三井住友銀行カードローンで即日融資を受ける方法

シェアする

メガバンクの一角、三井住友銀行が取り扱っている銀行カードローンです。

三井住友銀行がメインバンクの方は、キャッシュカードを利用して借り入れすることもできるようになるので、非常に使い勝手がよくなります。

その他、三井住友銀行カードローンのサービスや即日借りられる条件についてご紹介していきます。

三井住友銀行カードローンの基本情報

金利 年4.0~14.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード 最短30分
即日融資
無利息サービス ×
申込方法 Web、自動契約機、電話、郵送、窓口
借入方法 ATM、SMBCダイレクト

特徴的なのは、銀行カードローンでは珍しく専用の「自動契約機」があることです。そのおかげで即日審査かつ即日融資がしやすくなっています。

ちなみに、銀行カードローンでは珍しく専業主婦が利用できないカードローンです。

金利は「年4.0~14.5%」で低い

キャッシング名 金利
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%
アコム 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%
新生銀行カードローン レイク 年4.5~18.0%
みずほ銀行カードローン 年3.0~14.0%

三井住友銀行カードローンの金利は「年4.0~14.5%」で、キャッシング全体で見ると安定した低金利です。

銀行カードローンのわりには審査が早く、さらにメガバンクなので低金利で信用度も高いことからもおすすめです。

口座を持っているならさらに申し込みやすいですよ。

限度額毎に適用される金利一覧

利用限度額 金利(実質年率)
100万円以下 12.0~14.5%
100万円超~200万円以下 10.0~12.0%
200万円超~300万円以下 8.0~10.0%
300万円超~400万円以下 7.0~8.0%
400万円超~500万円以下 6.0~7.0%
500万円超~600万円以下 5.0~6.0%
600万円超~700万円以下 4.5~5.0%
700万円超~800万円以下 4.0~4.5%

表の通り、三井住友銀行カードローンは利用可能な限度額によって適用される金利が変動します。

限度額毎に大まかに表していますが、実際の限度額は10万円ごとに増減の設定をすることができます。

限度額が低いと金利は高いままですが、限度額が高くなれば金利は低くなって返済する際の利息をおさえることができます。

借入限度額は「10万~800万円」で高い

キャッシング名 借入限度額
三井住友銀行カードローン 10万~800万円
アコム 1万~800万円
プロミス 1万~500万円
新生銀行カードローン レイク 1万~500万円
みずほ銀行カードローン 10万~1,000万円

三井住友銀行カードローンの借入限度額は「10万~800万円」で、キャッシング全体でも高めの限度額です。

高いわりには下限金利がそれほど低くないので、審査のスピードを生かして短期間の少額キャッシングが使いやすいかもしれません。

ただ限度額が高めだからといって、初めから借入希望額を高額にしすぎないように気をつけましょう。

審査スピードが「最短30分」で非常に早い

金融機関 審査スピード
三井住友銀行カードローン 最短30分審査
消費者金融 最短30分審査
銀行カードローン 最短30分~即日審査

繰り返しになりますが、三井住友銀行カードローンは審査スピードが非常に早いカードローンです。

消費者金融と変わらない最短30分で審査結果がわかるため、時間に余裕をもって即日融資の申し込みをすることも可能です。

ただしわかっているとは思いますがあくまで最短が30分なので、場合によっては1時間以上かかることも想定しておきましょう。

三井住友銀行カードローンの主なサービス3つ

カード発行に便利なローン契約機

三井住友銀行カードローンを発行するための自動契約機「ローン契約機」が、三井住友銀行支店内に設置されています。

これのおかげで三井住友銀行カードローンは即日カード発行ができて、即日融資もしやすい銀行カードローンとなっています。

Webから申し込んでもいいですし、ローン契約機から申し込みをしても即日審査かつ即日融資を受けることができます。

利用しやすいキャッシュカード一体型

三井住友銀行の口座を持っていれば、カードローンの機能をキャッシュカードに追加、つまりキャッシュカード一体型のカードローンを利用することができます。

即日審査が終わった後にキャッシュカードですぐさま借り入れの取引ができるので、他の銀行カードローンよりも非常に早く融資を受けることができます。

もちろんローン専用カードを別で発行することもできるので、その場合は最寄りのローン契約機へ。

口座を持っていなくても借り入れ可能なローン専用カード

三井住友銀行カードローンは、同行の口座を持っていなくても即日でカードを発行することができます。

申込手順は簡単。通常と変わらずインターネットから申し込みを行って、カードの受け取り方法を「ローン契約機」にするだけです。

審査完了後は入力した電話番号またはメールアドレスへ連絡がいくので、受け取ったらすぐに自動契約機が設置されている店舗へ来店して、契約手続きとその場でカード発行をすることができます。

