アコムで即日融資を受けられる人の特徴

シェアする

キャッシングの際に必ず通らなければならない道である審査。

審査なんてどこも同じだと思われがちですが、実際は会社によって審査の基準は異なります。

そのため、より確実に融資を受けたければ、利用したい会社の審査基準を把握しておく必要があります。

特に即日融資を希望する方にとって、審査に落ちてしまっては大きな時間のロスになってしまい、その日中に審査を受けられなくなってしまう可能性もあります。

ここでは、アコムの審査をスムーズに乗り切り即日融資を受けるために審査基準についてご説明します。

アコムHPに記載されている契約条件

アコムの公式ホームページには、

「契約の基準は、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」

という記載があります。

そのため、この条件に該当しない方は、審査に申し込んでも100%落ちてしまいます。

また、20歳以上というのは明確で分かりやすい基準ですが、「安定した収入」と「返済能力」というのは少し抽象的ですよね。

安定した収入とは?

ここでいう安定した収入とは、毎月継続的に収入がある人のことを指しています。

いくら継続的に収入がある人でも、3ヶ月に1度や1年に1度といった場合は審査には落とされてしまう可能性が高くなります。

2ヶ月に1度高額の収入が入る場合などは、例外として認められるケースも稀にあるようですが、基本的に毎月収入があるのかどうかで判断するようにしましょう。

収入形態は問われない

アルバイト得られる時給や営業で得られる歩合給であっても、毎月の収入さえあればその給与形態が問われることはありません

時給や歩合給の他にも、不動産収入や投資による収入であっても全く問題ないというわけです。

ただし、給与収入でない場合は収入確認のため確定申告書の提出を行わなければならないこともあり、その際に収入が不安定であると判断された場合には融資を受けることはできませんのでご注意ください。

具体的には、株式投資で収入を得ている方で月の収入に大きく開きがある方などは、アコム側に収入が不安定であるとみなされてしまうかもしれません。

国や公共団体からの支給は収入ではない

毎月の継続的にお金が入ってくるという方の中でも、収入と認められないケースも存在します。

それは、お金が国や公共団体からの支給である場合です。

具体的には、年金や生活保護は安定した収入とみなされることはありません

返済能力とは?

返済能力とは、そのままの意味を取ればお金を返せるかどうかということですが、アコム側はこれを信用情報から判断しています。

信用情報とは、あなたが今まで利用してきたローンやクレジットカードについての記録のことです。

ここには、いつ、どこで、いくらの買い物でクレジットカードを使ったか、といった非常に細かい情報まで記録されています

金融事故を起こしているかどうか

信用情報の中でもアコム側が最も重要視しているのが、金融事故を起こしていないかどうかです。

金融事故とは、主に下記のようなことを指します。

事故の種類 記録されるケース
長期延滞 2ヶ月以上など長期間ローンやクレジットカードの債務を延滞したことがある場合
代位弁済 債務を延滞した後に保証会社などに債務を肩代わりしてもらったことがある場合
債務整理 破産・任意整理・特定調停・民事再生(個人再生)など法的に債務を減額する手続きを行ったことがある場合
協会停止 日本貸金業協会の貸付自粛制度を利用したことがある場合

信用情報には過去5年分の記録が保存されている

信用情報に金融事故の記録があれば、一生お金を融資してもらえないというわけではありません。

なぜなら、金融事故の記録は最長5年までしか信用情報に記録されないからです。

そのため、5年以上前に金融事故を起こしていた場合は、金融事故が原因で審査に落ちるということはありません。

他社借入にも注意!

