キャッシングの借入方法と他社借り入れについて

シェアする

キャッシングというと、クレジットカードとカードローンの2つがありますが、今回はカードローンのキャッシングについて詳しくご紹介していきます。

カードローンは借り入れの理由が自由なので、どなたでも比較的自由に借り入れの申し込みが可能です。

他社借り入れがある場合は審査に少なからず影響しますが、借入方法はATMと振込でおおよそ決まっているので、難しいことは特にありません。

借り入れに理由は必要ない

まず、キャッシングを利用するのに大層な理由が必要だと思っている方がいたとしたら、その考えは必要ありません。

現在のキャッシングは、原則として資金使途が自由なので、事業目的以外であれば何にでも利用することができます。

実際の利用者が借り入れをする理由のほとんどは「生活費の補てん」ですが、中には「旅行費用」や「結婚資金」という方もいれば、「娯楽」や「ギャンブル」のためにお金を借りる方も近頃は増えてきています。

ですから借り入れの理由はたいした問題ではありません。

クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローン、どちらも「キャッシング」として借り入れが可能ですが、目的に違いがあります。

クレジットカードはショッピングでの支払いがメインの目的なので、キャッシングはあくまでサブと思っておきましょう。

基本的には、翌月一括払いになっており、海外旅行でATMから現地通貨が借り入れできるのが便利です。

一方、カードローンを利用する目的はキャッシングのみなので、わかりやすいです。

メリットとしては、最短即日融資が受けられる事や、「無利息」などキャッシングに特化したサービスがあること、返済は割賦支払い(いわゆる分割払い)というような点があります。

基本的な借入方法

申し込みにはさまざまな方法がありますが、借り入れは大きく分けると2パターンになります。

  • カード発行後に「ATM」で借り入れ
  • インターネットから指定の口座へ「振込」

どちらの借入方法でも即日借り入れをすることは可能ですが、急いで申し込みたいのは「振込」の方です。

原則として14時までに、審査だけでなく振込の申し込みも完了しておく必要があります。

ATMで借り入れ

カードローン契約をして発行したローンカードは、主に下記の3種類のATMで借り入れをすることができます。

  • 自社ATM
  • コンビニATM
  • 提携金融機関ATM

自社ATMを有している金融会社であれば、たいてい無人契約機のある場所に併設されているので、契約機での審査完了後にすぐ借り入れが可能ですね。

コンビニATMはいわずもがな、どこにでもあるので借り入れをする場所に困ることがありません。

提携金融機関ATMというのは、例えば銀行支店のATMを利用することができます。

振込で借り入れ

  • インターネットから振込の申し込み
  • 電話で振込の申し込み

振込での申し込みは、無人契約機やATMとは違って、来店する必要がないというメリットがあります。

インターネットからでも電話からでも、審査の申し込みから借り入れまで一連の流れを行うことができるので、自宅や外出先でもできます。

繰り返しになりますが、インターネットからの申し込みは14時までが即日融資を受けられるので、覚えておきましょう。

借入件数は審査に影響を及ぼす

すでに借り入れがある状況、つまり他社借り入れがある方とない方では、審査結果が変わる可能性があります。

1,2社程度のキャッシング実績であれば、むしろ審査に通りやすくなります。

しかし3,4社以上となってくると審査は厳しくなり、4社以上の借り入れは審査に通らないとされています。

借入限度額の増額

最初に借り入れをしてからしばらく経って、だいたい6か月後~1年後くらいに「限度額を増額しませんか?」という案内が金融会社から送られてくるようです。

限度額は自分で増額の申し込みをすることもできるのですが、増額するためには別の審査をする必要があります。

増額審査に通るためには、上記のようにある程度の利用実績が必要になります。

借り入れ始めてすぐに限度額を上げようと思っても難しいので、少なくとも3か月以上利用してから申し込むようにしましょう。

借り入れできないときの対処法

借り入れができないというと、審査に通らないか、これ以上お金を借りることができない状況ということになります。

審査に通らない場合は、信用情報機関に事故情報が記録されているか、申し込みの途中で何か失敗をしている可能性があります。

ありがちな失敗や対策については、こちらで詳細をご覧ください。⇒キャッシング審査に落ちる人がやりがちな3つの失敗と対策を説明!

一方、これ以上お金を借りることができないという状況は、借入額や返済が影響しているケースが多いです。

具体的には、総量規制の関係で借り入れが年収の3分の1をこえてしまうことや、支払いが延滞していて返済するまで再び借り入れができない場合があります。

シェアする

フォローする