借金返済に疲れたら債務整理!【メリット・デメリット・費用】

シェアする

「毎月給料日が近くなると借金の返済のことばかり頭に思い浮かぶ…もう疲れた、こんな日々はもう嫌だ!」

こんな風に感じている方はいませんか?そんなときこそ債務整理を行いましょう。

借金を減らすことができる債務整理には、3つの手続きがあります。

借金生活から解放されたい方のために、3つの債務整理のメリットとデメリット、費用についてご紹介していきます。

任意整理

任意整理は、手続き後に発生するキャッシングの利息(将来利息)をカットすることができる債務整理です。

メリット

  • 今後の返済利息をカットすることができる
  • 手続きが交渉のみなので対応が早い

この後に紹介する民事再生や自己破産は、弁護士から裁判所を通じて手続きをする必要があります。

一方で、任意整理は弁護士とキャッシング会社の間のみの交渉で行われるので、手続き期間が短いというメリットがあります。

デメリット

  • 安定した収入が必要で返済を続ける必要がある
  • 民事再生や自己破産と比べると返済の負担は大きい

将来利息をカットすることができる一方、残った借金の元金は返済し続けなければいけません。

そのため任意整理を行うためには、原則3年で全額返済が可能な安定した収入が必要になります。

民事再生

民事再生は、借金の5分の1を減額することができる債務整理です。

ちなみに民事再生の中でも、個人で行うものを「個人再生」とも呼びます。

メリット

  • 借金を5分の1程度まで減額することができる
  • 住宅等の財産を手放さずに行うことができる

民事再生のメリットは減額ができるだけではなく、自己破産と比べ財産の処分がないことにあります。

すでに住宅等の大きな財産を所有している方におすすめの債務整理です。

デメリット

  • 費用が高い
  • 10年程度は新たにローンを利用することができない

詳しくは下記にありますが、自己破産よりも平均的な費用が高めです。

借金を5分の1まで減らすことができるとはいえ、民事再生の費用と残りの返済が負担になるリスクがあります。

自己破産

「破産」と呼ばれる自己破産は、借金を返済する義務を免除することができる債務整理です。

メリット

  • すべての借金を支払う義務をなくすことができる
  • 借金の心配をする生活から脱することができる

借金に苦しむ生活から解放されるというのは一番のメリットです。

金銭的な負担だけでなく身体的・精神的な負担も同時に解放されて、新しい人生をスタートすることができます。

デメリット

  • 20万円以上の財産は原則すべて処分される(生活に不可欠な財産を除く)
  • 5年~7年程度は新たにローンを利用することができない

借金返済から解放される代わりに、所有している財産はそのほとんどが処分されることになります。

ちなみに、現金は100万円未満までなら残すことが出来ます。

弁護士へ相談して行うのが一般的

債務整理の手続きは、弁護士や司法書士へ相談して行うのが一般的な申込方法です。

1人でも手続きを行うことはできるのですが、必要書類や法律の知識などを1から覚える必要があります。

それはあまりにも非現実的なので、まずはインターネットから弁護士・司法書士事務所を探すことをおすすめします。

どれくらい費用が掛かる?

まず始めに、基本的に債務整理は相談料無料で話を聞いてくれます。

「成果報酬」にしているところも多いため、最初から準備金が必要になるわけではないという点は安心できます。

主な弁護士・司法書士事務所を比較して見たところ、それぞれの手続きの費用は以下の通りでした。

種類 費用
任意整理 32,400円~43,200円程度
民事再生 300,000円~500,000円程度
自己破産 175,000円~300,000円程度

意外なのは、自己破産よりも民事再生の手続きの方が費用がかかる点です。

非常に費用がかかるように思えると思いますが、これらの費用は分割で払うこともできます。(もちろんキャッシングより良心的な設定です)

また、債務整理を行った結果「過払い金」を回収することができる場合もあるので、負担を軽くすることができるかもしれません。

おまとめローンとの違い

債務整理は、よく「おまとめローン」と比較されることがあります。

借金をまとめてどうにかするという点では似ている2つですが、その中身はまったく違うものです。

下記のような違いがあるので、どちらが良いか消費者が判断して申し込む必要があります。

おまとめローンについて詳しくはこちらを参考にしてください。

おまとめローンとは?【メリット・デメリット・審査対策】

金利をカットすることができる

繰り返しになりますが、「任意整理」を行えばその後の返済で発生する利息をすべてカットすることができます。

おまとめローンの場合は、金利を下げられるものの利息はその後も払っていく必要があります。

借金をまとめればそれだけ返済期間が長くなり、合計支払利息も積み重なってしまうので、金利をカットできるのは大きな違いです。

借入残高を減額することができる

また、おまとめローンを含めキャッシングでは、借入残高を直接減額をすることはできません。

債務整理はわかりやすく減額して負担を減らすことができるため、その後の返済がずっと楽になります。

おまとめローンの利用者の中には、「借金をまとめることができたものの結局返済が長続きせずに借金が増えてしまった」というケースもあります。

信用情報機関に事故情報が残る

債務整理すべてのデメリットでもありますが、いずれかの債務整理を行うと信用情報機関に記録されます。

債務整理を行った情報は「事故情報」と呼ばれ、記録が残っている間は新たにキャッシングやローンを利用することができなくなります。

債務整理の情報は5年~10年残るので、その間はクレジットカードや住宅ローン等の利用が難しいかもしれません。

シェアする

フォローする