じぶん銀行カードローンで即日融資を受ける方法

シェアする

じぶん銀行カードローンは、KDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資会社です。

かたや大手携帯メーカーのKDDI、かたやメガバンクの三菱東京UFJ銀行が手を取り合って出来たカードローンと聞くとものすごい良さそうに聞こえませんか?

というわけで、今回はそんなじぶん銀行カードローンのサービスや即日借りられる方法についてご紹介していきます。

目次

じぶん銀行カードローンの基本情報

金利 年2.2~17.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード 最短即日審査
即日融資
無利息サービス ×
申込方法 Web
借入方法 ATM、振込サービス

じぶん銀行カードローンは支店のないネットバンクです。

最近では日本経済新聞社「第17回金融機関ランキング」で、「ネットバンキング部門第1位」を獲得した実績のあるネットバンクです。

また保証会社が、同じ三菱東京UFJ銀行グループで大手消費者金融のアコムなので、審査にも通りやすいと評判が高いです。

近年になってネットバンクは増えてきていますが、じぶん銀行カードローンはその中でも1番おすすめです。

金利は「年2.2~17.5%」で上限が高め

キャッシング名 金利
じぶん銀行カードローン 年2.2~17.5%
アコム 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%
新生銀行カードローン レイク 年4.5~18.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%

じぶん銀行カードローンの金利は「年2.2~17.5%」となっており、銀行と消費者金融の中間といった感じです。

ただ、初めのキャッシングで適用されるのはほとんどの方が上限金利になるので、その点で見ると消費者金融並みに高めの金利となります。

ある程度の期間利用していって信用実績を積み重ねれば、限度額を上げることで金利も下げられます。

適用金利一覧

じぶん銀行カードローンには、金利引き下げサービスがあります。

金利コース 利用条件
誰でもコース
(0.1%引き下げ)
「auID」を登録したauユーザーなら誰でも
借り換えコース
(0.5%引き下げ)
限度額100万円以上で他社のローンをじぶん銀行へ借り換える方

下記の通り、誰でもコースなら表示から「0.1%」引き下げられ、借り換えコースなら「0.5%」引き下げられます。

特に、借り換えコースは消費者金融よりも金利が断然低いので、金利を下げたい方にとっては特におすすめです。

① 通常の金利
利用限度額 金利(実質年率)
10万円~100万円以下 13.0~17.5%
110万円以上~200万円以下 9.0~13.0%
210万円以上~300万円以下 7.0~9.0%
310万円以上~400万円以下 6.0~7.0%
410万円以上~500万円未満 5.0~6.0%
510万円以上~600万円未満 4.5~5.0%
610万円以上~700万円未満 3.5~4.5%
710万円以上~800万円未満 2.2~3.5%
② 誰でもコース
利用限度額 金利(実質年率)
10万円~100万円以下 12.9~17.4%
110万円以上~200万円以下 8.9~12.9%
210万円以上~300万円以下 6.9~8.9%
310万円以上~400万円以下 5.9~6.9%
410万円以上~500万円未満 4.9~5.9%
510万円以上~600万円未満 4.4~4.9%
610万円以上~700万円未満 3.4~4.4%
710万円以上~800万円未満 2.1~3.4%
③ 借り換えコース
利用限度額 金利(実質年率)
100万円 12.5%
110万円以上~200万円以下 8.5~12.5%
210万円以上~300万円以下 6.5~8.5%
310万円以上~400万円以下 5.5~6.5%
410万円以上~500万円未満 4.5~5.5%
510万円以上~600万円未満 4.0~4.5%
610万円以上~700万円未満 3.0~4.0%
710万円以上~800万円未満 1.7~3.0%

借入限度額は「10万~800万円」と高い

キャッシング名 借入限度額
じぶん銀行カードローン 10万~800万円
アコム 1万~800万円
プロミス 1万~500万円
新生銀行カードローン レイク 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円