ローン専用カードは郵送でも受け取りが可能ですが、お急ぎの場合は自動契約機で発行すれば即日で受け取ることも可能です。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、三井住友銀行カードローンの申込条件と必要書類を確認しておきましょう。

申込条件

以下の条件をすべて満たす方は、三井住友銀行カードローンを利用することができます。

  • 満20歳以上~69歳以下の方
  • 安定した収入がある方
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

三井住友銀行カードローンの申込条件は、申し込み時に同行の口座を必要としないので申し込みやすい銀行カードローンです。

印鑑や手数料、担保や保証人などすべて用意する必要はなく、利用目的は事業性資金を除き「原則自由」となっているので、これらを踏まえても申し込みやすい銀行カードローンと言えます。

また、審査を行う保証会社は現SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなので、審査が厳しすぎるということはないことが伺えます。

「安定した収入」に関しては、毎月一定の継続した収入があればパートやアルバイトの方も問題ありません。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

必要書類

三井住友銀行カードローンの申し込みでは、「本人確認書類」と「収入証明書類」の原本またはコピー1部の提出が必要になります。

「収入証明書類」は、契約した利用限度額が50万円を超える場合にのみ提出が必要になります。

「自身の年収を証明できる書類」という指定になっているので、条件を満たす収入証明書類の原本またはコピー1部を用意しましょう。

  • 本人確認書類(いずれか1点)
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 収入証明書類の例(いずれか1点)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書

三井住友銀行カードローンで即日融資を受けるまでの流れ

  1. 申し込み
  2. 審査結果通知
  3. 借り入れ

非常にシンプルな上に、三井住友銀行カードローンは最短30分で審査が完了するので、自宅からでもすぐ申し込みが可能な「Webからの申し込み」を私はおすすめします。

私事ですが、過去にちょっとした金銭でのトラブルがあって私自身も三井住友銀行カードローンを利用したことがあります。

普段利用しているのが三井住友銀行だったので、審査完了後にキャッシュカードを使った即日融資ができて非常に助かった覚えがあります。

申し込み

三井住友銀行カードローンの申込方法は、Webの他にもローン契約機や電話でも申し込めることからも非常に柔軟ですが、即日融資を希望するのであれば「インターネットからの申し込み」を選びましょう。

銀行カードローンですが「自動契約機」があるため、口座不要で申し込みと利用が可能です。

口座をお持ちの方は、利用するカードを「普通預金キャッシュカード」か「ローン専用カード」から選ぶことができます。キャッシュカードを選択すれば、審査完了後にすぐATMで借り入れをすることができます。

Web申込の記入項目一覧

インターネットからの申し込みでは、規約に同意した後で「かんたんお申込」と「通常お申込」を選択する画面に移ります。

かんたんお申込の場合は「利用限度額が30万円まで」となり、金利が「年14.5%で固定」となります。30万円以下の借り入れで構わないという方はこちらの申込方法でも問題ありません。

今回は、通常お申込で記入する項目をご紹介します。入力する項目は下記の通りです。

  • ご本人について
  • 名前
  • 名前(フリガナ)
  • 性別
  • 生年月日
  • 最終学歴の卒業年月
  • メールアドレス
  • 家族構成
  • 三井住友銀行の口座の有無
  • (口座がある場合)現在の取引店
  • ご自宅について
  • 自宅住所
  • お住まいの種類
  • 自宅電話の有無
  • 携帯電話・PHS番号
  • お勤め先について
  • 勤め先名
  • 勤め先名(フリガナ)
  • 勤め先住所
  • 勤め先電話番号(※固定電話番号)
  • 業種
  • 社員数
  • 勤務形態
  • 職種
  • 役職
  • 入社年月
  • 年収
  • 保険証種別
  • 給料日
  • お申込について
  • 現在の他社借入件数
  • 借入希望額
  • 利用目的
  • ローン専用カードの受取方法
  • 希望連絡先
  • 好きな言葉(審査結果確認用)
  • アンケート(審査に関係なし)

ご覧の通り項目が多く、15分~20分程度は時間がかかります。勤め先に関する記入項目が多いので、スムーズに申し込むことができるように事前に確認して不明な点がないようにしておくことをおすすめします。

審査および結果通知

曜日 審査回答
平日 9時~21時まで
土日・祝日 9時~21時まで

三井住友銀行カードローンの審査結果の通知時間は「9時~21時まで」となっているので、この時間内までに審査回答の通知を受け取ることができるように申し込みをする必要があります。

