくなります。

ただし審査の内容次第では後から収入証明書類の提出を求められるケースもあるので、用意しておくに越したことはありません。

選べる「兼用型」と「専用」

当行の口座をお持ちであれば、みずほ銀行カードローンとキャッシュカードをあわせて1枚の兼用型カードとして利用することができます。

兼用型であれば即日審査後にすぐカードローンを利用できるほか、カードが増えないので管理も楽です。

もちろんローン専用カードを発行することもできますが、郵送されるので到着は1~2週間後になってしまう点に注意です。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、みずほ銀行カードローンの申込条件と必要書類を確認しておきましょう。

申込条件

以下の条件をすべて満たす方は、みずほ銀行カードローンを利用することができます。

  • 契約時に満20歳以上~66歳未満の方
  • 安定した収入がある方
  • 本人に収入がない場合、配偶者に安定した収入があれば限度額30万円まで借り入れ可能
  • みずほ銀行の普通預金口座を開設している、または開設可能な方

表の通り、20歳を迎えていれば、正社員に限らず自営業・主婦・学生の方もみずほ銀行カードローン利用することができます。

そのためには、正社員・契約社員・アルバイトにかかわらず安定した収入、つまり毎月一定の給与を得ている必要があります。

「安定した収入」に関しては、毎月一定の継続した収入があればパートやアルバイトの方も問題ありません。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

もしご自身に収入が無い場合は、配偶者に安定した収入がある方のみ「利用限度額30万円まで」利用することができます。(※上限金利「年14.0%」が適用されると考えましょう)

また、みずほ銀行カードローンを利用するためには同行の口座が必要になります。即日融資を受けたいのであれば、審査へ申し込む前に口座開設しておくことをおすすめします。

必要書類

みずほ銀行カードローンの申し込みでは、「本人確認書類」と「収入証明書類」の原本またはコピー1部の提出が必要になります。

「収入証明書類」は、契約した利用限度額が300万円を超える場合にのみ提出が必要になります。

  • 本人確認書類(いずれか1点)
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート(顔写真と住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書(発行後3か月以内)
  • 住民票(発行後3か月以内)
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)
  • 収入証明書類(いずれか1点)
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

なお収入証明書類に関しては、個人事業主および会社経営者の方は「源泉徴収票」以外の書類を提出してください。

みずほ銀行カードローンで即日融資を受けるまでの流れ

  1. Web申込
  2. 審査および結果の確認
  3. 借り入れ

みずほ銀行カードローンの申込方法は、Webの他に郵送・電話・窓口がありますが、即日融資を希望される場合は審査申し込みの早いWeb申込をおすすめします。

Web申込

まず、即日融資を希望するのであれば審査の申し込みは午前中に終わらせるようにしましょう。

みずほ銀行口座をお持ちの方は「キャッシュカード兼用型」と「カードローン専用型」を選ぶことができます。ただし、カードローン専用型の場合はローンカードの郵送に1週間以上かかってしまうので、即日融資を受けたいならキャッシュカード兼用型を選びましょう。

Web申込の記入項目一覧

審査へ申し込んだ際は、下記の項目を入力をする必要があります。記入する項目は40個以上あるので、すべて記入するのに15分以上掛かると想定しましょう。

また、誤記入や虚偽の申告がないように細心の注意を払いましょう。

  1. 重要事項の確認・同意
  2. 希望極度額(限度額)の確認
  3. 本人情報の登録
  4. 登録情報の確認
  5. 申込完了

Web申込は上記の流れで行います。このうち、申込者が記入するのは「希望限度額の確認」および「本人情報の登録」の項目です。

下記で、記入する項目の内容を詳しくご紹介します。

  • 希望限度額の確認
  • 本人の収入の有無
  • 希望限度額
  • 必要書類の提出方法
  • 本人について(名前など)
  • 名前
  • 名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 本人について(住所・連絡先など)
  • 郵便番号
  • 都道府県・市区町村
  • 番地以下
  • 番地以下(フリガナ)
  • 自宅電話番号
  • 自宅電話区分
  • 携帯電話番号
  • 住居区分
  • 居住年数
  • 配偶者有無
  • 子ども
  • 利用中の他社無担保ローン
  • 税込年収
  • 家族との同居
  • 勤め先の情報
  • 勤め先名
  • 勤め先名(フリガナ)
  • 郵便番号
  • 都道府県・市区町村
  • 番地以下
  • 番地以下(フリガナ)
  • 電話番号(固定電話)
  • 内線番号
  • 所属部署
  • 役職名
  • 勤続年数
  • 全社従業員数
  • 職種
  • 業種・内容
  • 出向先・派遣先
  • 返済用普通預金口座の指定
  • 支店名
  • 返済用普通預金口座番号
  • その他
  • ご利用中のカードローン口座情報(すでにみずほ銀行カードローンをお持ちの場合)
  • 取引目的
  • メールアドレス
  • 審査結果確認用パスワード

