ジャパンネット銀行ローンで即日融資を受ける方法

シェアする

ジャパンネット銀行は以前までカードローンを取り扱っていたのですが、現在ではネットキャッシングのみの取り扱いとなっています。

あまり聞き覚えのない銀行名かもしれませんが、それはこのジャパンネット銀行がネットバンクだからです。

ジャパンネット銀行の特徴的なサービスや即日で借りられる条件についてご紹介していきます。

目次

ジャパンネット銀行ローンの基本情報

金利 年2.5~18.0%
借入限度額 10万~1,000万円
審査スピード 最短融資60分
即日融資 △(要口座)
無利息サービス
申込方法 Web
借入方法 Web

ジャパンネット銀行は銀行のキャッシングの中でも特殊な部類で、そのサービスも説明すべき点がたくさんあります。

中でも目を引くのは、審査スピードと無利息サービスについてですね。

ちなみにご存知の方もいらっしゃると思いますが、プロミスの瞬フリの利用条件になっていたりと、キャッシングを比較していると度々目にするローンです。

詳しく見ていきましょう。

金利は「年2.5~18.0%」で上限が高い

キャッシング名 金利
ジャパンネット銀行 年2.5~18.0%
アコム 年3.0~18.0%
プロミス 年4.5~17.8%
バンクイック 年1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 年4.0~14.5%

ジャパンネット銀行ローンの金利は「年2.5~18.0%」となっており、銀行のキャッシングの中では上限が高めです。

上限金利は消費者金融や、レイクと変わらないくらい高いので、少額で借り入れをするメリットはあまりないですね。

ただ銀行のキャッシングなので総量規制対象外ということもあり、他社借り入れがある方で「これ以上消費者金融から借りることができない」という場合には借り入れもできそうです。

適用金利一覧

利用限度額 金利(実質年率)
100万円未満 18.0%
100万円以上~150万円未満 15.0%
150万円以上~200万円未満 12.0%
200万円以上~250万円未満 10.0%
250万円以上~300万円未満 8.0%
300万円以上~400万円未満 6.5%
400万円以上~500万円未満 6.0%
500万円以上~600万円未満 5.5%
600万円以上~700万円未満 5.0%
700万円以上~800万円未満 4.0%
800万円以上~800万円未満 3.5%
900万円以上~1,000万円未満 3.0%
1,000万円 2.5%

表の通り、限度額の範囲によって適用される金利が決められています。実際の限度額は、利用者によって10万円単位で決められることになります。

ですから、「50万円しか借りるつもりはないけど金利は年2.5%にしたい」という希望が通るのは現実的に厳しいです。

利用限度額が高ければ高いほど金利は低くなるので、審査次第では低金利で借りることもできます。

借入限度額は「10万~1,000万円」で非常に高い

キャッシング名 借入限度額
ジャパンネット銀行ローン 10万~1,000万円
アコム 1万~800万円
プロミス 1万~500万円
バンクイック 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 10万円~800万円

ジャパンネット銀行はネットキャッシングでありながら、最高限度額が1,000万円もあります。

ただ初めからこの限度額で借りられるというわけではなく、現実的には1,000万円まで限度額を増額してもらうのはほぼ無理です。

しかしながら借入限度額が高いほど金利は低くなりやすいので、まとまった融資をすれば低金利に近づけることができます。

審査スピードは「最短60分」と早い

金融機関 審査スピード
ジャパンネット銀行ローン 最短融資60分
消費者金融 最短30分審査
銀行カードローン 最短30分~即日審査

ネットバンクの中ではジャパンネット銀行の審査スピードは非常に早いと言えます。

銀行カードローンの中でも早い方なので、即日審査かつ即日融資を希望している場合にはおすすめできるキャッシングです。

ただし、当行の口座を持っていて借り入れが300万円未満、かつ当日9時から14時の間に申し込まなければ即日借りられるようにはなりません。

ジャパンネット銀行ローンの主なサービス3つ

借り入れ300万円まで収入証明不要

ジャパンネット銀行なら、300万円までは申し込みの際に収入証明書類の提出が不要です。

本人確認書類だけあればいつでも審査に申し込むことができるので、比較的気軽に申し込みが可能です。

利息0円!初回限定30日間の無利息サービス

大手消費者金融によくある「30日間無利息サービス」を、ジャパンネット銀行でも利用することが出来ます。

もちろんジャパンネット銀行を初めて利用する方に限られますが、銀行のキャッシングで無利息サービスが利用できるのは珍しいです。

なお、返済日を過ぎてしまったりすると無利息期間はなかったことになってしまうこともあります。

保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス

ジャパンネット銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスとなっており、実際の審査を行っているのはこの会社です。