じぶん銀行カードローンの借入限度額は、キャッシング全体で見ると高めとなっています。

銀行カードローンの中では標準的ですが、もちろん初めから最大まで借りられるわけではありません。

限度額を上げることで金利を下げることができるので、信用実績を積み重ねましょう。

審査スピードは「最短即日」で標準的

金融機関 審査スピード
じぶん銀行カードローン 最短即日審査
消費者金融 最短30分審査
銀行カードローン 最短30分~即日審査

最短30分審査が当たり前となりつつあるキャッシング業界において、じぶん銀行カードローンは「最短即日審査」となっているので審査スピードは標準的と言えます。

その他のネットバンクや地方銀行のカードローンによっては、1週間~2週間ほどかかるところもあるのでそれらに比べればまだ早い方です。

審査で必要になるものや手続きの流れについてはトップページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

じぶん銀行カードローンの主なサービス3つ

手続きはスマホだけでOK

じぶん銀行カードローンの一番のメリットと言えば、審査の申し込みから借り入れまでの手続きがすべてスマホ1つでできちゃうことなんです。

スマホでなくとも、パソコンやケータイ等のインターネット機器であればなんでもいけます。

また場合によっては本人確認も必要ないこともあります。

本人確認書類・収入証明書類が原則不要!

キャッシングやカードローンは原則として申込時に本人確認書類の提出が必要ですが、じぶん銀行カードローンはなくても申し込むことができます。

それにはじぶん銀行の口座を持っていることが条件で、口座を持っていない場合は本人確認が必要です。

また、借入額が300万円までなら収入証明書類の提出も必要ないので、面倒な準備がなく申し込みやすいです。

毎月2,000円から返済OK

借入残高が10万円未満のとき、毎月の返済は2,000円からでもOKなのがじぶん銀行カードローンの良いところです。

20万円以下でも毎月4,000円から返済していくことができるので、毎月の負担をできる限り抑えることができます。

銀行カードローンの中には最低でも毎月1万円以上の返済が必要なところもあるので、それに比べればとてもユーザーに優しいです。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、じぶん銀行カードローンの「申込条件」と「必要書類」を確認しておきましょう。

申込条件

以下の条件を満たす方は、じぶん銀行カードローンの審査へ申し込むことができます。

  • 満20歳以上~70歳未満の方
  • 安定した収入のある方
  • アコムの保証を受けられる方

基本的に、満20歳以上で勤務されている方なら誰でも利用することができます。そのため、正社員だけでなく自営業やパートアルバイトの方もじぶん銀行カードローンを利用することができます。

「安定した収入」に関しては、毎月一定の継続した収入があればパートやアルバイトの方も問題ありません。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

必要書類

じぶん銀行カードローンを契約するためには、最大で下記2点の書類が必要になります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

じぶん銀行の口座をお持ちの方は、申し込みの際に「収入証明書類」のみ用意すれば申し込みが可能です。

それぞれ、提出することができる書類は下記の通りです。

以下のうち、いずれかの書類の写し1点

  • 本人確認書類
  • 運転免許証(運転経歴証明書も可)
  • 各種健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真付)
  • 在留カード(外国籍の方)
  • 特別永住者証明書(外国籍の方)
  • 外国人登録証明書(外国籍の方)
以下のうち、いずれかの書類の写し1点

  • 収入証明書類
  • 源泉徴収票(前年度分)
  • 住民税決定通知書(前年度分)
  • 地方公共団体が発行する所得証明書(課税証明書)

パートやアルバイトの方は、直近3ヶ月以内の「給与明細書」2か月分でも収入証明書として提出が可能です。

個人事業主の方は、上記とあわせて「確定申告書」控えのコピーも提出する必要があります(※要「税務署受付印」)。

じぶん銀行カードローンで即日融資を受けるまでの流れ

  1. 申し込み
  2. 審査回答
  3. 契約
  4. 借り入れ

じぶん銀行カードローンは、契約してからローンカードを自宅に郵送しますが、届くまでに1週間ほど掛かってしまいます。そのため、即日融資を受けるためには契約後に口座への振込をしてもらう必要があります。

