闇金とサラ金の違いとは?ポイントは「金利」と「登録番号」

シェアする

闇金,サラ金

皆さんは闇金とサラ金の違いをはっきりとご存知ですか?

これからキャッシングの利用を検討されている方も、今現在利用されている方も、見分け方をきちんと説明できるでしょうか?

今回は闇金とサラ金の違いを知りたい方へ向けて、見分け方をご紹介していきます。

闇金とサラ金の違いって何?

闇金とサラ金、社会的にはどちらも同じ「貸金業者」ですが、明確な見分け方があります。

大きな違いは金利と登録番号

悪徳業者の闇金と、正規の貸金業者であるサラ金は、金利と登録番号を見ることで見分けることができます。

簡単に言えば、サラ金は法律を遵守していますが、闇金はところどころ平気で法律を破っています。

詳しい見分け方についてはのちほどご説明します。

今は「サラ金」ではなく「消費者金融」

以前は「サラリーマン金融」通称サラ金と呼ばれていましたが、現在では「消費者金融」という呼び方が一般的です。

最近では闇金をサラ金と混同している方が多いため、勘違いが起きやすいですが、正確にはサラ金≒消費者金融です。

闇金はサラ金とは似て非なるもの(闇金≠サラ金)なので、言い間違えないように気をつけましょう。

「ソフト闇金」は利用するな!

闇金の中には「ソフト闇金」と銘打っている貸金業者があります。

既存の闇金よりも「対応が良い」「相談に乗ってくれる」等の宣伝をして、いかにも「真っ当な貸金業者ですよ」感を出していますが、所詮は闇金です。

金利の設定はひどいもので、1週間や10日間で30%もの利息をとられることになります。(大手消費者金融なら1ヶ月に18%が上限)

ホームページにも平然と「法で決められた金利の上限をこえているので」という旨の記載があり、一度利用すれば闇金の「食い物」にされることは間違いありません。

金利で見分ける方法

ここからは「正規の消費者金融」と「悪徳業者の貸金業者」を見分ける方法についてご説明していきます。

まずは金利で見分ける方法についてご説明します。

一般的な消費者金融の上限金利は「年18.0%」

大前提として、一般的な大手消費者金融の上限金利は年18.0%となっているので、それ以上の金利を見かけたら警戒する必要があります。

とはいえ、中小の消費者金融の中には「年20.0%以下」の金利を設定する貸金業者もあるので、一概にすべてが闇金だとは言い切れません。

ただ、後述する通り「年20.0%」をこえて金利設定をしている貸金業者は法律を無視している悪徳業者です。

金利の上限は法律で定められている

条件 金利
借入限度額が10万円未満 年20.0%まで
借入限度額が10万円以上~100万円未満 年18.0%まで
借入限度額が100万円以上 年15.0%まで

表の「利息制限法」の通り、キャッシングの金利は借入限度額によって適用できる利率が定められています。

たいていの利用者は、真ん中の「10万円以上~100万円未満」に該当するので、金利の上限が年18.0%になることが多いです。

借入限度額が上がるほど上限金利も下がるようにできているため、借入限度額が100万円以上あるにも関わらず「一律〇%」という表記をしているソフト闇金には要注意です。

グレーゾーン金利はなくなった

サラ金の印象を最悪にした「グレーゾーン金利」は、当時の出資法と利息制限法の上限金利の違いから生まれたものです。

実のところ2010年に貸金業法が改正される前は、「出資法」という法律の影響で上限金利が「年29.2%」まで設定できました。

現在は出資法の上限金利も年20.0%にされましたが、グレーゾーン金利の影響で多くのキャッシング利用者が破産に追いやられました。

29.2%でそうなるのですから、それ以上の金利で融資を行う闇金はもっと危険です。

登録番号で見分ける方法

金利の次は、登録番号で見分ける方法についてです。

正規の貸金業者はそれぞれ登録番号を明記している

例えば、大手消費者金融「アコム」のホームページには『登録番号: 関東財務局長(12)第00022号 日本貸金業協会会員 第000002号』という登録番号が表記してあります。

これは正規の貸金業者であればホームページ等に必ず表記してあるので、闇金を見分ける方法としてはわかりやすいです。

しかし番号があるからといって必ず安全というわけではありません。

番号があっても偽造の可能性がある

闇金もあの手この手を使って利用者に信用してもらおうとするため、中には偽の番号を表記している場合があります。

アコム等の大手消費者金融の番号をそのままコピーしてきたリ、適当な番号を記入されている場合があります。

名前を聞いたことのある貸金業者でなければ、その番号が本物かどうかを一度調べることをおすすめします。

正規の登録番号かどうか調べることができる

金融庁のホームページにある「登録貸金業者情報検索サービス」で、正規の登録業者を調べることができます。

番号がわからない場合(この時点で多少問題はありますが)でも、所在地・商号・名称・代表者名・電話番号の5項目から検索をすることができます。

電話番号が携帯電話番号なら危険

「090金融」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

本来、正規の貸金業者は連絡先番号に必ず「固定電話番号」を登録しなければならないというルールがあります。

しかし「080」や「090」、「050」から始まる電話番号を登録している業者も中にはあり、これらは闇金として「090金融」と呼ばれています。

ただ、固定電話番号だからといって必ず安心できるわけではなく、固定電話番号から携帯電話に転送する手口もあるので、やはり怪しいキャッシングは「登録貸金業者情報検索サービス」で調べた方が無難です。

シェアする

フォローする