横浜銀行カードローンのページでもご説明した通り、プロミスやモビットを有するこの会社は比較的審査に通りやすいです。

そのためジャパンネット銀行にも申し込みやすいです。

申込条件・必要書類

即日融資の申込手続きに入る前に、ジャパンネット銀行ローンの「申込条件」と「必要書類」を確認しておきましょう。

申込条件

  • 満20歳以上~70歳未満の方
  • 安定した収入がある方
  • ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方
  • SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる方

上記4つの項目をすべて満たしていれば、会社員に限らずパートやアルバイトまで広く利用することができます。担保や保証人は不要なので、本人だけで用意できる書類の写しを用意すればすぐに申し込みが可能です。

ジャパンネット銀行の口座を持っている方の人数がメガバンクより多いことはないと思いますが、ネットキャッシングでの即日融資を受けるためには事前に口座開設をしておく必要があります。

実際には口座開設とネットキャッシングを同時に申し込むことができるのですが、その場合はキャッシュカードが郵送になるため、口座からの借り入れを即日で受けることができないからです。

ちなみに安定した収入は、毎月一定の継続した収入があればパートやアルバイトの方も問題ありません。詳しくは下記のページをご参考ください。

(→キャッシングの利用条件と申し込みに必要なもの

必要書類

口座をお持ちではない場合、以下の書類が必要になります。

  • 本人確認資料
  • 収入証明書類

繰り返しになりますが、ネットキャッシングの申し込みにはジャパンネット銀行の口座が必要不可欠です。

ジャパンネット銀行の口座をすでにお持ちの方は、口座開設時に本人確認が済んでいるので書類不要で申し込むこともできます。

一方、口座をお持ちでない場合は、ネットキャッシングと口座開設の申し込み手続きを同時進行で行うこともできます。

また、借入希望額が300万円を超える場合は「収入証明書」の提出が必要になる点に要注意です。

それぞれの書類で提出可能なものは以下の通りです。

いずれか1点の原本またはコピー

  • 本人確認資料(口座をお持ちの方は不要
  • 運転免許証(コピー)
  • 各種健康保険証(コピー)
  • 個人番号カード(コピー)
  • パスポート(コピー)
  • 住民基本台帳カード(コピー)
  • 印鑑証明書(原本)
  • 住民票の写し(コピー)
  • 各種年金手帳(コピー)+補助資料(原本)
  • 各種福祉手帳(コピー)+補助資料(原本)
  • 補助資料(発行3か月以内・原本限定)
  • 国税または地方税の領収証または納税証明書
  • 社会保険料の領収証
  • 公共料金の領収証(電気・ガス等)
いずれか1点の原本またはコピー

  • 収入証明書類(借入額300万円未満の方は不要
  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 住民税課税決定通知書(最新のもの)
  • 住民税課税証明書(発行後3か月以内)
  • 給与明細書(※勤務年数1年未満の方のみ、直近3ヶ月分)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 納税証明書(最新のもの)
  • 住民税納税通知書(最新のもの)

ジャパンネット銀行ローンで即日融資を受けるまでの流れ

口座をお持ちの方

  1. 申し込み
  2. 審査
  3. 借り入れ

上記で解説した通り、口座をお持ちの場合は本人確認資料をネットキャッシングの審査で提出する必要がありません。

口座開設時に登録した情報を元にネットキャッシングの審査を行います。

即日融資を希望する場合は、審査の申し込みを平日14時までに申し込む必要があり、審査回答は遅くても17時までに送信されます。

それ以降の時間帯や土日祝日の申し込みは、早くても翌営業日の審査回答となってしまう点に要注意です。

申し込み

ジャパンネット銀行では、口座をお持ちではない方もネットキャッシングと口座開設の申し込みをまとめて行うことが出来ます。

しかしその場合は審査回答を受け取るまでに時間が掛かり過ぎてしまうため、即日融資を受ける方法としては適していません。

事前に開設して口座をお持ちの方は、14時までに審査申込が完了すれば最短60分で審査回答を受け取ることができます。

口座開設からの記入項目一覧

もし口座をお持ちではない場合、「口座開設+ネットキャッシング」の口座がない方へ向けた申し込みで、以下の項目を入力することになります。(一部省略有)

