カードローンとクレジットカードで利用できるキャッシングの違い

シェアする

カードローンもクレジットカードもキャッシングを利用できますが、その主な役割が変わってきます。

カードローンは純粋にお金を借りることがメインの目的ですが、クレジットカードはショッピング機能の方がメインです。

そのため、同じキャッシングのように見えてもいくつか違いがあります。

今回は、その違いについて詳しくご説明していこうと思います。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

  1. ショッピング機能の有無
  2. 金利
  3. 借入限度額

ショッピング機能の有無

皆さんもご存知の通り、クレジットカードにはショッピングとキャッシング、2つの機能があります。

一方で、カードローンはキャッシング機能のみあります。

カードを持ち歩くことはできますが、カードローンでショッピングをすることはできないのでATMで現金を借り入れる必要があります。

ATMが近場にないと困りはしますが、いつでも好きな時に必要な分だけ借りることができるというのは良いところです。

金利

クレジットカードのキャッシングの方が、平均的に金利が高めになっていることがほとんどです。

  • クレジットカードの平均的な金利の上限…年15.0~20.0%
  • カードローンの平均的な金利の上限…年14.0~18.0%

キャッシングを長期間利用するのであれば、出来る限り金利は低い方が良いです。

なぜクレジットカードの金利が高いのか、金利の上限を比較するのかは、次の限度額の部分でご説明しましょう。

借入限度額

クレジットカードはショッピングがメインということもあり、カードローンの方が借入限度額は高めです。

  • クレジットカードの借入限度額…1,000円~300万円
  • カードローンの借入限度額…1万~1,000万円

クレジットカードよりも、カードローンの方が限度額は高額です。

借入限度額が高いければ高いほど、金利は低くなるように出来ています。

そのため、カードローンの方がクレジットカードよりも低金利になっていることがほとんどです。

そもそも、キャッシングでは初めから最大の限度額まで借りられるワケではありません。

初めに借りられる金額は100万円未満になることがほとんどで、10万円未満の限度額で利用している方が半分以上を占めると言われています。

カードローンのメリット・デメリット

メリット

  • 申し込みから発行まで最短即日
  • 毎月少しずつでもまとめてでも返済OK

申し込みから発行まで最短即日

カードローンは審査の申し込みから借り入れまでの流れが早いことがメリットの1つで、銀行カードローンの中にも即日融資を受けられるところがあります。

クレジットカードをお持ちでない方は、申し込みから手元にカードが届くまで早い『楽天カード』でも最短1週間程度掛かるので、急な出費などでお急ぎの方におすすめできます。

カードローンは、銀行の支店や消費者金融の無人店舗に設置されている「自動契約機」で発行することができます。

毎月少しずつでもまとめてでも返済OK

カードローンは「最低返済額」というものが借入残高によって決まっており、毎月少額からの返済をすることもできます。

また、余裕があるときにまとめて返済することも可能なので、最低返済額さえ払うことができれば自分のペースで返していくことができます。

どうしても最低返済額を返済できそうにない場合は、コールセンターへ相談すればその月だけ利息だけの返済を行うことも可能なので、もし返済が延滞しそうになったときは活用しましょう。

デメリット

  • ローン専用カードを利用する必要がある
  • 返済期間が長くなりがち

ローン専用カードを利用する必要がある

一部の銀行カードローンを除いて、基本的に「ローン専用カード」を発行して利用する必要があります。

カードの見た目でキャッシングを利用していることがバレてしまうので、近くに知り合いがいるときは利用しづらいですね。

返済期間が長くなりがち

先ほど、「毎月の最低返済額が決まっている」ご説明しましたが、これに合わせて返済を続ける方がいます。

その場合は分割払いと同様、毎月利息が発生して、全額返済までの期間が長くなってしまいがちです。

もし、10万円を年利18.0%で毎月2,000円ずつ返済していたら、完済までに約80ヶ月程度かかる上に利息が5万円以上になってしまうことになります。

余裕があるときはまとめて返済してペースを上げましょう。

クレジットカードのメリット・デメリット

メリット

  • すでにカードを持っていればキャッシングの審査は不要
  • 海外のATMでキャッシングが便利

すでにカードを持っていればキャッシングの審査は不要

クレジットカードをお持ちであれば、初めからキャッシング機能もあるはずなので、カードローンのように審査の申し込みをする必要がありません。

ですから即日で借りることもできます。

ただし、キャッシング枠を0円で申し込みをした場合は、クレジットカードのコールセンターへ電話で枠を設けてもらう必要があります。

海外のATMでキャッシングが便利

クレジットカードは基本的に海外でも利用することができるので、海外ATMで現地のお金を借り入れすることができます。

クレカさえあれば、カード払いにも現金払いにも対応できるというわけです。

ただし、「スキミング」などのカード犯罪には要注意ですね。

デメリット

  • 基本的に翌月一括払い
  • カード紛失のリスクが大きい

基本的に翌月一括払い

クレジットカードのキャッシングは基本的に翌月一括払いなので、借りた分まとまったお金が引き落とされることになります。

リボ払いの場合は金利が高いので、早期の全額返済を目指す必要があります。

リボ払いの評判や口コミを見ればわかる通り、あまり好んで使うべき機能ではありません。

カード紛失のリスクが大きい

旅行に行った際などに、紛失してしまったことに気付くのが遅れてしまうと被害が甚大になるリスクがあります。

カードローンは暗証番号がありますが、クレジットカードは表記されている番号だけで買い物ができるので、身に覚えのない請求がくることがあります。

紛失したとわかったら、すぐにカード会社へ停止の連絡をする必要があります。

シェアする

フォローする