手始めに借りるならアイフルが絶対おすすめな理由

シェアする

「キャッシングを利用してお金を借りるにしても、どこからまう借りればいいのかわからない…」

という方におすすめなのが、「アイフル」です。

アイフルには、まず最初の手始めに借りるのに最適なポイントがいくつもあります。

特にアイフルは、早くお金を借りたいという「即日融資希望」な方にぴったりです。

色々消費者金融はありますが、今回はアイフルに絞って、手始めにお金をかりるのにアイフルが最適な理由を今回ご説明したいと思います。

アイフル基本情報

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万
審査 最短30分
融資時間 最短1時間

アイフルの基本情報です。

アイフルの金利設定、アイフルの限度額その他、極端に他の消費者金融と違うところはありません。

しかし、アイフルは他の消費者金融と違い銀行傘下に下ってない「独立型の消費者金融」です。

そのため、外からしがらみを受けない、手始めにぴったりの借り入れが可能な理由があります。

アイフルは手始めに借りるのにぴったりなわけ

それでは早速、アイフルがいかに手始めの借り入れに向いているか、手始めで借り入れるべき理由を説明したいと思います。

即日審査対応

アイフルは申し込んでからその日のうちに審査結果が届く「即日審査」に対応しています。

審査に時間がかからないという点で、まず手始めの借り入れに最適だと言えます。

また、アイフルは土日祝日の即日審査にも対応しています。

土日でも平日と変わらない借り入れを行うことができるのは、アイフルが手始めの借り入れに最適だと言える大きな要因でしょう。

審査を優先してくれるフリーダイヤルがある

アイフルには、他の消費者金融には珍しい「優先的に審査を行ってくれるフリーダイヤル」があります。

具体的な電話番号は「0120-337-137」です。

この電話番号に電話することで、通常アイフルから電話を待つプロセスを飛ばすことができるので、アイフルの審査時間を大きく短縮することができます。

即日融資対応

最短30分で終わる即日審査の後、アイフルは最短1時間で借入可能な即日融資にも対応しています。

借り入れるまでに時間がかからないポイントは、アイフルが手始めの借り入れに向いているということの、大きな要因です。

「借り入れに時間をかけたくない」ならぜひ、アイフルからお金を借り入れてみてください。

必ずや、アイフルはそのニーズに応えてくれるはずです。

パート・アルバイトでも手始めに借り入れ可能

アイフルは、広い利用者に手始めの借り入れでおすすめできる消費者金融です。

例えばパート、アルバイトなどの非正規雇用で働く方々。

正社員ほど多くの収入をもらっていないとしても、アイフルは審査に通して、手始めの借り入れを許してくれるでしょう。

収入が低い、正社員ではない、などの理由で審査に自信がない方もぜひ、アイフルから手始めの借り入れを行ってください。

主婦でも審査に通れば手始めに借入可能

もちろん、アイフルはアルバイト収入だったとしても安定収入があれば主婦の借り入れが可能です。

あらゆる事情でお金に困っている主婦はおられるはず。

アイフルは、そんなお金に困っている主婦の助けとなるカードローンを展開しているのです。

30日間無利息

アイフルは、はじめて借り入れる方に向けて「最大30日間無利息」のサービスを展開しています。

ここで注意したいのは、アイフルは「最大」30日間無利息のサービスを展開していることです。

アイフルのカードローン契約の翌日から30日間、借り入れたお金に利息がかからないため、アイフルのカードローン返済額を抑えることができます。

この「30日間無利息」であるポイントは、アイフルを手始めに借りやすくする大きな要因ですよね。

アイフルから手始めに借りる手順

具体的に、アイフルから手始めに借り入れを行う手順を調べていきましょう。

どのような流れで、アイフルから手始めにお金を借りることになるのか。

一つずつみていきましょう。

申込み時間確認

まず今何時か確かめてください。

アイフルは、時刻によって申込み方法を考えるべきです。

PCやスマホからのインターネット申込みなら、24時間いつでも対応可能です。

しかし、即日融資のために便利な自動契約機からの申込みは、基本的に8:00から22:00までの申込みとなります。

アイフルから手始めに借りたいと思ったなら、まず「今何時か?」を見てみることにしましょう。

必要書類の準備

アイフルからお金を借り入れる際に必ず必要になるのが、「必要書類」です。

書類をしっかり準備しておかないと、他の条件をすべてクリアしていたとしても、書類の不備を原因に借り入れが不可能となってしまいます。

アイフルから手始めに借り入れるために必要な書類は大きくわけて2つ。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