  • ご本人さまの情報について
  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 自宅住所
  • 電話番号・メールアドレス・お住まいの状況・ご家族について
  • 自宅電話番号
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 家族構成
  • 家族人数
  • お住まいの状況
  • 保険区分
  • 就業状況および勤務先について
  • 勤務先(自社または出向)
  • 職業
  • 勤務先名
  • 部署・事業所
  • 勤務先電話番号(代表)
  • 勤務先電話番号(直通)
  • 勤務先住所
  • 勤務先形態
  • 本社所在地
  • 職種
  • 業種
  • 役職
  • 従業員数
  • 入社年月
  • 最終学校卒業年月
  • 年収
  • 給料日
  • お借り入れの内容について
  • 借り入れを希望する金額
  • 返済日
  • 自動融資の有無
  • 主な利用目的
  • 他社借り入れについて
  • 取引目的の確認
  • 本人確認資料の書類送付方法の選択

審査および結果通知

審査に申し込んでから結果の通知が届くまでの目安の時間は以下の通りです。

曜日/申込時間 審査結果の通知時間
平日14時まで 原則当日10時~17時
平日14時以降・土日祝日 翌日平日10時以降

審査の結果通知は、申し込みの際に登録したメールアドレスへ連絡されます。

必要書類の提出方法

ジャパンネット銀行のネットキャッシングの申し込みでは、口座開設時に登録した「本人確認書類」をもとに審査が行われます。そのため、キャッシング申込時は入力だけで本人確認書類をあらためて提出する必要はありません。

ただし希望借入額が300万円を超える場合には、「収入証明書類」の提出が必要になります。審査で提出が必要になった場合には、ジャパンネット銀行から連絡があります。

収入証明書類の提出方法は、「FAX」と「郵送」の2パターンです。FAXで送る場合には、下記を参照にして必ず事前に連絡をしてから書類を送信するようにしましょう。

  • ローンセンター
  • TEL:03-6748-9814
  • FAX:03-3344-3347
  • 受付時間:平日9時~17時

借り入れ

審査結果の通知後、ジャパンネット銀行から「手続き完了メール」を受け取ったら、ネットキャッシングを利用することができるようになります。

借り入れは「公式サイト」または「スマホアプリ」から振込融資の手続きが可能です。

振込の申し込みは、申込完了後すぐにお持ちの口座へ入金されるので、外出先の急な出費にも対応することができます。

スマホアプリとトークンについて

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、アプリで借り入れや返済の手続きを行うことができます。以下、詳しくご紹介します。

スマホアプリから借り入れ可能

ジャパンネット銀行の「残高確認アプリ」なら、お持ちの普通預金口座へ即時入金が可能です。

事前にダウンロードと設定をしておけば「1秒」でログインすることができるため、借り入れの度に毎回IDやパスワードを入力する手間がありません。

  1. パターン認証でログイン
  2. メニューを開く
  3. 「ローン借入」から借り入れ手続きを行う

トークンとは?

振り込みや登録情報の変更など取引をする際に、本人認証のために発行される6桁の数字である「ワンタイムパスワード」を表示するものです。1つの口座を新規開設すると、無料で1つのトークンを配布してもらえます。

現在は「カード型トークン」のみの発行となっていますが、2016年11月以前は「キーホルダー型トークン」もありました。

トークンは電池がある限り何度でも利用することができ、ワンタイムパスワードを18,000回以上表示させる、10年以上経つ、故障した等の場合に無償で交換することができます。

トークンが手元にない場合でも、振込先口座を事前に登録しておけば認証なしで振込が可能です。

表示されるワンタイムパスワードを一定回数以上まちがえると、トークンの利用が止まってしまうので、解除方法を調べるかパスワードを間違えないように気をつけましょう。

振込は「認証パネルアプリ」でトークン要らず

ジャパンネット銀行のスマホアプリ「認証パネルアプリ」を利用すれば、トークンの代わりにスマホで簡単に振込の手続きが可能です。

このアプリを利用するためには、事前に公式サイトへログインして利用申し込みおよび設定をしておく必要があります。

  1. パソコンまたはスマートフォンからログイン後、「各種手続」を選択
  2. 「認証パネルアプリ利用申込・解除」を選択
  3. お持ちのトークンでワンタイムパスワードを入力して認証
  4. 認証パネルの利用申込が完了したら、スマホアプリをダウンロード
  5. ダウンロードしたアプリを起動して、店番号・口座番号・ログインパスワードを入力
  6. アプリのログインパターンを登録
  7. トークンを利用してパスワードを入力すれば、認証パネルアプリの利用申込完了です