ただ、平日だけでなく土日祝日も審査の受付と結果通知をしてくれるので、土日祝日にも即日融資を受けることが可能です。

三井住友銀行の自動契約機「ローン契約機」の営業時間も9時~21時までとなっているので、ローン専用カードを発行する場合は少なくとも1時間以上は余裕を持っていた方が良いですよ。

借り入れ

口座をお持ちの場合、審査完了後にお持ちの「キャッシュカード」でATMからすぐに借り入れが可能です。

一方、口座をお持ちではない場合は、ローン契約機でローン専用カードを発行する必要があります。

ローン契約機の営業時間9時~21時(※店舗によって異なる)までに来店して、契約手続きとカード発行をすれば、三井住友銀行ATMやコンビニATMですぐ借り入れが可能です。

提携ATM一覧

三井住友銀行のキャッシュカードまたはローン専用カードを利用して借り入れが可能なのは、主に以下の金融機関やコンビニのATMです。

  • イーネット(ファミリーマート、サークルKサンクス等に設置)
  • ローソンATM
  • セブン銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • イオン銀行
  • その他地方銀行・第二地方銀行・信用組合など

また、カードローンの提携ATM手数料に関しては一律無料です。提携ATMや時間帯によって手数料が変わったりすることはありません。

カードローン利用状況の照会方法

現状の借入残高、限度額、利息などは、以下の方法から確認することができます。

  • 三井住友銀行本支店ATM
  • インターネットバンキング・モバイルバンキング(SMBCダイレクト)
  • カードローンプラザへ電話問い合わせ
【三井住友銀行カードローンプラザ】

  • TEL:0120-923-923
  • 受付:定休なしで9時~21時

毎月の返済について

返済期日 以下のいずれか

  • 5日
  • 15日
  • 25日
  • 末日
返済方法 以下のいずれか

  • ATM入金
  • WEB振込(インターネットバンキング)
  • 口座振替(自動引落し)
毎月の返済額 2,000円~

三井住友銀行カードローンの返済日は、「5の付く日」と「末日」で覚えておくと忘れにくいです。振込の場合は期日までの入金、口座振替の場合は期日までに口座残高の確認を忘れないようにしましょう。

毎月の返済額一覧表

借入残高 毎月の返済額
2,000円未満 借入残高すべて
2,000円以上~10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~300万円以下 10万円毎に1,000円増額(※1)
300万円超~350万円以下 40,000円
350万円超~500万円以下 50万円毎に5,000円増額(※2)
500万円超~600万円以下 60,000円
600万円超~700万円以下 65,000円
700万円超~800万円以下 70,000円

(※1)公式サイト上では、50万円超~300万円まで10万円毎に返済額が記載されていますが、あまりに長いので一部省略してあります。

(※2)公式サイト上では、350万円超~500万円まで50万円毎に返済額が記載されています。

実際に適用される利用限度額は、審査によって10万円刻みで決められます。毎月の約定返済は必要最低限の返済なので、返済するペースを早めたいという場合には、下記に続く「臨時返済」をいつでもすることができます。

追加で返済をしたい場合(臨時返済)

毎月の返済にかかる利息以上の金額であれば、いくらからでも臨時で返済することができます。

随時返済は、以下の方法でいつでも入金の手続きが可能です。

  • 各種ATM
  • 銀行振込
  • インターネットバンキング
  • モバイルバンキング
  • テレホンバンキング(SMBCダイレクト振込・振替)

事前に連絡しておく必要などはないので、余裕があるときは積極的に臨時返済をしていきましょう。

もし、利息を含め借入残高を超える入金(返済)をした場合は、カードローン用の口座で「普通預金」として三井住友銀行へ預けてもらうことになります。

一括で全額返済したい場合(全額返済・完済)

