キャッシング枠とは?ショッピング枠との違いと特徴を解説!

シェアする

キャッシング枠

クレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2つの機能があることをご存知ですか?

私たちが日常で利用しているのはカード決済等のショッピング枠ですが、キャッシング枠を利用して現金を借りることも可能なんです。

キャッシング枠について理解を深めたい方へ向けて、メリットやデメリット、利用限度額についてご説明いたします。

ショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードの主な用途は、支払いの際のカード決済ですが、申込時にキャッシング枠を設けることでATMから現金を借りることができます。

意外と知られていない2つの機能ですが、カード自体の利用限度額は決まっています。

ではその内訳はどのようになっているのでしょうか?

実はショッピング枠の中にキャッシング枠も含まれている

クレジットカードのメイン機能はあくまでカード決済なので、キャッシング枠はオマケだと考えるとわかりやすいです。

例えば、仮にあるカードの利用限度額が50万円だとしたら、ショッピング枠も50万円になります。

その中にキャッシング枠が設けられています。もしキャッシング枠が20万円で上限いっぱいまで借りたとしたら、ショッピング枠は残り30万円までになるわけですね。

キャッシング枠はどこで設定できるの?

これも意外と知られていないことですが、キャッシング枠は申込時でも利用時でも自由に設定することができます。

申込時にキャッシング枠を設定することができる

クレジットカードの審査へ申し込む際にさまざまな項目を記入しますが、その中にキャッシングの利用限度額を選択する項目があります。

たいていはデフォルトで30万円程度になっていることが多いのですが、個人の自由に変更することが出来ます。

ただし、キャッシング枠はそれほど大きな金額を設定することが出来ない上に、高額に設定するとデメリットもあります。

利用時に増額や減額を行うことが出来る

クレジットカードを発行してからでも、キャッシング枠の増額と減額は任意のタイミングで行うことが出来ます。

各カードのインターネット会員サービスから利用限度額の設定をすることができるほか、コールセンターで行うことも可能です。

ただし増額をする場合は、再び審査を受ける必要がある場合もあります。

キャッシング枠のメリットやデメリット

メリット

  • 急な出費に対応しやすい
  • 海外旅行の際に両替をせずに利用できる

急ぎで現金が必要な時に役立つ

クレジットカードの審査に通ればいつでもATMから現金を借りることができるので、新たにキャッシングの審査などに申し込む必要がありません。

そのため、期間限定商品の現金購入や冠婚葬祭でお金を包むことになった場合には、非常に重宝します。

ただし、ショッピング枠を利用し過ぎるとキャッシング枠も利用できなくなるのでその点は要注意です。

海外旅行で両替要らず

海外旅行では日本円を現地通貨に両替する手間がありますが、キャッシング枠があれば現地ATMからお金を引き出すことができます。

基本敵に手数料0円で両替が可能なので、海外旅行が趣味の方にとってはこれも重宝します。

ただ使い過ぎると翌月に返すのが大変なので、ほどほどの金額にしておいた方が良いですね。

デメリット

  • 金利が高い
  • 審査スピードが遅くなる
  • カードを紛失した際のリスクが高まる

金利が高い

・基本的に15.0~20.0%の高金利
・カードローンやキャッシングローンよりもほんの少しくらい高い程度ではある
・銀行カードローンや消費者金融と比較

キャッシングの種類 金利
キャッシング枠 年15.0~20.0%程度
銀行カードローン 年2.0~14.0%程度
消費者金融 年3.0~18.0%程度

表の通り、クレジットカードのキャッシングは「年15.0~20.0%程度」と非常に金利が高いです。

その他のキャッシングと比べてキャッシング枠の限度額が低いので、どうしても金利が高くなってしまいがちです。

キャッシングリボ払いをしたりするとどんどん利息が積み重なってしまうので、翌月一括払い前提で利用するようにしましょう。

キャッシングリボ払いについて詳しくはこちら→キャッシングリボ払いは損?比較してわかるリボ払いのリスク

審査スピードが遅くなる

キャッシング枠があればいつでも現金が借りられるので、審査も慎重になりがちです。

デフォルトの設定では30万円程度になっていることが多いので、それより多くしようとすると審査もそれだけ厳しくなります。

逆に言えば金額が低ければ審査も緩くなるので、クレジットカードをすぐに利用したい場合はキャッシング枠を0円にしてしまうことが審査では効果的です。

カードを紛失した際のリスクが高まる

むしろカード紛失等のリスクを考えると、キャッシング枠は0円にしておいた方が安全なのでおすすめです。

ショッピングでカード決済を悪用された場合は盗用保証が適用されることが多いのですが、キャッシング枠で暗証番号が筒抜けだった場合には保証されないケースもあります。

急な高額出費が無い限り、枠は0円にしても何ら問題はありませんよ。

シェアする

フォローする