アコム側が信用情報でチェックしている点は、金融事故の記録だけではありません。

何社から、いくら借りているのかという他社からの借入情報もチェックしています。

借り入れが5件以上ある

信用情報からは、何社から借り入れを行っているのかといったこともチェックされています。

借り入れの件数は多ければ多いほど審査に通るのは難しくなり、3件以上からは審査に落ちる可能性がグッと高くなります

また、5件以上から借り入れを行っている場合には、ほぼ100%審査に落ちると考えていいでしょう。

借入額は年収の3分の1以上

借り入れを行っている会社数以外に、借入額もしっかりとチェックされています。

借入額が収入の3分の1以上の場合には、貸金業法の総量規制という決まりによって借り入れを行うことができません。

また、これはアコムだけではなく、全ての貸金業者に共通しています。

在籍確認で確認される3つのポイント

審査において信用情報などに問題がない場合には、いよいよ在籍確認が行われます。

在籍確認では、主に以下の3点がチェックされます。

  • 会社がペーパーカンパニーなどではなく本当に存在するのかどうか
  • 社員として会社に勤めているかどうか
  • 会社を休職や退職していないかどうか

上記のどれか1つでも当てはまる場合は、在籍確認で審査に落ちてしまいますのでご注意ください。

アコムのブラックリストに載っている

どこの消費者金融にも、会社独自のブラックリストが存在します。

これには、過去にアコムから融資を受けて金融事故を起こした方などが記録されます。

また、ブラックリストの情報はアコムが社内で情報として保管しているので、信用情報のように5年で消えるということはありません。

過去にアコムから融資を受けて、長期延滞や債務整理を行った経験がある方は他に問題はなくとも審査には通らない可能性が高くなっています

審査に通りやすくなる条件

ここまで、審査に落ちやすい方の条件を挙げてきましたが、ここからはアコムの審査に通りやすい方の条件を挙げていきます。

当てはまる事項が多ければ多いほど、アコムの審査には通りやすいと言えるでしょう。

年収が高く安定している

年収が高く安定している方は審査には通りやすくなっています。

ただ、ここで注意しなければならないのは、年収が高いだけではダメだということです。

いくら年収が高くても、毎月の収入が安定していなければ審査には通りにくいでしょう。

大企業に務めているとプラスポイント

一部上場企業など一般的に大企業と呼ばれるところに務めている方は審査には通りやすくなっています。

これは、大企業がすぐに潰れるとは考えにくく、安定した収入が毎月見込めるからです。

ただ、だからと言って中小企業の人がマイナスポイントかというとそうではないのでご安心ください。

勤続年数が長い

キャッシングを利用する上で意外に重要なのが勤続年数です。

勤続年数は長ければ長いほど審査には有利になります。

これは、長期に渡って働いているということから、収入が安定していることが読み取れるからです。

目安としては、下記を参考にしてください。

勤続年数 評価
0~6ヶ月未満 審査落ちの可能性が高く、申し込みは控えたほうが無難です
6ヶ月~1年未満 審査に通るかどうかギリギリの最低ラインです
1年以上~3年未満 一般的に審査に通ると言われる合格ラインです
3年~ 勤続年数がプラスに作用するようになります

個人事業主は審査には不利

個人事業主の方は、一般的な正社員の方よりも審査には通りにくくなります

これは、個人事業主という立ち位置は安定しているかどうか判断しづらいからです。

そのため、大企業の正社員や公務員といった分かりやすく収入が安定しているほうが審査には有利になります。

経歴がクリーンである

キャッシングの審査では、信用情報から今までのお金に関する情報をチェックされます

その時に、公共料金やクレジットカードの支払いが遅れた経歴や滞納した経歴があると、審査には通りづらくなってしまいます。

初めて審査に申し込む時は、クリーンな経歴で申し込むようにしましょう。

信用情報に登録されている内容

信用情報には、クレジットやローンなどの申し込みや契約に関する情報が記載されています

契約内容の他にも、支払い状況や残高なども記載されており、どのようなローンを組んでいて支払いはどのくらい残っているのかということまで確認が可能です。

そのため、虚偽の報告などを行った場合は全てバレてしまいますので絶対に止めましょう。

まとめ

即日融資を受けるためには、審査をスムーズに通過しなければなりません。

そこで今回は、即日融資を受けようと考えている方向けに、審査の基準や通りやすい人・通りにくい人をまとめてご紹介しました。

これから、アコムで即日融資を受けようと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

シェアする

フォローする