なお、即日振込をしてもらうためには、じぶん銀行の口座開設をしておく必要があります。

即日振込を希望する場合は、「じぶん銀行ローンセンター」へ連絡をして振込の手続きを行いましょう。

ローンセンターの受付時間が「平日:9時~20時、土日祝:9時~17時」なので、この時間内に審査を完了して振込の電話をする必要があります。

申し込み(24時間ネット対応)

じぶん銀行カードローンの申込方法は「Web」のみなので、公式ページ上から申し込みへ進みます。

ウェブページでの新規申し込みは、まず以下の3ついずれかから審査申し込みに進みます。

  1. じぶん銀行口座をお持ちの方
  2. じぶん銀行口座をお持ちではない方
    • 「au ID」をお持ちの方
    • 「au ID」をお持ちではない方

即日融資を受けるためには、お持ちのじぶん銀行口座への即日振込が一番確実な借入方法です。

口座をお持ちであれば登録情報で審査申し込みが可能なので、本人確認情報を記入する時間を短縮することができます。

審査申込内容の一覧

仮に「じぶん銀行口座」も「au ID」もなかった場合、審査申し込みは下記の手順で進められます。(通常申し込み)

  1. お申込みの前に
  2. 情報入力(1)
  3. 情報入力(2)
  4. お申込み内容確認
  5. 申込完了

このうち「情報入力(1)」「情報入力(2)」の段階で以下の項目を入力することになります。

【情報入力(1)】

  • お客さまの基本情報
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 自宅郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁目・番地等
  • 建物名・部屋番号等
  • 自宅電話番号と名義
  • 携帯電話番号と名義
  • 携帯Eメールアドレス
  • パソコンEメールアドレス(任意)
  • 職魚
  • 手続専用パスワード
  • ローン暗証番号(半角数字4ケタ)
【情報入力(2)】

  • ご家族・お住まい情報について
  • 配属者の有無
  • 旧姓の有無(任意)
  • お住まいの状況
  • 家賃
  • 入居された年月
  • 世帯人数
  • お勤め先について
  • 勤務先名
  • 勤務先名(カナ)
  • 勤務先郵便番号
  • 都道府県
  • 市区町村
  • 丁目・番地等
  • 建物名・部屋番号等(任意)
  • 勤務先電話番号
  • 入社年月
  • 年収
  • 主な事業内容
  • 社員数
  • 主な仕事内容
  • 勤務形態
  • 収入形態
  • 健康保険証の種類
  • 健康保険証の被保険者区分
  • お借入状況について
  • ご返済方法について

上記の通り記入する項目が非常に多いので、「15~30分」程度かかると想定しておきましょう。

ちなみに、口座をお持ちであればこの部分の時間は短縮することができます。

審査および結果通知

最短でお申込日の当日に、ご登録のEメールアドレスあてに審査終了のご案内をいたします。

公式サイトの「よくあるご質問」のページで上記の通り答えているように、じぶん銀行カードローンは最短即日で審査結果がわかります。

審査完了のお知らせは基本的にメールで通知されます。受信制限がある場合はじぶん銀行からのメールを受け取ることができない場合もあるため、「●●●@jibunbank.co.jp」のアドレスからのメールを受信できるように設定を見直しておきましょう。

その後、審査の結果はそれぞれ下記の方法で確認することができます。

  • じぶん銀行の口座をお持ちの方
  • インターネットバンキングへログインして「審査結果の確認」を参照
  • じぶん銀行の口座をお持ちではない方
  • メールで案内されている専用ページへログインして、「審査結果の確認」を参照