「随時返済」と同様、ATMや振込で返済することができます。

金額が大きい場合は、お持ちの三井住友銀行普通預金口座へ入金しておき、インターネットバンキングから振込の手続きをすると大金を持ち歩かずに済みます。

3種類の返済シミュレーション

  • 毎月返済額
  • 返済期間
  • 借入可能額

三井住友銀行カードローンは、3つのシミュレーションで返済計画を立てやすいため、これらを活用すれば他のカードローンよりも綿密な計画を立てることができます。

それぞれの特徴を解説します。

毎月返済額シミュレーション

毎月の返済額が知りたい!」という方は、こちらの返済シミュレーション。

入力する項目は以下の3つです。

  • 借入金額
  • 返済月数
  • 金利

借りる予定の金額を、指定の期間で返済するときの毎月の返済額を詳しく確認することができます。

【具体例】年14.5%の金利で30万円を借りて、1年半(18ヶ月)かけて全額返済したい場合、「毎月18,644円」以上は返済する必要があります。

返済期間シミュレーション

全額返済するのにどれくらいかかるのか知りたい!」という方は、こちらの返済シミュレーション

入力する項目は以下の3つです。

  • 借入金額
  • 毎月返済額
  • 金利

借りる予定の金額を、毎月決めた金額で返済を続ける時の期間を確認することができます。

【具体例】年14.5%の金利で30万円を借りて、毎月20,000円ずつ返済を続けた場合、全額返済までに「17ヶ月」かかります。

借入可能額シミュレーション

毎月○万円ずつ、△ヶ月で返済するとしたらいくらまで借りられるのか知りたい」という方は、こちらの返済シミュレーション

入力する項目は以下の3つです。

  • 毎月返済額
  • 返済月数
  • 金利

毎月返せる金額と完済までの期間を指定して、その条件で借りることができる利用限度額を確認することができます。

【具体例】毎月30,000円を支払うことができて、1年半(18ヶ月)で完済したい場合、年14.5%の金利で「482,755円」まで借りることができます。

よくある質問

三井住友銀行カードローンの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、一部の質問をピックアップしてご紹介いたします。

カードローンの限度額(契約極度)は増額できますか?

三井住友銀行カードローンは、所定の審査へ申し込みをして通過できれば限度額を増額することができます。

電話またはローン契約機から増額審査への申し込みが可能ですが、通常の審査と同様、誰でも増額することができるわけではありません。

その他の情報については、下記のフリーダイヤルで聞くことができます。

【三井住友銀行カードローンプラザ】

  • TEL:0120-923-923
  • 受付:定休なしで9時~21時

ちなみに取引の状況次第では、連絡なしで限度額が減額される場合もあります。主に、返済を延滞させることが原因となるケースは多いので気をつけましょう。

自動融資(バックアップ)について

自動融資とは、現在お持ちの三井住友銀行口座を「返金用口座」にしておくと、その口座残高が不足している場合に公共料金やクレジットカードの引落しがあった際、不足分を補ってくれるというサービスです。

自動融資を利用するためには、三井住友銀行本支店の窓口、またはローン契約機での申込手続きが必要です。

ただし、カードローンの返済や約定返済日当日中など、下記のように自動融資が利用できない条件もあります。

自動融資そのものは利用者が操作する必要はなく、三井住友銀行の任意のタイミングで振り込まれます。

カードローンに申込手数料はかかりますか?

申込手数料はかかりません。このほか担保や保証人も不要、ATM手数料も無料なので、お金がかかるのは毎月の返済のみと言えます。

カードローンの使い方をわかりやすく教えてください

以下3つの利用方法があります。

  • ATM
  • インターネットバンキング(SMBCダイレクト)
  • 自動融資(バックアップ)

ATM

ATMでは「借り入れ」「返済」「残高照会」の3つを利用することができます。

利用するローンカードが「ローン専用カード」と「キャッシュカード兼用型」で、利用方法にそれぞれ下記の違いがあります。

【ローン専用カード】

ATMの種類 借り入れ 返済 残高照会 手数料
三井住友銀行ATM 無料
イーネットATM 無料
ローソンATM 無料
セブン銀行ATM 無料
ゆうちょATM 無料
提携金融機関ATM × 有料
【キャッシュカード兼用型】

ATMの種類 借り入れ 返済 残高照会 手数料
三井住友銀行ATM 無料
イーネットATM 無料
ローソンATM 無料
セブン銀行ATM 無料
ゆうちょATM × × ×
提携金融機関ATM × × ×

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)

カードローン契約後にインターネットバンキングの契約も行って、カードローン用口座をサービス利用口座に登録した場合に利用することができます。

インターネットバンキングからの「振込・振替」の際に、カードローン口座を利用することができるようになります。

ちなみに、インターネットバンキングからカードローンの申し込みをした場合は、自動的にカードローン口座がサービス利用口座に登録されています。

自動融資(バックアップ)

持っている普通預金口座をカードローン返済用の口座に指定した場合、引落し等により口座残高が不足した際に、不足分をカードローン口座から自動融資することができます。

なお、自動融資を利用する場合には三井住友銀行本支店の窓口で手続きが必要となります。

自動融資の対象となるもの、および対象外となるものは以下の通りです。

【対象となるもの】

  • 公共料金
  • 各種クレジットカードの利用代金(含む年会費)
  • その他の各種自動払いサービスの引落し
【対象外となるもの】

  • カードローンの毎月の約定返済金
  • 約定返済日当日の日中に行われる口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し
  • 返済用預金口座から積立預金へ自動振替する等の預金間での振替
  • 返済用預金口座から投信自動積立による自動引落し