毎月の返済について

返済期日 毎月1日~28日・月末のうちいずれか
返済方法 自動引落し(※土日祝日も当日自動引落し)
毎月の返済額 3,000円~

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは、返済期日を自分で指定することができます。

他の銀行カードローンと異なるのは、銀行休業日の土日祝日でも期日通りに自動引落しが行われる点です。

銀行休業日は翌営業日の平日に引落しが行われることが多いので、ネットキャッシングでも同じだと思い込んで口座残高を忘れたりすることがないように気をつける必要があります。

選べる2つの返済方式

毎月の返済額については、返済期日前日の借入残高によって返済額が変わる「残高スライドリボルビング方式」が採用されています。

ただ、ネットキャッシングの返済方式は2種類あり、それぞれ毎月の返済額が異なります。

「返済方式(A)」は毎月の返済額が少なめでゆとりある返済ができる一方、「返済方式(B)」は返済額が多めなので短期間に全額返済したい方に向いています。

それぞれの返済方式の返済額は、毎月以下のようになっています。
【残高スライド元利定額返済方式(A)】

借入残高 毎月返済額(元本+利息)
10万円以下 3,000円
10万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~80万円以下 15,000円
80万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~150万円以下 25,000円
150万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~250万円以下 35,000円
250万円超~300万円以下 40,000円
300万円超~400万円以下 45,000円
400万円超~500万円以下 50,000円
500万円超~600万円以下 55,000円
600万円超~700万円以下 60,000円
700万円超~800万円以下 70,000円
800万円超~900万円以下 75,000円
900万円超~1,000万円以下 80,000円

【残高スライド元利定額返済方式(B)】

借入残高 毎月返済額(元本+利息)
50万円以下 10,000円
50万円超~100万円以下 20,000円
100万円超~200万円以下 30,000円
200万円超~300万円以下 50,000円
300万円超~400万円以下 60,000円
400万円超~500万円以下 70,000円
500万円超~600万円以下 80,000円
600万円超~700万円以下 90,000円
700万円超~800万円以下 100,000円
800万円超~900万円以下 110,000円
900万円超~1,000万円以下 120,000円

追加で返済したい場合(一部返済)

毎月の返済(約定返済)とは別に、任意で自由に返済することもできます。お持ちの普通預金口座から自動引落しで支払われます。

約定返済では「元金+利息」を合わせた金額が毎月差し引かれますが、一部返済では「元金の一部を返済」することができます。そのため、全額返済までのペースを早めることができます。

手続き方法は下記の通りです。

  1. パソコン・スマートフォンからログイン
  2. 「Welcome Page」を選択
  3. 「極度型ローン返済」を選択して、返済額を入力(※口座残高に注意)
  4. 確認画面が出るので「確定」を押手続気完了

一括で全額返済したい場合(全額返済)

一部返済と同じ手続きで全額返済することも可能です。ただし、全額返済の場合は「元金+利息」をまとめて払わなくてはならないため、想像よりも返済額が大きく見えるかもしれません。

返済シミュレーション

  • 返済方式
  • 借入希望額
  • 借入金利

ジャパンネット銀行の返済シミュレーションでは、上記3つの項目を入力することで、「返済期間」「支払総額」「うち利息」を確認することができます。

ただし下記の具体例のように、全額返済するまで約定返済を続けると、返済期間や支払総額が非常に大きくなってしまいます。一部返済を積極的に行って、早め早めの早期返済を目指しましょう。

【具体例】「返済方式(A)、借入希望額300,000円、借入金利18.0%」でシミュレーションした結果、返済期間は「10年」、支払総額は「581,469円」、うち利息は「281,469円」になります。

よくある質問

横浜銀行カードローンの公式サイト上で回答している「よくあるご質問」の中から、このページでご説明していない部分の質問をピックアップしてご紹介いたします。

ローンの申し込みをすると、勤務先や携帯電話に電話が掛かってきますか?

ネットキャッシングを利用するために、審査で入力した勤務先へ在籍しているかを確認するために電話が掛かってきます。

また、入力した本人情報の確認をするために携帯電話へ連絡がくることもあります。

これらの連絡で確認が取れない場合、審査に時間が掛かってしまったり、審査に落ちてしまう可能性があるため、少なくとも申し込んだ後に電話に出れる状況で申し込むようにしましょう。

ローンの審査に落ちてしまった場合、理由は教えてもらえますか?

