アコムのスペックを徹底調査!他の消費者金融とスペックを比較!

シェアする

アコムは、みなさんご存知三菱UFJフィナンシャルグループの消費者金融。

運営実績も40年以上と、消費者金融としての歴史も長い老舗消費者金融です。

実績が長いということは、それだけ利用者からの評判が高い、そして信頼感も高いことの表れとなります。

つまり、「アコムのスペックは高い」ということで良いのか。

今回は、アコムのカードローンは借りやすいのか。

アコムのスペックは高いのか否か、他の消費者金融スペックと比べながら検証していきたいと思います。

アコムのカードローン基本スペック

v

金利 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査 最短30分
融資までの期間 最短1時間

アコムのカードローンスペックは、大手消費者金融のスペックとしては一般的な設定。

即日審査、即日融資で借りられるので、借りるハードルも低いです。

借りやすいカードローンを探している方にはぜひ、アコムのカードローン利用をおすすめしたいです。

総量規制の対象

アコムは貸金業者のため、総量規制の制限を受けてしまいます。

総量規制の対象ということは、借り入れることができるのが最大でも年収の3分の1まで、ということ。

年収300万円なら、どれだけがんばってもアコムからは最大でも100万円までしか借りることができません。

ちなみにこの最大100万円という制限は、他社借入を合計した金額になります。

借入方法

アコムのカードローンスペックを活かして借り入れるための借入方法が以下の方法です。

現在の状況や、借り入れにかけられる時間を考えながら、借り入れ方法を考えてみてください。

銀行振込で借り入れ

アコムに振込依頼を出すことで、口座へ振込という形でお金を借り入れることができます。

振込で借り入れることで、家から出ることなく、また外出先で簡単に即日融資を受けることが可能です。

アコムの会員ページログイン後、ネットから振込依頼を出します。

この手続はスマホから簡単に行うことができます。

ATMから借り入れ

カードを使って、アコムと提携しているATMからお金を借り入れます。

アコムは主要コンビニATMと提携しており、借りるためATMの場所にはまず困ることはないはず。

ATMで借り入れの際は、ATMの種類や借り入れる金額によって、利用手数料がかかってくることだけ注意が必要です。

返済方法

アコムから借りたお金は、利息を上乗せしてアコムへと返済することになります。

そのアコムへと返済するための方法も、理解しておく必要があります。

インターネット返済

借入時と同じく、インターネットから返済が可能です。

Pay-easyを利用した返済なら、24時間いつでも、自分の都合がいいタイミングで返済可能。

いつでもどこでも、好きなタイミングで返済できるのはかなりうれしいですよね。

ATMから返済

借入時と同じく、カードを使ってATMから返済することも可能です。

借入時と同じく簡単にATMから返済することができますが、返済額によって手数料がかかるのに注意が必要です。

店頭窓口から返済

アコムの実店舗から返済が可能です。

手数料がいっさいかからないものの、アコムの実店舗数がかなり少ないのが欠点でしょうか。

口座振替で返済

口座振替で毎月決まったタイミングで自動的に返済も可能です。

この方法なら、「返済忘れ」がありません。

しかし勝手に返済が進んでいくので、「返済しなくては」という危機感が薄くなってしまうのが考えものです。

余裕がある時に繰り上げ返済を行うのがおすすめです。

口座振込で返済

口座振込でも返済可能です。

とはいえこの方法は手間がかかること、手数料も利用者持ちということで、あまりおすすめの方法ではありません。

返済額

アコムで実際に返済する金額は、現在の借入残高によって毎月の約定返済額が変動する設定です。

借入残高が下がれば下がるほど、毎月返済する約定返済額も下がっていくことになります。

しかしここで返済する約定返済額は、ほとんどが「利息の支払い」です。

いくら約定返済額で支払っても元金が減らないことに注意しておいてください。

借入残高 約定返済額
10万円 まで 3000円
10万円 以上20万円まで 6000円
20万円以上30万円まで 11000円
30万円以上40万円まで 12000円
50万円以上60万円まで 15000円

アコムの無利息サービスについて

アコムのスペックで忘れてはいけないのが、「30日間の無利息サービス」です。

はじめてアコムのカードローンで借り入れる方に向けて、「30日間は利息が発生しない」というサービス。

これなら、「アコムで借りたいけど、借りたあとの返済が心配…」という方でも安心ですね。

アコムの金利スペックは高い?

アコムの金利は「3.0~18.0%」。

カードローンに詳しい人でないと、この金利スペックが高いのか低いのかわからないですが…?

他の大手消費者金融の金利と、アコムの金利を比べてみましょう。

カードローン金利一覧

アコムのカードローン金利 3.0~18.0%
プロミスのカードローン金利 4.5~17.8%
アイフルのカードローン金利 3.0~18.0%
SMBCモビットのカードローン金利 3.0~18.0%

いかがでしょうか。

表でまとめれば、アコムのカードローン金利スペックが、他と遜色ない一般的な設定であることは見て取れるはず。

ちなみに適用限度額が高くなればなるほど、アコムから借り入れる際の金利も低くなっていきます。

アコムの限度額スペックはどう?

アコムの限度額は「最大800万円」。

この限度額も、他の消費者金融と比べてみましょう。

消費者金融のカードローン限度額一覧

消費者金融 限度額
アコム 最大800万円
プロミス 最大500万円
アイフル 最大800万円
SMBCモビット 最大800万円

アコムの限度額スペックも、金利スペックと同じく、消費者金融の設定としては一般的なものです。

あまり珍しくもないことがわかります。

これだけ限度額が高ければ、かんり高額融資も期待できる…と思いがちですが、アコムは貸金業者のため総量規制の対象となってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

アコムのカードローンスペックを、他の消費者金融と比べながら説明していきました。

アコムのスペックには、取り立てて優れた点こそ少ないですが、クセがなく借りやすい設定が組まれています。

シェアする

フォローする