このうち「本人確認書類」は必ず必要になります。

本人確認書類は、パスポートや運転免許証、住民基本台帳カードなど、個人の情報を確実に確認できるものです。

アイフルが審査のなかで必要だと感じた時のみ、直近の給与明細書などの収入証明書の提出が必要になります。

アイフルへ申込み

準備ができたなら、アイフルへ実際に申込みましょう。

アイフルへの申込み方法もいくつかあります。

公式サイトからの申込み、電話申し込みなどありますが、やはりおすすめなのはアイフルとのやり取りに時間がとられない「ネット申し込み」です。

PC、スマホどちらからも申し込めるのも嬉しいですよね。

審査を早めるフリーダイヤルへ電話

記事上部でも説明した「審査を早めるフリーダイヤル」へ電話してください。

アイフルからの借り入れに時間がかかっていると、アイフルからの借り入れが「手始めに簡単」とは言えなくなります。

アイフルから手始めに借りるために重要な要素「審査を早める」ためにできることはすべて行いましょう。

審査結果受け取り

アイフルの審査が在籍確認まで終われば、アイフルに申し込んだメールアドレスか電話番号に審査結果が届きます。

審査結果を受け取ったあとは、申込み時アイフルに伝えた借入方法で実際にアイフルからお金を借り入れるだけです。

借り入れ

ここまで来たらあとは実際にアイフルからお金を借り入れるだけです。

アイフルは借入方法も複数あるので、自分にあった方法での借り入れが可能になります。

アイフルから手始めに借りる!借入方法編

アイフルから手始めに借り入れるためにも、アイフルからお金を借り入れる借入方法を学んでおきましょう。

提携ATMから借り入れ

アイフルから手始めに借りるためにおすすめなのは、やはり提携ATMからの借り入れです。

カードローンの借り入れといえばやはり「ATMからの借り入れ」です。

カード発行後すぐにアイフルの提携ATMから借り入れることで、簡単にアイフルから手始めの借り入れを完結することができるのです。

自動契約機を使えば、カードの受け取りを待たずともすぐカード受け取り後借り入れを行うことができます。

アグレッシブに動いて借り入れを希望する方におすすめです。

インターネットから振込依頼を出す

PC、スマホからアイフルの会員ページにログイン後、振込依頼を出す形で手始めの借り入れを行うことが可能です。

振込依頼自体は24時間いつでも出すことができますが、問題は「銀行の振込対応時間」です。

銀行の振り込みが対応している平日の14時までなら、問題なくアイフルから手始めに振込で借入可能です。

時間に気をつけながら、ネットからアイフルに振込依頼を出してください。

アイフルから手始めに借りる!返済方法編

アイフルから手始めにお金を借りたとしても、そのお金は返さなくてはなりません。

返済方法もしっかり前もって確認しておきましょう。

振込返済

アイフルから指定された口座へと振込で返済します。

この時かかる振込手数料はカードローン利用者の負担となります。

ちなみに、家族などにみられてもわからないよう、振込先の記述はアイフルとわからないものになっています。

口座振替

口座振替、自動引き落としで返済も可能です。

口座振替での返済なら、何より恐ろしい「返済忘れ」を防ぐことが可能です。

返済忘れが不安なら、ぜひ口座振替での返済をおすすめします。

ATM返済

借入時と同じく、提携ATMから返済も可能です。

返済時にかかるATM利用手数料は無料です。

アイフルの提携ATMは全国各地に設置してあるので、返済で利用するATMの場所には困らないはず。

店頭窓口から返済

アイフルの実店舗から返済も可能です。

しかし、問題はアイフルの実店舗はATMと比べてかなり数が少ないということでしょうか。

実店舗が近くにある心当たりのある方は、ぜひ実店舗から返済も考えてください。

アイフルから手始めに借りると返済の催促が来る?

アイフルから手始めの借り入れを考えている方が不安なのは、「返済が遅れないか」と同時に「返済が遅れた時返済の催促が来るか」ということではないでしょうか。

結論から言うと、アイフルへの返済が遅れた時、返済の催促は来ます。

とはいえ、イメージのような怖い催促ではなく、どちらかというと返済が遅れていることへの確認という言い方が近いです。

「早く返済しろ」ではなく、「返済が遅れているがどうましたか?」といった感じでしょうか。

アイフルから取り立ては来る?

アイフルへの返済が遅れていた時、取り立ては来るのか?

という心配をしている方も多いでしょう。

しかし心配はいりません。返済が遅れたとしても、アイフルから返済の取り立てはきません。

というか、消費者金融の取り立てには厳しい規制があるので、取り立てに対して過度に心配する必要はありません。

消費者金融の取り立てって怖いの?取り立て時の対処方法など

アイフル 手始めまとめ

いかがだったでしょうか。

アイフルがいかに手始めの借り入れに最適か、わかっていただけたでしょうか。

アイフルは借り入れ設定から、借入方法、返済方法に至るまで、手始めの借り入れに最適です。

お金が必要だが、どこからお金を借りたらいいかわからない…。

なんて方はぜひ、アイフルから借り入れをおすすめします。

シェアする

フォローする