キャッシングの借り換えを解説!おすすめは低金利の銀行カードローン

シェアする

キャッシング借り換え

現在利用しているキャッシングの金利が高い、返済が大変と感じたことはありませんか?

「このまま返済するのは嫌だなあ…他のキャッシングを利用したい」というご希望があれば、キャッシングの借り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

複数のキャッシングをひとまとめにしたいという方は、おまとめローンのページを参考にしてください。⇒おまとめローンとは?【メリット・デメリット・審査対策】

今回は、1つのキャッシングの借り換えについてご説明していきたいと思います。

借り換えるなら今よりも低金利が絶対条件

初めにお伝えしたいのは、「借り換え先に選ぶキャッシングは、今よりも金利が低いところを選ばなくてはいけない」ということです。

金利以外の理由で「キャッシングの借り換えをしたい」という方はなかなかいないとは思いますが、返済を続ける以上は金利は無視できない項目になります。

ですから、借り換え先におすすめできるのは消費者金融よりも銀行カードローンが中心になります。

金利を見るときは上限金利で比較しよう

キャッシングはそれぞれ、借入限度額に対して適用される金利が変動するようになっていることは皆さんご存知かと思います。

金利は「〇%~〇%」という決められた範囲で変動しますが、この左側にある「下限金利」は借入限度額が最大にならないと適用されません。

借入限度額が始めから最大金額で適用されることはなく、大半の利用者は「100万円未満」からの借り入れとなります。

その場合、金利は右側にある「上限金利」が適用されます。というよりも、大半の利用者はこの上限金利でキャッシングを利用しています。

「利息制限法」では以下の通り、100万円未満の借り入れは消費者金融の上限金利と同じ金利になってしまいます。

借入限度額 適用される金利
10万円未満 年20.0%まで
10万円以上~100万円未満 年18.0%まで
100万円以上 年15.0%まで

借り換えにはおすすめできないキャッシング

対して、借り換えにおすすめできないキャッシングは「金利が高い」こともそうですが、「毎月の返済額が低い」キャッシングもおすすめできません。

みずほ銀行カードローン」のように毎月の返済額が最低1万円以上の銀行カードローンは大変かもしれませんが、低金利なので利息をおさえることができ、その分早く全額返済をすることができます。

一方で、最低返済額が低いキャッシングは毎月返済するペースが遅いので、返済回数が多くなってしまい結果として支払合計利息が積み重なってしまうというデメリットがあります。

余裕がある分は「繰り上げ返済」で積極的に借金を減らすことができれば良いのですが、毎月の返済額が決まっていると人は誰しもそれに甘んじてしまうものです。

最低返済額での返済を続けていくうちに利息が積み重なって、金利を低くすることはできたのに総返済額が変わってないなんてことになりかねません。

キャッシングの借り換え先を選ぶ際には、金利だけでなく返済回数も一緒に確認するようにしてください。

これらのことから、消費者金融のカードローンやキャッシングは総じて借り換えにはあまり向いていないことがわかります。

銀行カードローンならメガバンクをおすすめ

銀行カードローンは信用度が高いため安心して利用できるだけでなく、安定して低金利なのでキャッシングの借り換えにはもってこいです。

三井住友銀行カードローン

金利 年4.0~14.5%
借入限度額 10万~800万円
申込条件
  • 満20歳以上~満69歳以下の方
  • 原則安定した収入のある方
  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方
資金使途 原則自由
担保・保証人 なし

詳しくはこちらもご参考ください。⇒「三井住友銀行カードローンで即日借りられる方法

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

金利 年1.8~14.6%
借入限度額 10万~500万円
申込条件
  • 満20歳以上~65歳未満の国内に居住する方
  • 原則安定した収入がある方
  • 保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
資金使途 原則自由
担保・保証人 なし

詳しくはこちらもご参考ください。⇒「三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」で即日借りられる方法

フリーローンや借り換え専用ローンもおすすめ

銀行カードローンほどではありませんが、以下のキャッシングもおすすめできます。

今現在、消費者金融(金利年18.0%)でキャッシングを利用していて、少しでも金利を低くしたいという方へ向けて「フリーローン」や「借り換え専用ローン」というキャッシングも一部ご紹介いたします。

銀行の審査に通らない心配がある方も検討してみてはいかがでしょうか。

イオン銀行の「おまとめローン・フリーローン」

金利 年3.8~13.5%
借入限度額 30万~700万円
申込条件
  • 日本国内に居住している方または永住許可を受けている方
  • 満20歳以上~満60歳未満
  • イオン銀行の普通預金口座をお持ちの方
  • 安定かつ継続した収入の見込める方
資金使途 自由

フリーローンではなく『イオン銀行カードローン』についてはこちらもご参考ください。⇒「イオン銀行カードローンで即日借りられる方法」

プロミス「目的ローン」

金利 年6.3~16.5%
借入限度額 1万~300万円
申込条件
  • 満20歳以上~69歳以下の方
  • 安定した収入のあるご本人(※主婦・パートアルバイト可)
資金使途 生計費に限る

プロミスの「フリーキャッシング」についてはこちらもご参考ください。⇒「プロミスで即日借りられる方法」

アイフル「かりかえMAX」

金利 年12.0~17.5%
借入限度額 1万~500万円
申込条件
  • アイフルを初めて利用される方
  • 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
資金使途 他社借入の借り換えのみ

アイフルの「キャッシングローン」についてはこちらもご参考ください。⇒「アイフルで即日借りられる方法」

シェアする

フォローする