アイフルのスペック特徴を解説!利用者の評価は高い?

シェアする

アイフルからお金を借りたいと考えているものの、アイフルのスペックや特徴が果たして優秀なのか。

他の消費者金融とどんな点が違うのか。

それらが気になって、いざ借入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、アイフルのスペック特徴を、他消費者金融のスペックと比較しながら紹介していきたいと思います。

「借入先はアイフルからで大丈夫なのか」
「アイフルってよく名前は聞くけど、他の消費者金融とどこが違うのか」
「実際アイフルって優秀なのか。借りやすいのか」

ネット上の情報は、アイフルのメリットばかり強調されていたり、口コミもなんだか信憑性のないものばかりで、本当か?と言いたくなるものばかり。

今回は、キャッシング利用者の細かい疑問もすべて解決していきたいと思います。

アイフルのカードローンスペック特徴

アイフル

金利 3.0~18.0%
限度額 最大800万円
審査 最短30分
融資 最短1時間

審査が早く借りやすい消費者金融

アイフルの強みはなんといっても「優先して審査してもらうためのフリーダイヤルがある」ことです。

アイフルに申込み後、フリーダイヤルに電話するだけで優先して審査してもらうことができます。

そのため、他の消費者金融より審査に時間をかけることがないのです。

まず、審査に時間がかからないという点で優秀な消費者金融だと言えます。

アイフルのスペック特徴を他社スペックと比較

それでは、上で紹介したアイフルのスペック特徴を、他消費者金融のスペックと比較して考えていきましょう。

条件を比較した時、アイフルのスペック特徴は「借りやすい」と言える条件を備えているのか?

金利

消費者金融 金利
アイフル 3.0~18.0%
アコム 3.0~18.0%
プロミス 4.5~17.8%
SMBCモビット 3.0~18.0%

いかがでしょうか。

アイフルのカードローン金利設定を、他のカードローン金利と比べて表にしました。

あまり、アイフルのカードローン金利が際立って高かったり低かったりしないこと、見てもらうとわかると思います。

限度額

消費者金融 限度額
アイフル 最大800万円
アコム 最大800万円
プロミス 最大500万円
SMBCモビット 最大800万円

消費者金融ごとの限度額の違いです。

有名大手消費者金融の限度額を見てみると、プロミス以外は最大限800万円が設定されていますね。

審査基準

審査基準を比較するのは難しいです。

明確な審査基準の違いを知っているのは、それぞれの消費者金融の内部で働く人だけだからです。

今回は、株主向けに公開されている「IR情報」から、カードローンに申し込んだ人と審査に通った人の割合「審査通過率」でそれぞれの消費者金融を比較したいと思います。

消費者金融 審査通過率
アイフル 43.60%
アコム 42.40%
プロミス 42.00%

これは2019年1月のデータですが、それぞれの数字に大きな差はないですよね。

月によって若干審査通過率のばらつきがありますが、50%にまで到達することはあまりありません。

アイフルのスペック特徴は優秀?

アイフルと、大まかな大手消費者金融のスペック特徴を比較してきましたが、端的に言ってアイフルは優秀なのか?

アイフルが優秀か否かという点から、情報を探っていきたいと思います。

金利設定は大手消費者金融として一般的

消費者金融を比較する上で一番気になるのが、「金利」です。

金利が低ければ低いほど、返済時支払う利息が少なくなります。

アイフルの金利は、先程説明した通り「3.0~18.0%」という設定。

この設定は、消費者金融のなかでは必要以上に高くも、低くもないという設定。

金利の面では、アイフルは特に際立って優秀ということは言えないようです。

もっと金利の低いカードローンでお金を借りたいなら、銀行カードローンで借入を行ってください。

限度額も一般的な設定

限度額の設定「最大800万円」は、消費者金融の中ではトップクラスに高い設定です。

大手消費者金融のなかでは際立って高くないとしても、消費者金融全体でみればかなりハイクラス。

とはいえ、消費者金融は借入可能額に制限がかかる「総量規制」の対象です。

総量規制の制限がかかると、借入可能額は「年収の3分の1まで」となるので、アイフルから800万円借り入れることができるのは、「年収2400万円もらっている人」となってしまいますね。

アイフルのスペック特徴を活かして借り入れることが出来る人は?

