キャッシングとは?意味や仕組みについて解説!

シェアする

キャッシングと聞くと、クレジットカードをまず思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

クレジットカードのキャッシングでも同様ですが、「お金を借りる」という意味があります。

ただ現在は、お金を借りるキャッシングがクレジットカード以外にもあります。

今回は、それらのキャッシングとはどのようなものかをそれぞれご紹介していきます。

そもそも「キャッシング」とはどういうものなのか

まだクレジットカードをお持ちでない方や、キャッシングを利用したことがない方はご存じないかもしれません。

簡単に言えば「お金を借りられるサービス」なのですが、タダでお金を借りられるワケではありません。

キャッシングには「金利」が設定されていて、借りている間は日割りで「利息(=利子)」が積み重なっていきます。

毎月の返済では、返済額の内訳に利息分の支払も含まれることになります。

そのため結果的には、「借りたお金(元金)+利息の合計」が返済しなければならない金額ということになります。

このキャッシングサービスを取り扱っているのは、以下の通り大きく分けて2つあります。

クレジットカードのキャッシング

クレジットカードをお持ちの方は覚えている方もいらっしゃると思いますが、新規申込の際に記入する項目の中に「キャッシング枠」や「借り入れ限度額」のような項目はありませんでしたか?

基本的に、クレジットカードは「ショッピング」に利用されることが多いですが、「キャッシング」として現金をATMから借り入れすることもできます。

具体的な使用例としては、海外旅行でカード払いができない時に、ATMから現地の現金を借り入れすることができて便利です。

観光地や大手の小売であればカード払いは基本的にできるのですが、そうでない土地や店舗へ行った際に使えます。

もし新規申込時にキャッシング枠を「0円」に指定していれば、キャッシングサービスは利用できずショッピング専用カードになるというわけです。

銀行や消費者金融のキャッシング

銀行や消費者金融では、「個人向け融資」としてキャッシングを取り扱っています。

ショッピングがメインのクレジットカードとは異なり、「貸金業者」として私たち消費者にお金を貸し付けることがメインです。

そのため、「即日融資」や「無利息」などさまざまなサービスが充実しているのがメリットの1つです。

銀行からお金を借りると聞くと、「担保や保証人が必要そうで簡単には借りられない」というイメージが強いかもしれません。

しかし、個人向け融資に特化した銀行カードローンは利用しやすく、担保も保証人も必要ありません。

一方で、「消費者金融」と聞くとサラ金や闇金が頭をよぎるかもしれませんが、人気の大手消費者金融はそのほとんどが「銀行グループ」の会社です。

そのため、大手消費者金融に借り入れの新規申込をしておけば、皆さんが心配するサラ金や闇金にひっかかることはありません。

キャッシングのメリット

  • まとまったお金を借りることができる
  • (計画的に利用すれば)誰にも迷惑を掛けない

まとまったお金を借りることができる

例えば、あなたがとても欲しいものが期間限定で売られているとします。

しかし、貯金を少しずつしか貯めることができず、欲しいものが買えるような状況ではなかったら悲しいですよね?

そんな時にキャッシングを利用してお金を借りれば、まとまったお金を借りて欲しいものを購入することができます。

借りたお金は、毎月少しずつ決められた金額を返済していけば良いので、負担もそれほど多くはないのがメリットの1つです。

誰にも迷惑を掛けない

原則としてキャッシングは「担保・保証人なし」なので、本人確認ができればお金を借りることができます。

身の回りの人からお金を借りるのとは違い、誰にも迷惑が掛からないというメリットがあります。

手続き等の連絡も現在はWeb上で確認することができるので、自宅への電話や郵便物が送られてこないようにすることもできます。

キャッシングのデメリット

  • 印象が悪い
  • 金利が高い

印象が悪い

単純に考えれば、キャッシングは借金の1つです。

世間的には印象が悪いだけでなく、キャッシングを利用したことが「信用情報」に記録されます。

きちんと返済を行っていても信用情報にそういった履歴があると、他のローンの審査でも印象が悪くなりがちです。

特に、消費者金融のキャッシングは印象が特に悪いと言っても過言ではありません。

金利が高い

住宅ローンなどの他の金融商品と比べると、キャッシングの金利は高いと言えます。

住宅ローンが年1.0%だとしたら、キャッシングは基本的に適用される金利が年11%~20%の間なので、約10倍程度の差があります。

それだけ利息に支払う金額も多くなっていくので、長期的な借り入れにはあまり向いていません。

キャッシングの意味まとめ

  • キャッシングを利用することでまとまったお金を借りることが出来る
  • お金を借りるのに誰にも迷惑を掛けない
  • 金利が高いので利息が積み重なりやすい

シェアする

フォローする