じぶん銀行の在籍確認について

審査完了の通知はメールで送られてきますが、審査次第では確認事項などのために電話で連絡をする場合もあります。

この場合は、生年月日・住所・携帯電話番号などを軽く聞かれる本人確認で済みます。

ただ、この審査が完了する前には「在籍確認」のために、勤務先にもじぶん銀行から電話で連絡されます。

在籍確認の電話に本人が出る必要はない

そのため、職場への電話には「申込者本人」もしくは「職場の誰か」が対応する必要があります。

本人確認の連絡は本人が出なければいけませんが、在籍確認の連絡には誰でもいいので電話に出なければいけません。

本人が不在であっても「実際にその会社に在籍している事実」が確認できれば、無事に在籍確認は完了します。

カードローンへ申し込んだことがバレてしまわないか?

オペレーターから「カードローン」等の内容を口に出すことは絶対にありません。

ただし、最初に名乗るときに「じぶん銀行の●●」と銀行名は出されます。そのため、本人が対応できない場合にはあらかじめ会社の方に「じぶん銀行から口座開設の件で電話があるかもしれない」と伝えておくと、変な誤解をされないでしょう。

同様に、審査完了後に発送されるローンカードの簡易書留の宛名には「じぶん銀行」と入っています。自宅に郵送物が届くので、家族に見られるのは困る場合は郵便物に気を配る必要があります。

契約(ネット完結可)

この段階で必要書類を提出します。書類の提出後、Eメールまたは電話で契約内容を確認して手続きは完了となります。

必要書類は、スマートフォンの内臓カメラで撮影したりスキャナー等を使って「画像データ」で送りましょう。

必要書類の提出方法

下記のいずれかの方法で必要書類を提出します。

  • パソコン
  • スマートフォン
  • 郵送
  • FAX
パソコン・スマートフォン

口座をお持ちの方は、パソコン・スマートフォンから会員ページへログインして書類の提出案内を受けることができます。

FAX
  • じぶん銀行ローンセンターFAX(0120-926-977)
  1. 書類の余白に携帯電話番号を記入します。
  2. コピーして送る際は、「薄目・拡大(200%程度)」、「高画質」の設定が推奨されています。
  3. 写りが悪い場合は再提出になってしまうため、急いでお金を借りたいという方はケアレスミスがないよう気をつけましょう。
郵送

郵便でも必要書類を提出することは可能ですが、その場合は即日融資を受けることができないため今回は割愛します。

借り入れ

繰り返しになりますが、契約後はローンカードが1週間程度で郵送されます。

そのため、即日融資を受けるためには契約完了後に即日振込を希望する旨をローンセンターへ電話する必要があります。

ローンカードの利用時間と提携ATMについて

提携している金融機関のATMは24時間365日取引が可能、1,000円単位で借り入れが可能など、じぶん銀行カードローンは利便性が非常に高いです。

ただし、以下の時間帯はメンテナンスで利用できないので要注意です。

曜日 メンテナンス時間帯
毎週月曜 午前1時~5時
毎月第2土曜日 21時~翌日7時

ちなみに、提携ATMでは郵送されたローンカードでしか借り入れできません。じぶん銀行のキャッシュカードではカードローンの借り入れができないので、カードを間違えないよう気をつけましょう。

利用可能な提携ATMは以下の通りです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • セブン銀行
  • イーネットATM(ファミリーマート・サークルKサンクス等に設置)
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行

毎月の返済について

返済期日
  • 期日指定返済(土日祝日は翌営業日)
  • 35日ごと返済(ATM返済のみ)
返済方法
  • 自動引落し
  • ATM
毎月の返済額 2,000円~

じぶん銀行カードローンは、返済期日を自分で指定することができます。期日の指定がない場合は、自動的に毎月月末が期日になります。

また、35日ごとに返済期日を設けることも可能です。土日祝日が被った場合は、これも同じく期日が翌営業日にスライドされます。

毎月の約定返済額

毎月の返済額については、返済期日前日の借入残高によって返済額が変わる「残高スライドリボルビング方式」が採用されています。

毎月の借り入れ残高と返済額は、毎月以下のようになっています。(借入利率13.0%超の場合)