アイフルのスペック特徴を紹介しましたが、紹介したアイフルのスペック特徴を活かしてお金を借りることができるのはどんな人か?

スペック特徴を活かせる人の特徴を調べておきましょう。

審査をすぐ終わらして早く借りたい方

やはりアイフルの強みは「審査を優先してもらえるフリーダイヤルがあること」です。

そのため、「審査を早く終わらせたい」と思っている方にピッタリです。

フリーダイヤルに電話すると、「審査を早める」というよりは、「アイフルからの折返しを待たなくていい」という感じでしょうか。

こちらの都合で審査を進められるのは嬉しいです。

大手消費者金融じゃないと安心して借りられない方

アイフルはテレビCMでもおなじみの大手消費者金融。

「愛はあるんか?」アイフルのCMの板前役は元芸人?

しかも銀行と提携せず営業を行う、大手消費者金融唯一の独立型の消費者金融です。

実績のある大手消費者金融でないと、自分が借り入れる際不安だという方にこそ、アイフルを強くすすめたいです。

初めてアイフルからお金を借りる方

アイフルからお金を借りる際、その借り入れがはじめてなら「30日間の無利息期間」のサービスがつきます。

30日間利息が発生しないとあれば、総返済額はかなり下がります。

これなら、普段キャッシングと縁遠い人でも、気軽にお金を借り入れることができるでしょう。

逆に、アイフルから過去お金を借りたことがある方は、別の「無利息サービス」が設定されているカードローンでお金を借りてください。

アイフルの返済に関するスペック特徴は?

アイフル利用者が気にするべきなのは、アイフルの借り入れスペックだけではありません。

アイフルから借りたお金を返済するときの「返済スペック」に関しても注意を払っておくべきです。

返済額

借入直後残高 サイクル制返済金額 約定日制返済金額
1円~100000円 5000円 4000円
100001円~200000円 9000円 8000円
200001円~300000円 13000円 11000円
300001円~400000円 13000円 11000円
400001円~500000円 15000円 13000円
500001円~600000円 18000円 16000円
600001円~700000円 21000円 18000円
700001円~800000円 24000円 21000円
800001円~900000円 27000円 23000円
900001円~1000000円 30000円 26000円
1000001円~3000000円
は10万円毎
1000円ずつ加算 1000円ずつ加算
3000001円~3100000円 51000円 47000円
3100001円~4900000円
は10万円毎
1000円ずつ加算 1000円ずつ加算
4900001円~5000000円 70000円 66000円
5000001円~7900000円
は10万円毎
1000円ずつ加算 1000円ずつ加算
7900001円~8000000円 100000円 96000円

返済方法

アイフルから借り入れたお金の返済方法はいくつかあります。

アイフル自社ATM・実店舗

アイフルの自社ATM、実店舗からの返済も可能です。

これらの方法での返済には手数料が一切かかりません。

提携ATM

アイフルの提携ATMから、借り入れと同じ感覚で返済が可能です。

以下のATMから返済が可能です。

  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 西日本シティ銀行ATM
  • E-net
  • 親和銀行ATM

振込

アイフルが指定した口座へと振込という形で返済も可能です。

しかしこの方法は、「振り込む手間」と「振込手数料がかかる」という点であまりおすすめできません。

口座振替

返済日に口座から自動引き落としが行われる「口座振替」という形でも返済が可能です。

口座振替の利点はやはり「返済の忘れがない」ということでしょう。

返済忘れがあると、返済が行われなかったとして、信用情報にブラックな記録として残ってしまいます。

返済のコツ

アイフルの返済スペック特徴がわかったところで、アイフルに効率よく返済するための「返済のコツ」も紹介します。

返済のコツは、「多めに返済すること」です。

予定どおりに約定返済を進めるのではなく、予定外の繰り上げ返済を随時行っておくことで、返済期間が短くなるのでおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

アイフルのスペック特徴を、様々な観点から紹介しました。

他の消費者金融のスペックとも比較することで、客観的にスペック特徴も調べました。

シェアする

フォローする