キャッシングで借りられる金額は年収が大きく影響している!

シェアする

カードローンやキャッシングの利用限度額が、利用者自身の年収に大きく左右されることはご存知でしょうか?

もちろん年収は、審査において返済能力に関わる重要な項目の1つですが、それ以外にも法律で借りられる金額の上限が決まっているんです。

今回はキャッシングを利用するのが初めて、あるいは日が浅い方に向けて、キャッシングと年収の関係についてご説明していきます。

年収の3分の1までがキャッシングで借りられる範囲

キャッシングには「総量規制」という法律があって、お金を借りられるのは年収の3分の1までという明確なルールがあります。

この法律ができた背景には、2010年以前にあったグレーゾーン金利の影響で、多くの多重債務者が破産に追い込まれて社会問題となったことが影響しています。

要するに総量規制は、キャッシングの利用者を多重債務者から守るために、2010年6月から新たに導入された法律です。

50万円以上の借り入れには「収入証明書」が必要に

また、総量規制によって年収をごまかされないように、50万円以上の借り入れには収入証明書類が必要になりました。

仮に年収が200万円で、100万円借りたいから年収300万円にしたところで、収入証明書が必要になるのですぐにバレてしまいます。

そのため、消費者金融でキャッシングを利用する際は、自分の年収の3分の1よりも低い借入希望額を伝えるようにしましょう。

総量規制をこえて借り入れをすることはできない?

キャッシング申込者の個人情報は、信用情報機関というところですべて記録されており、カードローンやキャッシング、クレジットカードのキャッシングの利用履歴が丸わかりです。

そのため、通常のキャッシングでは年収の3分の1以上の借り入れをすることはできません。

仮に担保や保証人があったとしても、キャッシングやカードローンは無担保・無保証人なので、年収の3分の1以上は借りることが出来ません。

もし利用者が総量規制をこえて借り入れをしてしまった場合は、貸金業者が行政処分を受けてしまうので審査は慎重に行われます。

ただし、総量規制には例外があります。

総量規制の例外・対象外とは

総量規制には年収の制限に該当しないローンがいくつかあり、借り換えローン、おまとめローン、銀行カードローンがそれに当たります。

これらのローンは年収の3分の1をこえても借り入れが可能で、目安として年収の半分程度までは借りられるようです。

「顧客が一方的に有利となる貸付け」という条件のもと、消費者金融よりも低金利で条件が良いのが特徴です。

年収がない専業主婦(夫)はキャッシングできない?

ここまでの話を踏まえると、自身の年収がない専業主婦(夫)はキャッシングを利用することができないように思えますが、実際には銀行カードローンで借り入れが可能です。

ただし先に言っておくと、銀行カードローンでのキャッシングは限度額30~50万円が上限です。

夫に内緒で借りることができるメリットがありますが、夫婦間のトラブルに発展しやすいので個人的にはおすすめはできません。

配偶者貸付で中小の消費者金融から借りることも出来ます

大手のキャッシングにはありませんが、「配偶者貸付」を利用することで専業主婦(夫)も消費者金融でキャッシングを利用することができます。

ただし配偶者の同意書が必要になるほか、借りられる金額にも上限があるため、配偶者の方が借りた方が手っ取り早いでしょう。

もし配偶者が借りられない状況であれば、専業主婦本人も審査に通るのは難しくなります。

初めから総量規制の上限まで借りるのは難しい

年収の3分の1までは問題なく借りることができるように思えますが、初めてのキャッシングではそこまで借りられると思わない方が良いです。

実際には、10~30万円程度からの借入限度額でスタートすると考えておくべきでしょう。

なぜかというと、初めての利用者には信用情報があまりないため、返済能力の有無の判別がつきづらいからです。

一定期間以上利用すると限度額の増額をすることができる

端的に言うと、およそ6か月以上同じキャッシングを利用していると、借入限度額の増額がしやすい傾向にあります。

限度額を増額するためには別で審査を受ける必要がありますが、この審査に通るためには借り入れや返済の実績を残して、信用実績を積み上げておきましょう。

年収が少なかったとしても長期の信用実績があれば、総量規制まで限度額を増額することも可能です。

キャッシング利用中に年収が下がった場合は?

もしキャッシングを利用している途中で年収が下がった場合は、追加の借り入れができなくなります。

そのせいで信用情報に傷がついたり、消費者金融が行政処分を受けてしまうということはありません。

ただし返済が3か月以上延滞したり、3か月以内に2回以上期限日を過ぎることがあると、信用情報にキズがついてしまうので返済はきちんと毎月忘れないように行いましょう。

シェアする

フォローする