借入残高 毎月返済額
10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~10万円増えるごと 2,000円ずつ追加

追加で返済した場合(随時返済)

毎月の返済(約定返済)だけでなく追加でさらに返済したいという場合には、「ATM返済」を利用して任意の金額を返済することができます。

「自動引落し」では約定返済しか行うことが出来ないため、随時返済をするためにはATMで入金する必要があります。

約定返済だけでは全額返済するまでに時間がかかってしまうので、余裕があるときは積極的にATMへ立ち寄って返済することで、利息を抑えて支払総額を減らすことができます。

一括で全額返済したい場合(全額返済・完済)

一括返済をしたい場合には、まずローンセンターへ電話しましょう。(ローンセンターTEL:0120-926-222)

完済するために支払う金額は、利息があるため完済する日によって異なります。会員ページログイン後に「利用状況照会」で支払当日に確認しましょう。

「一括返済額=借入残高+利息+遅延損害金(※1)+利息適用外残高(※2)」

(※1)返済が期日までに間に合わなかった場合に、延滞分を「延滞損害金」として追加で支払わなければいけません。延滞損害金は、通常の金利よりも高めです。

(※2)「利用適用外残高」とは、1,000円未満の借り入れのことです。通常のATM支払では1,000円未満の返済をすることができないため、硬貨での取引に対応したATMへ来店する必要があります。

1,000円未満であれば返済期日がないため、利息があらたに増えるということはありません。口座振替で返済をしている方は、直近の返済日に自動で引き落とされます。

よくある質問

じぶん銀行カードローンの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、このページでご説明していない部分の質問をピックアップしてご紹介いたします。

残高不足で自動引落しができなかった場合はどうすればいいですか?

当日18時までに、お持ちのじぶん銀行口座へ不足分の金額を入金すれば、再度引落しが行われます。18時を過ぎてしまうと、引落しが行われません。

過ぎてしまった場合は、なるべく早くATMで「毎月の返済額」と、遅延した日数分の「遅延損害金」をあわせて入金する必要があります。

入金する金額は、公式サイト会員ページの「利用状況照会」で確認をするか、ローンセンター(0120-926-222)で直接聞くことができます。

返済期日を事前に教えてもらうことはできますか?

設定をすれば、返済期日の当日および3日前にお知らせのメールをスマートフォン(またはケータイ)あてに送ってもらうことができます。

お知らせを希望する方は、会員ページログイン後に「取引メニュー」内の「各種お手続き」から設定するか、ローンセンターへ連絡して手続きをすることができます。

ちなみにパソコンのメールでは配信されていないので、スマートフォンまたはケータイのメールアドレスが必須です。

パソコンやスマートフォンから利用状況を確認するにはどうすればいいですか?

パソコンやスマートフォンで公式ページへアクセスして、会員ページログイン後に、「利用状況照会」で下記の内容を確認することができます。

  • 借入可能上限額
  • 借入残高
  • 借入利息
  • 遅延損害金
  • 次回ご返済額
  • 次回返済期日

または、ローンセンターへ電話をして確認することもできます。

ローンセンター 0120-926-222
平日 9時~20時
土日祝 9時~17時

毎月の返済が期日より遅れてしまったらどうなりますか?