審査および結果の確認

審査の内容次第では、希望する限度額よりも低い限度額で審査に通る場合があります。

審査結果はメールで通知されますが、即日融資を利用できるかどうかは17時までの審査回答が目安だと思いましょう。それ以降は翌営業日の審査回答となるケースが多いです。

必要書類の提出

審査完了後の手続きでは、口座の有無や急ぎの場合等、状況に応じて書類の提出方法は以下の流れになっています。

みずほ銀行の口座を持っている

キャッシュカードを持っている、または「みずほダイレクト」を利用している方は、利用限度額が「200万円以下」であれば書類の提出は不要です。

それ以外の方には、別途「必要書類登録用URL」と書類提出方法の手順がメールで送られてきます。手順を読みながら申し込めば何も心配はありません。

みずほ銀行の口座を持っていない

「みずほ銀行カードローンと普通預金口座開設の同時申込」を行った場合、まずはみずほ銀行から申し込みをした普通預金口座の通帳が送られてきます。

さらに通帳の受け取りが確認された後、カードローン口座の開設とキャッシュカードが送られてきます。

「同時申込」を希望しない場合は、契約書類を郵送で受け取って記入するところから始めることになるので、上記よりもさらに時間が掛かると考えておきましょう。

急いでいる場合

上記でわかる通り、基本的に口座を持っていない場合は即日融資を受けることはできません。

ただし、みずほ銀行支店に来店できるなら話は変わります。下記の必要なものを持参して来店すれば、口座を持っていない方も早めにカードローンを利用できる場合があります。

  • カードローン契約書類
  • 本人確認書類(1部)
  • 収入証明書類(希望限度額200万円以下で不要)
  • 届け印

借り入れ

審査完了後は、お持ちのキャッシュカードですぐに提携ATMから借り入れが可能になります。

提携ATM一覧

みずほ銀行のキャッシュカードを利用して借り入れが可能なのは、以下の金融機関のATMです。

  • イーネット(ファミリーマート・サークルKサンクス等)
  • ローソンATM
  • セブン銀行

なお、提携ATMの取引が可能な時間帯は以下の通りです。

曜日 時間帯
月曜~金曜日 終日利用可能
土曜日 0時~22時
日曜日 8時~24時

土日に即日で借りるには?

みずほ銀行カードローンは、平日に限らず土日祝日も審査の申し込みが可能ですが、審査回答は翌営業日以降の対応となっています。

審査受付時間が「平日の9時~15時」と短いため、平日の夕方以降や土日は審査回答を即日で受けることができないからです。

最短60分の即日審査がみずほ銀行カードローンのメリットの1つですが、土日に申し込んでその日のうちに借り入れをするのは現実的に難しいと言えます。

平日のうちに審査を済ませれば土日も借り入れ可能

そこで紹介しておきたいのは、審査と契約手続きだけでも平日のうちに申し込んでおく方法です。

みずほ銀行カードローンは、「兼用型」と「専用型」を選ぶことができ、ATMを利用できるカードさえあれば土日も借り入れが可能です。

そのため、審査申し込みと契約手続きだけでも完了させておけば、お持ちのカードでいつでも借り入れをすることができます。

土日の即日審査・融資に対応したキャッシングも検討

土日祝日に急な出費があってキャッシングを利用するのであれば、土日祝日の即日融資にも対応しているキャッシングを検討する必要がります。

土日祝日の即日融資に対応しているキャッシングについては、以下のページをご参考ください。

(→【土日も即日融資OK】おすすめの大手キャッシングを解説!

店頭窓口の混雑状況をWEBで調べることができる

「初めてのカードローンだし、わからないことは店頭窓口で直接聞きたい…けど銀行っていつも混んでるから待ち時間が長そう」

こんな悩みを抱えているときに便利なのが、みずほ銀行の公式サイトページにある「窓口混雑状況照会サービス」です。

会員ページにログイン等の面倒な手続きは一切ないため、みずほ銀行の口座を持っていない方も来店したい支店の混雑状況をすぐに確認することができます。

5つの検索方法でさまざまなニーズに対応

店名(一部でも可)・店番号・郵便番号・店名頭文字・住所の5項目で検索をかけることができるので、1つだけでなく複数広範囲の支店を確認することもできます。

そのため、いくつかの候補の中から混雑していない場所へ来店するということもでき、使い勝手が非常に良いですよ。

どの店舗も混雑している場合は、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルでも詳細を聞くことができます。

  • みずほ銀行カードローン専用ダイヤル
  • 0120-324-555
  • 受付:平日9時~20時
  • 操作手順
  • 専用ダイヤルへ連絡
  • 音声ガイダンスに従って「1」をプッシュ
  • 順次、オペレーターが対応してくれます