ジャパンネット銀行に限らず、キャッシングの審査では落ちても理由を教えてもらえることはありません。

審査に落ちてしまうとその後6ヶ月は審査に通りづらい状態が続いてしまうため、申し込む前に自分でできうるかぎりの審査対策をしておく必要があります。

審査対策についてはこちらのページで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください

(→キャッシング審査に落ちる人がやりがちな3つの失敗と対策を説明!

ローンの申し込み画面で「最終学校卒業年月」が正しくありませんと表示されたのですが、どうしたらよいですか?

再度、生年月日から数え直しましょう。最終学校卒業年月が15歳未満になってしまっている可能性があります。

ちなみに、ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用することができるのは「20歳以上70歳未満で仕事をしていて安定した収入がある方」になります。

上記の通り、未成年の方はキャッシングで借り入れをすることはできないので、その場合は親権者の同意書が必要になります。

毎月の返済で支払いが遅れてしまったときはどうすればよいですか?

毎月の返済は口座からの自動引落しとなっていますが、もし引落し日までに口座への入金が間に合わなかった場合は延滞となってしまいます。

この場合、遅れてしまったとしてもなるべく早く入金してください。入金が確認された後、自動的に引落しの処理が行われます。

期日を過ぎてしまった場合には、延滞した日数に応じて遅延損害金が生じます。具体的な金額は日数に応じて変わりますが、普段の返済額よりも若干多めの金額を入金する必要があります。

もし遅れることが事前にわかっているのであれば、放置せずに下記へ連絡しておくことをおすすめします。

ローンセンター 0120-32-1127(通話料無料)
携帯・PHS 03-6748-9801(通話料有料)
受付時間 平日9時~18時
(土日・祝日・5月3日~5月5日・12月31日~1月3日を除く)

在籍確認について

ジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用するためには、審査および在籍確認を行う必要があります。

「在籍確認」とは、申込者が記入した勤務先に在籍しているかどうかを確認するために、ジャパンネット銀行側から電話で確認をする行程です。

審査へ申し込む際の注意事項に「審査時に、当社へお届けのご勤務先に在籍されているかを確認するため、お電話をいたします」という記載があり、これが在籍確認です。

公式サイトの「よくある質問」では、下記の通り回答されています。

Q. ローンの申し込みをした場合、勤務先や携帯電話に電話がかかってきますか。

A. ローンをお申し込みいただきますと、当社へお届けのご勤務先に在籍されているかを確認するため、お電話をさせていただきます。

その他にも、ご提出書類の内容をご確認させていただく場合やご融資の内容をご説明させていただくために、お届けいただいたご勤務先や携帯電話にもご連絡する場合がございます。

ただ連絡をするからといって、申込者がネットキャッシングを利用していることは勤務先にバレません。

電話を掛けるオペレーターは、ジャパンネット銀行名くらいは聞かれたら答えますが、キャッシングの話をすることは絶対にないと言えるからです。

そのため、在籍確認の電話は本人が不在であっても、返答で在籍しているということが分かればすぐに終わります。

一般的な在籍確認の流れについてはこちらのページで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。(→在籍確認なしで借りられるカードローンはある?電話内容や対処法を解説

限度額を増額してもらうことはできますか?

ネットキャッシングを利用している場合、限度額を増額してもらうためには所定の申し込みが必要です。

通常の審査申し込み時と同じように、増額するためにも審査をうけて通る必要があります。

ジャパンネット銀行の場合、公式サイトからログインして「ローン→増額審査申し込み」で申し込みが可能です。

ちなみに審査結果はメールまたは電話で通知されます。

増額するためには審査に通る必要あり

誰でも増額することができるというわけではないので、審査に通るためには一定の信用実績が必要になります。

増額審査に通るには、たいていの場合6か月以上はネットキャッシングを利用してから申し込みをした方が良いです。

振込時自動借入とは?

ネットキャッシングを利用している方は、「振込時自動借入」で普通預金口座の不足分を自動的に借り入れて振り込みができる機能です。

具体的には、毎月の公共料金、クレジットカードの翌月一括払い等で「自動引落し」となる場合に、口座残高が不足している場合です。

カードローンの返済で自動借入を利用することができませんが、自動引落しで支払がある際に返済を延滞させないために、自動借入があると安心することができます。

学生でも利用することはできますか?