「遅延損害金」が発生して、「追加借り入れ」ができなくなります。

詳しくは以下の通りです。

遅延損害金について

延滞した日数に応じて、その時点での借入額に「年18.0%」の遅延損害金が追加されます。

日にちが経つ前になるべく早く、延滞した分の遅延損害金と約定返済額を合わせた金額以上を入金する必要があります。

金額については、会員ページの「利用状況照会」で確認をするか、「ローンセンター」へ電話して確認することができます。

追加借り入れができなくなる

また、追加の借り入れができなくなります。

取引状況によっては、遅延損害金の返済をした後も追加の借り入れが出来なくなる場合があります。

例えば、頻繁に延滞をしている等、返済状況が悪いと追加借り入れができなくなることがあります。

延滞した場合の返済方法について

口座振替での返済は「約定返済日の当日のみ」の引落しとなるため、期日を過ぎてしまった場合は持っている口座に振り込むだけではいけません。

口座から振込、またはATMから入金をして返済の手続きを行いましょう。

じぶん銀行の普通預金口座を持っている場合のメリットを教えてください

じぶん銀行カードローンで即日融資を受けるためには、同行の普通預金口座が必要になりますが、口座があることで他にも次のメリットがあります。

まず、手数料無料で振込融資が可能になることです。休止している年末年始を除き、土日祝日も手数料無料で自由に振込が可能です。

また、持っている口座から自動引落しで毎月返済ができるため、口座残高だけ気をつけていれば毎月の返済期日を気にする必要もありません。

審査に通過しなかった場合は理由を教えてもらえますか?

じぶん銀行カードローンに限った話ではありませんが、キャッシングの審査は通過しなかった場合でも理由を教えてくれることはありません。

そのため、過去の口コミや体験談をある程度参考にしつつ、申込者自身が審査対策をする必要があります。

キャッシングの審査対策については以下で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

(→キャッシング審査に落ちる人がやりがちな3つの失敗と対策を説明!

じぶん銀行カードローン利用者の口コミ・体験談

【HHH さん】

年齢 37歳
職業 会社員
勤続年数 15年
年収 490万円
希望した限度額 60万円
実際の限度額 60万円
申し込んだ時期 2017年2月

私の場合、すでに他社からの借り入れがあったので、じぶん銀行カードローンの「借り換えコース」へ申し込みをしました。5年ほど前に借りたのですが、一向に返済が終わらなくて原因はなんだろうと見直してみたら、金利が高くて毎月の返済の大半が利息になってしまっている状況でした。

これはまずいと思い対策も調べたところ、金利の低いローンに借り換えることで利息をおさえることができるという方法を見つけて「これだ!」と思ったんです。それで主要な銀行カードローンを見比べていたのですが、いまいち決められなかったんです。適当な銀行に目星をつけていたときに見つけたのが、じぶん銀行カードローンでした。

まず目に入ったのはその低金利。じぶん銀行カードローンは通常時だと上限が「年17.5%」と非常に高いのですが、借り換えコースという場合だと上限が「年12.5%」におさえることができるんです。都市銀行のカードローンよりもさらに低い金利へ借り換えることができるとわかって、さらにauユーザーの僕はその優遇されっぷりに感動していました。

口座開設は少し手間ですが先に終わらせておくと、カードローンの方で即日融資を受けることができるようになります。口座を持っていれば、スマートフォンからでも振込融資の申し込みができるほか、どこにいても片手間で確認できるところが僕は気に入っています。

返済に関しても、口座に入金さえしておけば自動で引落してくれるように設定することができるので、手間は一切掛からないといっても過言ではないでしょう。60万円借りていても、最低でも毎月12,000円から返済を続けることができるので負担がとても少ないと個人的には思います。あと、ボーナスのような臨時収入が入ったら、すかさずATMで入金するように癖をつけておけば借り入れ残高の減りも早いですよ。

じぶん銀行カードローンまとめ

じぶん銀行カードローンの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • じぶん銀行カードローンはKDDIと三菱東京UFJ銀行の共同出資会社で信頼感◎
  • 即日審査後に振込の電話をいれることで、お持ちの口座に振込で即日借りられる
  • 日本経済新聞社「第17回金融機関ランキング」で「ネットバンキング部門第1位」の実績あり

シェアする

フォローする