キャッシングリボ払いは損?比較してわかるリボ払いのリスク

シェアする

皆さんはクレジットカードの「キャッシングリボ払い」をご存じですか?あるいは利用しているでしょうか?

クレジットカードのキャッシングを利用すると、基本的に翌月一括払いでの返済となります。

対してキャッシングリボは一括ではなく、毎月一定の金額から支払っていくことが可能です。

今回は、消費者金融等のキャッシングローンとの比較を交えて、キャッシングリボ払いについて解説していきたいと思います。

キャッシングリボとは?

まずは、キャッシングリボの特徴についてご説明していきます。

クレジットカードのキャッシングを分割払いできるサービス

繰り返しになりますが、キャッシングリボ払いは、カード払いを使い過ぎて予想以上に出費が大きくなってしまった時の対処法の1つです。

翌月一括払いが難しい場合に、毎月一定の金額を支払って返済していく方法で、もちろん金利に応じた利息が発生します。

例えば毎月5,000円の返済を続けるとしたら、支払われた5,000円は、支払利息の分を引いて元金の返済にあてられるというわけです。

ここまでは通常の分割払いとほとんど同じです。次からは違いについてご説明します。

分割払いとは違うの?

上記のことから、キャッシングリボと分割払いはしばしば混同されがちです。

ただ、分割払いは最初に「支払回数」を決めて支払っていく方法なので、返済期限を自分で決めることが出来ます。

キャッシングリボとの違いは、先に支払回数を決めるか、それとも支払金額を決めるかの違いです。

なぜリボ払いが危険なのか?仕組みを解説

一見すると、リボ払いは「毎月決まった金額だけ返済してれば、そのうち全額返済できるから楽だな~」と感じますが、実際にはなかなか完済できません。

それどころか、最終的に返済総額が膨大な金額になってしまうリスクがあります。

それはなぜなのか。仕組みを解説していきます。

毎月の支払額が低いことが最大の原因

基本的にキャッシングリボは毎月の支払額が低いので、支払回数が多くなり、それだけ返済期間が長くなります。

返済期間が長くなればなるほど、支払う利息はどんどん積み重なっていってしまいます。

そのため、毎月の支払が極端に低いリボ払いは、返済総額がキャッシングローンよりも圧倒的に高くなる傾向にあります。

図でわかりやすく解説しましょう。

キャッシングリボの具体的な計算例

仮に30万円の借り入れをキャッシングリボ払いした場合と、キャッシングローン(消費者金融)を活用した場合の、具体的な返済例は以下のようになります。

キャッシングリボ払いの場合

    借り入れの条件

  • 金利年15.0%
  • 毎月5,000円の返済(最低返済額)
返済回数 借入残高 元金 利息
1 300,000 1,301 3,699
2 298,699 1,317 3,683
3 297,381 1,334 3,666
4 296,048 1,350 3,650
5 294,697 1,367 3,633
106 23,394 4,712 288
107 18,683 4,770 230
108 13,913 4,828 172
109 9,084 4,888 112
110 4,248 4,196 52
完済
  • 支払利息…249,248円
  • 返済総額…549,248円

キャッシングローン(消費者金融)の場合

    借り入れ条件

  • 金利年18.0%
  • 毎月9,000円の返済(最低返済額)
返済回数 借入残高 元金 利息
1 300,000 4,500 4,500
2 295,500 4,568 4,432
3 290,932 4,637 4,363
4 286,295 4,706 4,294
5 281,589 4,777 4,223
43 39,317 8,411 589
44 30,906 8,537 463
45 22,369 8,665 335
46 13,704 8,795 205
47 4,982 4,909 73
完済
  • 支払利息…118,982円
  • 返済総額…418,982円

結果、キャッシングリボは倍近い返済総額に!

返済方法 キャッシングリボ キャッシングローン
金利(年率) 15.0% 18.0%
毎月の返済額 5,000円 9,000円
返済回数 110回 47回
支払利息 249,248円 118,982円
返済総額 549,248円 418,982円

こちらの票を見れば一目でわかる通り、キャッシングリボの返済総額の方が圧倒的に高くなってしまいました。

その差額はなんと、130,266円もあります。

いくらキャッシングリボの方が金利が低くても、毎月の返済額が少なすぎると結果的に大損になってしまうわけですね。

これが「キャッシングリボ払いは危険!」と言われる大きな理由でした。

そうならないために出来る対策

しかしだからといって、クレジットカードを利用している皆さんが消費者金融へ駆け込むわけではないでしょう。

  • サラ金は不安
  • キャッシングローンを新たに申し込むのは面倒
  • 申し込んだけど審査に通れない

上記のような理由があって、どうしてもキャッシングリボ払いを利用しなくてはならない状況があるかもしれません。

そうなった時は、必ず繰り上げ返済を利用して、毎月の返済ペースを上げていきましょう。

クレジットカード会社の決めた約定返済額の通りに返済を続けていたら、いつまでたっても全額返済することができずに、利息だけを搾取され続けます。

余分に支払う必要のない利息を少しでも減らすために、自分の返せるタイミングで積極的に返していきましょう。

シェアする

フォローする