カードローンの金利とは?金利を引き下げるコツもご紹介!

シェアする

女性 カードローン

カードローンを利用する際、必ず確認しておかないといけないのは金利です。
しかし、「カードローンやキャッシングのサイトをみてもごちゃごちゃしていてよくわかんないし、そもそも金利が何なのか…」
という方も多いと思います。

ですがこのカードローンにおける金利をきちんと自分の中でクリアにしておかないと、カードローンでお金を借りた後、自分がめちゃめちゃ損をすることになるかも…!

今回はカードローンの金利について基礎知識をまとめ、利用する際に各カードローンの金利についてなにを注意したらよいか?

カードローンの金利を下げるコツとは?

また金利をお得に借りることのできる会社などを比較したので、是非チェックしてみて下さい。

カードローンの金利とは?

そもそもカードローンの金利がイマイチわからない!

という方は、ここでクリアにしておきましょう。

そんなに難しい話はありません。

「%」で表示されているのが金利のこと!

カードローンの金利は、どこで確認できるのでしょうか。

実際のカードローンの広告をみて確認していきます。

カードローンの利用の際に「○○%」と表記されているのが金利です。

こちらのみずほ銀行カードローンの広告で確認すると、真ん中の点線の下に金利が紹介されていますね。

これがみずほ銀行でカードローンを確認した時にかかる金利です。

大抵のカードローンでは、カードローンの会社のサイトのトップなどに分かりやすく金利を記載しています。

金利とは利息の利率のこと

金利とはつまりどういうことなのでしょう?

簡単に言うと、金利はカードローンで借りたお金のレンタル料の割合のことを指します。

カードローンなどでお金を借りると、その借りた会社へお金のレンタル料として支払う金額のことを利息と呼びます。

金利とはつまり、その借りた額に対して、利息(=レンタル料)がどの程度かかっているのかを表した数字です。

金利はどうやって決まるの?

金利の決まり方はどうやってきまるのでしょうか?

ポイントを確認していきます!

利息の上限に従って決まる

まず一番にカードローンの利息の設定に判断基準として使われるのは、利息の上限です。

カードローンの金利には、「出資法」という法律にのっとって金利の上限が決まっています。

借りる金額によって上限金利が変わってくる為、この上限金利内で決定します。

そのためきちんと自分の借り入れ金額を確認する必要がありますね。

金利は上限が年利20%と決まっている

借りた金額 上限金利
10万円未満 20.00%
10万円以上100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

カードローンの金利の上限は20%とされています。

また「利息制限法」などでも同様に、金利の上限は15%~20%と定められています。

上記の上限をを超えて金利を設定してきたり、法外な手数料を請求したりするところは法律に違反しているヤミ金や悪徳業者である可能性が高いです。

利用するのを控え、もし利用をしてしまった場合は各地域の警察や自治体消費者生活センター、弁護士などに相談をしましょう。

カードローン金利は借り入れの限度額によって変わる

カードローンの金利は上限金利にも従いながら、借り入れにも限度額が設定されています。

またカードローンの借り入れ限度額は、カードローンに申し込みをした後に、審査によって借り入れの限度額が決められます。

その限度額は、年収が350万なら、借り入れの限度額は100万まで、といったように利用する人の状況によって審査され変わってきます。

カードローンの審査時点で限度額が決まるので、そこで金利が決まるようなものです。

初回は上限金利が適用されやすい

初めてのカードローンの利用であれば、借り入れの際には上限金利が適用されることが多いです。

カードローンの審査などで借り入れが決まる・金利が決定するなどのことは「この人はきちんと返済をしてくれるのか」とい審査がなされます。

このあと金利を安くするコツでも紹介しますが、利用者の「信頼実績」が借り入れの審査でも重要になってきます。

そもそも「この人は返済をしてくれなさそうだから」と判断されてしまうと審査すら通らないのですが、審査を通ったとしても、カードローン側からしたらまだその人が本当に返してくれる人かどうかの判断がつかないため、初回は金利を上限で設定することが多いのです。

金利の計算方法とは?

金利の決まり方が分かったところで、ここからは金利の計算方法をご紹介していきます。

いくら借りると、どのくらいの金利がかかって、実質総額いくら返さないといけないのか?をきちんと把握していないといけません。

ここからは金利の計算方法をご紹介していきます。

金利の計算式

借入金額×実質年率÷365×借入日数=利息額

実際に借りた金額に年率(=金利)を日割りします。

100万円を金利上限の15%で借りた場合

仮に半年(180日)借りたとしましょう、計算してみます。

100万円×15%÷365(日割り)×180(借り入れ日数)=73972(半年分の利息)

そのため100万円を15%の金利で半年間借りた場合、総額107万3972円返済するという計算になります。

仮に、同じ100万円を、12%の金利で半年間借りたとしましょう。

100×12÷365×180=59178

105万9187円を返済

当たり前ですが、同じ条件でも金利が安いほうが総返済額も安くなりますね。

低金利のカードローンは審査が厳しい?

