キャッシングの金利でクレジットカードとカードローンを比較

シェアする

クレジットカード・銀行カードローン・消費者金融の3つのキャッシングは、それぞれ金利にどれくらいの差があるかご存知ですか?

もし知らないまま審査の申し込みをしようとしているのなら、一度金利を比べてからにしましょう。

以前は私も「クレジットカードのキャッシングの方が安全で金利も安い」と思い込んでいましたが、実はそうでもなかったんです。

それぞれのキャッシングの平均的な金利

  • クレジットカード…年15.0~18.0%
  • 銀行カードローン…年2.0~14.0%
  • 消費者金融…年3.0~18.0%

キャッシングは、「クレジットカード」と「カードローン」の2つに大きく分けられます。

カードローンはさらに、「銀行カードローン」と「消費者金融」の2つに分けられるので、3種類のキャッシングがあります。

クレカが「信販会社」から発行されているように、それぞれ発行元の金融会社が異なるため、金利にも違いがあります。

そこで、それぞれのキャッシングを人気の商品の金利と合わせて解説していきます。

クレジットカード

★平均金利…年15.0~18.0%

クレジットカードでキャッシングを行う場合、金利には気をつけなくてはいけません。

なぜなら、ほとんどのクレカが年利18.0%で「実質固定」となっているからです。

実のところ金利は限度額によって決められるのですが、クレカは金利が安くならない程度の限度額なのであまり期待できません。

このキャッシングは翌月一括払いされることを前提に作られているため、そもそも長期の借り入れに向いていないんですね。

楽天カード

金利 年18.0%(固定)
年会費 永年無料
特徴 ポイントの使いどころが多い

ネットショップで有名な楽天のクレジットカードも、キャッシングの枠を設けてお金を借り入れることが可能です。

限度額が「1万~90万円」となっており、いくら借り入れをしても「年18.0%」で金利は同じです。

私も利用しているクレジットカードですが、特典が多くてポイントを貯めやすいことと、貯めたポイントを利用してネットショッピングだけでなく加盟店でも買い物ができるメリットがあります。

エポスカード

金利 年18.0%(固定)
年会費 永年無料
特徴 優待7,000店舗

楽天ほどの知名度はありませんが、「エポスカード」もクレジットカードの中では人気の1つです。

エポスカードは限度額が「1万~50万円」であり、こちらも金利は「年18.0%」で固定されています。

キャッシングとしても利用しやすいですが、「エポトクプラザ」を見ればわかるように、エポスカードは優待特典を7,000店舗で利用することができるというメリットがあります。

銀行カードローン

★平均金利…年2.0~14.0%

平均金利を比べればわかる通り、キャッシングの中でもっとも低金利なのは「銀行カードローン」です。

クレジットカードと比べて金利の下限と上限に幅があるのは、カードローンの限度額の上限が高いからです。

限度額が上がるほど金利が下がるように法律で決まっています。

ただ、銀行カードローンは上限金利も元から低いので、少額の借り入れでもその他のキャッシングよりお得です。

みずほ銀行カードローン

金利 年3.0~14.0%(※)
借入限度額 10万~1,000万円(※)
審査 最短即日審査

※みずほ銀行カードローンには2つのプランがあり、「エグゼクティブプラン」と「コンフォートプラン」で適用される金利・限度額が異なる。

詳しくはこちらのページを参照→みずほ銀行カードローンで即日借りられる方法

みずほ銀行カードローンは、口座のお持ちの方であればキャッシュカードでもキャッシングを利用することができます。

審査完了後にすぐキャッシュカードで借り入れができるので、お急ぎの方にもおすすめです。

口座をお持ちでない場合でも最短即日審査が可能なので、最短で即日~翌々営業日にはお金を借りることができます。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 10万~500万円
審査 テレビ窓口なら最短40分でカード発行

バンクイックについての詳細はこちらのページを参照→三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で即日借りられる方法

バンクイックは、低金利の銀行カードローンの中でも、申し込みから借り入れまでの手続きが非常に早いキャッシングです。

クレジットカードよりも低金利であり、早く手に入るので、「当日中にお金が必要!」という方も安心です。

ちなみに、テレビ窓口は本人確認書類に「運転免許証」の提示が必要です。

免許をお持ちの方は忘れないように気をつけて、お持ちでない場合は郵送でカード受取となります。

消費者金融

★平均金利…年3.0~18.0%

大手の消費者金融は、「プロミス」以外の上限金利が年18.0%となっているのでわかりやすいです。

クレジットカードや銀行カードローンと違って、大手消費者金融の金利はほとんど同じなので覚えやすいでしょう。

中小消費者金融もほとんどは上限金利が「年18.0%」ですが、一部は「年20.0%」となっている貸金業者もあります。

ちなみに、現在の大手消費者金融は、そのほとんどが銀行グループなので安全に利用することができます。

プロミス

金利 年4.5~17.8%
借入限度額 1万~500万円
審査 最短30分審査

プロミスについての詳細はこちらのページを参照→プロミスで即日借りられる方法

プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融で、他と比べて金利の上限がほんの少しだけ低いです。

利息への影響は微々たるものですが、100円でも安くしたいという方はプロミスをおすすめします。

CMや広告でも宣伝している通り、プロミスは申し込みから借り入れまでの手続きが非常に早いキャッシングです。

アコム

金利 年3.0~18.0%
借入限度額 1万~800万円
審査 最短30分審査

アコムについての詳細はこちらのページを参照→アコムで即日借りられる方法

アコムは三菱東京UFJ銀行グループの消費者金融で、金利は平均と変わらず標準的です。

アコムは信販会社でもあり、「ACマスターカード」というクレジットカードも取り扱っていて、1枚でカードローンとクレジットカードを使い分けることができます。

その場合、金利は「年12.0~15.0%」になって上限金利が下がるのでお得です。

シェアする

フォローする