信用情報とは―キャッシングを利用するだけで傷がつくのか?

シェアする

キャッシングを利用する上で避けては通れないのが「信用情報」の存在です。

借り入れ前の審査に通るためには、信用情報に問題がない状態でなければいけません。

しかし人によっては「キャッシングを利用すると信用情報に傷がつくから、住宅ローン等の審査に通れなくなる!」という方もいます。

はたして本当なのでしょうか?詳しく解説していきます。

信用情報とは?記録される情報と機関を解説

端的に言うと、信用情報とは個人と金融機関との間の取引の記録だと思ってください。

キャッシングで言えば、「申し込み」から「返済」まで、あらゆる取引がいつどれくらいの金額で動いているかどうかがわかります。

また、記録しているのはキャッシングを扱っている金融機関ではなく、第三者機関の「信用情報機関」で記録・保管を行っています。

個人情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 自宅住所や電話番号
  • 住居の種類
  • 勤務先名や従業員数
  • 勤務先電話番号
  • 勤務年数
  • 年収

など

申込者本人のことだけでなく、住居や勤務先のことも記録されます。

キャッシングへ申し込む際も上記の内容は記入することになるので、引っ越したばかりの時や職場が変わった時は控えておくと良いでしょう。

在籍確認について

勤務先電話番号を聞かれるのは、審査の行程で「在籍確認」が行われるからです。

金融機関から勤務先会社へ電話をして、申込者が本当に記入した会社で勤務しているかどうかを確認するためです。

オペレーターは個人名で名乗るため、申込者がキャッシングを利用していることは一切バレる心配をしなくて大丈夫です。

総量規制について

年収を聞かれるのは、キャッシングを利用する際に「総量規制」という法律があるからです。

総量規制の対象となるクレジットカードや消費者金融のキャッシングでは、年収の3分の1以上の借り入れが制限されます。

わかりやすく言えば、年収300万円の方は借り入れ100万円未満までが借りられる範囲というわけになります。

実際には審査によって借入限度額が決められているので、あくまで借りられる上限が年収の3分の1となっているだけです。

取引情報

  • 契約ローンの種類
  • 申込日
  • 借入日
  • 借入額
  • 返済方法
  • 返済日
  • 返済回数
  • 借入残高
  • 次回返済日
  • 他社借り入れ状況

など

これまでに利用したキャッシングだけでなく、さまざまなローンの記録も含まれます。

申し込みについて

キャッシングに新規で申し込む際、短期間に3社以上のハイペースで申し込むと審査に通りづらくなります。

これは「多重申込」といって、始めての審査に落ちる原因になりがちな行動の1つです。

キャッシングの審査は申し込むだけで信用情報機関に6ヶ月も記録が残るので、あまりに多い申し込みがあると、不審に思われてしまうわけです。

できれば1ヶ月に1社程度のペースで申し込むことをおすすめします。

他社借り入れについて

他社借り入れは、現在進行形で利用しているキャッシング数のことですが、その借入件数が4社以上になるなら審査に通るのは難しくなります。

逆に言えば、1社や2社程度であれば借入金額がよほど大きくない限り借りられることが多いです。

ここでいう借り入れは、住宅ローンや自動車ローンではなく、カードローン等の同じ無担保のローンです。

金額よりも件数の方が重要視されるので、少額で複数の借り入れがある場合には、「借り換えローン」や「おまとめローン」を活用して借り入れ件数を減らすことをおすすめします。

事故情報

  • 返済の延滞
  • 任意整理
  • 民事再生
  • 自己破産

など

事故情報は、いわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるもので、審査落ちの原因の1つです。

「信用情報に傷がつく」というのは、この事故情報が記録されることでもあります。

特に「返済の延滞」は、2か月以上長期に渡って返済が止まっていたり、数か月の間で頻繁に延滞していたりすると、事故情報として記録されている可能性が高いです。

逆に言えば、ただキャッシングを利用しているだけでは事故情報は記録されない、つまり信用情報に傷がつくことはありません。

これらの信用情報は、下記の信用情報機関に対して問い合わせをすれば個人も閲覧することができます。

3つの信用情報機関

キャッシングは、その種類ごとに信用情報機関が3つに分かれています。

分かれてはいますが、たいていの金融機関は複数の信用情報機関に加盟しているため、信用情報の問い合わせをする際に目安として覚えておくと良いでしょう。

全国銀行個人信用情報センター

名前の通り、主に銀行カードローンの信用情報を記録している機関です。

CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

貸金業法が適用される消費者金融の信用情報を記録している機関です。

JICC(㈱日本信用情報機構)

クレジットカードの信用情報を中心に、銀行や消費者金融の信用情報も記録している機関です。

まとめ…キャッシングを利用して信用情報にキズがつくのはこんな時

  • 2か月以上または頻繁な返済の延滞
  • 短期間に3社以上のキャッシングへ申し込む
  • 他社借り入れが4社以上のときに申し込みをする
  • 任意整理や自己破産といった債務整理を行う
  • 信用情報と申込内容に大きなズレがあった時

いかがでしたか?

普通にキャッシングを利用しているだけなら、信用情報に傷がつくことはないので安心してください。

シェアする

フォローする