金利の計算がわかったし、出来るだけ安い金利で借りれるカードローンを利用したほうがお得じゃん!

と思った方、ちょっと待ってください。

とりあえず低金利のカードローンを片っ端から審査を受けてみればいい!というわけではありません。

カードローンの金利は、低金利であれば低金利であるほど審査が通りにくいことをご存知ですか?

そして金利の安さと審査の通りやすさには、実は密接な関係にあるのです。

銀行などのカードローンは審査が厳しいけど金利が安い

カードローンを利用する際に、金利が安いところを探してみると自然と銀行のカードローンが多く出てくると思います。

実は、銀行のカードローンと消費者金融系のカードローンでは比較的、銀行のカードローンの方が金利が安い傾向にあります。

みずほ銀行カードローンや、住友銀行カードローンなどは、よくテレビCMなんかでも見かけますよね。

銀行カードローンの審査は信用できるかどうかがポイント

それは銀行は貸金業の他にも銀行としての収益があるので、カードローンでそこまで多額の金利を取らなくても良い、という理由もあります。

しかしその分、「借り入れを利用する人が、きちんと返済をしてくれる人かどうかを見極める」という点があります。

この利用者は信用できるかどうか、ということです。

それが前述の初回の借り入れの際は金利は上限で提示されることが多いことに繋がるのです。

安い金利で貸しているのにもかかわらず、踏み倒されては困りますからね。

最初からある程度「この人はきちんと返済をしてくれるかどうか」を審査するため、審査の時間もかかり、審査基準も厳しいものとなっています。

安い金利で借り入れを行うには、厳しい審査に通れる信用を証明する必要があるということが分かりますね。

消費者金融などは審査が甘く借り入れしやすいが、金利が高い

銀行系のカードローンは、安い金利・厳しい審査ということが分かりました。

しかしカードローンの借り入れを行うには法律を違反せずとも、審査が比較的甘いというところもあります。

それは消費者金融系のカードローンです。

プロミスやアイフルなどはコミカルなCMでも有名ですよね!

消費者金融のカードローンだと審査が比較的甘く、また審査スピードも速いところが多いのです。

しかし欠点は、銀行カードローンに比べると金利が高めということがあります。

消費者金融系のカードローンは、金利を高めに取ることで、仮に踏み倒されたとしても帳尻を合わすことができる、という消費者金融側の思惑があります。

ポイント銀行系カードローンは金利は安いが、審査が通りにくい

消費者金融系カードローンは審査は通りやすいが、その分金利も高め。

主に大手消費者金融と比較して、中小消費者金融のメリットやデメリットをご説明していきます。あわせて、管理人が厳選したおすすめの中小消費者金融5社の基本情報と、おすすめするポイントをご紹介しています。

ヤミ金は論外!借りるの簡単・返すのはほぼ不可能…

銀行カードローン、消費者金融ときて、ヤミ金はいかがでしょう?

ヤミ金と言われる、いわゆる違法な金融や悪徳業者などでの借り入れは、簡単に借りれる分、めちゃくちゃな利息を払わされ続けるのです。

ヤミ金にもよりますが、だいたい40%~50%ほどの金利を取られることが多く、銀行カードローン・消費者金融の2倍近くを取られます。

仮に先ほどの例と同様、100万円を同じ半年の条件で闇金で借りたとすると、以下の金額になります。

100万円×50%÷365×180=24万6575円

え?意味がわからないですね。

金利 利子 返済総額
12% 59,178円 105万9187円
15% 73,972円 107万3972円
50% 24万6575円 124万6575円

※100万円を半年借りた場合の、各金利における返済総額

ヤミ金は利用しないに限ります…。

おすすめの銀行カードローンはどこ?

銀行カードローンが安いのは分かった!

そしたら、おすすめの銀行カードローンが知りたいですよね。

代表的な銀行カードローンの金利を調べてまいりましたので、さっそくご紹介いたします。

金利(年) 借入額
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 10万円~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円

※2019年4月現在

各社そこまで差が無い?

金利は銀行カードローン各社そこまで差がない上、借入金額の上限もほぼ同じことがわかりました。

銀行カードローンは突出したサービスを展開している、というところはありませんね。

カードローンの金利の返済額を少なくするコツとは?

おまとめローン

カードローンの金利が安いほうが、総額の返済額も少なくなります。

また他にも返済額を少なくする方法はあります!