※自動融資の対象となる口座振替や自動融資を行う時間については、三井住友銀行の任意のタイミングで行われます。

三井住友銀行カードローン利用者の口コミ・体験談

【スタバ最高 さん】

年齢 25歳
職業 契約社員
勤続年数 3年
年収 250万円
希望した限度額 20万円
実際の限度額 20万円
申し込んだ時期 2016年10月

僕が三井住友銀行カードローンを利用してみようと思ったのは、単にお金を借りたかったからではありません。このカードローンの自動融資(バックアップ)機能が便利だと感じたからです。

職業柄、出費が不安定で、一時的に高額な代替支払をすることがたまにあります。そのタイミングと公共料金等の引落しが被ってしまうと、支払滞納になってしまうんですよね。そうなると、気づいたらガスや電気が止まっていたなんてことが起こるので、それだけは避けたいんです。そんなときに便利なのがこの自動融資機能でした。

カードローンの審査は、出費が不安定でも毎月の収入さえ安定していれば通ることが出来ます。だから、まとまった収入が入った月に追加で返済できるのも非常に助かりますね。

【親子丼 さん】

年齢 21歳
職業 大学生
勤続年数 0年
年収 120万円
希望した限度額 10万円
実際の限度額 10万円
申し込んだ時期 2016年8月

当時大学4年生で、在学中最後の夏休みに卒業旅行に行こうという話をしていました。僕を含め友人たちは3年の頃からインターンシップ等を利用して、4年の5~7月あたりにはなんとか内定を確保することができたので、旅行資金が必要でした。

ただみんな就活で結構貯金を使ってしまって、僕なんかはもう数千円しか残ってないという状態でした。そこで、メインバンクでもある三井住友銀行カードローンを利用してみようと思ったんです。代表して申し込むのは僕で、10万円を4,5人で割って旅行資金にしました。

あそこからアルバイトで給料を貯めてからだと、予定よりも1か月以上遅い旅行になってしまっていましたから、カードローンへ申し込んで本当に良かったなと感じています。

【タコス さん】

年齢 38歳
職業 会社員
勤続年数 15年
年収 600万円
希望した限度額 50万円
実際の限度額 50万円
申し込んだ時期 2015年4月

2年ほど前の話になるのですが、社会人15年目にして念願のマイホームを購入することになったのですが、少し出費の計算を誤ってしまって生活費が苦しくなってしまったんです。そこで、三井住友銀行カードローンを利用してみることにしました。

50万円も融資をしてもらえれば、2,3ヶ月は生活することができますし、7月頃に入るボーナスで一括返済できるなと思って申し込みました。

正直なところ借金をするのはとても不安でしたが、サラ金からお金を借りるのはもっと不安だったので、選択肢として「銀行カードローン」の三井住友銀行カードローンを選びました。結果的にとても快適に利用することができたので、正解だったと思います。

【サイトウ さん】

年齢 37歳
職業 会社員
勤続年数 5年
年収 380万円
希望した限度額 50万円
実際の限度額 50万円
申し込んだ時期 2017年2月

12月から申し込みを考えていたのですが、年末年始が近かったので2月の頭に申し込むことにしました。私の同じ年齢の方々と比べると年収は心もとなかったので、借りられるかどうか不安だったのですが、三井住友銀行カードローンは審査に通ることができました。

他にも住信SBIネット銀行やみずほ銀行カードローンにも申し込みをしたのですが、どちらも審査に通ることはできなかったので本当に助かりました。審査に落ちてしまった時は、私のステイタスで銀行からお金を借りるのは難しいのかなと思っていましたが、三井住友銀行は審査結果の返事も早くて良かったです。

どれくらい違うかというと、他の銀行は翌日以降の通知だったのに対して、三井住友銀行は当日中に連絡がきたので助かりました。最短30分で審査結果がわかるようですが、私の場合は2時間ほど掛かったと思います。ただ私のステイタスで2時間だったので、年収が400、500万円以上ある方なら、もう少し限度額が上がっても30分~1時間程度で審査に通ることができるような気もします。

三井住友銀行カードローンまとめ

三井住友銀行カードローンの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • 三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンの中では珍しく専用の自動契約機がある
  • 最短30分審査が可能な銀行カードローンであり、振込やカード発行で即日融資もOK
  • 銀行カードローンにしては珍しく、専業主婦が利用できないカードローンである

シェアする

フォローする