繰り返しになりますが、ジャパンネット銀行の申込条件は以下のようになっています。

  • 満20歳以上~70歳未満の方
  • 安定した収入がある方
  • ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方
  • SMBCコンシューマーファイナンスの保証を受けられる方

これらの条件を満たしていれば、学生の方もジャパンネット銀行のネットキャッシングを利用することができます。

未成年の方は利用することはできませんが、20歳をこえている大学生や専門学生の方は、アルバイトでも良いので安定した収入があればそれに応じた限度額を契約することができます。

急いでいる場合には、事前にジャパンネット銀行の口座を解説しておいた方が良いです。

ジャパンネット銀行ローン利用者の口コミ・体験談

【社長 さん】

年齢 35歳
職業 自営業
勤続年数 8年
年収 500~700万円
希望した限度額 50万円
実際の限度額 50万円
申し込んだ時期 2017年1月

8年ほど前に独立して小規模の会社を経営している者です。ジャパンネット銀行はもともと振込関係で利用していたのですが、今回ネットキャッシングを利用しようと思ったきっかけは自己投資ですね。

会社を立ち上げたのはいいですが、やはり自分の経験不足を常々感じていまして…いろんな書籍を読み漁っては試しているのですが、ちょっとした壁に当たってしまっている状況です。なので現状を打開するために、少しランクアップしてセミナー等で勉強させて頂こうと考えています。そのために、少しばかり自己投資をしようと決めました。

思い立ったらすぐ行動が私の信条なので、即日融資を受けることができる金融機関を検討しました。あまり取引先が増えるのも面倒だったので身近なところから見ていたところ、ジャパンネット銀行でネットキャッシングを利用できることを知りました。ホームページに審査から融資まで最短60分と書いてあったので、その時の私にマッチングしていました。

さらに後で知ったのですが、初めて利用する際は30日間無利息で利用できます。1ヶ月分の利息が浮くので、少しでも支払いをおさえたい私にとっては嬉しいサービスです。申し込みから借り入れまでの手続きをすべてネット上で済ませることができるので、わざわざ外出する手間もなく快適に申し込むことができました。

また、ネットキャッシングは限度額内で借りたいときに借りることができるので、突発的に複数のセミナーへ予約する私にとっては使い勝手の良いものでした。予定が次々と決まるような場合は、借りたい時に借りられるジャパンネット銀行がすごく便利だと実感しました。スマホさえあれば、外出先から振込融資ができるのも非常に便利です。

返済については口座からの自動引落しなので、わざわざ銀行へ振込に行く手間が省けて楽です。銀行からお金を借りるのはもっと大変だと思い込んでいましたが、ネットキャッシングを利用して考えが180度変わった気持ちです。個人向け融資を考えている方は、ネットキャッシングを一度利用してみたら分かると思いますよ。

【ダラー さん】

年齢 21歳
職業 学生
勤続年数 3年
年収 80万円
希望した限度額 20万円
実際の限度額 20万円
申し込んだ時期 2016年7月

僕が今回ジャパンネット銀行からお金を借りようと思ったのは、少しスペックの良いデスクトップPCを購入しようと思ったからです。普段は20万円以上するPCがセール10万~20万円の間で販売されていたので、ジャパンネット銀行は20万円の限度額で申し込みをしました。

ネットキャッシングを利用していて一番思ったのは、やっぱり無利息サービスってすごいなってことです。大手の消費者金融には無利息サービスがよくあるのですが、銀行カードローンにはあまり見当たりません。1ヶ月分の利息が浮くので、結果的にはあまり変わりませんが精神的な余裕をものすごく感じました。

もしパソコンを買うのにローンを組んでいたら、さらに支払いにお金が掛かっていたと思うし、このセールを逃したらもう買えなかったかもしれません。そう考えると、今回はネットキャッシングを利用して本当に良かったと感じます。

学生だからと言って諦めずに、本当に欲しいものがあるときはキャッシングを利用して欲しいものを手に入れると、あとで後悔しないのでおすすめです。ちゃんと計画的に利用すれば、キャッシングが借金と呼ばれることは減っていくんじゃないかと思います。

ジャパンネット銀行ローンまとめ

ジャパンネット銀行ローンの基本的なサービスと即日審査に申し込む方法ついて、以下の通りまとめました。

  • ジャパンネット銀行はネットバンクの1つで、無利息サービスのある珍しい銀行キャッシング
  • 口座を持っていれば最短60分で融資が可能
  • ジャパンネット銀行の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス

シェアする

フォローする