ちょっとしたことを気を付けたり、あるテクニックで金利を下げる交渉をしやすかったりできます。

早く返して利息を少なくす

返済を早くすることで、物理的に返済額を下げることが出来ます。

始めにご紹介した通り、金利と返済額は日割り計算で計算されるため、早く返すことにより返済額を下げることが出来ます。

利子 返済総額
半年 59,178円 105万9187円
3か月 36,986円 103万6986円
1カ月 12,500円 101万2500円
14日 5,833円 100万5833円

※100万円借り入れ、金利は15%固定の場合

全然違いますね。

少しでも可能な場合は、一日でも早く返済をすることで負担が減ります。

その1日が命取りになりかねないので、早めの返済を心がけましょう!

繰り上げ返済をするのも際は注意が必要!

繰り上げ返済の利点は先ほど説明しましたが、繰り上げ返済を行う際には注意が必要です。

繰り上げ返済を行った際、その返済が前月扱いか、当月扱いかであるかも要注意です。

何日以前に入金を行ったら前月追加返済ですが、何日以降だと当月扱いになる、といったことがあります。

その際今月の入金を早めにやったつもりになっても、前月追加分で入金されてしまえば、今月の振り込みは変わらず行わないといけません。

そうなると「今月払うつもりがなかったのに!」ということになりかねません。

繰り上げ返済を行う時も、各カードローン会社の規定をよく確認して、計画的に返済を行いましょう。

返済が遅れると遅延損害金で余計高くついてしまう

返済が1日でも遅れてしまうと、「遅延損害金」といったペナルティをカードローン会社からくらうこともあります。

要は遅れてしまったための追加の返済金がかかることがあるということです。

期限が遅れてしまった場合でも、この遅延損害金を支払えば特に問題はありませんが、この遅延損害金は、金利上限の20%に上ることもあり、せっかく金利の安いカードローンを利用したのにも関わらず高額な返済を行わなければならなくなります。

返済を滞らせすぎるとブラックリストに名前がのってしまう?!

返済を遅らせてしまうと遅延損害金を追加で返済しなければならないとご紹介しましたが、これにも応じずに返済を滞らせていると、信用情報機関に滞納しているという情報が登録されてしまいます。

いわゆるブラックリストに名前が載るということです。

この信用情報機関に、滞納していることが記録されてしまうと、クレジットカードの作成が出来なくなってしまうのは勿論のこと、将来的に住宅ローンを組もうとしても、申し込みが出来ないなどの不都合が生じてしまいます。

再三言いますが、返済は期限までに行いましょう。

キャッシングを利用していると不安なのは、「信用情報に傷がついて、住宅ローン等の審査に通らなくなる」という噂だという方は多いのではないでしょうか?その謎を解説するべく、まずは信用情報とはどういうものかをご説明して、どのような行為で傷がつくのかを解説します。

無利息で借りれるところを駆使しよう

銀行系のカードローンでは難しいのすが、消費者金融系のカードローンであれば条件付きで無利息で借り入れできることもあります。

先ほど初回の借り入れ時は金利を上限で付けられることがあるとご紹介いたしましたが、消費者金融系のカードローンでは初回時に限り無子息サービスなどを行っているところも多いのです。

例えば消費者金融系ではお馴染みのアイフルは、初回利用時に限り30日間無利息サービスなどがあります。

アイフルで初めて借り入れをして、30日以内に返済を行えば利息はかからないということです。

カードローンによっては同じようなサービスを行っていることもありますので、これらを駆使して、出来るだけ利息のかからない借り入れを行いましょう!

アイフルの基本的な情報やサービス、そして即日審査や即日融資を受ける方法についてご紹介しています。「無利息サービス」や「1秒仮審査」など、アイフルは他社よりも申込者のことを考えたサービスが多く、お急ぎの方は優先して審査を始めることもできます。

限度額を引き上げると金利も下がる

金利をもう少し下げるには、借り入れの限度額を上げることで金利が下がることもあります。

これもこれまでの借り入れで完済履歴があることであったり、カードローン側に自分は返済能力があると信用してもらうことが大切です。

同じカードローン利用履歴で完済の履歴があると、比較的簡単に限度額の引き上げを受け入れてもらえることが多いのです。

まずは限度額引き上げを試してみるのも一つの手ですね。

限度額を上げてもらうにはカードローンの各社申し込みによって異なりますが、ネット・電話などから申し込みを行います。

限度額増額を申請すると大抵は翌日には反映されることもあるので、とりあえず申し込んでみましょう。

ちょっと多めに借り入れを行うことで、金利上限を下げる

金利は借入金額によって上限金利が設定されると紹介しましたが、つまり買い入れ金額の上限によっても左右されるということです。

カードローンでは、多くの会社で限度額によって金利が設定されるということが多いのです。

そのため限度額を引き上げてもらうと、反比例をし金利が下がることがあります。

先ほどの金利上限の表をもう一度確認してみましょう。

借りた金額 上限金利
10万円未満 20.00%
10万円以上100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