残高不足も安心!「自動貸越機能」と「スイングサービス」

みずほ銀行カードローンは、下記3つの取引をすべて自動で行ってくれる便利な機能を兼ね備えています。

  • 貸越
  • 融資
  • 振替

ただし、スイングサービスは専用の申込用紙での選択が必要となります。「キャッシュカード兼用型」の場合、自動振替は最初から利用可能となっています。

しかし一方で、「カードローン専用型」や「自動融資サービス」を利用する場合は申し込みが必要になります。

自動貸越

カードローンの利用方法で「キャッシュカード兼用型」を選択した方は利用することができます。

普通預金を引き出す際に残高が不足する場合、利用限度額内で自動的にカードローン口座から借り入れをすることができるサービスです。

このサービスのおかげで、カードローンを利用していることが周囲にバレにくくなります。キャッシュカード兼用型なのでローンカードだと怪しまれることがないだけでなく、ATM画面でも普通預金から引き出しをしているようにしか見られません。

ただし、記帳をした際は通帳に自動貸越をした記録が残る可能性があるので、過信し過ぎるのは要注意です。

自動融資

クレジットカードの決済や公共料金の支払等で、みずほ銀行の普通預金口座が不足してしまい困ったことはありませんか?

みずほ銀行カードローンなら、利用限度額内で不足している金額を自動融資してくれます。

中には例外もありますが、大きな出費があった後などには大変助かるサービスです。

自動振替

カードローンの全額返済をした場合、入金した金額が借入残高をこえる際に、超過分をお持ちのみずほ銀行口座へ自動的に振替してくれるサービスです。

これのおかげで、借入残高ぴったりに返済する必要がなくなったので、気軽に全額返済できるようになりました。

借入残高が残り5万円のときに、10万円入金してみて元金と利息がどれくらい発生するかを見てみるのも一度お試しください。

毎月の返済について

返済期日 毎月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)
返済方法
  • 口座引落し(登録した普通預金口座)
  • ATM返済(「お預入れ」から入金)
  • Web振込(「みずほダイレクト」)
毎月の返済額 10,000円~

みずほ銀行の返済は、毎月10日にお持ちの口座から「自動引落し」での返済となります。そのため、返済期日の前日までには口座残高が返済額分ちゃんとあるかどうか確認しておく必要があります。

自動引落しの処理が行われるのは「返済期日の夜」なので、それまでに口座残高を確認して足りなければ入金しておく必要があります。

「ATM返済」と「Web振込」はあくまで随時返済なので、毎月の約定返済とは別に返済にあてられます。

毎月の約定返済額

返済する金額については、以下の表のように「前月10日時点での借入残高」によって毎月変わります。

借入残高(前月10日時点) 返済額
1万円未満 借入残高すべて
1万円以上~100万円以下 10,000円
100万円以上~200万円未満 20,000円
200万円以上~300万円未満 30,000円
300万円以上~400万円未満 40,000円
400万円以上~500万円未満 50,000円
500万円以上~600万円未満 60,000円
600万円以上~700万円未満 70,000円
700万円以上~800万円未満 80,000円
800万円以上~900万円未満 90,000円
400万円以上~500万円未満 40,000円
500万円以上~600万円未満 50,000円
600万円以上~700万円未満 70,000円
700万円以上~800万円未満 80,000円
800万円以上~900万円未満 100,000円
900万円以上~1,000万円未満 110,000円

追加で返済をしたい時は(任意返済)

毎月の返済(約定返済)以外にも返済をして、少しでも借入期間を短くしたいという場合には、臨時で返済できる方法もあります。

手順は非常に簡単で、「ATM」または「みずほダイレクト(インターネットバンキング)」から振込が可能です。みずほダイレクトを利用するためには、事前にお持ちの口座を「みずほダイレクト利用口座」に登録しておく必要があります。

一括で返済をしたい時は(全額返済・完済)

利息を含めた借入残高の精算をするときは、みずほ銀行店頭で全額完済の手続きをする必要があります。

通常の返済は1万円単位での返済なので、全額完済する際には、毎月の返済額のようにぴったりの金額にならないからです。

全額完済の手続きはみずほ銀行のどの支店でも問題ありません。公式サイトの店舗検索機能を利用して、口座開設をした店舗だけでなくお近くの店舗も利用することができます。

また、インターネット支店の方は「専用ダイヤル(0120-3242-99)」まで連絡しましょう。

ただし、全額精算の当日受付は「平日9時~14時まで」となっています。翌営業日以降の手続きであれば「平日9時~21時まで」対応してくれます。

土日・祝日も受付はありますが、全額精算の対応はしてくれないので平日に時間を見つけて申し込む必要があります。

よくある質問

みずほ銀行カードローンの公式サイト上で回答している「よくある質問」の中から、このページでご説明していない部分の質問をピックアップしてご紹介いたします。

口座残高不足で自動引落しができないとどうなりますか?

