在籍確認なしで借りられるカードローンはある?電話内容や対処法を解説

シェアする

皆さんは「在籍確認」がどのように行われるかご存知ですか?

申し込んだキャッシング会社のオペレーターから勤務先へ電話を掛けて、「もしもし。私、××キャッシング会社の△△と申しますが、〇〇さんはそちらの会社にお勤めされていますか?」というように聞かれたら困りますよね。

ただ、現在は在籍確認なしで申し込むことができるカードローンもあるので、あわせて電話の内容や対処方法についてもご説明していきたいと思います。

モビットなら在籍確認も電話なしで申し込みOK!

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査スピード 最短30分
毎月の返済 4,000円~
在籍確認 書類のみ

詳しい情報や申込方法についてはこちらをご参考ください→「モビットで即日借りられる方法」

在籍確認なしで借りられるカードローンはほぼない

  • 書類での在籍確認が可能なのは、大手だと「モビット」くらい
  • 原則、現在のキャッシングの審査では在籍確認にが必須

先に結論から申し上げますと、実のところ在籍確認なしで借りられるカードローンやキャッシングというのはほとんどありません。

モビットには書類提出で在籍確認が可能なWEB完結申込があるため例外ですが、それ以外の大手キャッシングの審査では原則在籍確認は行われています。

そのため、銀行カードローンの審査で在籍確認をしないで借りるというのはまず無理だと考えておいた方が良いです。

ただし場合によっては、他社の消費者金融で在籍確認を「書類」で行うことができることもあります。

以前までは消費者金融も柔軟に対応していたのですが、提出する書類の偽造行為などが多く、現在では書面での在籍確認を受け付けていない金融機関が大半なのです。

「WEB完結」で申し込みをしても、実際の審査行程では在籍確認が行われているので、キャッシングを利用するためにはまず在籍確認をクリアする必要があるというわけです。

在籍確認ができないと審査に通ることができない

基本的に、申し込みをする時に記入する「年収」や「勤務先」といった情報は申込者の自己申告です。

もちろん「信用情報」もあわせて確認していますが、調べられる範囲や時間に限界があります。

そのため、申込者の勤務先が正しいかどうかを確認するために在籍確認を行います。

在籍確認がきちんと行えない限り審査が完了することもないので、在籍確認の注意点をいくつかご説明いたします。

本人が出る必要はありません

在籍確認は「申込者本人が電話にでないといけない」と思い込んでいる方が多いのですが、本人が出る必要はありません。

本人が出なかったからといって審査の結果に影響するようなデメリットもないので、安心してください。

ただ、本人以外の会社のどなかたが出てもらわなければ、在籍確認が行えません。

会社の営業時間中に在籍確認をしてもらうようにしましょう

会社の誰かが在籍確認の電話に出なければならないので、必ず会社の営業時間中に電話を掛けてもらうようにしなければいけません。

基本的には、審査申し込みから1時間以内に在籍確認の電話が掛かってくるそうですが、この時間をずらしてもらうように審査完了後にフリーダイヤル等で相談することもできます。

土日休みの方が申し込む際は、「土日も即日融資OK」のカードローンの審査が終わらない原因になっていることがあります。

社員の方が対応してくれないアクシデントもありうる

場合によっては、電話を受けた社員の方が在籍確認をする前に受話器を置いてしまう可能性があります。

特に多いのは、営業電話だと思い込んですぐに切ってしまうケースです。

また、申込者への電話が普段ないために間違い電話だと思い込んで切ってしまうケースもあります。

内勤がほとんどの会社員の方や、パートやアルバイトの方は、電話が掛かってきたら不審に思われてしまうことも考えられますよね。

上手いごまかし方や対処法

そういった在籍確認の電話を上手い言い訳で乗り切るには、ちょっとしたテクニックがあります。

一番言いやすいのは「クレジットカードの審査」で、キャッシング等と同様にクレジットカードの審査でも在籍確認が行われます。

また、銀行の場合は「口座開設の本人確認」というように説明すると伝わりやすいです。最近はセキュリティも厳しくなってきているので、もっともらしい言い方になります。

実際の電話内容はどんな感じなの?

在籍確認の電話を掛ける際、申込者がキャッシングへ申し込みをしたことがバレないように金融会社のオペレーターは細心の注意を払います。

そのため消費者金融は「個人名」、銀行は「銀行名+個人名」で名乗って、本人の在籍を確認します。

実際のやりとりは以下のイメージようにとても短いので、心配するようなことはありません。

【在籍確認のやりとりのイメージ】

勤め先の社員(以下「社」)「お電話ありがとうございます。〇〇株式会社です」

金融会社オペレーター(以下「金」)「お世話になっております。私、鈴木(仮名)と申します。〇〇様(申込者名)はいらっしゃいますか?」

社「お世話になっております。〇〇ですね、かしこまりました。確認して参りますので少々お待ちくださいませ」

金「はい」

(本人不在の場合)

社「お待たせしております。申し訳ございません、只今〇〇は席を外しております。こちらから折り返しのお電話をお掛けしてもよろしいですか?」

金「わかりました。のちほど改めさせていただきます。失礼いたします。」

このように、申込者が会社に在籍していることがわかる反応を受け取ることができれば、在籍確認は無事完了です。

シェアする

フォローする