例えば、極端な例にもなってしまいますが、90万円が必要になり、カードローンで借り入れを申請するとしましょう。

90万円では、上限金利が表の真ん中の「10万円以上100万円未満」に該当するため、金利上限は18%ですね。

しかし、表の一つ下の100万円以上のの上限金利に注目してください。

90万円の借り入れでは金利の上限が18%であるのに対し、借入金額が100万の10万増えた時点で金利上限が15%にまで下がります。

実際に計算してみよう

90万円を半年借りて、金利が上限の18%の場合
→90万円×18%÷365(日割り)×180(借り入れ日数)=79890

これが借り入れが予定の10万増えた100万円で、金利は上限の15%、日数は同条件の場合

100万円×15%÷365(日割り)×180(借り入れ日数)=73972

90万円の借り入れでは利息は79890円であるのに対し、100万円では73972円と、5918円もお得です。

100万を借りても、必要な分だけ使い、余分に借りた分は返済にあてるのでも良いですね。

このように、借入金額は返していける見込みを立てながら計画的に借りるべきですが、金額によっては借入額を調整しながら利用をすると金利をお得に借りることが出来ます。

定期的な借り入れがあると優遇されやすくなる

カードローンでは、以前にそのカードローン会社で借り入れ・完済の実績があると、「この人は完済の実績があるので大丈夫」と判断されることが多く、金利の引き下げの交渉にも応じてもらえることが多いとのです。

しかしカードローンを何度も利用しては返済…なんて機会もそう多くはありませんよね?

その際はコツとして、一つのカードローン会社に完済実績を作ってしまえばよいのです。

完済実績を作るってどういうこと?危ない手口じゃないの?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、安心してください。違法手口ではありません。

それは、本当に実際に完済実績をあらかじめ作っておけば良いのです。

例えば10万円をカードローンで借りて、その借り入れには手を付けず、そのまますぐ返す、ということを行うのです。

少額でも完済した実績はきちんと利用したカードローン会社に残るので、完済実績として評価してもらえ、金利の引き下げの交渉にも応じてもらえることが多いです。

しかし実績作りのために借りて、間違って使ってしまい、返済に困るということが無いように無理のない範囲で少額で実績を作っていくことをおススメします。

複数で借りている場合は「おまとめローン」を使って負担を軽くしよう

複数の銀行カードローンや消費者金融系のカードローンで借り入れを行っていると、その分カードローンごとに金利も異なる上、負担が大きくなります。

そこでおまとめローンを使い、カードローンの借り入れ先をまとめてしまうことをおススメします。

おまとめローンのメリット

  • 借入先を一本化することで、バラバラの返済期限をまとめることが出来る
  • 返済日がまちまるので、複数あることによる返済日を忘れることが無い
  • 複数のカードローンに払っていた金利が、一か所にまとめられるため、返済総額が減ることも
  • 一つにまとめるので、自分の借り入れ状況が明確になり、返済計画も立てやすくなる

などのメリットがあります。

すでに複数のカードローン会社を利用している方は、おまとめローンの活用も検討してみて下さい。

おまとめローンは、複数の借り入れを1つの借り入れ先にまとめることができるキャッシングです。借り入れが1つにまとまることで金利が下がることもありますが、返済そのものは楽にならない場合もあります。今回は、メリットやデメリットを中心にご紹介していきます。

まとめ

今回はカードローンの金利についてご紹介いたしました。

  • 金利の決まり方とは?
  • 金利の計算方法は?
  • 低金利のカードローンとは?
  • カードローンの金利を下げるコツ

などをご紹介いたしました。

また、カードローンの金利を下げるコツとして以下のポイントをまとめました。

  • カードローンの返済は日割りなので、早く返すことで返済総額を減らす
  • 無利息で借りれるキャンペーンを駆使する
  • 借り入れ限度額をあげて、金利を下げてもらう
  • 定期的に借り入れをおこない、返済実績をつくる
  • 複数のカードローンを利用している際は、おまとめローンで返済を一本化する

実際に借りる際に、返済のイメージが付きやすいように、金利で計算方法比較もご紹介しておりますので、是非そちらもご活用してください。

カードローンは、金利の制したものが有効なカードローンライフを送ることが出来ます!

この記事があなたのお役に立てていることを祈ります。

シェアする

フォローする