おまとめローンとは?【メリット・デメリット・審査対策】

シェアする

おまとめローン

おまとめローンとは、基本的には複数のキャッシングを1つの借り入れ先にまとめるキャッシングのことです。

1つにまとめるため、借り入れる金額は高額になってしまうのですが、それだけメリットもデメリットも多いキャッシングです。

今回はおまとめローンの利用を検討されている方のために、まずおまとめローンのメリットやデメリット、審査や注意点等をご紹介していきたいと思います。

おまとめローンのメリット

金利が低くなる

借り入れ先が1つになるという事は、1つのキャッシング会社から高額の融資を受けることになります。

利用者の借入残高にもよりますが、高額であればあるほど、現状よりも金利が低くなる可能性が上がります。

金利が低くなればそれだけ毎月の利息をおさえることができるので、全額返済をしたときの支払利息を含めた合計返済額を減らすことができます。

毎月の返済が楽になる

借り入れ先が1つになるという事は、毎月の返済も1回になるということです。

キャッシング毎に異なる毎月の返済期日や返済金額を気にしなくても良くなるので、返済をするのが楽になってストレスが減ります。

また、おまとめローンにすることで毎月の返済額も減らすことができる場合もあります。

総量規制の対象外

おまとめローンは総量規制の例外となるキャッシングでもあります。

消費者金融からは年収の3分の1をこえて借り入れをすることができませんが、おまとめローンであれば消費者金融でも総量規制をこえて借り入れが可能です。

おまとめローンのデメリット

審査が厳しい

おまとめローンは、1つの借り入れ先から高額の借り入れをすることになるので、それだけ審査も厳しくなります。

当然、通常のキャッシングの審査よりも厳しいので、誰でも利用できるわけではありません。

おまとめローンの審査に落ちてしまうということは、キャッシング会社から返済能力に難があると見られていることになります。

利息が積み重なってしまう場合も

おまとめローンで借り入れを1つにすると、返済期間が延びて返済回数もそれだけ増えます。

金利が低くなることで返済額は下がるように思われますが、利息を支払う回数も増えるので、合計返済額が変わらなかったり増えてしまったりするリスクもあります。

通常のキャッシングと同様、毎月の最低返済額を続けていたら利息が積み重なってしまうので要注意です。

返済のみの場合もある

おまとめローンの中には、追加の借り入れができない返済のみのローンもあります。

主に消費者金融でよく見られるおまとめ専用のローンにありがちなのですが、初めにまとめて融資をした後は全額返済するまで追加の借り入れができません。

そのため、収入が不安定だったり何かしらの急な出費にがあった時に対応できないというデメリットがあります。

おまとめローンは自力で返済できる方が利用するべき

おまとめローンを利用する理由は申込者それぞれだと思いますが、「複数の借り入れが返済できないからおまとめローンを利用する」という方はあまり利用するべきではないと個人的には考えています。

そういった多重債務に陥ってしまっている方は、おまとめローンの審査に通るのも一苦労ですし、仮に審査に通ったとしても全額返済できないケースが多々あるからです。

そのような場合は、おまとめローンよりも「債務整理」の利用をおすすめします。

ただ、債務整理を利用すると信用情報機関に事故情報として記録されてしまうのが難点です。(※債務整理の中でも、「任意整理」と「特定調停」は5年、「個人再生」と「自己破産」は10年記録が残ると言われています)

ですからおまとめローンを利用される場合は、「自力で全額返済できる返済能力を有していること」と、「事故情報を記録されたくない方」の両方を満たしている場合にしてください。

支払いの終わらない借金よりも、事故情報が数年残る方がまだマシだからです。

おまとめローンのデメリットでも言いましたが、おまとめローンの返済がきちんとできないと、利息がどんどん積み重なってしまいます。

そうなると、支払う合計利息が膨れ上がってしまって、いつまでたっても完済することができない借金生活を送ることになってしまいます。

将来のことを考えると、借金があるよりもない方が良いのは明らかだと思いませんか?

おまとめローンの審査で重要になるポイント

その上でおまとめローンを利用されるのであれば、まずは審査に通る必要があります。

審査で重要になる主なポイントは以下の通りです。

他社借り入れ

おまとめローンの審査に申し込む時点で、他社借り入れが「4件以上」になると厳しいと言われています。

特に、短期間に少額の借り入れを何社からもしている場合、借金を借金で返済していると見られがちです。

そのような場合は返済能力に難があると判断されやすいので、借り入れ件数を減らすか、1社からの借り入れを多めにしておまとめローンの審査に臨みましょう。

多重申込

1週間~1ヶ月程度の間に、2社3社と続けてキャッシングに申し込むことを「多重申込」と言います。

消費者によっては「どこか1社からでも借りられれば…」と考えるかもしれませんが、貸金業者からすれば警戒される原因となってしまいます。

何社にも申し込みをするのは「余裕がない」とも受け取れるためリスクが高いと見られてしまいます。

事故情報

過去にキャッシングの返済を延滞していると、その記録は事故情報として信用情報機関に保管されます。

1度記録された事故情報は、どの金融機関も審査の際に確認をするため、おまとめローンの審査でも非常に不利となります。

ちなみに、返済の延滞は3ヶ月以上または頻繁な延滞によって記録されます。

勤続年数

おまとめローンの審査に申し込む時点で、勤続年数が極端に短いような場合は審査が厳しくなります。

勤続年数は、毎月の安定した返済ができるかどうかの指針となるため、おまとめローンの審査では最低でも6ヶ月以上、できれば1年以上の勤務実績があると良いですね。

転職したばかりの際は気をつけましょう。

シェアする

フォローする