返済の延滞となり、追加の借り入れなどカードローンを利用することができなくなります。

入金をされた場合は、その日の夜間に自動引落しとなるため、再びカードローンを利用できるようになるのはその後になります。

もし入金をしたのが銀行休業日なら、自動引落しは翌営業日の夜となってしまうため、数日はカードローンを利用することはできなくなってしまう点に注意です。

カードローンの取引明細などは自宅に郵送されますか?

取引明細を発送することはありませんが、最初の契約時に送られる書類があります。

  • キャッシュカード兼用型を申し込んだ方:契約内容の確認資料
  • カードローン専用型を申し込んだ方:ローンカード
  • 契約した利用限度額が申し込んだ金額と異なる方:契約内容の確認資料

取引明細に関しては、インターネットバンキング「みずほダイレクト」で確認することができます。そのため、みずほダイレクトは登録しておくことを強くおすすめします。

カードローンの利用限度額を増やしたい

みずほ銀行カードローンの場合、「カードローンの再申し込み」をすることで利用限度額を増額することができます。

申し込みはパソコン・スマートフォン・電話、もしくは店頭窓口で受け付けています。

インターネットからの申し込みは、公式サイトもしくはスマートフォンアプリ「みずほ銀行アプリ」からの申し込みが可能です。

審査結果確認用のパスワードを忘れてしまった

パソコンやスマートフォンでインターネットから申し込みを行った場合、審査結果を確認するためのパスワードを申し込む途中に設定します。

したがってそのパスワードがないと審査結果を確認することができないというわけです。

忘れてしまって思い出せない場合は、「カードローン専用ダイヤル(0120-324-555)」で審査結果を確認することができます。(※受付は平日9時~20時まで)

ただしインターネット上でパスワードの再設定をすることはできないため、その場合はみずほ銀行の支店窓口で手続きをする必要があります。

みずほ銀行以外の口座を返済用口座に指定することはできますか?

みずほ銀行普通預金口座以外の口座を、返済用口座に指定することはできません。

みずほ銀行の口座を持っていない場合は、カードローン申込時に新たな口座の開設も申し込む必要があります。

即日融資を受けるためには、事前にみずほ銀行の口座を持っている必要があります。

カードローンの暗証番号を忘れてしまった

暗証番号を確認するためには、みずほ銀行の窓口で確認する必要があります。

そのため、面倒かもしれませんが近くのみずほ銀行支店窓口まで来店しましょう。

店舗によって取り扱っている対応が異なる場合があるので、銀行員の方の言う事を良く聞きましょう。

みずほ銀行カードローン利用者の口コミ・体験談

【イバラキ さん】

年齢 36
職業 会社員
勤続年数 10年
年収 450万円
希望した限度額 110万円
実際の限度額 80万円
申し込んだ時期 2017年2月

以前から気になっていたみずほ銀行のカードローンに申し込んでみました。きっかけというか原因は、みずほ銀行ATMでお金を引き出そうとしてくるときにでてくるカードローンの限度額の表示です。「50万円までご融資可能です」みたいなメッセージだったと思うんですけど、その時から今の僕がどれくらい銀行からお金を借りることができるのか気になりまして。

暇を持て余していたのもあったんですが、休日にインターネットで一通りカードローンについて見比べてみました。どうやら銀行カードローンという同じ商品が他の銀行からもたくさん扱われているようですが、みずほ銀行のスペックが一番良く見えました。

お金に困っているわけではありませんでしたが、何かあったときのことも考えて1枚くらい持っておいて損はないというのは僕の親友の談ですが、実際手にしてみると安心できます。

【ダメな大人 さん】

年齢 29
職業 フリーター
勤続年数 3年
年収 275万円
希望した限度額 100万円
実際の限度額 審査落ち
申し込んだ時期 2017年5月

この年で100万円の借金を抱えていて、もう人生の終わり感ハンパない。せめて少しでも毎月の支払を軽くすることができたらと考えて、みずほ銀行カードローンへ借り換えの申し込みをしました。

ただ、結論から言うと審査には落ちてしまいました。最近、銀行カードローンの規制が激しくなっているとは聞いていましたが、まさか審査に落ちてしまうとは思いつきもしませんでした。

これ以上の借り入れは厳しいので、もうすぐ債務整理してしまおうか悩んでいます…。

みずほ銀行カードローンまとめ

みずほ銀行カードローンの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • みずほ銀行カードローンは低金利・高限度額のカードローンで、2つのプランに分かれている
  • みずほ銀行カードローンは即日審査が出来る一方で、即日融資を受けるためには当行の口座が必要
  • 当行の住宅ローンを利用していれば、カードローンの金利を年0.5%下げることができる

シェアする

フォローする