キャッシングの申し込みで嘘をつくと審査に落ちるって本当?

シェアする

「審査の申し込み内容は自己申告だし、ちょっとくらい嘘ついたってバレないだろ」って思い込んでいませんか?

結論から言うと、これはすぐにバレます。あなたの個人情報は、信用情報機関を通じて金融機関にも筒抜けだからです。

審査で嘘をつくとどうなってしまうのか、なぜそんなにキャッシングは厳しいのかについてご説明します。

キャッシング審査で嘘をつくと具体的にどうなる?

繰り返しになりますが、嘘をつけば審査に落ちるので、お金を借りることは当然できません。

現在のキャッシングの審査申し込みはほとんどが自己申告制になっていますが、なぜキャッシング会社はその情報が嘘だと見抜けるのでしょうか?

具体的にどんな仕組みで個人情報が確認されているのかを見ていきましょう。

信用機関を通じてすぐにバレてしまう

キャッシング会社は、申込者を審査する際に必ず「信用情報機関」を通じて申込者の個人情報を確認します。

その中には氏名や生年月日だけでなく、現在の年収や勤務先、家族構成、過去の取引情報などが管理されています。

キャッシングに限らず金融機関との取引の記録もあるので、個人情報やその他の記録とズレがあると追及されることになります。

仮に審査に通ったとしても後が大変

もし嘘をついて審査に通ったとしても、そこで終わりではありません。

審査通過後にも定期的に信用情報は確認されることになるので、キャッシングの利用中に嘘をついていたことが突然バレることも考えられます。

その場合、キャッシングの利用限度額を減らされるだけでなく、カードの利用停止や強制解約されることもあります。

最悪の場合、強制解約されてから一括返済を求められることもあるので、その後は非常に大変なことになります。

虚偽の申告は「賠償責任」を問われる可能性がある

また、あまりに悪質な虚偽の申し込みをした場合は、賠償責任を問われる問題になることもあります。

詳しくは後述しますが、法律で決められている以上の金額を利用者が借りてしまうと、貸金業者側が営業停止に追い込まれることがあります。

その損害を背負わされる場合があるので、キャッシングの審査申し込みで嘘をつくのはやめましょう。

なぜ審査はそこまで厳しいの?

「キャッシングはたくさん貸した方が儲けは出るんじゃないの?」と思う方もいるかもしれません。

もちろん利用者が増えれば増えるほど、貸金業者は受け取ることができる利息が増えて利益となりますが、誰にでも貸して良いというわけではありません。

「総量規制」があるため、業者側は申込者がそれをオーバーしないように1人1人審査して、利用者を選ぶ必要があるからです。

総量規制って?

総量規制とは、キャッシングの利用者が年収の3分の1をこえて借り入れをすることを制限する法律です。

後述する理由で、申込者がこの規制をこえないよう、貸金業者は利用者を審査で選別する必要があります。

もし年収の3分の1以上借りたいという場合には、総量規制の対象外となるキャッシングを検討する必要があります。

総量規制対象外についての詳細はこちらを参考にしてください。

総量規制対象外の銀行カードローン【即日融資OK!】

貸金業者側が行政処分の対象となる

キャッシングの利用者が総量規制をこえて借り入れをしてしまった場合には、利用者ではなく、貸金業者側が行政処分の対象となります。

1度でも行政処分の対象となれば、「信用」がもっとも重要な貸金業者には甚大な被害を及ぼすことになります。

そのため、申込者は1人1人きちんと審査をしているわけです。

利用者が嘘をつくことが多いポイント

キャッシングの審査申し込みで嘘をつくこと自体が有り得ないことではありますが、申込者は以下の点でよく嘘をついている傾向があります。

  • 他社借り入れ件数
  • 勤務先・勤務年数
  • 年収
  • 氏名の読み

他社借り入れ件数

一般的に、他社借り入れが「3社」もあるとそれ以降の審査に通るのはほぼ不可能だと思ってください。

他社借り入れが多いという事は、自身の収入だけでは借金の返済が間に合っていないということです。

4社以上ともなると、十分な返済能力を有しているとは言い難いため審査に落ちてしまいます。

ただこの部分も信用情報にはしっかり記録されているので、嘘をついてもすぐにバレます。

勤務先・勤務年数

「安定した収入」を証明するためには、勤務先の情報も重要な要素となります。

この情報も、(特に会社員であれば)源泉徴収や給与明細を通じて信用情報に反映されています。

転職したばかりなのに長期の勤務年数を記入したり、派遣社員が正社員を名乗ったりするのは止めましょう。

年収

先ほど説明した総量規制があることからも、年収は借入限度額に直接影響する重要な要素の1つです。

もちろん信用情報ですぐに確認できるので、なるべくずれがないように直近のものを記入しましょう。

氏名の読み

申込者の中には、自身の氏名を別の読みで申し込んで別人を偽るケースがあります。

例えば、「本田(ホンダ)」という方が「モトダ」というように読み方を偽って申し込むということです。

これももちろん審査に落ちます。仮に審査に通っても後で大変なことになるので、絶対にやめましょう。

シェアする

フォローする