総量規制対象外の銀行カードローン【即日融資OK!】

シェアする

「総量規制」は、キャッシングやカードローンの利用されている方ならご存知かと思いますが、一方で、総量規制の「対象外」があることはご存知ですか?

消費者金融や銀行カードローンは適用される法律が異なるため、借入限度額に差があります。

そこで、総量規制対象外の銀行カードローンからお金を借りたい方々に向けて、即日融資にも対応しているカードローンをご紹介していきます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 10万~500万円
審査スピード 最短30分
申込方法 インターネット・電話・テレビ窓口
担保・保証人 不要

詳しい情報と借入方法はこちらもご参考ください→「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で即日借りられる方法」

最短40分で借り入れOK!『テレビ窓口』

三菱東京UFJ銀行の自動契約機『テレビ窓口』は、申し込みから借り入れまで最短40分で手続きを済ませることができます。

申し込みの際には、本人確認書類として「運転免許証」が必要になりますが、借入希望額が200万円までであれば収入証明書類は不要なので、免許証だけあれば40分で「バンクイック」を発行することができます。

基本的にテレビ窓口は三菱東京UFJ銀行支店のATMコーナーに設置されているので、カードを発行したらすぐにお金を借りることができるのもメリットの1つです。

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0~14.5%
借入限度額 10万~800万円
審査スピード 最短30分
申込方法 インターネット・電話・ローン契約機・郵送・窓口
担保・保証人 不要

詳しい情報と借入方法はこちらもご参考ください→「三井住友銀行カードローンで即日借りられる方法」

審査完了後にキャッシュカードで即借り入れOK!

三井住友銀行カードローンは、キャッシュカードでの借り入れが可能な銀行カードローンです。

三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方は、カードローンの審査完了後に、お持ちのキャッシュカードを利用してすぐにATMでキャッシングを利用することができます。

もちろん、自動契約機の『ローン契約機』で「ローン専用カード」を発行することもできますし、口座をお持ちでない方もローン契約機を利用すれば最短即日で借り入れが可能です。

新生銀行カードローン レイク

金利 年4.5~18.0%
借入限度額 1万~500万円
審査スピード 最短30分
申込方法 インターネット・電話・自動契約機
担保・保証人 不要

詳しい情報と借入方法はこちらもご参考ください→「新生銀行カードローンレイクで即日借りられる方法」

審査は早いが金利が高い

現在のレイクは銀行カードローンですが、消費者金融時代のノウハウを生かした審査スピードの早さがメリットの1つです。

ただ、貸付条件はその頃からあまり変わっていないため、消費者金融と同じくらい金利の上限が高いというデメリットもあります。

借入方法では、他の銀行と違いレイクの自動契約機が設置されている「無人店舗」もあるため、消費者金融のように申し込みやすいです。

横浜銀行カードローン

金利 年1.9~14.6%
借入限度額 10万~1,000万円
審査スピード 最短当日
申込方法 インターネット・電話・郵送・FAX
担保・保証人 不要

詳しい情報と借入方法はこちらもご参考ください→「横浜銀行カードローンで即日借りられる方法」

即日融資のためには口座が必要

横浜銀行カードローンは名前の通り地方銀行の1つで、神奈川県・東京都・群馬県の一部にお住まいあるいは勤め先がある方のみ利用することができる銀行カードローンです。

即日融資を受けるためには横浜銀行の口座が必要になります。

借入限度額の上限が「1,000万円」と非常に高いので、高額の借り入れを検討していて上記の地域で横浜銀行の口座をお持ちの方は、カードローンの候補の1つになるのではないでしょうか。

「総量規制」とは

ご存知の方にはおさらいになりますが、総量規制というのは「貸金業法」という法律のうちの1つです。

その内容は「利用者は年収の3分の1をこえる借り入れをしてはならない」というもので、主にクレジットカードや消費者金融のキャッシングが対象となります。

では、なぜ銀行カードローンは総量規制の対象外なのでしょうか?

銀行カードローンには「銀行法」が適用されている

銀行カードローンには、貸金業法ではなく「銀行法」という別の法律が適用されています。

そのため総量規制の対象にはならず、銀行カードローンを利用すれば年収の3分の1以上借りることも可能です。

ただし、銀行カードローンに申し込む際にも年収等の信用情報は確認されるので、最大でも年収の半分程度までしか借りられないと考えておきましょう。

総量規制には「除外」や「例外」となる貸付けがある

銀行でなければ総量規制の対象外にはならないというわけではなく、中には除外あるいは例外となる貸付けもあります。

例外貸付けの中には「顧客が一方的に有利となる借り換え」というものがあり、これがいわゆる「借り換えローン」や「おまとめローン」にあたるわけです。

シェアする

フォローする